サーティンキュー

どうして日本の原発の管理はイスラエルのマグナBSP社なのか?



★日本には54基の原発があるが管理はイスラエルのマグナBSP社である。それはどうしてだろうか?それを考える!











1、日本の原発はイスラエルのマグナBSP社が全部管理している


★歴史は常に偽造されているものだが、歴史が変わる瞬間に真の出来事(歴史)が見える時が来る。それが今だ。戦後70年間の歴史の常識は以下の2点である。




  1、戦前の日本軍はアジアを侵略したとてもとても悪い奴

  2、ナチスヒットラーはユダヤ人を虐殺したとてもとても悪い奴



★この2点は誰もが知る常識の常識で、この常識の戦後70年間だった。しかし今はこの常識も怪しい雰囲気となってきている。それは以下の説。



  日本軍がアジアを侵略したのではなく、欧米列強が18世紀頃からアジアに侵略戦争を仕掛けて植民地にし、アジアの民を奴隷としていた。しかし日本軍の戦いによりアジアの民を解放してアジア諸国を独立させたのではなかろうか!? 



★上のような説がジワジワと日本人に広まっているのだ。それは真実だからジワジワと広まっている。しかしまだまだテレビではフル~イ、日本軍ワルイワルイ説の評論家しか出てこないが、彼らのお払い箱はスゴ~ク近い。



★しかしいくらなんでもあの超極悪人のナチスヒットラーの評価は変わらないだろう!と多くの人々は思っている。これもだんだんと怪しい雰囲気になってきているのだ。例えば去年、ティモール・ヴィルメッシュの小説の「帰ってきたヒットラー」が世界的な大ベストセラーとなりドイツでさえ大ベストセラーとなった。お笑いを装った小説であるが、「帰ってきたヒットラー」というタイトルがドイツではかなりヤバイのでは?と思うが、おかまいなしだ。
また
フランスでは女性党首マリーヌ・ル・ペン率いる国民戦線という右翼政党が非常に強くなってきている
。近いうちに堂々と戦後最大のタブーを破りヒットラーを肯定発言するかもしれない雰囲気である。




★鷲の中では関東軍を中心とした日本軍が欧米列強の支配と戦い、そして戦後も残留日本兵となってアジアの民の中に入り込んで、アジア諸国を独立させたことは常識なんだが、ヒットラー英雄説の復活!はまだ時間がかかるだろうと思っていたが、そうでもないかもしれないと考え直している。



★ユダヤ世界征服論は日本にユダヤ人がいないから妄想だと多くの日本人が思っているが、これが違う。日本にある54基の原発の管理はイスラエルのマグナBSP社が全てやっているという歴然とした事実がある。これはイスラエルが日本を征服していると同じことである。もしイスラエルに以下のように言われたらどうだろうか!?



 イスラエル『 日本人がワシラの命令に従わないと、日本にある原発の全てを爆破するぞ~ 』と。



★イスラエルとは1948年にシオニズムという思想運動によって中東に建国されたユダヤ人の国である。ユダヤ人とは1にユダヤ教を信じる者であり、2にユダヤ人の母親から誕生した者の2点である。これが基本的なイスラエルとユダヤ人の情報だが、マグナBSP社を考えると黒い世界権力を考える必要がある。黒の世界権力の本質を世界の表に出したのが111年前に書かれた『 シオンの議定書 』。次に『 シオンの議定書 』が暴露した黒の世界権力について考える。





2、黒い世界権力の役割 ~ 鬼(カミ)とは何か?



★我々は将棋というゲームの中にいる。我々は歩兵である。敵陣の王将を中心にする者達と我々は戦っている。それはいつのまにやら将棋のゲームの中に組み込まれてしまったのである。多くの人々が将棋の中にいて戦って生きていることに気づいてない。学校に行って、会社に行って、平和に暮らすと習って来たからだ。世間というものは表面的なことしか教えてくれない。しかし人生の表面的な意味を超えて、深く深く考えると、我々は皆、将棋の歩兵であり、敵は我々の命を狙い、我々は敵陣の王将を取るために生きている、と解かってくる。しかし、それに気づいている者はほんの少数である。多くの人々、96%の者達は悪魔に騙され空想の中を生きているのだ。



★将棋は世界構造を簡単に表現したものである。世界権力の頂点に王将がある。敵陣の中心に王将があり、我々の内陣の中心も王将である。これは非常に大事なことだ。我々の内陣の王将を敵に取られたら負けである。社会的地位を得る、金持ちに成る、世界的名声を得る、それらは人生の真の目的ではなく、精神が子供の者達の人生の目的だ。人生の目的は敵陣の王将を取ることである。これは非常に深い哲学だが、誰でも将棋をやっているから説明すれば解かることだが、そこまでの人生哲学を持てる者はほんの少数である。古代からの伝統のゲームは非常に深いのである。そして誰でも将棋は知っている。しかし将棋の本当の意味を知る者はいない。



★1905年にロシアから出てきて、世界に広まった『 シオンの議定書 』が陰謀論の元祖である。そして今は2015年5月2日だが、2011年3月11日に東日本大震災があり、福島第一原発が強烈な打撃を受け、核爆発したとも言われるが、東電や日本政府はハッキリと言えないことがあり、詳細は隠されている。が、イスラエルのマグナBSP社が日本の54基の原発の全てを管理している、という事実が明るみにでた!



★日本の原発を管理するのは日本政府と直結した国営的な会社と誰でも思っていたが、他国、イスラエルのマグナBSP社が原発を管理している???という事実は『 シオンの議定書 』を超える衝撃がある。さて反原発派のように単純なる反対派になってはならない!彼らの背後にいるのは日本を乗っ取ろうとしている中国やロシアの共産主義勢力である。共産主義とはキリシタンである。妄想の神や嘘イデオロギーを信じる者たちを、歴史的に考え鷲はキリシタンと言っている。それは正しいと思う。キリシタンになってはならず、もっと深く物事を考えていかねばならない。



★もちろんマグナBSP社の正体は深く隠されている。だからネット検索で正体を解かることはできない。これは【 世界の王 】の目玉親父の【 なぞなぞ 】である。数字の『 13 』の代表的な意味は【 死神 】【 王(キング) 】【 死と復活 】【 火による溶解と全体的変化 】である。マグナBSP社とは数字の【 13 】の意味の奥義に入っている。



★我々を【 神に変える存在 】が数字の【 13 】である。死である。死が我々を6から9への転換をさせる。また死は火でもある。生まれたままの人間のままでは獣の数字の【 6 】。髑髏と直面することで我々は6から9へ転換する可能性を持つ。マグナBSP社はその意味で数字の【 13 】の死神の神秘の髑髏である!常に我々は髑髏と直面して、悪魔と直面して、生命と知識と知恵を得る存在の【 獣と神の中間の存在 】であるのだ!



★今の日本は太陽神のバアルが出てきたし、グノーシスという本物の知識しか通用しなくなった。自由・平等・人権・平和などのキリシタン用語を信じている者たちはバアルに残酷に殺されることになる。そして悪魔の騙しに対抗できる者が、グノーシスの者たちである。



★ルシファーとは【 光を与える 】という意味のラテン語だが、その光の与え方は、髑髏と直面させることで【 与える 】のだ。今、テレビで世界卓球をやっているが、15歳の少女たちは自分より強い中国選手と戦うことが目標だと云っている。つまり今の自分を殺す存在を彼女は先生としているのだ。ルシファーとは自分を殺す存在。そして【 光を与えるもの 】である。けして数字の【 6 】のキリシタンの解釈ではならない。


★さて、【 イスラム国 】や【 日本の原発を管理しているマグナBSP社 】は実は黒い世界権力の数字の【 13 】であるのだ。その存在は、テレビアニメの【 サザエさん 】のようなキリシタンのキレイゴトに騙されてはならない!というメッセージを発しているように鷲には思える。数字の【 6 】の人間は遅かれ早かれ殺されるのだ。数字の【 6 】の存在は宇宙では必要ないから。人間の形とは神の形。それなら試練を乗り越えて、太陽神の目玉親父と一体化する【 旭 】にならねばならない!黒い世界権力の役割は獣の存在の6を神の9に転換させる役割で、古代からずっと存在するのである!それが【 鬼(カミ) 】ということ!





3、魔王の聖典・シオンの議定書



★ユダヤ人とは


  1、旧約聖書(ユダヤ教)を信じる者たち

  2、ユダヤ人の母から産まれた者たち


  である。



★しかしシオンの議定書の世界征服のユダヤとは、ユダヤ人とは違う。このユダヤはエジプトのオシリスを殺す、オシリスの弟の悪神セトであり、マヤやアステカの光の神であるケッツアルコアトルに対抗する闇の神であるテスカトリポカであり、バビロンの『 ベルの目 』のベル(バアル)に対抗する旧約聖書のヤハウェである。シオンの議定書のユダヤとは『 魔王と世界イスラエル同盟 』と表現できる。


★シオンの議定書は『 魔王(目に見えない)の計画書 』を暴露したものであり、110年前にロシアに現れ、世界に広まったが、いまだに1字1句、古くならない不思議な文章である。現在『 シオンの議定書 』は様々な訳者のものがあるが、鷲は永淵一郎氏の訳でないとダメだと思っている。シオンの議定書の文章は訳でかなり感覚が違ってくると感じているからだが、永淵一郎氏の訳が現在最高である。



★聖書や古事記や日本書記は【聖典を改竄】、或いは、最初からの偽造文書を何度も改竄してできたもので、聖典ではない。しかし『 シオンの議定書 』こそが魔王の聖典である。かつて戦後で始めて日月神示を公にした泉田瑞顕氏は『 シオンの議定書 』と『 日月神示 』と『 霊界物語 』と『 伊都能売神論 』と『 ヨハネの黙示録 』などを聖典としていたが、この中で『 シオンの議定書 』は間違いなく聖典に入るだろう。しかも神が語るのではなく、悪魔的なユダヤ人が語る方法で『 シオンの議定書 』は語っているが、その洞察力が異常に深いのである。その文章をいくらか挙げれば


『 だから政治におけるもっとも効果的なのは、学者の議論ではなく暴力と恐怖であるのだ 』


『 政治と道徳は何の共通点もない。モラルに制約される政治家は、政治家失格である。そんなことではとても権力の座を維持できない 』


『 政治的自由とは一つの思想ではあっても、現実の事実ではない 』


『 力と偽善が我々の標語である。(略)だから我々は、目的達成のためなら賄賂も、詐欺も裏切りさえも少しもためらってはならない。 』


『 詭弁や奇語を使い、社交儀礼を用い、或いは非ユダヤ人が想像も出来ない色々な方法によって、民衆や個人を意のままに操縦する技術にかけて、我々は全くの天才である 』


『 経済生活で優越をうるための激しい闘争と市場での絶えざる投機は、人情酷薄な社会を現出するだろう。そして高尚な政治や宗教に対して嫌気がさし、金儲けに対する執念だけが、唯一の生き甲斐となる。彼らは金で得られる物質的快楽を求め、金を偶像視してしまう 』


『 われわれは、2000年前から非ユダヤ人の間に、個人的、国家的、民族的、宗教的な対立、憎悪をつのらせるように作為してきた 』


『 だからわれわれはすべての他の宗教を破壊しなければならない。このために一時的現象として無神論、無宗教時代が現れるかもしれないが、それは過渡的なもので、われらの目的を妨げるものではない 』


『 とりわけ投機を奨励しなければならない。この投機の狙いは工業を不安にすることである。(略) だから工業が土地からうる富をとり上げ、投機を通じ、全世界の財宝が、われわれの手に収められるようにしなければならない 』


『 世界に広がってゆく恐怖は、われらから発している。各様の主義主張を持った人物が、我々に使われている 』


『 むしろ我々はクーデターで民衆が肝をつぶし、頭が混乱しているうちに統一性のある新憲法を彼らに強制しなければならない 』


『 彼らに事情を悟らせないために、我々はマスレジャーを盛んにする。やがて我らの新聞で芸能・スポーツ・がもてはやされ、クイズも現れるだろう。これらの娯楽は、我々と政治闘争をしなければならない人民の関心を、すっかり方向転換させてしまう 』


『 新聞は、いってみればわれわれの馬で、われわれは、その背に鞭を置き、しっかりと手綱でしめつけている。新聞以外の出版物も同じことだ。 』


『 我々が世界各国に革命を勃発させ、現在の政府の無力さが決定的になったときから、我らの時代が始まる 』


『 民衆を憎悪、闘争、欠乏、飢饉にさらし、悪疫の伝染でふらふらにし、結局我々の金力とその支配下に入る以外にないように追い込むのだ 』


『 非ユダヤ人を破綻させるため、われらは経済界に停滞現象、恐慌をひき起こした。我らはできる限りの流通貨幣の引き揚げを行い、巨額な金が退蔵された。結局、非ユダヤ人政府は資金が枯渇し、やむなく我らに国債の引き受けを頼まなければならぬはめになった。そして多額の利子支払いの義務を背負い (略) 人民も国家も我らが吸収することになる 』


『 つまりすべて壊されつくした廃墟の上にイスラエルの王の玉座をすえるためだったのである。イスラエルの王が玉座についた瞬間、いままでの暴威をふるったもろもろの力は霧のように消えてしまう 』


『 われらの筋書きどおり運ぶため、パナマ運河汚職事件のような、暗い過去を持った大統領を選ぶように工作する。旧悪が暴露されることの恐怖、権力欲、つまり特権と名誉をできるだけ長く保ちたい、という望みから、彼は、われわれの指令を怠りなく実行するだろう 』


★シオンの議定書をじっくり読めば、世界の政治と経済の【通】には簡単になれるのだ。111年前に現在行われている【 政治と経済の要 】は議定書に書かれている。魔王の言葉どおりに世界は動いているからである。そして世界は目に見えない【 魔王と世界イスラエル同盟 】が支配しているのである!


★ナチスヒットラーはこの議定書を空からバラマイタ。 シオンの議定書 】こそが絶対読まねばならない本である。どんなに勉強している政治や経済の評論家も議定書には全く叶わない。議定書こそが魔王の聖典であり、真の聖典である。そして議定書を読むことでマグナBSP社が日本の原発の全てを管理していることの意味も見えてくる。魔王の計画が見えてくるからだ






4、すべてを壊されつくした廃墟の上にイスラエルの王の玉座をすえる!


★シオンの議定書第23に以下の文章がある。

『 王は神の選び給うところ、上天の命じ給うものである。その使命は人間的理性ではなく動物的本能により動かされている盲目的革命勢力を打ちひしぐことである。現在これらの盲目的なもろもろの力は、権利と自由の名の下に略奪、暴行の限りをつくし勝ち誇っているかのようである。だが、われらはそれを実は待ち望んでいた。つまりすべてを壊れされつくした廃墟の上にイスラエルの王の玉座をすえるためだったのである。イスラエルの王が玉座についた瞬間、いままでの暴威を振るったもろもろの力は霧のように消えてしまう。 』



★日本列島には54基の原発がある。その原発を管理しているのはイスラエルのマグナBSP社である。シオンの議定書では『 全てを壊されつくたした廃墟の上にイスラエルの王の玉座をすえる 』とある。これが原発の真の目的であり、マグナBSP社が日本列島の全ての原発を管理している真の目的ではなかろうか?つまり日本の54基の原発は最初から破壊するために存在していたと。イスラエルの王に日本人をヒザマづかせるために。シオンの議定書の文章からは簡単にこの結論が導きだされる。





結び ~ イスラエルと創価学会の「日本占領計画」のつながり?



イスラエルが創価学会の名義で東京の一等地や全国の優良地を買って登記していたというネット記事を見た時、創価学会の正体が見えた気がした。元公明党委員長の矢野絢也氏の本に「黒い手帳 ~ 創価学会【日本占領計画】の全記録」というのがある。そこに謀略集団創価学会の正体が書かれるわけだが、多くの人々は池田大作の個人的な野心で創価が日本を支配しようとしていたと思っている。しかし背後にイスラエルがあり、その背後に目に見えない【 魔王と世界イスラエル同盟 】が存在していたとなると見方が違ってくる。


★池田大作の個人的な野心で創価が日本を支配しようとしていたなら、池田大作の死でそれが終わるが、池田大作はイスラエルの操り人形であり、イスラエルの背後に【 魔王と世界イスラエル同盟 】が存在するなら、日本支配計画はまだまだ続いていくからだ。そして東電には創価信者が多い、創価企業だというネットの噂がある。あっ、それって鷲が昔ブログで書いたことだったwww ずっと昔書いたから忘れていた膿~。目に見えない「魔王と世界イスラエル同盟」 → イスラエル → 大作 → 創価 → 東電 → 小沢一郎(その他ロスチャイルド系政治家)


★上のような感じが日本の悪魔界です。とくに小沢一郎が胡散臭い。彼は3,11の後、地元・岩手に1年間近く行かなかった。鷲は小沢一郎(彼の師匠の田中角栄も)は世界の悪魔界に操られる日本の政治家の代表的の者だとずっと前から見ている。創価学会の日本占領計画とはイスラエルが創価を使ってやっていたことで、正確に表現すれば『 イスラエルが創価学会を操って日本を占領する計画 』であったのだ。創価の黒幕はイスラエルであり、その背後には【 魔王と世界イスラエル同盟(黒の世界権力) 】が存在する!ということ。




★さて結論を言おう。どうして?日本にある原発の全てをイスラエルのマグナBSP社が管理しているのか?それは【 魔王と世界イスラエル同盟 】が日本を支配しているからだ。そしてこの黒い世界権力の手下が、イスラエルであり、大作の創価だったのであり、東電であり、小沢一郎を代表にする政治家である。しかし我々はこの魔王と戦うことで、将棋の「裏と(9)
」になり、13(王将)と一体化する!それが人間の目的ということ。我々は将棋というゲームの中の歩兵(6)であるのだ!




ーーーーーーーーーー

(補足)

★長い探求のすえに関東軍とナチスヒットラーの戦いが正しかったという結論になり、鷲の中ではそれが常識だが、眠れる森の中のクンダバッハたちは永久に、戦前の日本軍はワルイワルイ、ナチスヒットラーはワルイワルイという悪夢の中で消えていくだろう。簡単に洗脳され【 魔王と世界イスラエル同盟 】の奴隷で死んでいくということ。【 裏と 】になることは将棋をやっている者は全て解かるが、なかなか難しいイニシエーションであるのだ。



★さて今、歴史認識はどんどん変わっていく。関東軍は日本人の誇りとなり、ヒットラーは英雄として復活するだろう。ユダヤに騙されて続けてきた者達も、マグナBSP社が日本の原発の全てを管理している事実を考え、様々な情報を集めれば、ユダヤの真相も見えてくるだろう。



★イスラエルは創価学会の名義で東京の一等地を買っていたという事実で、創価学会の池田大作を操っていたのは【 魔王と世界イスラエル同盟 】だと鷲は見えた。つまり同じ一神教のカルトに日本を支配させた!ということ。そして1980年代に出現した自称・現人神たちの背後にも【 魔王と世界イスラエル同盟 】がいたのである。



★ヒットラーは【 人間とは発展途上の神 】だと発言したが、鷲はそのことを【 6から9に転換して13と一体化する 】と表現している。世界構造は将棋で表現され、我々の全ては歩兵(6)であり、【 裏と(9) 】に成り、王将(13)を取れるかの勝負をしているのである!



by xuzu9851 | 2015-04-30 09:11 | Comments(2)
Commented by ダビデ王 at 2017-03-29 15:32 x
王将はジェイコブロスチャイルドですか?
息子のナタニエルですか?
マグナ社の財務諸表等の資料はありませんか?

Commented by xuzu9851 at 2017-03-29 19:32
王将はユダヤではありません。数字の13の太陽神です。数字の13はタロットでは「死神」ですが、トランプでは「世界の王であるキング」です。カネがあるからと言って世界の王ではない。太陽系の王は太陽神です。太陽神は人間を6から9へ転換させる「火の力」です。空海が唐から持ってきた胎蔵界曼荼羅をよ~く見ると△の中に卐があります。あれを考えることのできる者は大した者です。肉体を持っている人間が世界の王ではありません。太陽系の王は太陽神であり、それは人間の中にある「 魂 」のことです。
<< ユダヤは原発管理によって日本を... 五井野信者に軽く答えるWWW >>