サーティンキュー

ユダヤは原発管理によって日本を支配している!



★日本にある54基の原発は全てイスラエルのマグナBSP社が管理している。これはユダヤが日本を支配しているということに思える。1980年代の後半、宇野正美の「ユダヤが解かると世界が見えてくる」から始まったユダヤ陰謀論は爆発的にヒットしたが、日本にユダヤ人がいないのが盲点で、空想だと批判され、また経済的なユダヤ支配が【 論 】の中心だったから「知的遊戯」で止まったが、日本の54基の原発管理を他国・イスラエル(ユダヤ人)の会社がやっているという今の現実は、隠れていたユダヤの日本支配が、目に見える形で現れたことである!



★日本を支配するユダヤの真相に迫って行き、明治維新、そして昭和維新、満州国、そして日中戦争の真相、戦後のアジア諸国の独立とは何だったのか?そして太平洋戦争と大東亜戦争の違い、そして今の歴史認識問題の核心を考えて書いていきます。





1、クイズ(なぞなぞ)の正解を出さないと殺されるゲームの中にいる!



★かなり前に鷲が見た映画でこういうのがあった。全体的なストーリーはすっかり忘れたが、【 なぞなぞに正解できないと殺される 】という内容であった。で、正解を出せないのでどんどん映画の登場人物が殺されていくのだが、ユダヤ人問題とは、人間という神の形になっている我々にとっては、絶対に正解を出さないとならない死を懸けたクイズであろう!



★戦後、70年間経過した。で、ユダヤ人の謎が正解できた日本人はいるのか?まだまだユダヤ人は謎のまんま。しかしこれは切羽詰まったクイズである。日本の原発54基の全てがイスラエルのマグナ社に管理されているから。あの映画のように、日本人が「ユダヤ人とは何か?」のクイズに正解を出さないと、原発の全部が爆破され殺されるゲームの中に入っているかもしれないwww



★【 ? 】の疑問のマークは知恵と知識のマーク。それは蛇の上昇を意味して、聖母マリア信仰の源であり、グレートマザー信仰の源であり、観音信仰の源であり、それらは全て蛇神崇拝が元であり、またグノーシスのシンボルであり、ジョブズが残した『 林檎を齧るマーク 』の別の表現である。



★ユダヤ人を大量虐殺したヒットラーは超極悪人か?それとも英雄か?関東軍はアジアを侵略したのか?それとも欧米列強に支配され奴隷になっていたアジア人を解放して独立させた英雄だったのか?



★さて、ユダヤ人問題を考える時、1980年代とは違い、今は日本列島にある原発54基の全てはイスラエルのマグナBSP社が管理しているという現実から入ることができる。しかし戦後の憲法信者という「反対しかできないサヨク小児病」になってはならない。反対しかできない単純バカは、ユダヤにかならず利用されてるからだ。



またCIAの前身の戦略情報局(OSS)が1942年6月に構想した(日本計画)戦後の平和の象徴の天皇を信じる右翼になってもならない。天皇を信じる右翼もユダヤの仕掛けであるからだ。明治天皇はロスチャイルド製であり、そして初代天皇は朝鮮半島からやってきた侵略者の金良琳である。明治の頃に創作した皇国史観とは英国製の間違った歴史観である。



これまで鷲が使っていたユダヤという言葉はユダヤ陰謀論のユダヤであった。これからユダヤ陰謀論のユダヤ人と現実に存在するユダヤ人の違いについて書いていく
ユダヤ陰謀論を解かりやすく言えば、自由だの平等だの民主主義だの人権だの日本軍の侵略戦争だのナチスがユダヤ人の大虐殺をやったという大嘘を言っているのがユダヤ陰謀論のユダヤ人である。しかしそのユダヤ人は現実に旧約聖書を信じているユダヤ人とは違う。シオンの議定書のユダヤ人とは空想のユダヤ人である。そして世界を動かす黒い世界権力の「 魔王と世界イスラエル同盟 】がユダヤ陰謀論・シオンの議定書のユダヤ人の正体である。この点が1980年代後半の反ユダヤ主義ブームでは解からなかったこと。ユダヤ陰謀論のユダヤ人と現実に存在するユダヤ人は全く違う!



旧約聖書を信じるユダヤ人」とは、間違った宗教を信じる人間たちの代表である。彼らは卑俗な職業がしか持てず、土地を持てないので流浪し、ゲットーに入れられ、「ガス室送りになる運命」の者達。しかし彼らユダヤ人のような存在が、いまだに麻原彰晃(また同じレベルのインチキメシア)を信じてるオウムの信者達などで、ユダヤ人は遠い存在ではない。間違った神を信じている者たちは、皆、ユダヤ人と同じ悲惨な境遇となる。



★ユダヤ問題、ユダヤ陰謀論とは 『 黒の世界権力(13) 』とは何か?
『 真実の神とは何か? 』の問いかけである!このユダヤ問題を『 門 』として、我々は神々の世界に入っていく!





2、ユダヤ人とシオンの議定書。そしてハザール王国のユダヤ人という妄想!



★前回のブログで書いたように、ユダヤ人とは以下の2点である。


 1、ユダヤ教(旧約聖書)を信じる者たち

 2、ユダヤ人の母から産まれた者


 のシンプルな2点である。



★そしてユダヤ陰謀論の元祖は1905年にロシアから出てきて、全世界に広まった『 シオンの議定書 』であり、そのユダヤ人とはあらゆる悪業(民衆を憎悪、闘争、欠乏、飢饉にさらし、悪疫の伝染でふらふらにし、結局ユダヤの金力とその支配下に入る以外にないように追い込む)で、世界を破壊し、その廃墟の上にイスラエルの王の玉座をすえることを目的としている勢力の者たちであり、それは我々が目にするユダヤ人ではなく、『 魔王と世界イスラエル同盟 』だと名づけることのできる、黒の世界権力だと鷲は書いた。



★この『 魔王と世界イスラエル同盟 』とは19世紀の作家のオスマン・ペイが具体的な言葉で概念を表現した。彼は『 魔王と世界イスラエル同盟は目に見えない存在 』だと考えたが、その存在は確実に存在して、我々を破滅に追いやる根本だと、シオンの議定書が世に出る前の19世紀後半に「ユダヤ人による世界征服」という本で宣言した。


『 魔王と世界イスラエル同盟 』とは、鷲が言う数字の【 13 】であり、【 黒い世界権力 】であり、それは将棋の敵陣の王将だとこれまで書いてきたが、観念的な存在ではなく、日本の原発を管理するマグナBSP社の黒幕であり、現在世界で暴れる【 イスラム国 】の黒幕だと鷲は見ている。この存在は古代からあったわけで、タロットカードの死神の【 13 】という定位置にガッチリいる。この【 13 】との戦いを通じて、我々は6から9に転換する!というのが鷲の主張であるのだ。それは毎度言っていること。



★池袋の豚バラ煮込み(コシミズ)はアーサーケストラー著「第十三支族 ~ カザールの謎」から、例の、



  悪いユダヤ人 → 8~10世紀のユダヤ教国家のハザールの末裔・アシュケナジーユダヤ


  良いユダヤ人 → 旧約聖書をマジに信じるスファラディユダヤ



  の説を信じている。



★この説は1920年代にも存在したがデマである。だいたいハザール王国は1000年前に滅亡した国家である。どうして自分の先祖がハザール王国のユダヤ教徒だったと解かるのだろうか?日本の天皇だって血統を大事にしているように見せかけているが、全く嘘の血統をデッチ上げているのに、庶民が1000年前の血統が解かるわけないし、今、ユダヤ教の信者か?ユダヤ人の母から産まれてないとユダヤ人ではないし、ユダヤ人とは血統ではなく、今現在の信仰的な人種というものである。



アシュケナジーユダヤやスファラディユダヤとは1920年代に広まったデマであり、1980年代後半に宇野正美が広めたデマであると鷲は宣言する。いつまでも騙されているんじゃね~よ、バカwwwという感じだ膿~



★ユダヤ人とは1にユダヤ教(旧約聖書)を信じる者たち、2にユダヤ人の母から産まれた、という2点であるから、アシュケナジーユダヤやスファラディユダヤという血統の観点からのユダヤ人概念は間違いである。これはシオンの議定書の悪業三昧のユダヤが現実に存在する!としたいがための嘘であったのだ。シオンの議定書が世界で広まった1920年代にこのアシュケナジーユダヤやスファラディユダヤの概念も同時に
広まった。



★一神教的信仰の者たちがシオンの議定書のユダヤのような悪業をすることはない。彼らは妄想の神を信じて眠っている羊達だから。しかしその妄想の神を信じるという点が間違いで羊人間にしかならないところが問題であるゆえに、悪魔的な勢力(タロットの13と15)が必要だとも言える。妄想の神を信じている限りは、人間の能力を十分に発揮できないからだ。



このような観点で考えれば、どうして現在イスラム国のような悪魔的な国があるのか?も解かってくるだろう。人間は「13(死神)」と「15(悪魔)」と戦うことによって、6から9へ転換して本来の神人間と成るからである!



★そしてサヨク小児病たちが考えるNWOなども嘘である。NWOとは1%の超金持ちがもっとらラク~にくらしたいがために、人口を削減する!という妄想で、便所民フルムグシなどが広めているが、1%の金持ちになっても、今度は金以外の大きな悩みが出てくるもので、マルクス主義の延長の妄想である。黒の世界権力(13)が人間を獣から神に変えるために、人工的な災害を起しているのである!





3、旧約聖書を信じるがゆえにユダヤ人は太陽神バアルに迫害される!



旧約聖書とは【 神を書き換えた書物 】である。聖書や日本書記や古事記が古代からずっと手を加えられず原初のまんま残っていると考える者はかなりアタマが悪い者である。聖書や記紀は最初から詐欺師が創作したインチキ書物だったかもしれないし、最初は神の真実を書いたものであっても人間が何度も手を加えて、原初とは全く別の書物になった可能性もある。



★しかし「信仰者」はそのように思わない。聖書は、最初から神の書だ!と考えずっと人間の手が加えられず原初のまんま現存していると「信じている」。そこが「信仰者」の愚かな点である。自分で徹底的に調査したわけではないのに「信じているだけ」のこと。これが宗教詐欺師に騙される精神状態であるのだ。聖書に対して徹底的に調査するか!それよりもっと簡単な方法は、様々な角度から書かれた聖書に関する本を読めば良いだけのことだが、「信仰者」はそれをしない。怠惰にも信じるだけ。だから信じる者は全く救われないのだ。その1点でも聖書の言葉はニセモノだと解かる。



★旧約聖書の種本はバビロンの粘土版に書かれた『 ベルの目 』である。『 ベルの目 』をギリシャ語に訳したものが1828年に一部分が発見された『 ベロニカ 』である。さて、問題は旧約聖書の種本の『 ベルの目 』と旧約聖書の神は違う!ということだ。バビロンのベルとはバアルのことである。そして『 ベルの目 』はバアル(ベル)を太陽神として崇拝する粘土版の聖典であるのに、旧約聖書を創作した者達は、唯一神のヤハウェと預言者モーセを崇拝し、バアルを悪魔としたのである。バアルを悪魔にする書物をユダヤ人が信じていることが、ユダヤ人弾圧の真の理由だ。キリスト教徒にユダヤ人が弾圧されたのは、キリスト教徒の中にバアルが入ったからであり、ナチスドイツにユダヤ人が弾圧されたのは、ナチスドイツの中にバアルが入ったからである。バアルはいまだに存在する太陽神だから、太陽が昇る時、ユダヤ人は弾圧されるのだ!



バアルの教えは現在でも世界のどこにでもある。将棋、チェス、タロット、トランプ、神社、寺、数字、漢字、相撲、アニメ、国旗、あらゆる子供の遊び、世界的な映画、大晦日や正月の儀式、鏡餅や松竹梅や狸や般若の置物、神道の儀式、大乗仏教の儀式、などありとあらゆるところにある。そして旧約聖書の「ベルの目」が残っている部分にあり、新約聖書のグノーシス文書が残っている部分にある。イエスの磔刑像こそがバアルの教えであり、ギリシャ語の新約聖書のイエスの処刑の時間は正午6時から午後9時。そして頭上のINRIという文字の本当の意味は、「火による変換」であり、「世界の王(バアル→13)」である。イエスの磔刑像の意味こそが『 6から9に転換して13と一体化する! 』であるのだ。2000年間、キリスト教徒はその信仰ゆえに、イエスの磔刑像の意味を理解することはできなかった!大乗仏教では『 火による6から9への転換を不動明王の像 』で表現した。



★1日のうち、太陽が頭上にある時と、太陽が沈んだ時があるように、太陽が沈んだ時代には聖典は改竄される。そして嘘の唯一神、嘘の聖典を人間は信じる。しかし太陽が昇ってくる時代になると嘘が暴かれ、嘘を信じた者達が裁かれるのである。ユダヤ人とは太陽が沈んだ時代に改竄された嘘の聖典を信じる者たちであり、それゆえに、太陽が昇る時、バアルの使徒がやってきて、ユダヤ人を裁くのである。ユダヤ人が裁かれるのは、嘘の神と嘘の聖典を信じ、真の太陽神を悪魔とするからである!




★太陽神バアルは鬼太郎の目玉親父であり、鬼太郎は数字の『 9 』。『 旭 』という漢字を漫画で表現したのが、目玉親父(日)と合体する鬼太郎(9)であるのだ!





4、ユダヤ人と黒い世界権力


★再びユダヤ人とは何者か?を考える。その最大の問題点は『 旧約聖書を信じ、ユダヤ人の母から産まれたユダヤ人 』とシオンの議定書の『 世界を破滅に導き、世界の廃墟の上にイスラエルの王の玉座をすえることを目的にしている勢力は本当にユダヤ人なのか? 』ということである。そこが最大の謎であるのだ。



★1905年にロシアからシオンの議定書が出てきて、1920年代の世界中に広まった。と同時に悪い白人のアシュケナジーユダヤと旧約聖書をマジに信じるスファラディユダヤという概念も広まり、1980年代の後半に、宇野正美によって、再び、アシュケナジーユダヤとスファラデーユダヤの概念が日本で広まった。



鷲の考えではアシュケナジーユダヤというのは存在しない。シオンの議定書の世界を導くユダヤ人とは黒い世界権力のことを言っているのであって、ユダヤ人ではない!と見ている。太陽神の黒の面、死に導く面、その力に操られて行動する者達の全てがシオンの議定書の『 魔王の力によって動く世界イスラエル同盟 』であると鷲は考える。人間が創作した妄想の神(ヤハウェとモーセ)
を崇拝するユダヤ人にはそのような活動はできない!と鷲は見ている。人間が創作した神を信じる者たちは、知性が失われていて、悪を行う力もないと観察できるからだ



★『 魔王と世界イスラエル同盟 』とは、将棋の敵陣の王将が魔王であり、その他の駒が世界イスラエル同盟ということで表現されている。将棋を知る、我々日本人にとっては世界構造は簡単に解かることである。



★1948年に中東にイスラエルという国が建国されたことも謎であるが、戦後の日本に54基の原発が建設され、イスラエルのマグナ社が54基の全てを管理しているということも不思議ことだ。この謎は簡単には解けないが、魔王は54基の原発をいつでも破壊できる存在だということ。そして、その中に日本人の全てが生きている。イスラエルという国の主導権を持つのは、イスラエル人ではなく、黒い世界権力である。サヨクの反原発運動は全く力がない。世界は太陽神が動かしているからだ。そして太陽神は我々を殺し、我々を復活させる力を持つ。太陽神の我々を殺す力によって、我々は6から9へ転換する!そして内なる太陽神(13)と一体化する。我々は黒の太陽神と戦うことによって、内なる太陽神の13と一体化する!つまり日本列島の54基の原発は、太陽神の死の力(髑髏)のシンボルであるのだ!






[PR]

by xuzu9851 | 2015-05-06 15:54 | Comments(0)
<< 五井野正の正体 6 どうして日本の原発の管理はイス... >>