サーティンキュー

和田アキ子は、どうして歌が下手なのに『 歌手 』だと称していられるのか?


★和田アキ子の歌は下手だ。それは彼女の歌をテレビで聞くたびに思うが、そう感じるのは鷲だけではないだろう。声が出てない。あれでは日曜の『NHKのど自慢』に出ると鐘二個が限界であろう。歌が下手なのに歌手だと称し、テレビで偉そうにしている和田アキ子の謎を解明する!














1、和田アキ子はプロ歌手としてはギリギリの線



★和田アキ子の歌には感動したことが一度も無かった鷲だが、今回なんで和田アキ子なのか?それは日本のプロ歌手があまりにもダメだからだろう。日本のプロ歌手と言っても、その意味は、テレビに出て来る歌手のことだが。テレビに出てくるプロ歌手の背後には『 拝金主義 』がある。



★鷲の場合、日本のプロ歌手なんぞ眼中になくて英国ロック中心で世界的な歌手を聞いているわけだが、なぜか?改めて日本のプロ歌手を聞こうと思った。その第一が和田アキ子である。



★和田アキ子を改めて聞くと、プロ歌手のギリギリ。現実的には、プロ歌手とは認められない。それは『 声が出ない 』からだ。日本の本格派の歌手を偽装しているが、本格派ではない。声が出ない、から。



★和田アキ子は日本のプロ歌手である。しかし歌手とは世界で通用する声を持つ者である。地域限定で、日本に閉じこもっている歌手をプロ歌手と言えるのだろうか?ネットでは和田アキ子の実体を以下のように語られている。

ーーーーーーーーーー
和田アキ子は東京で芸能プロダクション東証一部ホリプロに所属、長いキャリアの割りには独立せずにいるのが原因です。普通は大手から独立、個人事務所になりますが、和田アキ子はそれをしない。よって仕事量はあるわけです。船越栄一郎、藤原竜也あたりの実際に人気者か?!とは関係ないとこで仕事量は減らないケースの権化が和田アキ子。リズムアンドブルースの女王…あくまでも自称ですが、同じカテゴリーならAIとか、ちょい前なら鈴木聖美あたりの方が和田アキ子より音楽的です。英語もできないのも致命的ですが、きちんと音程とリズムをとれてない、音域がせまい上に音によってはシャープとフラットで聴き手に不快さを与える。プロとしては致命的。まだ引退を表明した二葉百合子の方が全然、音楽的に才能あります。

ーーーーーーーーーーーー

★今改めて、和田アキ子の歌を聞いての感想はプロとしてはギリギリ線上。しかしこのレベルでは鷲は感動しない歌手だということ。それと和田アキ子の歌はツマラン。やっぱりこの発狂教祖ぐらいのソオルのある歌でないとならない。あっ間違った、発狂教祖はソオルがあるんではなく発狂しているからこの歌い方ができるのだ

( 注意:良い子の皆さん、発狂教祖のようになってはいけません。間違った道を歩んだらこのような発狂教祖になります。発狂教祖は夏の夜店の蛇女ショーのような存在です。発狂教祖のようにならないように毎日勉強に励みましょう。 )





2、金正恩の母の高英姫(コヨンヒ)と和田アキ子

★金正恩の母の高英姫(コヨンヒ)は大阪の鶴橋で生まれ、9歳まで大阪に住み、子供の頃、近所にいた3歳上の和田アキ子と遊んでいたらしい。


★高英姫(コヨンヒ)とはネットは以下のように書かれている。

ーーーーーーーーーーー


高 英姫(コ・ヨンヒ)
同国の最高指導者である金正日の夫人の一人で、
金正日からは日本風に「あゆみ(아유미)」と呼ばれ、
最も寵愛を受けていたとされる。金正哲金正恩金ヨジュンの実母。
本名は高春幸(コ・チュンヘン、고춘행)。本貫済州高氏
金正日総書記の4番目の妻、高英姫(コ・ヨンヒ)は夫人のなかでも、もっとも寵愛を受けていたとされる。
後継者となった。三男の金正雲(キム・ジョンウン )の御母さんである。
2004年の夏に癌で死亡したという報道が韓国側よりあり金正日は泣き崩れたといわれている。

高英姫(コ・ヨンヒ)は9才まで大阪に住み韓国から帰化した和田アキ子さんとは幼なじみで和田アキ子さんに随分可愛がられていたそうだ。その事もあってか、高英姫(コ・ヨンヒ)の息子達全員、親日派(チニルバ)だそうだ。

その息子達のなかの一人で三男の金正雲(キム・ジョンウン )が後継者になった。

9才の頃、北朝鮮に渡った高英姫(コ・ヨンヒ)は大人になって。そして金正日が見初めた。それは彼女が済州島の貴族の娘だったからかもしれないと引用先で書かれている。

金正日総書記は高英姫を執拗に口説き側室に迎え、金正哲が誕生する。これで北朝鮮の【金王朝】 には古代・百済国の王族の “血” が注入された。

そして、
高英姫(コ・ヨンヒ)の三男、金正雲(キム・ジョンウン )の家庭教師兼オモニ役に、あの、横田めぐみさんがなっていたという。オモニ役とは、お母さん役という意味。

ーーーーーーーーー


★ネットでは金正恩の母は横田めぐみさん、という説もあるんだが、それが本当かどうかは解からない。しかし高英姫(コヨンヒ)が金正恩の母という情報の方が正確のように思える。12歳までの和田アキ子は金正恩の母の9歳までの幼馴染!?ということは何を意味するのか?


★北朝鮮に関して日本人は金王朝の独裁国家で日本人を拉致したどうしょうもない悪い国だと思わされているが、その情報は日本と北朝鮮を分断されるためのニセ情報ではないか?と鷲は思ってきた。北朝鮮に対する考えを根本から考え直さないとダメでは?と思っている。


★それは金正日が生きていた頃、子供の金正恩を連れてチョクチョク大阪に遊びに来ていたという情報があるからだ。金正日の父は日本人の畑中理(ハタナカオサム)であり、金王朝一家とは実は日本人一家である



★日本人、韓国人、北朝鮮人と分けるが、日本人は実は世界中の民族の混血である。古代、列島には世界の民族が集まってきた。また663年の白村江の戦いの後、金良琳という新羅の王族が列島に侵略してきて倭国を滅ぼし、日本(ボルネオ語のシラヒース言葉の意味からくる)という新国家を建国(670年)して、金良琳が初代天皇(今は42代文武天皇になっている)となり、歴史を偽造・捏造したのである。初代天皇は現代人の目から見れば朝鮮人である。そして藤原氏とはその当時の世界帝国である唐から来た者達であり、新羅より唐の方が強いので天皇より藤原氏の方が強く、唐から来た藤原氏が天皇を操り日本を支配したのである。


★そして50代の桓武天皇は百済の王家出身。天皇の北は新羅系であり、天皇の南は百済系で、北にしても南にしても朝鮮系である。天皇の北と南の戦いは新羅と百済の戦いである。日本という国の母国は唐と新羅と百済である。


純血日本人という妄想は明治の時、英国ロスチャイルドと手下の長州が創った偽りの歴史観である皇国史観からくるものである。この皇国史観を見抜けないから日本人は歴史の何もかもが見えないのだ。


★日本人は世界から集まってできた混血民族である。例えば以下の出身は


  天皇 → 北朝は朝鮮半島の新羅、南朝は朝鮮半島の百済、
       百済王家の故郷はトルコ(シュメール)

  藤原氏 → 中国(唐)


  源頼朝、源義経 → インド


  アイヌ人 → モンゴル(満州)


  明智光秀 → 中国(明)




★なぜ?今?在日とか朝鮮人差別の言論がネットで多いのか?それは戦後70年間は『 分断して統治 』で支配されてきたからである。日本人、朝鮮人、漢民族、蒙古人、満州人、の祖先は同じで満州が故郷ということで満州国が建国された。しかし、この5つの民族が一体化することを欧米が恐れているので『 分断して統治 』という戦略となっている!







3、和田アキ子とデヴィ夫人と力道山



★和田アキ子に深い謎なんぞあるのか?誰でも思うことだ。しかし和田アキ子と高英姫(コヨンヒ)が幼馴染ということで、そこに深い秘密がありそうな気がしてきた。そして金正日が生前、自由に日本に来て、大阪に息子の金正恩を連れて変装して歩いていたという話や、金正日が赤坂に来てコルドンブルーというレストランのショーを見て、そのショーから「喜び組」の発想が生まれ、マジシャンの引田天功のファンだった、という話から、日本には日本人が知らない北朝鮮の世界があるように思える。



★ネットで和田アキ子を調べると北朝鮮人という説と韓国人という説に分かれる。親北朝鮮のデヴィ夫人は根元七保子が本名で、赤坂のクラブ「コパカバーナ」で働いていたところインドネシア共和国の初代大統領のスカルノに見初められ、19歳で嫁いだ。その仲介は伊藤忠商事の瀬島龍三と東日貿易の久保正雄がした。瀬島龍三はその当時、伊藤忠商事でインドネシアとの賠償ビジネスをしていた。力道山は戦後の日本のプロレスラーであり、戦後、プロ野球の長島や王と並ぶほどの大スターであったが、北朝鮮人だった。さて、ここで、



  和田アキ子 → 幼い頃、金正日の嫁の高英姫(コヨンヒ)と遊んだ日本のプロ歌手で、ネットでは韓国人説と北朝鮮人説別れ、ネットで朝鮮からの帰化人と書かれる。

  デヴィ夫人 → 親北朝鮮で、インドネシア共和国初代大統領のスカルノの第三夫人

  力道山  → 戦後日本の大スターのプロレスラーで北朝鮮人



★上の三人から何が見えてくるのか?3人ともかなりの暴れん坊の性格である。力道山はかなり長い間、日本人だと思われていた。戦後最大の日本の英雄だったと記憶している。プロレスが真剣勝負だと思われてた時、シャープ兄弟やザ・デストロヤーと血だらけで戦った勇姿は間違いなく、戦後の日本人には英雄として日本人の精神の中に入っていた。力道山が北朝鮮人だと解かったのは、死んでから、かなり時が経過してからである。



しかし我々が北朝鮮人が外人だと思っていることが間違いではないのか?と鷲は思ってきている。北朝鮮の建国の父は実は金日成ではなく、大アジア主義を掲げる黒龍会の日本人の畑中理(ハタナカオサム)であることが解かってきたからだ。北朝鮮は朝鮮人を偽装した日本人が建国した国であったのだ。そう考えるとガラリと考えは変わってくるのだ



★韓国の歴代大統領も日本の陸軍士官学校卒業者がやたらと多い。だから瀬島龍三という元陸軍士官学校のトップが韓国に行くとやたら手厚く迎えられたのであろう。



★我々が知らねばならないことは太平洋戦争と大東亜戦争の違いである。


  太平洋戦争 → 日本と米国の戦争で米国の勝ち

  大東亜戦争 → 日本軍を中心としたアジアの奴隷解放と独立のための戦争で、戦後アジア諸国を独立させた日本軍が勝利しているが、いまだに継続して戦っている。



和田アキ子の謎は大東亜戦争に関わって来る。それほど深い謎が和田アキ子にあるわけないと誰もが思うだろうが、無理やりそこまで持って行くのが、鷲の筆の力というものだwww 和田アキ子の謎は大東亜戦争の謎である!ということで、次の話に持っていく。






4、日本・韓国・北朝鮮が合体した時、アンゴルモアの大王を蘇らすマルスが世界を支配する!


★日本・韓国・北朝鮮は現在、分断統治戦略でバラバラである。しかし


  韓国 → 日本の陸軍士官学校卒業の大統領が多い

  北朝鮮 → 日本人の黒龍会の畑中理(ハタナカオサム)が建国した国



  であり、実は両国とも朝鮮人を偽装した日本人が建国した国に思われる。






元々日本人は世界の混血児であり、明治からのウソの歴史観である皇国史観が日本人は単一民族であり、日本列島に閉じこもって生きてきた!という妄想で洗脳したために日本人、韓国人、北朝鮮人は別々の民族だと信仰しているわけだが、70年以上前は、日本・韓国・北朝鮮は大日本帝国という一つの国であったのだ。



まず第一に日本人はウソの皇国史観という歴史観から卒業しないとならないだろう。天皇は朝鮮半島からの侵略してきた朝鮮人から始まり、藤原氏とは中国人であったのであり、源頼朝などの『 源 』がつく武士たちは、インドから新羅を経由して日本に入ってきた外人部隊から始まり、日本の古代東北とは古代満州・モンゴルからやってきたアイヌ人の国であったのだ。


東北の山形県出身の石原莞爾が建国した満州国とは、日本の東北人が故郷の満州に帰った現象であり、日本人・朝鮮人・漢民族・蒙古人・満州人の祖先は同じで、故郷は満州ということで満州国が建国された。この現象は源義経の率いた軍隊がアイヌ軍隊であり、アイヌ軍隊が故郷の満州・モンゴルに帰ったことが、義経ジンギスカン伝説として残っているが、それと同じ現象だったのである





★さて問題は明治から英国が創りだした日本人は単一民族だ!という皇国史観のウソである。この妄想を信じるから、あの芸能人は朝鮮人だ在日だ!とか言っているが、天皇の始まりから朝鮮人である。そして明治からの天皇教とは同じ時期に清で起きたカルトの太平天国と同じく外面土着の神道で、中は新興キリスト教にすぎなかったのである。だから現人神は人間宣言することになる。



★和田アキ子は幼い頃、金正恩の母である高英姫(コヨンヒ)と遊んでいた、日本人の誰でも知る歌手である。歌唱力に問題があるが。その誰でも知る日本の歌手が北朝鮮人かもしれないのは、かつての大スターの力道山と同じ!ということ。



★インドネシアを独立させたのは残留日本兵たちで、その初代大統領のスカルノの第三夫人となるのがデヴィ夫人であり、デヴィ夫人は親北朝鮮である。北朝鮮とは大アジア主義の黒龍会の日本人の畑中理(ハタナカオサム)が建国した国で、関東軍の国であろうと思われる。



★アジアに確実にある日本軍ネットワークを垣間見ることができるのは、デヴィ夫人や猪木や和田アキ子の存在であるのだ。北朝鮮の表の情報と裏の情報は全く違う。テレビや新聞や雑誌の北朝鮮情報は『 分断して統治 』の戦略のウソ情報である。日本人を拉致したのは本当は日本と北朝鮮を分断する目的でのCIAという話もある。



★さて、結論だが、歌が下手な和田アキ子が常にテレビに出ている理由は、日本と韓国と北朝鮮をいずれ合体させるためなのが目的なのかもしれない!そして、それをしているのは目玉親父である!





[PR]

by xuzu9851 | 2015-07-10 09:13 | Comments(1)
Commented by ぽんすけ at 2017-07-08 11:55 x
コヨンヒ云々はわかりませんが、歌唱力はかなり低下している。洋楽カバーがマイブームのようだが、下手過ぎてきついです。
<< 鬼道とキリシタンの戦い! 悪魔に魂を売っても金が欲しい太... >>