サーティンキュー

今、日本で一番胡散臭い匂いがプンプンの元総理の森喜朗を斬る!



★今の日本で胡散臭い人物と言えば、池田大作を絶賛する自称キリスト教徒の佐藤優、天皇絶対教の竹田恒泰、清原の身元引受け人になると言っていたのに成らなかった池口恵観、議員宿舎でホモ買春をしていた武藤自民党議員www、秘書への傷害事件の川井補佐官などがいるが、その中でも一番胡散臭いのが元総理の森喜朗である。清原が覚醒剤で逮捕された時、森の死んだ息子が必ずネットで話題になるし、あの2020年の東京五輪の提唱者の一人がこの元総理の森だ。さてシオンの議定書の第10章に以下の言葉がある




『 我々の筋書き通り運ぶため、パナマ運河汚職事件のような、暗い過去をもった大統領を選ぶように工作する。旧悪が暴露されることの恐怖、権力欲、つまり特権と名誉をできるだけ長く保ちたい、という望みから、彼は、我々の指令を怠りなく実行するだろう (シオンの議定書第10章) 』




★元総理である森喜朗の正体を考え書いていきます。








1、高市早苗は森喜朗の愛人だった!?







★最近の自民党議院は八墓村のタタリにあっているが、高市早苗議員の「放送電波停止」発言 からゾンビのようにネットで蘇ったのが、高市早苗は森喜朗の愛人だった!という、昔、怪文書に書かれ、雑誌「噂の真相」に書かれたネタ。代表的な記事は以下。







★本当に高市早苗さん(さん付けしますwww)が、元総理の森の愛人だったのか?本人に聞いてないので解からないが、本人に聞いても「愛人でした」とかは言わないだろう膿~www 森喜朗に愛人が何人いてもかまわないし、今のジジイの森はアレはできないだろうし膿~。



★森喜朗の高市早苗関係の記事を読んでいると、森は昔からスケベだったということが解かる。スケベは別に悪いことではないが、下半身制御不能の宮崎謙介レベルでは国会議員はマズイべなwww 常識的に言って。で結論は、森は若き頃からスケベで、高市早苗を愛人にしていた噂がある!ということで次に行くか膿~







2、2020年東京五輪のための新国立競技場に聖火台を設計者が忘れる。それを森喜朗は「私が悪いのではなく馳浩が悪い」と発言!また森の失言か?www





★2020年東京五輪は八墓村のタタリにあっていることは日本人なら誰でも知ることだが、今度は新国立場の設計者が聖火台を忘れて設計。素人でもそれはマズイと思うが、森喜朗は「私が悪いのではなく馳浩が悪い」と発言。馳浩でなくて、設計者が悪く、そんな設計者を選んだバカが悪いのでは?しかし八墓村のタタリの原因は森喜朗にあるからやっぱり森が悪いんではwww



2020年東京五輪の真の目的は明治神宮外苑周辺を中心とした東京の大改造再開発で、それによってガッポリと利権を得た一部の者達がカネ儲けすることだった。誰がガッポリと儲かるのだろうか?

   
   1、ゴールドマンサックスなどのロスチャイルド系外資

   2、大手スーパーゼネコン

   3、森喜朗を代表とする関わった政治家などの関係者

   の3者であろう。

   特に1のゴールドマンサックスというロスチャイルド系外資(ユダヤ)に注目である。築地市場移転もゴールドマンサックスの指令で石原慎太郎元都知事が実行したことである。


★東京五輪計画の発足の流れとしては、

  ゴールドマンサックス
     ↓
  平田神道六代・平田勝安
     ↓
  JOC会長・森喜朗
     ↓
  元東京都知事・石原慎太郎
     ↓
  大手スーパーゼネコンの暗躍



★つまり2020年の東京五輪はユダヤ(ロスチャイルド)が金儲けのためにやろうとしていることで、今、目玉親父(バアル神)の出現によりグラグラと崩れる堕ちるタタリに出遭っているということ。これは1930年代に三井系の政財界の要人たちが暗殺された現象の蘇りである。戦前の三井とはロスチャイルド系、つまりユダヤ系であったからだ。反ユダヤ主義の出現の時が今であるから。反ユダヤ主義とはバアル!の出現ということ!反バアルの聖書を信仰している者達もタタリに遭う!



★そして平田神道とは神道を偽装したキリスト教である。平田神道宗家六代の平田勝安とは森喜朗が卒業した早稲田の2年先輩。元JEM・PFI共同開発機構の代表理事だったのが平田勝安氏。彼が神宮外苑再開発と東京大改造の口実としての東京五輪の話を森に持ち込み、森がそれを受けて、当時の東京都知事の石原慎太郎に持込み、石原慎太郎が2006年あたりに記者会見をした。しかし東京五輪の真の目的は世界平和とか世界のスポーツ振興とかではなく、神宮外苑周辺を中心とした東京大改造によっての一部の者達だけの利権、つまり金儲けであったのだ!だから2020年の東京五輪は八墓村のタタリに遭っている!ということ。
  





3、清原の覚醒剤逮捕と森喜朗









★森喜朗はどうして?テレビに出る時は必ず「失言」だといわれるのか?マスコミは森喜朗に全く好意的な報道はしない。代表的な「サメの脳みそにノミの心臓が森」という森への評価で現れている。どうして森喜朗はこんなにもマスコミに嫌われているのか?これは森に対する陰謀なのか?それとも目玉親父の指令でマスコミが森をやっつけているのか?鷲には目玉親父の指令でマスコミが森をやっつけているように思える。



ネットで言われる押尾事件の真相は、銀座のホステスを殺害したのは押尾ではなく森の息子の森祐喜であり、押尾は2億円貰って犯人役をやっているという「お話」。なんとなくそれが真相のような気がするが、真相のようで真相でないこともあるので気をつけましょう。この噂はネットで簡単に発見することができる常識のようなものだ。



★今回の東京五輪を見ていると「八墓村のタタリはある!」という確信を鷲は持った。どうして建築物を建てるとき、神道の祝詞を唱える儀式をするのか?それは八墓村のタタリを払うためであったのだ!今回の新国立場は八墓村のタタリ攻撃を受けているから建築されないのではないか?これだけゴタゴタがあれば誰もがそう考えるだろう。



のタタリの原因が森喜朗にあるのは間違いない。そしてこの2020年東京五輪に関わった者達全員に『ゲスの呪い』と『八墓村のタタリ』が襲ってくるだろう。が、逆に考えれば『 東京五輪は中止せよ! 』と言っている者たちに『開運現象』が出てくると推理する。だから鷲は『 東京五輪は中止せよ! 』という側に立つ。







森喜朗とは政界の清原ではないのか?これだけ悪事の話題の中心に出てくるジジイはいない。清原が覚醒剤で逮捕された時に芸能人の大物の名がマスコミやネットで大勢出てきた。N(長渕)やエックスジャパンのY(ヨシキ)や五輪金メダルのK(北島)など。



そして政界の薬物汚染の窓口は常に森喜朗の息子の森祐喜氏とネットで書かれるのだ。森はヤバイことを隠している!というのがネット人間の憶測でそれは多くのネット人の確信になっている。森がヤバイことをしたから2020年の東京五輪は八墓村のタタリに遭い、森喜朗を中心とした者達は、犬神家の一族のような謎の死を迎えるだろうと。



森喜朗は呪われていることは誰が見ても明らか!さて、次の一手はどうするのか?






by xuzu9851 | 2016-03-06 11:48 | Comments(1)
Commented at 2016-10-22 16:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 戦後の日本でCIAは何をやって... 二人のインチキメシア ~ 麻原... >>