「ほっ」と。キャンペーン

サーティンキュー

次の米大統領はトランプである! 3




★米大統領選は2016年11月8日。後、一か月を切った。今日、朝起きると、新聞の見出しには「トランプ、猥褻発言で最大のピンチ」と書かれ、横の記事には、「ウィキリークスがヒラリーの講演内容を暴露!」という記事。



★ネガティブ合戦になってきたが、トランプが勝つだろう。ヒラリーの方が重大であり究極の隠し事があるだろうし、トランプは多神教の者(デビル)だから猥褻発言は問題にはならないだろう。トランプを批判するのはキリスト教的な道徳感覚の者たちである。



★それにしても日本のテレビに出ている≪ 識者??? ≫と言われる人種は全員がヒラリーが次の米大統領になる!と発言している。つまり日本のテレビに出る者たちは全員、CIAの検閲に合格した者たちしかいないのだ!



★トランプが次の米大統領に成ると世界が変わるだろう。それは一神教支配から多神教の世界への脱皮である。次の米大統領はトランプである!その辺を考え書いていきます。







1、トランプは常に窮地だが勝っているwww







★トランプが過去に女性蔑視の猥褻発言をしたことで、最大の窮地になった!という記事だが、この約1年間、マスコミ報道を聞いていると常に最大の窮地にトランプが陥っている。しかし大統領選を勝抜いてきた。トランプへの批判はキリスト教道徳感覚から来るものが多い。それは当たり前で、米国はキリスト教の国だから。



★トランプは2度離婚しているが、これまでの米国の大統領で離婚した者は存在しないし、18年間税金を払ってないし、破産を4回している米大統領もいなかっただろう。さらにトランプは政治家の経験はないし、女性蔑視の猥褻発言を録音され暴露された。



★それでも鷲はトランプが次の米大統領に成る!と思っているのは、トランプが多神教的体質(デビル)であるからだ。今のトランプへの反発は米国のキリスト教的ピューリタン的な潔癖主義から来るものだが、時は、多神教に変わっている。



★さて、日本の政治家を見れば、カネの問題で大転落中である。野々村県議から明らかにされた領収書偽造だが、富山市の市議会、そして豊洲移転での石原慎太郎都元知事の遊行費での都税ドブ捨てと内田茂の利権政治。自民党の防衛大臣の稲田朋美の白紙領収書問題。カネは亡びの元だが、日本の殆どの政治家は領収書偽造や税金チョロマカシをしているので殆どが大転落中である。



★今年の6月23日に英国でEU残留か?EU離脱か?の選択の選挙があった時、鍵となったのは、キャメロン元首相のタックスヘイブン(租税回避)問題。パナマ文書によってキャメロンのタックスヘイブンが明らかになり、英国でデモが起こり、キャメロン嫌いから、52%VS48%で、EU離脱が決定された。EU離脱の原因は、キャメロン元首相が資産を海外に移して税金を払ってなかったからだ。



★ヒラリーは1時間7500万の講演料を取る銭ゲバである。正確に言えばそれは夫のビルのほうがだが、妻のヒラリーも変わらん金銭感覚だろう。夫婦そろっての銭ゲバぶりは、典型的な銭崇拝のユダヤ人である。時代は反ユダヤ主義であるから、銭ゲバのユダヤ人であるヒラリーがトランプに勝てるわけがない。勝てるとすれば不正選挙以外にないだろう。



★トランプとヒラリーの戦いは、多神教(デビル)VS銭崇拝ユダヤの戦いに思える。デビルという言葉があるが、それは悪魔ではなく、ローマ時代の「多神教」が語源である。一神教徒は多神教をデビルに見えるわけだが、それは性的に奔放であるからだし、180度、世界観が違うからだ。



★江戸時代までの日本も多神教世界で、性に対してタブーはなかった。多神教の特徴は性的な奔放性だが、ベッキ―や乙武の不倫を見ると、性的なことで鬼(カミ)に裁かれる現象が日本では多いと感じる。多神教的な性を鷲はもっと追及しないとならない!と思っている。



★ヒラリーはこれまでの銭ゲバぶりで次の米大統領は無理だし、既得権益側だし、1%側なので、大衆に人気が全くない。既得権益の権力側がヒラリ―を無理やり盛り上げているにすぎない。トランプは多神教的(デビル)な体質であるからエロであるが、多神教(デビル)の時代の開幕に乗っている人物。次の米大統領はトランプである!








2、AVに3本に出演したトランプは勝つ!








★今回のトランプVSヒラリーは人間がいかにマスコミに洗脳される動物かを思い出させてくれた。他人から与えられる情報には疑いを持ち、独自の確実な情報ツールを持つ者が未来を見ることができる。情報、プロバガンダとは戦争の産物であり、それを100%信じることは非常に危険であり、六殺しされる原因となる。



★さて角度を変えてトランプVSヒラリーを考えてみる。世界は全て繋がっている。日本では防衛大臣の稲田朋美議員が白紙領収書で窮地に立っている。そして豊洲移転問題で石原慎太郎元都知事や内田茂都議などの既得権益政治家たちがカネの問題で窮地に立っている。



★日本と米国、距離は違うが、日本軍事力代表の稲田朋美と、東京都の石原慎太郎や内田茂都議が窮地に立っているということに注目。既得権益の政治家であり、軍事的な政治家が窮地に立っている。ヒラリーとは既得権益と軍産複合体と富裕層の1%を代表する政治家ではないのか?



★キャメロン元首相の不人気からEU離脱派が勝利したのが今年6月23日の英国選挙だったが、キャメロンとはタックスヘイブンで税金を国に納めないユダヤ側の政治家であり、ヒラリーも同じくユダヤ側の政治家ではないのか?そしてフィリピンではロドリゴドゥテレテ大統領が「自分はヒトラーである!」と宣言しているが、ナチスの復活現象である。これは鷲が2年くらい前に預言していた現象。



★今は「ユダヤが沈み、ナチスが出てくる」時代である。この世界情勢ならヒラリーが転落して、デビル(多神教)であるトランプが米大統領となるだろう。しかし多くの人々はヒラリーが勝つと思っている。それはマスコミに洗脳されているからだ。米国のマスコミの99,9%はヒラリー側である。つまり米国のマスコミの99,9%はユダヤマスコミ。だからトランプの不利な情報がどんどん出てくるのである。



★AV3本出現、女性蔑視の猥褻発言のトランプ。キリスト教国家米国では致命的な負の要因であるが、それだけユダヤ側が必死で、何が何でもトランプの大統領だけは阻止したいという意志の表れである。



★鷲が次の米大統領はトランプというのが、変人奇人のトランプの方が今の世界の流れと一致するからだ。そして「約80年周期の歴史の繰返し」。それを考え「今はナチス、つまりバアル教(鬼道)の復活の時代」ということを認識して、トランプが次の米大統領だと言っている。米国と日本と世界のユダヤマスコミなんぞに騙されてはいけないのだ!



★次の米大統領はトランプである!








3、鬼(カミ)は奇に宿る!


 ★さて来月の今頃には米大統領は決まっているだろう。今、日刊ゲンダイの10月12日号を開いているが「トランプの主張はウソばかり」という見出しである。日刊ゲンダイも反トランプだった。



★これはなかなか面白い現象である。次の米大統領はトランプか?ヒラリーか?の二者択一なのに殆どはヒラリーである。しかし鷲は今回で連続三回の「次の米大統領はトランプである」のブログである。



★マスコミVS鷲である。この勝負は「シンボルと暗号の解読家」を自称する鷲としては喜びに満ちた勝負である。マスコミと鷲のどっちが「情報通か?」の戦いであるから。鷲は世界のマスコミと戦っている。まぁ~ユダヤマスコミとは反対のことを言っているわけだが、鷲の方が「情報通だった」という結論になるだろう。だから三回も連続で「次の米大統領はトランプである!」というブログを書いているわけで。



★これまでの常識ではトランプは米大統領にはなれない。トランプとはこのような人間だから、

 1、結婚3回2回離婚
 2、18年間、税金を払ってない
 3、4回破産している
 4、AVに3回出演している
 5、女性蔑視の猥褻発言を録音され暴露された
 6、政治家の経験が一度もない
 
 ざっと報道されるのは以上



★これまでの米大統領で離婚経験者は実は一人もいないのだ。処女マリアを崇拝するのがキリスト教。これまでキリスト教国家の米国は離婚した者を大統領にしたことはなかった。しかしトランプは結婚3回、離婚2回であるwww



★我が日本では結婚6回・離婚5回という尊敬できる角川春樹師がいるが、彼に近いところに居る。なお、角川春樹師は麻薬で逮捕されてますので、一般の人は尊敬しないように、お願いします。尊敬する!と書いたのは、ジョークにすぎませんwww



★鷲が次の米大統領はトランプであると三回連続で書いたのは、世界のマスコミとの勝負!ということ。鷲のグノーシス的見解との勝負ということ。グノーシスとは「直観的認識」である。鬼の女の深い知識と知恵のこと。鷲と世界のマスコミとの闘いは面白い。



★しかし副島隆彦とかリチャードコシミズとか便所民フルムグシとか「デマ野郎」がトランプを応援している!ということも見ている。それはしょうがないだろう。デマ野郎たちもそれなりに生活のためにウソ情報をながしていたが、ここが勝負だと考えているのだろう。



★日本の豊洲問題で言えば、ヒラリーとは内田茂や石原慎太郎のような「豊洲移転推進派」のキトクケンエキ派である。そしてトランプとは「豊洲移転白紙撤回派」ということ。ここにつながっているのである。



★さて、米大統領は2016年11月8日に結論は出る!今、テレビを代表にする表マスコミでトランプが次の米大統領!と発言する者は一人もいないと観察できるだろう。そこをチャックだ。



★次の米大統領はトランプである!それで鷲は世界と勝負する!





[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-10 08:19 | Comments(0)
<< 副島隆彦が新刊でヒラリーは今月... 次の米大統領はトランプである! 2 >>