「ほっ」と。キャンペーン

サーティンキュー

トランプはヒトラーの再来だからバカたちに批判されるが、トランプはヒトラーの再来だから偉大である!





★今日(2017年2月5日)、朝からテレビを見ていた。シューイチ、サンデーモーニング、サンデージャポン、そこまで言って委員会。するとどの番組も「トランプはバカだ!」の大合唱である。これには人よりずっと冷静沈着である鷲も怒り心頭した。



★テレビに出てくるバカどもはどうしてトランプをバカ扱いするのか?それは簡単に解る。トランプにヒトラ―を見るからである。戦後の71年間は反ヒトラーの時代。それは反バアルの時代だと理解できるが、鷲のように常に真実を探求して発見しているタイプはヒトラーは善なる存在だが、学校教育に洗脳され、社会に洗脳され杉のバカはいまだにヒトラーは悪である。



★テレビでのトランプ大批判の原因は真実を探求しない怠惰な精神の挙句の果ての現象である。そしてテレビに出る評論家と言われる人間の屑どもは、トランプとヒラリーの二者択一の大統領選においてもヒラリーを選んだバカばっかりである。



★さて今回はヒトラーとトランプがどうして正しいのか!?それを幼稚園児解るように書いていきたい。ヒトラーとトランプこそが『 ライト(右) 』である。そして今は『 ライト(右) 』の時代の始りであるから!







1、ギリシャ語の新約聖書のイエスキリストの処刑の時間は正午6時から午後9時




イエスキリストの磔とINRI





★鷲はキリスト教の解読には絶対的な自信を持っている。新約聖書はギリシャ語で書かれた。そしてギリシャ語の新約聖書のイエスキリストの処刑の時間は正午6時から午後9時である。これを解読できるのが今のグノーシス主義者、つまり現代のシャーロックホームズということ。



★『 6から9に転換して13と一体化する 』とはサーティンキュ―の言葉であるが、「 6から9 」は鷲の20歳代の先生のメキシコ人のミゲルネリから習った。しかし『 6から9に転換して13と一体化する 』は鷲のオリジナルである。



★キリスト教はグノーシス運動の退化の結果である。『 信仰とは精神の退化現象 』にすぎない。健康な人間の精神は常に恐怖を乗り越えて探求して発見して理解すること。信仰は精神的な停止にすぎない。信仰こそが『 善にみせかけた悪 』である。



★数字の『 6 』の者は太陽神と分離している存在。数字の『 9 』の人間は太陽神と結ぶ人間である。数字の『 6 』の人間を定期的に殺す時が歴史にはある。それがヒトラーがユダヤ人を殺した時である。



★ユダヤ人は『 ウソの神をしつこく信じているから太陽神に殺される 』のである。ユダヤ人でなくても、五井野正の信者もその時が来るだろう。信仰という姿勢は否定されなくてはならない。探求と発見と理解の人生にならねばならない。



★さてヒトラーは『 9 』の者である。そしてヒトラーを否定する者たちは『 6 』の価値観を守る者たちである。人間の姿は太陽神と一体化して『 神である9 』となる可能性である。ヒトラーは神に成ることを目指した。そしてトランプは『 6 』の価値観を破壊する者であるので、評価される存在であるのだ。








続く



by xuzu9851 | 2017-02-05 16:56 | Comments(0)
<< トランプと小池百合子のオルトラ... トランプの出現はタロットカード... >>