「ほっ」と。キャンペーン

サーティンキュー

トランプと小池百合子のオルトライト現象を読む!





タロットの14は左から右



★テレビを見ていると知識もないのに「知識人」と呼ばれている連中がトランプを誹謗中傷しているわけだが、それは彼らが信じる、反戦平和、自由、平等、人権などのクダラない単語をトランプが平気で否定して、大統領令という秘密兵器を出しまくっているからだろう。



★言葉を信じる者は愚か者である。ユダヤ人がどうして弾圧され差別され放浪しゲットーに閉じ込められる運命の民族となったのか?偶像というシンボルを否定して「言葉が神」だと勘違いしたからだ。



★旧約聖書を土台とする宗教という妄想は単語を崇拝する。愛、慈悲、希望、勇気、努力、とかの。美的に感じる単語を崇拝して自分が善人だと錯覚しているのが、思考停止病の宗教信者という存在だ。



★戦後の日本人は、反戦平和、自由、平等、人権などのOSS憲法の言葉に洗脳されているわけだが、社会の実態は『 銭が全て! 』である。カネで固めてカネで潰れる、というあの言葉どおり、カネ地獄に堕ち、カネを万引きした者たちが毎日裁かれている。



★トランプの言葉に綺麗ごとはない。単純明快でストレートだ。間違った宗教妄想信者がトランプを誹謗しているにすぎない。サヨクの痴は終わったのだ。トランプとは違って小池百合子は日本では人気NO1だが、それは内田茂や石原慎太郎や森喜郎という悪代官を裁く役目をしているからだ。



★今はオルトライトの時代。サヨクを徹底的に叩き、サヨク妄想を終わらせないとならない。その辺を書いて行きます。









1、議論は時間の無駄!大統領令連発で世界を変える!www




★議論崇拝という人類の病気はいつから始まったのか?さて米国大統領選を考えるとあまりにも長かった。1年8か月もやっていた。そしてトランプVSヒラリーの史上最低最悪の誹謗中傷合戦(本音合戦)も長かった。そしてトランプが新米国大統領になると「 大統領令連発 」。爽快である。



★議論したから良くなるのか?ましてや公金万引犯が多数の議員というバカ者たちの議論で社会が良くならないのは当たり前のことだ。トランプを否定する者たちは「議論病」の患者たちである。常に真実を探求する者たちはどんどんと意識が変わっていくものだが、「議論病の患者」は1960年あたりで止まっている。今は2017年2月8日なのに。



★民主主義が正しい!と思っている者たちも思考停止人間である。民が主人?民って誰?太陽系は太陽主義だが、その太陽主義に逆らい、天動説で生きている者たちが民主主義に騙され、銭を神としているのだろう。



★世界に現れたオルトライト革命は「 天動説から地動説への転換 」の運動である。国の王は太陽神の化身ではない。とくに日本の天皇は、ロスチャイルドが明治天皇を創り、OSSが象徴天皇を創った。だから天皇を崇拝する者たちは、今は堕ちているのだ。それが日本会議の自民党の不調である。日本会議の自民党は呪われている!と見る。



★議論崇拝と多数決崇拝の民主主義を否定して、大統領令連発で世界を変えているトランプは真の革命家だ!その目的は民主主義から太陽主義への転換、天動説から地動説への転換である。そして人類の原観念である『 超人主義 ☛ 9の誕生 」の蘇りである!










2、小池百合子が日本の総理大臣になる鴨!?





★現在の日本の話題の中心は1にトランプ、2に小池百合子である。特に小池百合子VS石原慎太郎の戦いが鮮明となり、小池百合子が石原慎太郎という悪代官を裁けるか?が日本人の最大の興味となっている。石原慎太郎をという悪代官を小池百合子が見事に裁けば、小池百合子総理大臣誕生の圏内に入って来る。



★小池百合子も石原慎太郎も右翼である。が、この二人のライトは違う。小池百合子は日本会議右翼とは違い、関東軍の復活と鷲は見ている。石原慎太郎は右翼のようで右翼ではない。米国のヘルテージ財団の意志で動いていた東アジア分断の工作員であったのだ。



★1930年代は、満州事変、満州国建国、日中戦争などを、天皇を無視して実行した関東軍の時代であった。関東軍が『 軍部の暴走 」の代名詞であるが、小池百合子もこれから暴走していくだろう。そのエネルギーは与えられている。そしてトランプも大暴走中である。鬼(カミ)のエネルギーを受けた者たちは大暴走するのである。



★何度も言うが日本会議の自民党はどんどん堕ちていく。そして鬼(カミ)に裁かれるだろう。安部ちゃんの栄光はもう来ない。来るとしたら日本会議を捨て、小池百合子に安部ちゃんが従う時である。ロスチャイルド天皇の復活を目指す日本会議は呪われている。呪われたところには、人々は行かず、避けるからだ。









3、トランプを誹謗中傷する者たちはガス室に行く!


タロットの13は死神

★現在は1930年代の繰返しである。1930年代の主役は世界ではドイツのナチスヒトラー、日本では関東軍であった。つまり今のオルトライトが出現した時代。オルトライトとは、太陽神主義である。今、トランプを否定している者たちは、民主主義、反戦平和、自由、平等、人権などの単語を信じている者たちである。



★「神は言葉である」とは旧約聖書の言葉であるが、現在の民主主義、反戦平和、自由、平等、人権などの単語を信じている者たちもユダヤ教信者と同じレベルである。現実は銭崇拝者にはすぎないのに。



★『 9が誕生する時代は、六殺し 』の時代。太陽神が降りてくると、太陽神と結びつく者たちと太陽神に反発する者たちに分かれる。トランプを支持する者たちは、太陽神と結びつく者たちであるが、トランプを誹謗中傷する者たちは、太陽神に反発する者たちである。



★民主主義、反戦平和、自由、平等、人権などの単語に真実はない。これらは、奴隷、被差別者、犯罪者、犬のように殺される者たちの言葉であり、彼らの願望にすぎない。そして彼らは『 銭を神のように崇拝する者たち 』。つまりユダヤ人であり、ユダヤ人化した者たちである。



★今の時代は、ヒトラーを理解でき、トランプを支持する者たちの時代である。今は1930年代の蘇りであるから。太陽神を一体化することを目的とする者たちはトランプを支持し、内的な充実感を得るが、トランプを誹謗中傷する者たちは、太陽神の命令でガス室に行くことになるだろう!太陽神は人間にけして優しくない。数字の9になろうとしない人間を残酷に殺す死神が太陽神であるから!








by xuzu9851 | 2017-02-08 04:22 | Comments(0)
<< ユダヤ人の世界支配とナチスヒト... トランプはヒトラーの再来だから... >>