サーティンキュー

ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎と「6から9」






★1945年8月6日に広島に原爆が落ち、1945年8月9日に長崎に原爆が落ちる。この原爆投下は【 暗号 】になっていることに鷲は気づいた。そしてそこには【 6から9 】というメッセージがあることに気づいた。その辺を書いていきます。





1、暗号としての広島と長崎の原爆投下




★広島に原爆が落ちたのは1945年8月6日。その数字を全て足す。1+9+4+5+8+6は33である。3+3は6である。そして三日後に長崎に原爆が落ちたから6+3は9である。広島と長崎に原爆が落ちた日付を全て足して一桁にすれば【 6から9 】という暗号が見えてくる。



★イエスキリストは正午6時から午後9時に処刑になったとギリシャ語の新約聖書では書かれている。新約聖書は元々、ギリシャ語で書かれたものだ。そして古代ユダヤの正午は6時であったのだ。



★昭和天皇の名はヒロヒト。奥さんの名は良子と書いてナガコである。ヒロヒトのヒロの広島に原爆が落ち、三日後、ナガコのナガの長崎に原爆が落ちる。そして長崎はイエズス会の聖地であり、山口県(長州)の隣の広島もイエズス会の聖地であった。



★米軍がヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に落としたが、そこまで深く考えていたとは思えない。米軍は鬼(カミ)に操られていた。鬼(カミ)は明らかにイエズス会に原爆を落としたのだ。なぜ?二発だったのか?それは【 6から9 】というメッセージを残すためである。



★さて、イエスキリストが正午6時から午後9時に処刑になった!と知る日本人は殆どいない。それは日本語の新約聖書は正午12時から午後3時にイエスキリストは処刑になったという記述されているからだ。グノーシス主義者は暗号を解く者だから、イエスの正午6時から午後9時の処刑に暗号を感じるが、キリスト教徒は信仰という精神病の者たちだから、全く、イエスキリストの処刑の時間に謎がある!とは思わない。



★秀吉がイエズス会を禁教として、江戸時代の約260年の弾圧をキリシタンにした。その結果、キリシタンは殉教死する者が多かった。イエスのいる天国に行くための殉教死こそがイエズス会の美学であるからだ。さてこのイエズス会の殉教死の美学が「 天皇陛下万歳! 」と叫んで死んでいく戦前の日本人の美学に変身したことを気づく日本人はいなかった。



★ドストエフスキーはイエスの処刑の時が、正午6時から午後9時であることに暗号性を感じたが、彼は秘教的なキリスト教徒に止まり、グノーシスの者に成ることはできなかった。ロシア語の新約聖書もイエスの処刑の時間は正午6時から午後9時と記述されていると思う。確かめてはいないが。



★イエズス会の教会が日本で初めて建設されたのは山口県である。山口県とは長州である。つまり明治維新という長州革命はイエズス会の逆襲であったのだ!そして現人神天皇をイエスの再来として、日本人を殉教死に導いたのがイエズス会。そのように考えれば、日本人の多くが「 天皇陛下万歳! 」と死んで行った現象の奥深くが理解できると思う



★明治維新で誕生した現人神天皇とはイエスキリストに似せた救世主として出現した。しかしその本質は清で起きた太平天国というカルトのメシアである洪秀全と同じ。太平天国の信者たちの殆ども殉教死である。



★広島と長崎に原爆を落としたのは鬼(カミ)である。鬼(カミ)を鷲はバアルと聖書を意識して言っているが、大本教的に言えばウシトラノコンジンであろうし、エジプト的にはオシリスであろうし、牛頭天王や壇君という名もある。太陽神の名は地域によって違うが、鬼(カミ)であることに間違いない。



★原爆は鬼(カミ)がイエズス会に落とした。それはイエズス会がイエスの磔の像を理解できなかったからだ。あのイエスの磔の像の意味を私が翻訳した言葉で言うなら、


  6から9に転換して13と一体化せよ!


  である。



★鬼(カミ)が邪教イエズス会に落としたのが広島と長崎の原爆であったのだ!







 



by xuzu9851 | 2017-03-22 16:51 | Comments(0)
<< 我らのアキちゃんがヤバイ!www ラーメンが一杯1000万円とな... >>