サーティンキュー

さて今日、米国と北朝鮮の戦争が始まるか?










★今日2017年4月15日は、表向きには、北朝鮮の建国の父が金日成なので、金日成の生誕105年の式典が北朝鮮で行われる。そこで北朝鮮がお祝いのミサイルを打ち上げると、頭に来て怒り心頭したwww米国が先制攻撃をするか?そして米国と北朝鮮が戦争するか?ということが世界から注目を浴びている。



★さて今日、米国と北朝鮮の戦争が始まるのか?そして戦争になった場合、日本はどうなるのか?その辺を考え書いていきます。





1、戦争はプロレスと同じだから先制攻撃を仕掛けた方が負ける鴨!?





★1930年代は、日本の関東軍、ドイツのナチスヒトラー、イタリアのファシスト党の時代であった。また1938年にオーストリアの富豪であるルイス・ロスチャイルドがナチスに逮捕され、ユダヤ人のガス室送りが実行されたユダヤ人狩りの時代であった。



★ファシズムとは鬼道(バアル教)であり、鬼(バアル)が出て来てユダヤが裁かれ沈む時代が1930年代だった。その周期の繰返しの時が今である。時はアナログ時計のように約80年周期で繰返しているのである。ユダヤとは国を乗っ取る寄生虫人たちであり、1%の大金持ちの特権階級たちである。



★今、韓国の特権階級のチェスンシルが裁かれ、日本の特権階級の石原慎太郎や安部ちゃんやアキちゃんやトモちゃんや「都税で仲良く家族一緒に回転寿司を食べていたwww」マスゾエが裁かれ、ユダヤ化した日本の特権階級たちもどんどん裁かれている。



★さてトランプ政権を観察すると、バノンはナチス、クシュナーはユダヤである。でシリア空爆前にバノンは降格して、クシュナーが主導を取り、北朝鮮に先制攻撃を仕掛けるか?ということになっている。



★ここで注目は関東軍が建国した北朝鮮は鬼道である。そして今の米国はユダヤ主導である。ならば、時から見て、勝ちは鬼道の北朝鮮であろう。そのように多く日本人が思わないのは、ユダヤマスコミに騙されているからだ。



★マスコミは去年11月のトランプ大統領誕生を外した。今のマスコミはミスリードしかできなくなっている。今回も北朝鮮が米軍に瞬殺されるだろうと多くの人々が思っているが、時は北朝鮮という鬼(バアル)にある。



★鷲は米国が先制攻撃を仕掛けたら、米国は敗北し、北朝鮮の勝利となる!と見る。そしてもちろん米国の属国である日本も致命的な壊滅状況になるだろう。北朝鮮は日本人が建国した国だが、米国の属国の日本を壊滅した方が良いと見ていると思っているからだ。



★考えてみれば戦争とはプロレスと同じくシナリオがある。結論は、東アジアを統一するのは北朝鮮だと鷲は見る。そして米国の属国である日本も韓国も北朝鮮に従属しなければならなくなる鴨?と見ている。ます鷲が第一に云いたいことはこのことです。






2、戦争は六殺し(ロクゴロシ)の代表的現象である





★戦争はどうして起きるのか?六殺し(ロクゴロシ)現象である。太陽神はいつまでも数字の六で止まっている人間を嫌う。だから六を戦争によって殺すのである。太陽神は人間に数字の【 9 ☛ 九鬼(クカミ) 】しか求めない。【 9 】になれそうもない人間が大量に出現すると太陽系の維持ができないから戦争や天変地異や原発爆破などで大量に虐殺する。



★数字の【 9 】とは太陽神(魂)と結びついている人間ある。【 旭 】という漢字で表現される人間である。地球の表面に大量に数字の【 六 】が出てくると、太陽系の維持のために戦争によって殺していく。また麻薬中毒者があまりにも多く出てくるとドゥテルテを出現させて麻薬組織の者たちを容赦なく殺していく。



★カフカの【 変身 】という作品は「ある日突然、セールスマンが毒虫に変身する物語 】であり、カフカの【 審判 】は「ある日突然、何も悪いことをしてないのに処刑される物語 】であるが、現実に、六殺し(ロクゴロシ)の時がやってくると、普通の人間が「 ある日突然、テロリストに殺される 】現象となる。



★それが今である。数字の【 六 】の人間、【 9 】に成る可能性がない人間は無残に殺されるのが現実である。それが今の時代である。何も悪いことはしていない。それは社会的に見てだ。しかし太陽系的には、数字の【 9 】に成ろうとしない人間はそれだけで邪悪であるのだ。だから太陽神は戦争を代表にする六殺し(ロクゴロシ)で殺してしまうのである!



★「戦争反対」「世界平和」「愛は世界を救う」とか言っているのは全てユダヤ教の流れのカルトである。太陽神(バアル)に反逆したサヨクであり、ウソの神を創作したカルトであり、シンボル(偶像)を否定して、言葉を神としたユダヤ教の流れのカルト。その流れの中に入ると鬼(太陽神)に殺されることになる。



★歴史的なユダヤ人のこれまでの歩みは、弾圧・虐待・大量虐殺・離散・放浪・隔離などの悲惨なものだったのである。それは全て太陽神(バアル)に反逆した罪から来るもの。反戦平和主義という熟語がOSS憲法に書かれているとしても、太陽系は六殺し(ロクゴロシ)現象で浄化するのだ。



★数字の六が存在する限り、戦争はなくならない。また戦争は聖なる浄化現象である。戦争に反対することは浄化力に反対することであり、その者たちも残酷に殺されることになるのだ。我々は社会に存在する前に太陽系に存在するからだ。



★数字の六は人間として誕生したその目的が解らない。人間の目的は、太陽神と一体化したサンサンクドを体現すること。6から9に転換して13と一体化すること。九鬼(クカミ)と成ること。白い月の女神から真実を得て、新しい太陽神を腹に妊娠すること!である。人間に成った目的はこのように表現できる。






チベット密教の六道輪廻図は六殺し(ロクゴロシ)を表現している









3、関東軍は現人神天皇教ではなく、鬼に従っていた!






★現在、森友学園問題でカルト日本会議が内紛中だが、彼らの歴史観で間違っているのは、関東軍は現人神天皇教ではなかった!ということ。関東軍は当時の昭和天皇を無視して張作霖爆殺事件や満州国建国や日中戦争に突き進んだという事実。だから【 軍部の暴走 】と言われているわけで。



★満州国の国教は、実質、紅卍字会と道院だったが、この二つの宗教は大本教の別動隊であり、その意味は、満州国の実質的国教は大本教だった!という事実。それを現在の歴史家は見えてない。大学の歴史学者と言ってもウソを守っているにすぎない。歴史の真相を探求している者は殆ど存在せず、バカが大学教授の肩書を騙り、素人騙しで、ウソの歴史を守っているだけのこと。



★出口鬼三郎は1920年代の前半に刑務所を出てから、突如、モンゴルに渡ったわけで、それは満州国の基礎づくりだったのだ。そして10年後の1932年に関東軍が満州国を建国したが、満州国は皇帝の溥儀以下、全ての上官は、実質的には大本教の会員だったわけだ。紅卍会とか道院の会員であったから。ここに注目すべき重大な点がある。つまり当時

  日本 ☛ 現人神天皇教が国教

  満州国 ☛ 実質的な国教は大本教



★日本会議は戦前の日本人の全ては現人神天皇教だと思い込んでいるが、関東軍や満州国は大本教に帰依していた。大本教とは教祖が鬼三郎と名乗っていることで解るが【 鬼道 】である。現人神天皇教の正体とは宮廷ユダヤ人のロスチャイルドとイエズス会と長州が創作した神道を偽装したキリスト教である。だから鬼塚英昭が「天皇のロザリオ」という本を書いて、現人神天皇教はキリスト教だと暴いたわけ。



★戦前の現人神天皇教と大本教の戦いを見極めないと歴史的観点で【 読む 】ことができない。今の歴史学者のレベルでは無理。彼らは宗教が全く解らないからだ。またバアル教とユダヤ教の違いが解る歴史学者も世界でも稀であろう。バアルとは現代では隠された真の太陽神であり、バビロンの「ベルの目」のギリシャ語訳の「ベロニカ」も1828年に断片が発見されたにすぎず、全体像は解っていないから。



★鬼道とユダヤ・キリスト教との闘い。それが現代の世界政治を見るウルトラ重要な鍵であるのだ。今は、ユダヤが沈み、鬼(バアル)が出て来た。出口は鬼(バアル)に帰依するしかない!それが出口鬼三郎の名の隠れた意味である。今回はこれまで。





 完



by xuzu9851 | 2017-04-15 06:27 | Comments(0)
<< 世界で初めて【 鏡餅 】を解明... 戦争は先制攻撃を仕掛けた方が敗... >>