サーティンキュー

世界で初めて【 鏡餅 】を解明します!




数字の意味について ~ シンボル解釈の基本!



★これまで鷲は1988年2月21日に起きた【 9の字事件 】の解読や将棋や囲碁や相撲や野球の解読やギリシャ語の新約聖書でどうしてイエスの処刑の時間が正午6時から午後9時なのか?の解読や、そして数字の意味、その他、を解明してきた。



★考えてみれば数字やシンボルの真の意味の解明という分野はこの日本では存在しない。どうしてなのか?それはシンボルを解明するには非常に高度な知識が必要であり、それを日本は持ってないからだ。だから誰もが日常的に目にしているシンボルの意味を全く解らず生涯を終えてしまう。それが日本人の99,9%である。



★シンボル解読の世界の中に入らないと、人間として生まれてきた目的が全く分からないまんま、獣のまんまで人間の可能性を全く生かせず死んでしまう。数字の【 六 】のまんま死んでしまう。



★その結果、【 六殺し(ロクゴロシ) 】の戦争や大地震や原発爆破や様々な事故で死んでいくのだ。カフカの小説に表現される、ある日突然に毒虫になり家族から捨てられ死んでしまったり、ある日突然に何も悪いことをしてないのに逮捕されてどんなに弁明しても処刑される!ということになる。太陽神である鬼は数字の六を残酷に殺すことを日常で殆どの者が見ている。



★シンボルを解読する世界に入ることは【 神々の世界に入ること 】である。シンボルの世界に入ると人間として生まれてきた意味が鮮明に解明できるのである。今回は日本人なら誰でも知っている【 鏡餅 】の解明をしていきたい。【 鏡餅 】の本当の意味を知る日本人は全くいないからだ。






1、グノーシスのマスターに成ることは絶対に人間には必要である!




★グノーシスとはギリシャ語で知識という意味であり、サンスクリット語のハンニャ(般若)と同じ意味である。太陽神(魂)と結びついた知識をグノーシスというのであって、太陽神(魂)と結びつかない知識はグノーシスとは言わない。



★太陽神と結びかつかない知識の代表に法律がある。長い時間、試験勉強をして司法試験に合格して弁護士になったとしよう。しかしその法律の知識は日本限定である。韓国では通用しないし、中国でも通用しないし、アフリカでも通用しないし、カナダでも通用しない。日本の弁護士の法律の知識は日本限定であるのだ。



★しかしグノーシスは違う。鏡餅の意味は韓国にも別の形のシンボルであるだろうし、それをアフリカでも見るだろうし、バリ島でも、インドでも、英国でも米国でも、世界のどこにでも、鏡餅が表現する意味の本質が、別の形で表現されている。



★グノーシスを得ることは、太陽系人類に成る必須であるのだ。数字の【 9 】の九鬼(クカミ)に成る必須事項がグノーシスという知識である。グノーシスは太陽系で生きる者たちには絶対に必要なことだ。グノーシスのマスターに成らないと太陽系人類には成れないのは間違いない。



★そして日本とはシンボルで満ち溢れている世界である。しかし驚くことに、今の日本人にはグノーシスがないために、大晦日の紅白歌合戦の意味、108の除夜の鐘の意味、ベートーベンの第九の意味、鏡の意味、注連縄の意味、神社仏閣の意味、正月三が日の意味、それを日本人は全く理解しない。全くシンボルが理解できない人間、それが数字の『 六 』のロクデナシである。



★数字の【 六 】のロクデナシの運命は非常に哀れである。それは老人ホームを見れば解るし、ありとあらゆるところに、その悲惨を目撃できる。だからグノーシスのマスター、つまりシャーロックホームズに成ることは絶対に必要だと言える。しかしそれはかなり難しい。



★多くの人々が知識人だと思っている人間は、東大を出たり、ハーバード大を出たり、世界的な有名大学を出た者だったり、博士や教授の称号を持つ者たちであるが、その殆ども数字の【 六 】にすぎない。数字の【 六 】はカフカの小説で表現されるように、哀れで、悲惨な生涯の終わりを迎えるのである。それを鷲は毎日のように目撃している。



★鷲の人生の目的はグノーシスのマスターである数字の【 9 】と成ることである。だから毎日、ブログを書き、ツイッターをしている。そして最近の鷲は、松果腺や胸腺から内分泌の液体が湧き出てきているから、太陽(鬼)から肯定されてきたと自覚している。



★まずはグノーシスとは何か?を鷲なりに説明して、鏡餅の解読に入っていきます。








2、太陽(魂 ☛ ミカン)と白い月(霊 ☛ 白い餅)の合体が鏡餅




★鏡餅を考える場合、人間の5つの要素を理解しなければならない。人間とは肉体的な存在のみと思っているのは唯物主義に洗脳されたものたちの妄想であり、その者たちはロクデナシであり鬼に裁かれる。人間とは5つの要素からなっている。



★人間とは

 1、太陽である魂

 2、白い月である霊(魂と結びついた意識)

 3、月の裏側であるエゴ

 4、運命

 5、地球である肉体

 の5つの要素からなっている。



★人間を三つの要素に分けると

 1、太陽である魂

 2、月である霊

 3、地球である肉体

  に分かれる。



★人間を肉体だけの存在だと確信している者は数字の六のロクデナシであり、最後は悲惨な運命となるだろう。人間を5つに分けると、魂・霊・エゴ・運命・肉体であり、3つに分けると、魂・霊・肉体、であるのだ。これが人間に対する基本的な見方ということ。自分という漢字は「自らを分ける」だが、基本的には、人間は、太陽(魂)と月(霊)と地球(肉体)の3つに分かれる。


★【 鏡餅 】とは何か?それは肉体という器の中の

  太陽神(魂 ☛ ミカン)と白い月(霊 ☛ 2枚の餅)の合体を表現したものである。



★我々、人間という存在は宇宙を小さくした盆栽のようなもので、それをミクロコスモスと云うが、様々な惑星の要素があるのだ。一週間の本当の順番は、

 月・水・金・日・火・木・土である。



★これはチャクラ(神経中枢)の頭上から下に行く順番で解ること。つまり一週間にしろ、鏡餅にしろ、神社仏閣、将棋や囲碁にしろ、全て、太陽神がシンボルで人間に与えた【 教え 】ということ。



★鏡餅を理解するためには、

人間を3つの要素にすると

太陽(魂)・白い月(霊 ☛ 魂と結びついた意識)、地球(肉体)を理解しなければならない。

人間の要素を5つにすると、

太陽(魂)・白い月(霊)・月の裏側(エゴ)・運命・地球(肉体)に分かれる!

という知識が必要となるのだ。



★人間の生きる目的は、肉体の中の、太陽神(魂)と白い月(霊 ☛ 心理であり意識)の合体である!それを表現しているのが【 鏡餅 】ということ!太陽と白い月の合体、それをハネムーンと云うが、それを表現しているが、鏡餅であり、チベット密教では白い女(月)とブッダ(太陽)の合体で表現しているのだ!


鏡餅の意味は、意識が太陽神(魂)と合体している!ということ。








3、人間とは九鬼(クカミ)に成る可能性である!




★ヒトラーは「人間とは生成途上の神である」と発言した。そしてT4作戦で障害者を殺し、ユダヤ人を殺したわけで、ヒトラーを操っていた太陽神(鬼)の思想を鷲が翻訳して【 六殺し(ロクゴロシ)と9の誕生 】と鬼道の本質を現代の言語で表現した。



★戦後の日本人の殆どはロクデナシの数字の【 六 】で終わりであるがゆえに、悲惨な末路となる。太陽神は数字の【 六 】の末路を哀れで悲惨であるとプログラムした。そのプログラムから逃れることのできる人間は存在しない。



★日本はシンボルで溢れている国である。しかし戦後の72年間、シンボルを解読する本物の専門家は存在しなかった。カルトもシンボルを解読しているように見せかけるが、根本が間違いである。聖書を信じたり、イエスキリストが存在した!と思っているから。



★我々の日々は戦いである。この戦いに勝つには、何が真実で、何がウソか?それを見極めることが非常に重要である。ただ一つ解りきっているのは、数字の【 六 】のロクデナシは悲惨な末路だ!ということ。



★古典的なシンボルの全てを正確に理解して、日々起きる事件の暗号を正確に解読して生きていけねばならない。太陽神は常にシンボルや暗号で我々にメッセージを与えている。太陽神のメッセージを正確に理解できる者が太陽神と結びついた【 九鬼(クカミ) 】であるのだ!九鬼(クカミ)はグノーシスのマスターである!

ーーーーーーーーー

補足



★白い月は巨大な鏡である。白い月という太陽の反射の光が夜の世界の道しるべとなる。白い月を否定する者たちこそが数字の六のロクデナシである。神社で鏡を崇拝することは、白い月と太陽の合体のハネムーンを崇拝している!ということ。



★その白い月という鏡と太陽の合体によって、我々は新しい太陽神を内部に妊娠しなければならない。しかし、その妊娠の苦しみを通過しなければならない。タロットの19は太陽の子だが、太陽の子を妊娠した者が数字の【 9 】の九鬼(クカミ)である。それは布袋様や狸の置物で表現される。



★タロットカードには人間が数字の【 9 】に成る道しるべが描かれているのだ。世界平和、愛、幸福、正義、とかの決まりきった言葉のフレーズを信じる者たちは、ユダヤ教の流れであり、それらの者たちは、ユダヤ人の歴史が語るように、弾圧、離散、放浪、虐殺、虐待、隔離、という世界に堕ちていくだろう。



★ユダヤ人の歴史とは太陽神に逆らった、カルト信者の運命を表現しているから。我々人間は、魂・霊・エゴ・運命・肉体という5要素でなっている。自分とは自らを分けるであるが、太陽(魂)・月(霊)・地球(肉体)の基本3要素に分かれるのが人間である。



★肉体は器である。その器の中で、太陽(魂)と白い月(霊)の合体の【 鏡餅 】が出来るのか?その試験が我々の人生であるのだ。けして金持ちになることが人生の成功ではない。老人ホームには金持ちが一杯いるし、医者という死神に騙される者には金持ちの老人ばっかりだ!



★真実を探求して、白い月の女神に真実を教えてもらい、内なる腹に新しい太陽神を妊娠することが出来る者が数字の【 9 】である。【 6から9への転換 】とは、古代からの太陽神の人間へのメッセージであり、太陽系(太陽神)は数字の【 9 】しか認めない。真剣な探求なら白い月の女神は真実を教えてくれるだろう。そして苦しみを通過して自らの内部に新しい太陽神を宿すことが出来るだろう。布袋様の妊娠腹の誕生が我々の人生の目的である!







 完



by xuzu9851 | 2017-04-16 12:06 | Comments(0)
<< 鏡餅の別バージョンが聖母子像である! さて今日、米国と北朝鮮の戦争が... >>