サーティンキュー

あまりにも猥褻事件が多いのであの神社が性エネルギー昇華の方法を表現していることをまた書きますwww









★また猥褻教師のニュース。22歳の小学校の教師が小1児童に体液をかける。チョット意識するだけであまりにも教師の猥褻事件が多すぎる。性に無知だからだ。あの日本中にある我々の全てが知っている神社が性エネルギー昇華のやり方を教えていると分かったら全く別の世界に入っただろう。



★あの日本中にある神社は、我々に性エネルギーを昇華する方法を表現する建築物であるのだ。太陽神はシンボルで全てを教えてる。神社は性エネルギー昇華の重要なシンボルである。その辺を書いていきます。あまりにも猥褻事件が多いのでwwww









1、神社は性エネルギー昇華を建築物で教えるシンボル





★神社とは性エネルギー昇華を教えるシンボルである。性エネルギー昇華は、性エネルギーを三十三本の仙骨に沿って上昇させ、脳に至らせ、胸腺に持っていく。性エネルギーを「 ?(ハテナ) 」の形に昇華させる、それを三次元的に体験するところが神社という建築物であるのだ。



★門に入ることは「 我々が昇華された性エネルギーに成る 」こと。二匹の蛇の上昇を表現している漢字が「 門 」。二匹の蛇が鳥の羽をつけて蛇と鳥の合体がケッツアルコアトルというマヤやアステカで崇拝されている神である。



★上昇する二匹の蛇の上に鳥の羽が居る(ある)、という意味で、神社の門を「 鳥居 」というのだ。鳥居をくぐって階段を上る。それが性エネルギー昇華の実践をすること。



★座禅の形になるだけで実は性エネルギー昇華の方向に向かっている。瞑想の形でも良いが。しかし座禅や瞑想をしなくても、何かを真剣に探求していることが、一番の性エネルギー昇華の実践である。



★水で左手を洗うことは、不浄と闇を洗浄すること。水はタロットの17の全裸の女神からくる真実である。左は不浄と死のシンボル。右は光と生命のシンボル。そして紅と白とは、紅が太陽神(魂)であり、白が白い月の女神(霊)を表現している。霊とは太陽神と合体した意識である。お賽銭箱の存在はお金が汚いものだということを表現している。



★そしてくす玉が割れることは、大脳の下にある松果腺が開発されてホルモンが湧き出ること。鏡崇拝とは、月と太陽の合体のハネムーン崇拝を意味する。白い月の女神と太陽神(魂)をのハネムーンを表現するのが鏡である。



★注連縄は二匹の蛇が絡んでいることを表現する。白い月の女神は二匹の蛇の絡みで古代は表現され、今は、仏教の観音、エジプトのイシス信仰、キリスト教のマリア信仰に変わっている。また太陽神が女の天照大神というのは間違いである。女は月神であり、太陽神は男神であるから。古事記、日本書記、続日本紀、新撰氏録、万葉集という日本伝統の古史は百済の初代天皇の50代桓武天皇が創り上げた偽書群であるのだ。文字に書かれたものは必ず偽装されるが、古代からある「 石のシンボル 」に真実はある。石は火で燃やすことができないからだ。燃える紙に書かれた文字は常に権力者に書き換えられる。



★白い月の女神(霊)と太陽神(魂)の合体により太陽の子が誕生する。その太陽の子を妊娠しているのが布袋様の妊娠腹であるのだ!








2、神社は性エネルギー昇華を表現した建築物だが、なぜ誰も気づかなかったのか?





★神社は性エネルギー昇華秘法を表現する建築物であるが、これまで誰も気づかなかったのは、日本人の考えが長く間違っていたからだ。天皇信仰のカルトも共産主義もOSS憲法も拝金主義も民主主義も世界平和主義も自由・平等・人権・反戦平和主義もニセモノ。ニセモノ思想の者が性エネルギー昇華をすることはできない。



★ビジネスに成功するための性エネルギ―を活用するとか、受験勉強の合格のために性エネルギ―を活用するとか、全て、失敗する。そのようなことを書いている本があるが。太陽神と一体化して、太陽の子を腹に妊娠した!太陽系人類に成る!という考えでないと失敗する。



★ユダヤのニセ思想に騙されている者たちは全員失敗だ。サマエルアウンベオールはキリスト教を見抜くことができなかった。だからノーシス運動の者たち全員が性エネルギー昇華秘法を成功することはできなかった。



★イエスキリストが存在する!と思っている者たちは失敗する。間違った信仰の者たちは性エネルギー昇華に失敗する!ということ。また間違った知識の者たちも性エネルギー昇華に失敗する。



★太陽系の思想は、日本人の生活の中にあるシンボルで表現されている。日本人が昔から知っているシンボルに太陽系の思想がある。太陽系の思想が理解できて肯定した者たちのみが性エネルギー昇華に成功する。



★ノーシスの場合は、サマエルもミゲルネリもイエスキリストを崇拝するキリスト教徒だから性エネルギー昇華に失敗した。キリスト教はグノーシス運動が退廃した産物。グノーシスの教えは「 6から9に転換して13と一体化する 」である。



★ナチスのSS達は性エネルギー昇華が成功していたのは、ナチスは鬼道だったからだ。性エネルギー昇華が成功する人間は太陽系の思想を理解できる者たちのみである。そして性エネルギー昇華のシンボルは日本中に世界中にどこにでもある。それが見えないのは、考え方が間違っているから。



★考え方が間違っている者たちは性エネルギー昇華ができず、滅亡の道を歩む。その道を歩む日本人はあまりにも多い。










3、神棚とは何か?




★多くの日本人の家に神棚があるが、あの神棚の意味が解っている日本人は誰もいない。十八番と書いてオハコと読ませる。その意味は歌舞伎から来たとか、様々である。しかし単純に数字の18で解るのだ。



★タロットの18は「 月 」であり、絵柄は「 月と太陽の合体のハネムーン 」である。鏡を崇拝することはこの太陽と白い月の合体のハネムーンを実現するためだ。なかなか人間は自らの中の太陽神(魂)と白い月(霊)の合体のハネムーンを実現することはできない。



タロットの18



★間違った思想に洗脳されて近藤誠まで行かず死神の医者に騙されて癌治療で死んでいくのが今の日本人である。白いヒモは白い月の女神であり、紅のヒモは太陽神(魂)の火の色である。この紅と白のヒモが絡んで上昇して、くす玉が割れる。



★くす玉が割れることは松果腺と胸腺からホルモンが湧き出ることを意味する。この現象はなかなか人間にはできないから。鏡は隠れている。鏡が表現するのは、月である。そして月は太陽の光を白い面で反射する。それがハネムーンということ。月の太陽の光を反射しない面が人間のエゴである。多くの人間はエゴと肉体だけの存在である。




★松果腺と胸腺からホルモンが湧き出れば、神経と血液が浄化されて若返り、頭脳も肉体も正常となり優秀になる。だからくす玉が祝賀のシンボルのであるのだ。その意味が解っている日本人は全くいない。



★三枚のお札は、真ん中が宇宙の父、向かって左が宇宙の母、向かって右は太陽の子である。エジプトでは宇宙の父をオシリス、宇宙の母をイシス、そして新しい太陽神をホルス、という。三枚のお札は父と母と子の三位一体を表現する。



★そして二本の火は上昇する二匹の蛇、漢字の「 門 」。イダとピンガラである。鏡が隠れているのは、なかなか人間に起きる現象ではないからだ。



ーーーーーーーーーーーーーー

補足

性エネルギー昇華秘法:ミゲルネリ




★鷲が性エネルギー昇華秘法を知ったのは1983年1月のミゲルネリの第一回ノーシス講座からだが、鷲は長い間、サマエルから来る性エネルギー昇華秘法のノーシス運動が失敗したことを考えていたが、それはサマエルはキリスト教の者で、サマエルが性エネルギー昇華秘法を盗んだ相手はナチスだと解ったからだ。



★サマエルはコロンビア出身。ナチスは戦後、アルゼンチンを中心にした南米に行った。サマエルはナチスのアーネンエルベ(古代叡智探求)から「 性エネルギー昇華秘法 」を盗んだことは簡単に推理できることだ。鷲がナチスを理解して支持になったから解ったことだ。



★「 6から9へ火の変換(INRI) 」のナチス運動と数字の6で人間を止めようとするキリスト教は180度違う。そしてキリスト教は1600年間、イエスの十字架の磔の像の意味を間違って解釈した。これがキリスト教徒になると性エネルギー昇華秘法は失敗する理由だ。



★「 六殺しと九の誕生 」のナチスの思想は鬼道である。そして鬼道こそが日本の伝統である。秀吉は鬼道の実践者だったからキリシタンを弾圧した。メキシコ人ミゲルネリは性エネルギー昇華秘法を日本に持ってきたことには莫大な功績がある。ミゲルネリの中にあるキリスト教という邪教を見抜き、本来の鬼道の性エネルギー昇華秘法に直せば、本来の鬼道の性エネルギー昇華秘法になるだろう。



★空海は唐から性エネルギー昇華秘法を持ってきた。空海の持ってきた両界曼荼羅や理趣経は性エネルギー昇華秘法の理解に役立つ。そして邪教と言われる真言立川流こそが性エネルギー昇華秘法をマスターしていたであろう。現在の日本はキリシタンが支配しているから真言立川が邪教と言われるだけのこと。



★性エネルギー昇華秘法は新しい知識だが、すでに日本の伝統である。神社は性エネルギー昇華秘法を三次元的に体験する建物だから。さて貴方は猥褻教師や猥褻医師や猥褻警官の仲間になるのか?それとも性エネルギー昇華秘法を実践して九鬼(クカミ)の者になるのか?道は二つあるが、獣の道を選ぶか?カミに成る道を選ぶか?ということ。







 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-06-26 08:53 | Comments(2)
Commented at 2017-06-29 20:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xuzu9851 at 2017-06-30 06:18
> こんばんはさん
世界中にある寺院、そして日本の神社仏閣は性エネルギー昇華秘法を3次元的に体験するために存在します。殆どの人々は性は子孫繁栄と快楽の二つしかない!と思ってますが、性エネルギーを神のエネルギーに転換し、太陽系人類に成るための性を知ることはありません。男根石、女陰石とは性エネルギーを神のエネルギーとして崇拝しているシンボルである。ヨガ的なものだけが性エネルギー昇華するのではなく、宇宙の秘密の探求を真剣にすれば、性エネルギーは昇華されます。座禅、瞑想の身体が成るたけで、性エネルギーは昇華の方向に向かいます。性エネルギー昇華には正確な知識が必要です。妄想の神を信じる者たちは性エネルギー昇華の実践も禁欲になります。また快楽は全て否定すべきではなく、それを肯定すべきです。しかし現在は、猥褻教師や猥褻医師や猥褻警官、その他、性の退廃で日本人は滅びようとしています。イダ・ピンガラ・スシュムナー、チャクラ、松果腺、クンダリーニ、クンダバッハなどの基本知識は絶対に必要です。性エネルギーは人間の意識と密接につながってますので、常に正しい情報を得て意識を開発することです。だいたい基本的なことはそのようなことです。性エネルギー昇華のシンボルは世界中のどこにもあります。神社にお参りに行ったくらいでは性エネルギーは昇華しませんが、神社が性エネルギー昇華の3次元的な体験する場、と意識すれば性エネルギーは昇華するでしょう。
<< 藤井4段フィーバーをきっかけに... 時の暗号を解読し理解せよ! ~... >>