サーティンキュー

松竹梅と性エネルギー昇華秘法










★今の世界は野球で言えば、表から裏に変わる時。その暗号はフィリピンの大統領であるドゥテルテがヒトラーを堂々と肯定して、麻薬組織の人間を殺している現象で解る。キリスト教、そして日本の戦後憲法主義者?とかは、「 言葉だけの人間 」であり、けしてヒトラーのユダヤ狩りやドゥテルテの麻薬組織狩りを理解できない。



★裏とは太陽神に帰依する人間の世界である。我々は、社会に存在する前に太陽系に所属している。それを全く解らないから、第一に日本の政治家たちから太陽神に裁かれている。太陽神の別の名称は「 鬼 」である。



★鬼道の教えは、言葉ではない。世界と日本の伝統のシンボルと今の現象のシンボルの中にある。シンボルの意味を常に我々は学ぶ日々でないとならない。太陽系の重要な教えは第一に「 意識を常に洗練させることと、同時に、性エネルギーの昇華 」である。そして3つの脊髄のチャンネルと松果腺から湧き出るホルモン。それを表現しているのが門松の松竹梅である。



★裏の世界は本物の世界である。夜から朝とは、表から裏。これからは、今までの「 表の教え 」は通用しない。だからOSS憲法言論の政治家の全ては裁かれ、戦後憲法的観念の人間の全てが裁かれる現象が起きる。松竹梅の意味を中心に、今、を語っていきます。








1、梅は性エネルギー、三つの竹は脊髄の3つのチャンネル、松は松果腺




★石でできたシンボルは全て「 性エネルギーを昇華せよ! 」とのメッセージである。この松竹梅も性エネルギー昇華のシンボルである。梅は性エネルギー、竹は脊髄の三つのチャンネル、松は大脳の下にある松果腺である。この三つが性エネルギー昇華には重要であるから。



★禅の座禅、ヨガの瞑想、これらは全て「 性エネルギー昇華 」のためのものだ。人間は誰でも「 獣の6 」から始まるが、座禅、瞑想を実践するということは、性エネルギーを獣のエネルギーからカミのエネルギーに変換している!ということ。性エネルギーを獣性から神性に換えることのために座禅、瞑想をしていたのだ。



★松竹梅とは人体の中の重要な器官のこと。松竹梅もまた重要な「 性エネルギー昇華 」のシンボルである。梅である性エネルギーを脊髄の三つのチャンネルの中で昇華させて松果腺に至らせる。また松果腺から胸腺。「 ? 」のハテナのマークが性エネルギー昇華の経路である。



★しかし松果腺という「 くす玉 」は間違った考えをしていると割れることはない。サマエル・アウン・ベオールはイエスキリストが三日後に復活したとマジで本に書いている。だから彼のノーシス運動は失敗したのだ。そのイエスキリスト妄想のせいで。イエスキリストは存在しなかった。キリスト教の全ては間違いである。それは前に書いたので省略。



★さて六道の社会を生きる者たちで、社会で一時的な成功者たちは、必ず高慢になるものだが、脳神経の病気で倒れる者が多数いる。社会の成功者は多数いるが、大脳の下にある「 くす玉(松果腺) 」が割れないと真ので成功者とは言えない。何事でもメデタイ時は「 くす玉割り 」である。「 くす玉割り 」の意味は、松果腺が割れてホルモンが湧き出ることである。そして脳神経が若返り蘇る。それが真の成功であるのだ。








2、数字の「 9 」の者たちは性エネルギー昇華を実践している




ミゲルネリ:性エネルギー昇華秘法








★性エネルギー昇華秘法はミゲルネリの書いているヨガ的な瞑想とマントラと呼吸法の組合せが全てではない。真実の探求を真剣して真実の到達までの過程で性エネルギーは昇華されている。またスポーツ選手が必死で練習して相手に勝とうとしている時に性エネルギーは昇華される。また将棋の対極で全知全能をかけて対局をしている時に性エネルギーは昇華される。



★サマエル・アウン・ベオールは重要な間違いをした。イエスキリストが現実に十字架に磔になって三日後に物質的に復活したと考えたことが、彼の間違い。その証拠は何もない。何も証拠がないのに彼はどうしてイエスキリストは三日後に復活した!と言ったのだろうか?霊視によって見た、とか言い出しそうだがwww



★性エネルギー昇華はアーネンエルベ(古代の叡智探求)のナチスヒトラーのSSもやっていたし、SSはルーン文字体操をやっていた。SSの隊員たちにルーン文字体操の講義をしているナチスの先生の写真を鷲は見たことがある。



★ナチスは戦後に南米に移動した。最近、アルゼンチンからナチス美術品が多く出て来た。サマエル・アウン・ベオールはアルゼンチンの隣のコロンビア出身である。これで鷲は解ったのである。サマエルはナチスのエソテリック(秘教科学)を万引きして、グノーシス(根本の知識)をキリスト教風味に仕上げたと。



★1980年代、日本で起きた宗教運動、五井野正教、大川隆法、麻原のオウム真理教、そしてミゲルネリのノーシスなどは全てニセモノであった。ナチスは正しい!と鷲が到達して、ノーシスの間違いが解ったのである。サマエルの秘法、ノーシスの秘法の多くはナチスから来たものだと。だから南米コロンビアからサマエルが出現したと。



★鷲はユダヤ教とキリスト教、そして聖書のウソを見抜く本格派である。そして、今、ナチス支持である。だから「 性エネルギー昇華秘法 」を広めることは鷲にはできるが、サマエルから来るノーシスは失敗するのだ。キリスト教という邪教では、日本を一番深いところから支配する「 鬼(カミ) 」から性エネルギー昇華秘法を広めることを許されないからだ。



★障害者を殺し、ユダヤ人を殺した、ナチスを支持できる者が真の哲学者である。そしてフィリピン大統領であるドゥテルテは堂々と大統領でありながら、ヒトラーを肯定して見せた。あれが合図である。



★障害者を殺し、ユダヤ人を殺した、ヒトラーがどうして善なのか?それが解る者が鬼道に入っていく。池田大作のように「 世界平和 」を説く者、また、「 愛は世界を救う 」とかの定型文句を言っている者こそが、今の自民党同様に鬼から裁かれるだろう。鬼から裁かれるとは呪われた世界に入っていく!ということ。



★鷲は長い時間をかけて惑星である火星の知性と一体化した者だと自称したサマエル・アウン・ベオールの正体を見抜いた。しかし鷲の22歳の先生であったメキシコ人のミゲルネリのキリスト教的な面を排除して、改善し、元のナチスの秘教科学に戻すと、彼の知識は日本人が持っていなかったものなので有益化することができる。



★ミゲルネリ(メキシコ人)とミチコネリ(日本人)の「 大冒険 」は失敗に終わった。それは彼らカップルがキリスト教と聖書を見抜けなかったからだ。またそれは、サマエルを妄信したからだと言える。しかし鷲はミゲルネリが日本に伝えた性エネルギー昇華秘法を本来の鬼道の性エネルギー昇華秘法に変換できると思っているので、彼らのワークも無駄ではなかったことにしたい!と思っている。







 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-07-08 20:32 | Comments(2)
Commented by 酔っ払い at 2017-07-09 00:26 x
性エネルギをなんとかするに、出す、我慢する、消火(昇華)するの方法が思いつきますが、ご教授をお願いします。
わたくしはいまのところ我慢と消火不良、一酸化炭素?みたいな感じです。
Commented by xuzu9851 at 2017-07-09 08:37
> 酔っ払いさん
座禅、瞑想、その形、身体を△の形にするだけで性エネルギー昇華の方法に行きます。まず第一に性エネルギー昇華を日本人の99%は知らない!ということが問題。神社の門に入って、階段を上り、鐘をならし、鏡を拝む、これが性エネルギー昇華の方法です。実は性エネルギー昇華の方法は、日本では神社仏閣、世界中にあります。インドのカジュラホ寺院とか。まず第一に性エネルギー昇華がある!ということを知ること。男根石、女陰石は、性エネルギーが神のエネルギーだとするシンボルです。次に年齢の問題があります。小学生の高学年から性の問題に悩みますが、高齢となると性エネルギーが無くなるので、性エネルギーを内部に産みだす方が健康的となりますwww 性エネルギー昇華に向かうと「 数字の9 」に向かいます。6はシックスと発音しますが、その発音はセックスに似てます。6はセックスにとり憑かれた獣人間なのです。座禅、瞑想、ヨガ的な行、よりも真実を真剣に探求する方が性エネルギーを昇華させます。ウソに騙されると性は退廃の方に向かいます。性は性エネルギーを昇華するか、獣の性に堕ちるか?二つに一つです。まずは、今回はこの辺で
<< 暑い夏に熱いお茶を飲むように~~~w 「 くす玉割り 」の意味について >>