サーティンキュー

発狂三人娘の謎を解く!  ~ 黒い月に支配された性






★前回に続いて、松居一代を中心に、泰葉、マユコの発狂三人娘のことを書いていきます。おっと「 娘 」ではとっくになかった膿~。発狂三人ババ~に言い直すか?いや発狂三人娘がやっぱりいいだろう。



★この三人の中で一番テレビで叩かれているのは自民党の代議士であるマユコだ。密室の車の中での「このハゲ~」は絶対にヤバイ。弁解の余地は全くないが、自民党を破滅させたマユコの功績はデカい。生長の家の日本会議の自民党はマユコによって破滅した。それは良いことである。



★マユコはプライドが異常に高い。心の中では「 水飲みドン百姓 」としか思ってないバカ庶民たちに頭を下げることは異常なストレスとなり、ハゲの秘書に八つ当たりの日々であったことは簡単に解ることだ。また更年期だったんだろう膿~。



★マユコには謎はあんまりないが、秘書への言い方がウルトラ異常だったので、一般日本人がドン引きした!ということ。その結果が、自民党の終わり、という良い方向に走った。やはり鬼(カミ)の力だ!と鷲は感じている。



★泰葉と松居一代は金髪豚野郎(小朝)と船越英一郎と戦っている???世間の常識を投げ捨てて、何もかも投げ捨てて、戦うほど、金髪豚野郎(小朝)や船越英一郎の価値があるのか?いやこれは角度を変えて見ないと見えない。



★常に自分の中の鬼、つまり太陽神である魂と会話してないと、何事も真実は見えてこない。現代起きている、「 奇 」なる現象である発狂三人娘の謎を解いていきたい。そして今回は文章だけで勝負していきます。







1、社会と発狂と魂



★松居一代の怒りは夫の船越英一郎が浮気していたこと。この世に浮気する夫は星の数ほどいるが、夫の浮気にこれだけ怒り狂って発狂した妻の松居一代は珍しいケースである。何もかも捨てて、カネが目的でなく、船越英一郎への憎しみだけの理由で、これだけの「 発狂芸 」を日本人に見せるとは、女優・松居一代の完成芸である!とも感じられる。



★浮気することは悪いことです。それを意外なところから教えられた。なによりも松居一代はカネがあるらしい。だからカネの奴隷ではない。そこが凄い。多くの日本人、殆どの日本人はカネの奴隷である。職業がなんでも全てと言って良いほど、日本人はカネの奴隷で生きているが、松居一代はカネの奴隷ではない。



★それは泰葉も同じような感じがする。落語の名門に生まれシンガーソングライターでも成功し、金髪豚野郎(小朝)と結婚した。そして金髪豚野郎の浮気と離婚によって現在、発狂中であるが、カネの奴隷ではないから、純粋に大魔神のように怒りを爆発できる。



★ここだ!「 カネの奴隷ではないから大魔神のように怒りを爆発できる! 」という点である。ではどうして発狂したのだろうか?それは怒りで心理が飽和状態になってしまったからだ。普通の妻は無知でカネの奴隷だから、松居や泰葉のように大魔神と成ることはできない。泣き寝入りが殆どの弱者だ。



★カネがあり知識もあるエリート女の松居と泰葉だから、男なら誰でもやってそうな浮気に大魔人の怒りの鉄拳。そして社会とは幻想である。戦前の現人神天皇社会は1868年から1945年8月までの77年間だった。そして米国戦略情報局(OSS)、GHQ、CIA(米国中央情報局)が創った戦後日本は72年間。



★幻想の象徴天皇制民主主義、資本主義、自由・平等・反戦平和主義の日本は終わりを迎えているのだ。人間の言葉が創作した社会幻想は【 魂 】を人間から隠してしまうが、今回の発狂三人娘によって【 魂 】が顕現した。



★まず第一に松居一代と泰葉はカネを超えた女であること。つまり戦後の日本社会とはつまるところ「 カネが全て 」であった。そして日本人の社会人の殆どはカネの奴隷である。が、松居と泰葉はカネの奴隷ではない。



★だから鬼が憑依して、夫の浮気を弾劾している!ということ。カネのためにウソを言い、ウソを実践する、奴隷階級ではないから、純粋に内なる魂に従って発言して、行動しているのが、松居一代であり、泰葉である。



★社会と太陽系の価値観は違うのである!社会は数十年の幻想だが、太陽系は永遠である。魂からの怒りが松居一代と泰葉であるが、発狂していることは間違いない。しかし我々は社会幻想から来るウソの正義に従うのではなく、魂に、鬼に従うべきであるのだ!








2、夫婦の性生活がなくなったための自爆テロか!?




★松居一代と泰葉は完全なる自爆テロである。誰に利益があるのだろうか?松居一代にも泰葉にも船越英一郎にも子供にも泰葉の家族にも全く利益はない。完全なる自爆テロである。しかし実は簡単にその理由が解る。松居一代と泰葉に「 夫婦の性生活がなくなった 」ことで起きた自爆テロ的な発狂ではないのか?



★松居一代は船越英一郎と別居中だから長く性生活はなかった。そして泰葉も金髪豚野郎と別れてから性生活はなかった。そしてマユコも夫とは別居中であった。松居一代、泰葉、マユコの自爆テロは「 性生活を失ったために起きた発狂事件 」だと考えられる。



★1936年に阿部定事件が起きる。男性のポコチンを斬った事件だが、阿部定は「 毎日、男性との肉体関係がなければ気がおかしくなりそうだ」と医者に相談していた。今の松居や泰葉の自爆テロは、阿部定事件という猟奇事件に似ているのだ。



★そして松居、泰葉、の発言にはセックスに関する発言が多い。マユコは完全にSMの女王様である。秘書を虐めることで性的絶頂を得ていたのでは?神戸の少年Aの事件も性エネルギーが深く関係している。性エネルギーが黒い月に支配された結果、起きたのが、松居一代、泰葉、の自爆テロであり、マユコのSM女王様発言であるのだ!



★松居一代、泰葉、マユコの自爆テロ発狂事件の原因は「 夫婦の性生活がなくなったから起きた 」が鷲の結論である!







 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-07-10 23:33 | Comments(0)
<< 右とは何か? 暑い夏に熱いお茶を飲むように~~~w >>