サーティンキュー

出口ナオにウシトラノコンジンが憑依したように、松居一代は完全に鬼に憑依されている!













★鬼は松居一代に憑依して出て来た。女の方がシャーマン度が高いのだろうか?シャーマンには男も多くいるから、それは解らんが、今、松居一代が鬼に憑依されていることは間違いない。卑弥呼の時代から鬼は人間に憑依して何かを告げる。戦前は出口ナオにウシトラノコンジン(鬼)が憑依して大本教ができた。



★そして今は、女優・松居一代に鬼は憑いている。泰葉もマユコにも鬼が憑依しているが、松居一代の方が二人より深く意味があることを語っているような気がする。単なる発狂女で片づけることができない現象になっている。



★単なる夫婦喧嘩ならクダラナイことだが、何か、それ以上のことになってるのでは?と考えてしまう。鬼は松居一代に憑依して何を語っているのか?それを考えて書いていきます。








1、松居一代は鬼のお告げを語る卑弥呼のような存在か?




★今の松居一代現象が船越英一郎との夫婦喧嘩だけのことなら、それは意味がないことだが、何か、松居一代の背後に鬼が存在して、彼女を通して、日本人に大きなことを「 お告げ 」しているような気がする。



★表面的には船越英一郎の浮気が告発しているようだが、だんだんと船越の背後の黒い権力と戦っている!と言っている。そして週刊文春、週刊新潮という日本の二大週刊誌と戦っている。松居一代の言葉は、翻訳しないと正確には解らない。



★鷲の考えは、まず前提として、鬼が松居一代を通して日本人に大きなメッセージを語っている!ということ。そして松居一代が戦っている相手は、船越とか芸能界とか週刊誌であるが、それは表面であって、松居の背後にいる鬼は、キリシタンの陰謀を告発しているのではないのか?



★松居一代の動きは「 型 」であるのか?まずは「 型 」を見せる。そしてその「 型 」と同じようなことが日本と世界に起きる。そのような鷲は考えている。



★松居一代が敵としている者たちを注意深く観察しなければならない。書き出してみれば、

1、船越英一郎

2、黒い芸能界の権利

3、週刊文春と新潮

4、お笑い芸能人



★今は上の4つだが、近く、松代一代は日本全体を敵にするだろう。日本全体が松居一代の敵となって、松居一代が勝利するのでは?そして日本は滅亡する。そんな感じがしてくる。松居一代に憑依している「 鬼 」のお告げに注目である。







2、ネット側で戦う発狂女は鬼が背後にいるから異常に強い!







★トランプはツイッターで戦い、松居一代はユーチューブで戦う。どちらも旧体制と戦っている。トランプはCNNを敵として、松居一代は週刊文春と週刊新潮を敵とする。テレビは松居一代現象が今は理解できないから、敵でも味方でもなく、正確に報道している。船越英一郎が所属するホリプロは松居一代のユーチューブをテレビに出すなと圧力をかけている。



★松居一代の場合、超一流のユーチューバーである。松居一代の最新の動画は1日だけで10万人以上に視聴され、これまで出した動画は何百万回、何千万回、も再生されている。ネットと新聞・テレビ・活字媒体の旧マスコミは敵対関係にある。超一流の女優であり、超一流のユーチューバーである松居一代は、マスコミに対して、かなり手強い存在である。



★発狂女・出口ナオの大本教が現人神天皇教の最大の敵となり、原爆は、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に落ちたように、旧体制の崩壊が、松居一代の出現で起きてくるのか?



★普通の発狂女は精神病院で隔離されて終わりであるが、出口ナオという発狂女は、満州国建国の基礎固めとなり、原爆が広島と長崎に落ちた、ことへの「 お告げ 」の言葉を発していた。



★今はわけのわからない発狂女だと多くの日本人が松居一代を認識しているが、実は、旧体制を崩壊させる仕組みの開始なのかもしれない。トランプと同様にネット側に属している暗号とは、旧体制を破壊させる仕組み。



★松居一代の行動を発言を注意深く見ていき、暗号を正確に解読していかねばならない。松居一代は、これまで日本を支配してきた権力の核心を敵にして勝利するだろうからだ。松居一代の背後には鬼がいると鷲は見ている。








3、鬼は正しく怒る存在







★松居一代の怒りは、最初、異常に奇妙に思えたが、だんだんと鷲は理解できてきた。松居一代現象を解読するには重要な3点がある、

 1、松居一代の夫の浮気への怒りは正統な怒りである

 2、松居一代はカネの奴隷ではなく、カネに勝利している者である

 3、松居一代の怒りはロクデナシの全てに向かっている!



★資本主義の日本は何事もカネが全てである。カネで何事も解決である。日本人の大人の99%はカネの奴隷である。政治家のやらかす失態も殆どがカネ絡みである。森友学園、加計学園の問題もカネ。



★しかし松居一代は女優でも実業家でも成功している。カネはある。しかもカネの奴隷ではない。カネがあってもカネの奴隷が殆どだが、松居一代はカネの奴隷ではない。



★そしてその怒りは、船越英一郎の浮気に向けられたものだが、その怒りは正統である。日本の男は全て浮気する!と思っていたが、ここまで何もかも捨てて、夫の浮気に怒る松居一代に日本中が驚いのである。



★船越英一郎はなぜ沈黙しているのか?反論すると泥沼化して、イメージがさらに悪くなり、仕事がなくなり、カネがなくなる。つまるところ世間体とカネだ。大人の知恵というのは世間体とカネを守る技術である。しかし松居一代は世間体もカネも怖くない。魂から来る正統な怒りを発露している。



★松居一代も泰葉も後先を考えず、怒りを爆発させた。その怒りは船越英一郎や金髪豚郎(小朝)などのロクデナシの夫に向かっているが、ロクデナシ世界全てに怒っているのだ。それは正統な鬼の怒りである。正統な鬼の怒りが出来るから、鬼が松居一代に憑依して、これから大きな仕事をやらかすような感じがする。松居一代の発狂は正しい発狂のような気がする。




 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-07-12 14:06 | Comments(0)
<< ここで破滅する(させる)ことが... 北朝鮮の正体は関東軍であり満州... >>