サーティンキュー

書類文明から「 石の文明 」に転換せよ! ~ 或いは、紙幣からゴールドへの転換






★古代のエジプトやマヤのピラミッドは完成した知識(数学など)で出来た石の文明であった。石のシンボルは本(知識)でもある。そのシンボルを研究することによって太陽系文明人への参入の可能性ができる。今、可能性と書くところを叶姉妹と書こうして必死で止めましたwww




★で、今までの日本社会は書類文明が主役であった。加計学園問題でも、野党は、書類を持ってこい!日報を持ってこい!と書類の要求をしている。しかし書類文明とは火で燃える文明であり、一時的な共同幻想にすぎないのだ!




★「 火で燃やすことのできない石の文明 」は永遠不滅の価値のあることを表現している。これから「 火で燃やすことのできる書類文明 」は消えて、「 火で燃やすことのできない石の文明 」が出現する。その辺を書いていきます。







1、CPUは石で出来ている!石の扉は開いた!




★現代はネット世界である。ネット世界は実は「 石の文明 」であるのだ。それは、コンピュータの頭脳をCPUと云うが、CPUは石で出来ているからだ。ネットは石が土台で出来てるからこそ、書類文明と対立し対決することになる運命。そして戦後日本の書類文明の王は新聞(新聞に書けないことを週刊誌が書く)であり、世界の書類文明の王は聖書である。







★究極的に言えば人間の生き方とは、

1、書類文明の王の聖書や新聞のウソの正義の世界に洗脳されて亡びるか?

2、自らの探求で石の扉を開き、石文明の知識をマスターして、魔術師になるか?

2つに1つである。










2、紙幣とゴールド ~ 大衆という「 6 」が紙幣を信じているからこそ、ハイパーインフレは必ず来る!




★戦争の時はゴールドを持て!と昔から言われている。それは理がある。戦争とは「 火による変換(INRI) 」現象であるから。戦争とは火によって何もかも燃やしてしまう現象だから、もちろん紙幣は燃えてしまう。




★しかしゴールドは火では燃えて消えなく、ずっと残る。だから戦争を代表とする「 火の変換(INRI) 」の時は紙幣ではなくゴールドを持て!と昔から言われているのである。




★この紙幣とゴールドの違いは、書類文明と石文明の違いと同じだ。紙幣はどんどん刷ることができる。それに比べてゴールドの量は常に限定的。つまり、どんどん印刷できる紙幣とは実はインチキゴールドであるのだ。




★つまり紙幣は必ず燃やされる運命。紙幣の正体はバカを騙す幻想である。だからこそ、世界と日本に次に来るのは、紙幣の刷りすぎによってくるハイパーインフレであると鷲は見る!






 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-07-26 08:57 | Comments(0)
<< 今は戦争が正義の時代である! 映画「 ゴジラ 」が意味するもの >>