サーティンキュー

性エネルギー昇華秘法について





性エネルギー昇華秘法:ミゲルネリ



★鷲が性エネルギー昇華秘法を知ったのは、1983年1月の東京の恵比寿で行われたミゲルネリのノーシス講座からだが、今、性エネルギー昇華秘法は実に重要である。



★あれから30年以上経過したが、問題は哲学的な問題である。サマエル・アウン・ベオールはルドフルシュタイナーと同じくイエスキリストが存在していたと思っていた。



★今、考えると、サマエルアウンベオールの性エネルギー昇華秘法はナチスヒトラーからの万引きであり、神智学や人智学の知識を取りいれ、グルジェフとウスペンスキーの思想を取りいれて、ノーシス運動をやっていた。



★サマエルアウンベオールの最大の間違いは、イエスキリストが存在していたと思っていたことだ。イエスキリストは存在しない。イエスキリストを存在したと思っているから、平凡なキリスト教徒に落下して、1950年にサマエルは牢獄に入ったのだろう、と鷲は見ている。



★邪教であるキリスト教を見抜けない者、またはキリスト教徒が「 性エネルギー昇華秘法 」を広めることは許さないことを示すために、鬼が、1950年にサマエルを牢獄に入れたと鷲は思っている。



★太陽神である鬼は聖書という偽書からくる宗教を認めない。性エネルギー昇華秘法は、鬼道の者しか広めてはダメだ。その他の宗教はニセモノだからである。その辺を書いていきます。






1、性エネルギー昇華は本物の宗教の基本である



★性エネルギー昇華は宗教の基本である。しかし禁欲とは違う。性エネルギー昇華とは、性エネルギーを三十三本の仙骨に沿って上昇させ、脊髄の三つのチャンネルを通して脳と胸腺に至らせれる!ということ。



★ヨガの瞑想、禅の座禅とは、性エネルギー昇華をすることである。坊さんが頭の毛を剃るのは、性的欲望から卒業した!という意味のシンボルである。世界にある本物の宗教の全ての基本は、「 性エネルギー昇華 」であり、言葉のキレイゴトを宗教というのではない。言葉を異常に大事にするのはユダヤ教とうカルトからくる。「 神の言葉が世界を創った 」というのが旧約聖書であるからだ。



★性エネルギー昇華は実は単純であるが、実は複雑怪奇である。それは性エネルギー昇華と思想の絡みがあるからだ。間違った思想の者は性エネルギー昇華はできない。脳神経という宇宙組織は間違った思想を受け付けないからだ。



★常に日々、思想や哲学的な問題、数学や科学、世界に起きる出来事の意味を理解している者にしか性エネルギー昇華はできない。ヨガ行者のような性エネルギー昇華は誰でも一時的にできる。しかしすぐにダメになるだろう。



★性エネルギー昇華は真面目に日常の仕事していると同時に、宇宙の真実の探求を常にしている者しか成功しない。日常の仕事の成功者でもそれは本当の成功者ではない。多くの金持ちは癌に騙され、脳神経の病気に倒れる。



★それは脳神経は正統な宇宙的哲学のある者にしか共感と反応をしないからだ。カネが全てだと思っている人間には、脳神経は反応しない。だからこそ唯物思想の医者が脳神経の病気を治すことはできない。



★我々の目的は、金持ちになること、ではない。金持ちの老人の多くは死神の医者に騙されて、愚かにも、薬漬けである。我々の目的は、大脳の下の松果腺を割って、ホルモンを湧き出せることである。それには「 真の宇宙的な仕事の成果 」でしかできないのである!



★サマエルアウンベオールもミゲルネリも聖書を信じていたことが間違いである。しかしミゲルネリが教えた性エネルギー昇華の方法が間違っていない。彼ら二人が間違ったのは聖書とキリスト教の間違いを見抜けなかったことだ。イエスキリストを実在の者だと信じたことである。



★ナチスのSSは性エネルギー昇華秘法を実践し、ルーン文字体操をしていた。ナチスは戦後にアルゼンチンに移動するが、アルゼンチンの隣の国のコロンビアからサマエルが出現する。



★サマエルはナチスの性エネルギー昇華を盗んだは簡単に推理できる。そしてサマエルは反ユダヤ主義のナチスを否定して、キリスト教風味の性エネルギー昇華に換えてしまった。



★ならばサマエルが換えたナチスからキリスト教をキリスト教からナチスに戻して性エネルギー昇華秘法を実践すれば良いと鷲は考えている。







2、日本人は「 性 」で亡びる










★今の日本の話題は自民党議員の今井絵理子の「 不倫 」。「 性 」の問題で有名人も無名人も事件を起こしている。これは「 性 」に関しての無知からくる。



★性は

 1、子孫を残すための性

 2、快楽のための性

 3、性エネルギーを神のエネルギーに換える性エネルギー昇華秘法

 の3つに分かれる。



★日本人が解らないのは「 性を神のエネルギーに換える性エネルギー昇華秘法 」である。教師も医者も警官も政治家も「 性エネルギー昇華秘法 」を知らない。



★しかし「 性エネルギー昇華秘法を三次元的に体験する建築物が神社や仏閣 」であるのだ。日本の伝統の中に、日本人の身近なところに性エネルギー昇華秘法はある。



★神社とは何か?仏閣とは何か?それが全く解らなかったのだ。神社仏閣は「 性エネルギー昇華秘法を三次元的に体験する建築物 」である。この言葉で十分だと思う。今回はこれで終わりとする。






ーーーーーーーーーーーーーーーー

補足



★数字の6は英語でシックスと発音する。シックスという発音はセックスと似ている発音である。数字の6の意味は多くあるが、その中に、獣、セックスの快楽に取憑かれた者、セックスの快楽で狂った人間、という意味がある。







★数字の9はキューと発音する。研究の「 究 」という漢字は「 穴から九 」が誕生すると書く。その穴とは女神の女陰である。女神崇拝は数字の「 9 」になるためには必須である。だから古代から大地母神、女神が蛇神なった注連縄、仏教の観音、エジプトのオシリスの妻のイシスを崇拝してきた。そして太陽神バアルの妻のアシェラは日本の柱(ハシラ)という言葉の語源である。人間の脊髄神経から脳神経が宇宙の女神である。ツタンカーメンの黄金のマスクの意味は、二匹の上昇する蛇(女神)が黄金の子を誕生させる!という意味である。




★全裸の女神が現れることが「 真実を得る 」というシンボルである。タロットの17は全裸の女神が水瓶から水を下に垂らす。その水を受取る器が「 聖杯 」であるのだ。




★豊臣秀吉が茶碗に凝ったのは、あの茶碗が聖杯だったからだ。火と水によって人間は獣の6から太陽神と結びついた「 九鬼(クカミ) 」に成る。数字の「 9 」の者は性エネルギー昇華を実践する「 高度な性の者 」である。



 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-07-27 17:10 | Comments(0)
<< 数字の9の人間は全て反ユダヤ主... 「石原真理子の万引き」と「90... >>