サーティンキュー

今は、「かくれんぼ」してもすぐに鬼にみつかります






★「かくれんぼ」とは【 伝統的な子供の遊びである。 全国的に有名である。 鬼が目をふさいでいる間に子が隠れ、後に鬼がそれを見つけだすという単純なルールであり、派生したルールを持つ遊びも多い。「 かくれご」とも呼ばれる。】とWIKでは説明されている。




★「 鬼が目をつぶっている時 」とは夜である。そして「 鬼が目を開いた時 」とは太陽が昇ってきた朝である。今は「 鬼が目を開いた時の太陽が昇る朝 」。だから今井絵理子と橋本市議の不倫は鬼に見つかり、全ての日本人が知りました。





★舛添元都知事が元愛人の養育費をカネがない理由でケチったこと、都税で回転寿司(家族一緒に仲良く)を食べていたこと、毎週の湯河原通いもばれました。ノノチャンもばれました。何がばれたか忘れましたが。マユコ女王様の秘書へのお叱りの言葉もばれました。




★今は「 かくれんぼ 」が出来ません。三次元的には日本人全員がスマホを持って監視をしあっているからですが、四次元や五次元まで考えると、鬼が異次元から三次元に介入して、何もかもばらしているから、かくれんぼができないのです。その辺を考え書いていきます。









1、松居一代は「 鬼ごっこ 」の鬼になった!?





★鬼ごっことは何か?【 鬼ごっこ(おにごっこ)は、子供の遊びの一つである。子供の屋外遊びとしては最もポピュラーなものであり、狭義には、メンバーからオニ(親)を一人決め、それ以外のメンバー(子)は決められた時間内に逃げ、オニが子に触ればオニが交代し、遊びが続くという形式のものをさす 】とWIKの説明。




★松居一代には「 鬼が憑いている 」ことは間違いない。あの雰囲気は鬼憑きである。鬼が憑くとどうなるのか?弁護士の卵のボクサーは国際弁護士のチン子を斬り落としトイレに捨て、佐世保の弁護士の少女は同級生の少女の首を斬り落とした。




★映画「八墓村」は津山30人殺しという1938年に起きた事件を題材に創られたが、都井睦雄も鬼に憑かれた人物だ。またヒトラーは鬼に憑かれ、ブルースリーも鬼に憑かれ悪人と戦う。




★能や狂言では仮面を被り演劇をするが、あの仮面を被った者たちは「 鬼に憑かれた者 」である。仮面ライダーも鬼に憑かれているからトンボの仮面を被りショッカ―に勝つことができる。




★鬼に憑かれるとは異次元の太陽神に憑かれることだ。残酷な事件を起こすことが多いが、物凄い科学力をこの世に打ち立てることもする。ナチスヒトラーの超越的な科学力が戦後の米ソの宇宙開発となった。戦後の米ソにナチスの科学者たちが、入って行ったから。




★鬼は【 六殺し 】であるとともに、莫大な宇宙的な財産を人類にもたらす二面性がある。【 六殺し 】とは数字の六の人間を大量に殺すことである。鬼が松居一代に憑いて出て来た、今、日本人は大量に死ぬだろう。日本人の殆どは数字の六のロクデナシだからだ。








2、鬼がキリシタンを裁き、ユダヤ人を裁き、弁護士のチン子を斬った!?



★歴史的に考えれば秀吉に鬼が憑いてキリシタンを弾圧し、ヒトラーに鬼が憑いてユダヤ人をガス室に送りにし、弁護士の卵に鬼が憑いて国際弁護士のチン子を斬り落とした!と考えられる。




★鬼は「 数字の六の思想・宗教を信じる人間を裁く存在 」だ。キリスト教は人間の会議(ニケーヤ会議やカルタゴ会議)で創った人間創作の宗教であり、ユダヤ教もバビロンのベルの目を種本として【 神を書き直して創作した 】人間的なものである。




★弁護士は人間が創った六法を守り信じる者たちだが、自殺した佐世保首切り少女の父が有名弁護士であったし、国際弁護士のチン子が斬られたのは、鬼からの「 人間の創った法を妄信するな! 」というメッセージである。




★鬼は人間に憑いて出てくる。ヒトラーに鬼が憑いていたから力を与えらたし、松居一代に鬼が憑いているから毎日ワイドショーで注目される存在になっている。芸能人の元祖とは鬼に憑かれた者から始まったのだ。




★これから松居一代をテレビで批判していた者たちは大転落するだろう。それは鬼を批判したと同じ。鬼はコワ~~イ存在である。人間社会しか見えないから松居一代を批判する。我々は社会に所属する前に太陽系に所属する。




★愚かな数字の六は、社会常識を盾にして鬼(太陽神)を批判する者である。だから彼らは「 六殺しの犠牲者 」となる。六は太陽系では生きていけないからだ。鬼が出て来た時に「 六殺しと九の誕生 」が始まる!


 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-02 06:01 | Comments(0)
<< 真実は常にバカ大衆の逆にある。... 死屍累々(ししるいるい) >>