サーティンキュー

今、ウルトラマンを2時間、熱く真剣に語れる50歳以上の者が、獣(性的退廃者)を脱した真の大人である!





★子供の頃、ウルトラマンを何度も何度も見た。しかしウルトラマンの物語が社会人の仕事として役立ったことはない。それではウルトラマンの物語は子供のためのファンタジーのみだったのであろうか?




★いやそれは違う。ウルトラマンの物語は社会という666の獣の世界では役にたたないが、獣の666社会が崩壊する時、あの物語の真の意味が解るのである。日本人は学校に行くところから「 獣(性的退廃者) 」の人生が始まる。




★学校で間違った教義に洗脳され、社会に出て、カネ儲けだけが全ての獣(性的退廃者)となる。そして普通はそれで終わりの人生だ。最後は死神の医者に癌だと言われて毒ガスで創った抗がん剤を注入され死ぬか?脳神経の病会で死ぬか?そんなワンパターンである。宇宙的に無価値の人間の屑として死ぬのが多くの6の人間だ。




★しかし今、獣の666社会が北朝鮮と米国の戦争で破壊される直前にいる。戦争、それは一つの怪獣の現れである。また世界大恐慌やM9の東京大地震もこれから来るだろう。666社会、獣(性的退廃者)の社会が破壊される、これがバルタン星人の出現であるのだ。




★このバルタン星人に勝てるのは科学特捜隊のハヤタであり、ハヤタと宇宙人が合体したウルトラマンであるのだ。本当は数字の九と鬼が合体した「 九鬼(クカミ) 」の誕生を表現したのがウルトラマンである。ウルトラマンを真剣に語れる50歳以上の者だけが、次の世界に参入できる可能性がある。その辺のことを書いていきます。






1、96%の日本人の人生はカフカ著「変身」でオシマイの人生




★カフカの「変身」とは「 ある朝、セールスマンのグレゴールザムザが目覚めると毒虫に変身していた 」の最初の一文でオシマイの小説なんだが、日本人の96%の人生もカフカの「変身」と同じだ。



★学校に入学して洗脳され、会社に勤めて、会社でも洗脳され、転職しようがどこの会社も同じレベルであり、「 夜の果ての旅 」をして、宇宙的に何の価値もない屑の獣の六で終わる。それは経済的には関係ない。金持ちほど医者に騙されて薬漬けになっているものだし、様々な誘惑が来て、タイガーウッズのように堕ちている。



★しかし出口は子供の頃に遊んでいた、将棋や囲碁やカルタや、正月や大晦日やお盆の儀式。門松や注連縄や狸の置物、神社や仏閣、空海の両界曼荼羅、そしてウルトラマンや仮面ライダーの物語、能や狂言や相撲や野球、などの、我々の身近のレゴミニズムの中にあるのだ。レゴミニズムの正確な解読にある。




★レゴミニズムには一切興味がなく、しかし立派な社会人となり、ある日突然、毒虫に変身して家族に捨てられるのが戦後の日本人の人生のワンパターンである。性エネルギー昇華のシンボルなど日本にはあらゆるところに存在する。




★性エネルギー昇華が常識の時代に成った時、今の我々の96%は、鷲が今言っているように、「 昔の性的退廃者である獣たち 」と呼ばれるだろう。鷲が先駆者ということだ。



★カフカ著「 変身 」は今の我々の生活の現実を正確にシンボルで表現したからいまだに世界文学として残っている。毒虫でオシマイに成らない者は、日々の真実の探求をしている者以外はいない。6の価値観で生きている限りは、黒い意識の壁によって魂との離脱となり、脳梗塞や脳卒中などの脳神経の病気で倒れるのだ。




★真実の探求によって真実を捉え松果腺という「 くす玉 」が割れるとホルモンが湧き出て、脳神経の病気には成らず、常に冴えていることに成るが。







2、ウルトラマンこそが「 今 」の物語



★ウルトラマンはずっと前の物語ではない。数字の6の獣は意識が黒い月に支配されてクンダバッハに支配されているから、何事も間違う。社会という獣の666の世界に長くいれば精神は「 静かな発狂状態 」ということ。宇宙の真実の何も解らず、人間というカミの姿なのに、何も解らない!ということは許されないことだ。




★さて今は米国と北朝鮮の戦争の直前にある。去年、テレビに出ている評論家と称する者でトランプ大統領の誕生を当てたのは木村太郎、一人だった。鷲はトランプ大統領誕生を当てている。その証拠はこのブログにある。

次の米大統領はトランプである

★今の日本社会は破壊される!という宣言が、北朝鮮のミサイルの間延びした宣言であるのだ。真珠湾攻撃は表面上は突然の攻撃だった。しかし北朝鮮の今の姿勢は「 攻撃するぞ、するぞ、詐欺 」に見える。これは何か?




★世界に「 考える時 」を与えている。北朝鮮がグアムにミサイルを落とせば、第三次世界大戦となり、株価暴落、世界経済の破綻となるだろう。「 考える時 」を与えている。




★しかし『 立派な社会人 』というものは真の世界の動きは何も知らない。目先のカネ儲けのみしか考えない天動説の愚か者だ。必ずオシマイは脳神経の病気死ぬ者だ。脳神経が冴えわたる、松果腺を開く者は、常に「 鬼との対話 」をしている者である。シンボルの解読が出来るものである。事件をシンボルとして捉え、それを正確に解読できる者が、グノーシスの者である。




★トランプと金正恩はバルタン星人である。二人はこれまでの世界を破壊するだろう。しかしそれは、「 創造的破壊 」である。鬼の指令に彼ら二人は従っている。まずは戦争によって「 獣の六 」を大量に殺害する。次に「 九鬼(クカミ)の誕生 」の時となる。それを表現しているのがウルトラマンであるのだ!




 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-12 08:30 | Comments(0)
<< 政治家たちはどうして発狂するのか? 「 モンスター障害者貴族の乙武... >>