サーティンキュー

失言、浮気騒動、東京五輪、カルト崩壊





★政治家が失言を恐れて何も言えない状況にある。それか上西議員のように「 失言しか言えない政治家 」の出現。また政治家、芸能人などの著名人への浮気告発が凄い。そして呪われた2020年東京五輪だが、今のところ、東京五輪に関わった政治家は全てタタリに遭遇して大転落しているが、小池百合子はどうなるのか?



★また韓国のチェスンシル&朴槿恵のコンビを見てもカルトは呪われ潰される時が来た。日本会議というカルトは稲田朋美と安部晋三を見ても呪われたカルトである。今は「 立替立直し 」の時である。これまでの常識は全く通用しない。



★かつて漫画家の赤塚不二夫は「 女1000人とやった!(1000人斬り)」と週刊誌で豪語していたが、その頃とは事情が全く違う。カネを稼いで綺麗な女性と遊ぶ!というのが戦後日本の獣社会の男の甲斐性だったが、それは終わった。今、性的退廃行為を鬼(カミ)は許さない。



★今は誰も知らない未知の領域に入ったようだ。その辺を考え書いていきます。







1、「失言を恐れる政治家」と「失言しかできない政治家」



★江崎大臣は「 国会での答弁は役人が創った原稿を正確に読むだけ 」と発言して問題となった。政治家は発言することが仕事なのにマスコミから「 失言狩り 」を受けて何も語れない状況になっている。それは厳格に言えばマスコミを操っている鬼(カミ)が政治家の戦後民主主義的な発言を封印している!と鷲は感じているが。




★その180度逆に上西議員がいる。この議員は炎上商法的な発言を繰り返しているが、プロサッカーのサポータに言わなくも良い因縁をつけたり、セーラー服姿でツイッターで発言したり。マユコ女王並みに発狂したのか?これまでのありきたりの発言をする政治家たちを鬼(カミ)はマスコミを操って裁いている!と感じている。




★「 日月神示 」の昭和19年9月10日の言葉に以下がある

 「 今に人民何も言えなくなるのざぞ、神激しくなるのざぞ、目あげておれんこになるのざぞ、四つん這いになりて這いずりまわらねばならん事になるのざぞ、のたうち廻らねばなならんことになるのざぞ、土にもぐらなならんのざぞ、水くぐらなならんざぞ 」



★上の神示のように「 何も言えなくなる 」現象が政治家の失言恐れ、であろう。何かを語ろうとすると、上西議員のように炎上商法となる。政治家は誰に謝罪しているのだろうか?獣である日本人一般にか?鬼が出て来た!ということ。鬼に謝罪しなければならない。獣なんぞ何も解らないのだから。




★ブロガーたちもだんだんと書けなくなるだろう。サヨク小児病的発言はすでに通用しないからだ。かといってネトウヨのような「 天皇万歳 」もダメ。常に鬼を観察してなくては。あらゆる事件という現象を注意深く見て。








2、浮気した者は死刑の時代、或いは、何も悪いことをしてないのに死刑宣告される時代!




★戦後の日本の男は仕事でカネを稼いだら、妻以外の女性と遊んでくる!のが当然で、「 天才バカボン 」の漫画家の赤塚不二夫は「 俺は1000人の女とはやった 」とか週刊誌のインタビューで答えていた。そして彼は朝起きてから酒びたりで、晩年は寝たきりで死んだが。考えてみれば「 愛のコリーダー」の大島渚監督も「 エロ時師たち 」の作家の野坂昭如にしろ晩年は脳神経の病に倒れ、10年以上は奥さんに看病されて死んだ。




★赤塚、大島、野坂の3人を考えると、仕事でカネを稼いで妻以外の女と浮気していた男達は、晩年は脳神経の病で倒れ、奥さんに10年以上看病されて死ぬ、という運命だと解る。それが「 天才バカボン 」の運命なのかもしれない。最後は浮気で裏切っていた奥さんに看病される!とは奥さんの怨念で脳神経の病に倒れるのであろうか?松居一代の怨念で船越ズラ英一郎も脳神経の病で、倒れるのだろうか?




★ワイドショーは連日、浮気政治家、浮気芸能人、浮気終わりの笑いである。鬼が出て来た今は全て鬼のメッセージである。ワイドショーをバカにしているがサヨク小児病の者たちだが、そいつらは時から常に乗遅れ、教義の枠から出ることが出来ない異常に頭の悪い奴らである。




★今は浮気した奴は死刑の時代だろう。今井絵理子がこれから政治家でやっていけるはずがなく、同じスピード出身の上原多香子の自殺した夫も上原の浮気が原因だと週刊誌やネットで書かれ芸能界の仕事は休止。スピードは呪われている!ということかな。




★宮迫はお笑いで逃れることができるのか?今回はこれまでの時とは違う。性的退廃に鬼は異常に厳しい。これから猥褻医師、猥褻教師、猥褻警官も死刑判決されるだろうし、アダルトビデオの世界も壊滅的な打撃を受けるだろう。性エネルギー昇華しか許さない時が来ると鷲は見ている。




★浮気した!という悪いことをして死刑判決されるのはまだいい方だ。これからは「 何も悪いことはしてないのに死刑判決される 」時代がやってくる。カフカ著「 審判 」の世界に入っていく。性に対しては意識しないとならない。性に対しては、「 性エネルギー昇華 」のみである。太陽神に帰依した者しかそれは無理だが。








3、あまりにも呪われ杉なので当然2020年東京五輪は中止です!




★石原慎太郎が提案した東京五輪とは「 東京五輪を名目にして東京大改造による土建工事によって一部の者たちが大儲けするためのもの 」である。その一部の者たちとは、石原慎太郎、森喜郎、舛添要一、猪瀬直樹、内田茂、などの政治家たちとスーパゼネコン、電通などである。しかし今東京は不吉な現象しかない。第一に常に起きているM4~5の地震。ハッキリ言って今はM9クラスの東京大地震が来る直前にあると鷲は感じている。




★北朝鮮のミサイルが落ちてくるのが早いか?それとも東京にやってくるM9クラスの大地震か?北朝鮮のミサイルと東京に来る大地震は似ている。「 いつ来るのか?いつ来るのか? 」と思わせているからだ。間違いないのは東京は呪われていて、しばくいいことがない!ということ。古文書から推定するとM8アタリの大地震が来るのが市ヶ谷、飯田橋、九段、銀座、築地、勝鬨橋、月島だという。




★つまり一番大地震が来る確率が多い地域で東京五輪をやろうとしているわけだ。いかに深く2020年の東京五輪が呪われているかだ。だから東京五輪反対とか東京五輪は中止になる!とか言っている者に鬼(カミ)が憑いて被害が少ない。東京五輪を推進しようとすると、今までもそうだったが、大タタリに襲われる!ということ。




★小池百合子の栄光は1年間だけだった。森喜郎や内田茂を敵にしている時はサッソウとしていたが、創価学会と組んで終わった。森や内田よりも創価の方が悪いべや!っていう感じ。老人フリーターの細川護煕と組んでの政治家デビューも、つまり、イエズス会の細川ガラシャの背後霊に取憑かれての立候補だったのだろう。




★東京にM9クラスの大地震が来た時に世界経済は終わる。それは2020年までにくるだろう。後3年しかない。結局、日本経済とは東京の土地があまりにも高いから持っていたということ。しかし今はその逆、誰も住めない東京に成る鴨しれない。さて近く東京に何が起きるのか?













4、鬼が出てくるとカルトは全て潰れます!





★鬼が出てくるとカルトは全て潰れます。ナチスヒトラーがユダヤ人をガス室に送ったのも元祖カルトがユダヤ教だと示すためだった。さて今、元韓国大統領の朴槿恵が牢獄で503号と言われている。それは親友のチェスンシルに政治的な利便を与えた結果である。チェスンシルの父は韓国のカルトの教祖であった。




★さて日本では日本会議の安部晋三夫妻と元防衛大臣の稲田朋美が鬼に裁かれている。日本会議とは長崎大学の生長の家の学生が創った「 現人神天皇復活教 」であるが、これも当然、鬼に潰され、安部内閣は何をやってもダメじゃん状態になっている。これから自民党は何をやってもダメじゃん状態がずっと続くだろう。鬼に勝てるわけがないし。





★カルトとは人間が創ったウソ神を拝む宗教。ニセモノ。カルトの元祖はユダヤ教である。だからユダヤ教を信じるユダヤ人は鬼が出て来た時に弾圧され、四散・放浪・差別・迫害・隔離・追放、されるわけだが、韓国の朴槿恵もチェスンシルもカルト信者だから牢獄に入って囚人となったわけです。





★さて戦後日本で出来た新興宗教は全てカルト。創価学会、統一教会、幸福の科学、日本会議、その他、全て鬼によって潰れます。鬼が出てきた時は、鬼に帰依するしか生きていけないからだ。鬼が出てこない夜のウソ神信仰がカルトということ。鬼という太陽神が出てくるとそれまでのウソ神信仰のカルトは全て裁かれることになる。




★今は鬼道の者しかダメ。それは関東軍とナチスヒトラーを肯定できる者。イエスキリストは存在しない!と解る者。聖書や記紀は偽造文書だと解る者。24時間テレビはキリスト教の影響を受けているので、去年、MC予定の高畑祐太は女性暴行事件を起こして芸能界を追放された。日本会議の本を書いた著者も女性暴行?で逮捕か?あの本は日本会議の批判本でなかったのか?





★鬼が出て来た時は、詐欺教祖の何もかもが暴かれ潰される!ということ。カルトを潰すのは太陽神である鬼である。その時、それでもウソ神信仰の信者になっている者たちは、四散・放浪・差別・迫害・隔離・追放、となるのだ。










 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-14 04:09 | Comments(0)
<< 奇妙な偶然の意味 ~ 123便... トランプVS金正恩ではなく、今... >>