サーティンキュー

戦争は地球の病気を治すための正義の浄化現象である ~ 戦争に反対する者たちが真の悪人である!





★戦後72年間の日本では不思議な信仰がある。「 戦争に反対すれば正義 」とか「 戦争に反対すれば戦争はなくなる 」とか「 戦争をする人間は悪人 」というキリスト教徒並みのバカたちである。というよりキリシタンが変身したのが今の反戦平和主義者と云う奴らだ。そしてキリシタンが信じる「 愛 」という言葉を、「 平和 」に換えて信仰している者たちがサヨクである。サヨクの正体はキリシタンである。明治からキリシタンが日本を支配している、これが証拠だ。そしてキリシタンは必ず鬼に裁かれる。だからヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎というイエズス会の聖地に原爆が落ちた。




★キリシタンとは全く違う考えを鷲は持っている。「 戦争は地球の病気を治す浄化現象であるがゆえに正義である 」「 地球の浄化を止める反戦平和と云う言葉を唱える者こそが獣(性的退廃者)である 」という考えだ。アキアキした反戦平和主義や象徴天皇とは1942年にOSS(米国戦略情報局)が書いた「 日本計画 」という文書から来るものだ。真実を探求しない者は何も解ってないが、OSS文書は2000年から米国国立公文書館で公開され、誰でも見ることができる。OSS文書を読み、考えることで、戦後の日本の成り立ちが解るのである。



★OSS憲法に騙され続けるサヨクとはキリシタンが変身した者たちだ。「 キリシタンの左がサヨク 」と表現できる。キリシタンが聖書を疑うことが出来ないように、サヨクは戦後OSS憲法の言葉を妄信し疑うことができない。中学生の頃のサヨク中学生が、70歳になっても80歳になっても、戦争反対とデモしているバカジジイがいるが、バカの極致である。つまり中学生の頃からひたすら思考停止。



★こういう思考停止の白痴で病気のジジイを一掃するには戦争しかないわけで、間違った思想を焼き亡ぼす「 ガス室は必要 」であると言える。これまでの日本人の思考停止を打破をする一文を書いていきます。なお安部ちゃんたちが入っている日本会議は「 キリシタン右翼 」である。「キリシタン左のサヨク」も「キリシタン右の日本会議」もダメ。今は鬼道の時代である。







1、72年間の反戦平和主義が日本人の全てを性的退廃者(獣)にさせた!



★キリスト教とは何か?グノーシス主義の鷲は全て文字で書いていける。INRIの真の意味も何度も書いている。INRIの真の意味は「 すべてのものは火によって変換される 」或いは「 火の変換によって全てが完成されたものになる 」である。これは何度も書いてきたので省略。

INRI

★キリスト教の牧師に性的変質者が多い!という情報は多くの人々が知っているが、反戦平和主義の72年間の日本の学校の教師も性的変質者が非常に多く成っているのだ。猥褻教師に習う生徒ほど哀れなものはない。日本という国は性的退廃者ばっかりになって亡びるか?北朝鮮のミサイルが落ちてきて、経済が崩壊して、大地震などの天変地異で亡びるか?の直前にある。




★猥褻教師だけでなく、猥褻医師、猥褻警官、猥褻政治家、日本のあらゆる職業階級が、OSS憲法を疑うことができないゆえ、自由という言葉に騙されて、性的退廃者、性的変質者に堕ちている。それを直視できないのは、クンダバッハという黒い月に支配された「 妄想の世界に堕ちて 」いるからである。



★幸い「 思想の自由 」はOSS憲法によって保証されている!ということを逆手にとって、OSS憲法自体を否定し、消滅させ、OSS憲法の中の言葉の妄想の危険性を警告していこうと思っている。しかしすでに北朝鮮のミサイル、経済崩壊、天変地異、とかで、戦後72年間の日本は「 火の変換 → INRI 」の直前にあるのだ。



★前回、赤塚不二夫という人物はタイガーウッズと同じ「 性的退廃者 」であると書いた。『 毎日不倫 』していた赤塚不二夫が「 セックス中毒 」なのは当たり前。そして晩年は、大島渚や野坂昭如と同じく、妻(後妻だっけ?)に看病された「 寝たきり生活 」。その哀れさを直視しなければならない。けして赤塚不二夫をタモリのように英雄として崇拝してはならない!




★タモリを代表にする成功した文化人・芸能人もまた同じコースを歩むことになる。赤塚不二夫が「 成功者 」と思っている人間の全ては性的退廃者となる。だいたいタモリは性的な変態芸で出て来たわけだし。



★鷲が毎日「 性的退廃者 」と言わなくても、72年間のOSS設計の日本はあらゆる面で亡びる。北朝鮮が「 やるやる詐欺 」のようなことをしているのは、日本人を「 カミと獣 」に分けていることなのかもしれない。「 ミサイル落とす落とす詐欺 」で日本人はどのように分かれるか?



★まず鷲が云いたい第一は、「 性エネルギー昇華 」は神社に表現されている!ということ。神社とは性エネルギー昇華を3次元的に体験する建築物である。しかし学者はクンダバッハゆえに否定してくるかもしれない。そして学者よりグノーシス主義者の方がずっと上だということ。学者もまた性的退廃者であるから。




★さてここでの結論は、このまんま平和が続くと、日本人の全てが「 性的退廃者 」に堕ちる。その地獄よりは、北朝鮮のミサイルや経済恐慌や大地震で亡びる方が、健全のような気がする!ということ。1920年代の共産主義者たちは「 大金持ちが金儲けのために戦争を行う 」と考えたが、それも妄想にすぎない。カネが全てを動かしているわけではないし、その考えはカネを神のように考える愚か者の考えである。



★戦争とは太陽神が地球浄化のために行う、太陽系的な正義の浄化現象である。戦争をまもとに考えた者は戦後の日本人で丸でいなかった。戦争が起きる真の理由に到達した者もいなかった。浅はかな考えからくる正義のような妄想と行動は、常に原爆を頭上に落とされる原因となるのだ!



★1930年代前半のヒトラーの発言を見れば、彼は戦争の真の目的を知っていた。人間とは何か?が解らないから戦争も解らないのだ。『 人間とは生成途上の神である! 」。このヒトラーの言葉から戦争を考えなければならない!神に成れない人間は殺した方がまし。そのような人間は性的退廃者となり病気を広く伝染させるからである。そのような理由で太陽神は戦争を起こすのである!







 完




[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-16 08:15 | Comments(0)
<< 獣(性的退廃者)の世は必ず、戦... 純粋性的退廃者批判 >>