サーティンキュー

五井野正の正体 9





★昔、五井野正という高卒の宗教詐欺師が日本の「 死魔 」にいた。鷲は五井野正と知的生涯社の信者たちは、いずれ長野の山奥で集団自殺するだろうと見ていたが、まだ集団自殺の情報が流れてこない。しかし鬼(太陽神)が出て来た時、五井野正のような典型的な1980年代のインチキカルト教祖とバカ杉の信者は必ず裁かれる!鷲が集団自殺に気を付けよう!と常に言ってれば、しない気もするが膿~www 鷲が「 カルトの皆さま集団自殺に気をつけましょう 」と言うのは慈悲ということだ。




★五井野正には、何も才能がないが、自分を天才だと言い張るその度胸はたいしたものである。それが全く自分を冷静に客観的に見れない基地外というものだろう。創価学会とSGIにだけに認められた存在(信者だから)が五井野正の「 才能 」である。もちろんなにもかもがインチキ。なぜ、今、五井野正を再び語るのか?それはお盆で時間が余った「 暇つぶし 」だから。何も才能がないのに天才だと言い張る五井野正を再び斬っていきます!





1、7次元って何?



★普通の世間では次元と云う言葉は四次元という言葉で終わりなんだが、五井野正は「 七次元よりの使者 」という本を出して、1977年あたりに信者たちに一人100冊自費で買わせて、大ベストセラーと宣伝していた。そして五井野正は今も昔も創価学会信者であるわけだ。創価学会から弾圧されていると知的生涯社の信者は騙され続けているが。で、今でも五井野正の信者になっている知的生涯社の皆さまは、「 七次元とは何か? 」解るのだろうか?40年以上も五井野正について行っているのだから「 七次元 」の意味をスラスラ言えないとマジでバカだ。



★しかし、いまだにウルトラモンスター思考停止ゆえに五井野正の信者になっているのでは?お前たちはヤバイ!と鷲は云いたい。五井野正は必ず八墓村のタタリに遭うから。その時、お前たち五井野正信者たちも八墓村のタタリに遭う。今はピンキーとキラーズの「 恋の季節 」ではなく横溝正史の「 八墓村の季節 」だ。



★五井野正の弟に川上宏(ペンネーム)という奴がいる。彼の書いた本に「 本当に治ったよ! 」というのがある。脳脊髄液減少症という難しい名前の病気になった。この病気になった理由は、五井野正の言葉を信じたから神経の病気になった。五井野正の言葉を信じると五井野正の弟のように、神経の病気になる!それを表現しているのが川上宏の「 本当に治ったよ 」という本だ。


川上宏著「 本当に治ったよ 」


★五井野正も実は一種の「 鬼憑き 」である。しかしその『 鬼憑き 」は人間に一瞬のウソの希望を与え、しかし実は地獄の奥地に導く『 鬼憑き 』であるのだ。七次元の第0巻の言葉は真実なのだろうか?ウソに決まっている。いつまで騙されているのか?五井野正の弟のように神経の病気になるか?長野の山奥で集団自殺でもするか?その結果は近く出るだろう。( カルトの皆さまが集団自殺しないように、集団自殺、という言葉を使ってます。鷲の慈悲ですwww )








2、五井野正よ!鬼から逃げれると思っているのか?



★さて麻原は刑務所で糞尿まみれ、韓国の朴槿恵元大統領も503号と呼ばれ、親友のチェスンシルも牢獄に入った。大川隆法はまだ入ってない?いずれ入るだろうね。もちろん1980年代のカルト第一人者でありながら、全く世間にも誰にも相手にされない五井野正もこれまでのウソの発言ゆえに鬼に裁かれる。早く牢獄に行ってほしいが。



★五井野正は自らを「 宇宙の中心者(「七次元よりの使者第O巻」と「密の法華三部経大系」) 」という発言は、OSSが日本人に与えた「 言論の自由 」を最大限に生かした言葉であるが、鬼はウソの言葉を許さない。それなりに発言の責任はとってもらう!という世界に入るだろう。知的生涯社たちの「 五井野正博士はすんばらしいです 」とかの言葉は、かつての創価学会信者の「 池田大作先生は素晴らしいです 」と全く同じく、究極の恥ずかしい愚言である。




★池田大作も文鮮明も最後は哀れであり悲惨な死に方だったように(大作はまだ生きていると創価信者は信じているが)、五井野正の末路が来ている!ということ。インチキカルト教祖の五井野正と本物の太陽神の戦いとなるが、五井野正のような基地外が鬼に勝てるわけがない。鷲の個人的感想としては、五井野正はロス疑惑の三浦和義のような人間だと鷲は見ている。どんなウソでも言える人間だからだ。




★五井野正は自分を法華経の主である大通智勝如来だと言っていた。そしてイエスや釈迦を指導する立場が五井野正だと。今、その発言を証明してもらいたい!しかしその言葉はウソだとすでに解っている。だから長野の山奥で知的生涯社たちと集団自殺することになるのでは?究極が来た時、五井野正だけは卑怯にも逃げるだろう。五井野正の云うことは何もかもウソである。今、鬼の裁きが五井野正と五井野を信じた知的生涯社たちに落ちるのである!尚、カルト信者の皆さまの集団自殺を止めるために集団自殺という言葉を使ってますが、カルトが村に行って基地外教祖村を創り集団自殺する現象は良くあるパターンです。


ーーーーーーーーーーーーーーー

補足


★韓国元大統領の朴槿恵は逮捕され、親友の占師のチェスンシルも逮捕され、日本では森友や加計学園のカネの問題で日本会議の稲田朋美と安部ちゃんが苦境に入っている。カルトが裁かれる季節が今だ。戦後日本の新興宗教とは全てカルトであったが、全て裁かれるだろう。ウソを信じた者たちも神経の病気になる。



★五井野正とは日本のハズレにいる誰も知らない高卒のカルト教祖である。このカルト教祖を川上宏という人物(五井野正の弟)が信者となっていたが、脳脊髄液減少症という病気になった。これは興味深いことである。五井野正は自分を「創造神」とか「七次元から来た」とか「釈迦の父の大通智勝如来」などとウソを言って人々を騙していた。



★五井野正の言葉を信じた者は世間の常識も何もかも解らなくなるが、川上宏のような神経の病気になってしまうだろう!と鷲は見ている。ウソの言葉を身体の中にある「 神経は受けつけない 」からだ。五井野正の手品は全て鷲がこれまでブログで書いたことで暴露したが、それでも信じるならどうなるのか?そこを見ていきたい。今回は簡潔にこれまでとする。






 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-18 18:34 | Comments(0)
<< 鬼が出て来た、今、性を正さなけ... 苦境になるのはトランプではなく... >>