サーティンキュー

日韓が北朝鮮に支配されることで米国から日韓は独立する!そして再び満州国が蘇り世界の中心となる!





★北朝鮮の軍事力(マルス☛火星)によって日韓が支配されることで、日韓は米国から独立することになる。米国は思想的な内戦状態であるし、カネもないだろうし、トランプが自国主義を掲げたのは、世界各国にある米軍基地を維持するカネの余裕がない!ということだろう。国内のデトロイトは廃墟状態なのに、世界にかまってられない!という状況。




★それでは北朝鮮はカネがあるのか?北朝鮮を貧乏国と考えるは間違いである。北朝鮮は希少鉱物資源が豊富で、コバルト、石灰石、ルビジウム、マグネサイト、ウラン、ニッケル、タングステン、チタン、バラジウム、などが豊富にある土地を持つ。そしてあの辺はまだまだ未知の資源が豊富であると鷲は見る。それを今まではロシアや中国などに搾取されていたが、長い戦いの末に金正恩の頃になって豊富な資源を北朝鮮のものにした!と推理する。




★マスコミ情報とは全く違い石油や食料も豊富であるかもしれない。だからカネのかかる核兵器を開発できるところまで行ったと。兄の金正男と叔父の張成沢は中国共産党の手下だから殺した!と推理する。




★今は1930年代の繰返しだから「 満州国が復活する時 」である。だから大アジア主義である黒龍会の畑中理と関東軍が建国した北朝鮮という国が満州国化するのは当然であるのだ。それに比べて、韓国と日本はすでに滅びている。朴槿恵元大統領は囚人503号だし、安部ちゃん夫妻の逮捕もこれからありえる。アンゴルモアの大王(鬼)に逆らう者たちは滅びるのだ。




★米国も世界の覇者を維持することはできない。世界の覇者となるのは、日本と韓国と北朝鮮と中国などが合体した国が出来た時だ。つまりかつての満州国の蘇り。欧米が支配する世界から東洋が支配する世界に変わるのその過程での北朝鮮のマルス(火星)である。その辺を考えて書いていきます。







1、日本は橋本健のように何もかもダメになる!




★韓国は元大統領の朴槿恵のようにダメであり、日本は橋本健のように何をやってもダメになっている。それは1930年代はユダヤ人が迫害されガス室に入れられたように、世界中でユダヤ化した者たちが鬼に裁かれるからだ。




★ナチスが鬼に従いユダヤ人をガス室に強制連行したレベルを考えると、鬼が背後に居る北朝鮮のミサイルが東京に落ちてくる可能性は90%以上だろう。いざという時は米国が北朝鮮をやっつけてくれると考えても、アメリカも内戦でそれどころではないし、鬼に逆らって米国が北朝鮮を攻撃しても倍返しを食らい、米国は滅びるだろう。




★ユダヤ人が創ったキリスト教をイエズス会と言うが、広島と長崎はイエズス会の聖地であり、原爆はイエズス会(ユダヤ)の聖地に落ちたのである。そのようなシンボル的なところに北朝鮮のミサイルが落ちてくるのか?鬼のやることは全て「 シンボル 」になっていて深い意味がある。




★北朝鮮のミサイルはカネで固まりユダヤ化した日本を「 潰す 」ことであり「 立替立直し 」である。だから必ずシンボル的なところに落ちるだろう。もしかしたら銀座とか築地とか豊洲に落ちる気もしているが、それは解らない。シンボル的な土地に落ちるだろう。




★北朝鮮のミサイルを見ても2020年の東京五輪は中止になる。そして「 有事モード 」に変わるから「 節制モード 」となり、あらゆる商売がダメになる。北朝鮮のミサイルだけではなくM9あたりの大地震も来るだろうし、原発爆破もあるかもしれない。原発は電気を創るのが目的ではなく、ユダヤ化した人間を殺すために建設されたものだからだ。




★1932年に建国された満州国も1933年に政権を取ったナチスも「 13年間 」の栄光だったが、今度の満州国はずっと続くかもしれない。それはこれからの成り行きを観察することで解って来る。しかし日韓は朴槿恵や橋本健のように何もかもダメになる。鬼がダメにしているからだ。鬼が出て来た時は日々、鬼に学ばねばならない。







2、これからの日韓の流れは?



★1920年代の日本はエログロナンセンスという時代であった。今のお笑いとかマツコデラックスがテレビに常に出ている時代だったと考えて良い。しかし1929年10月24日の暗黒の木曜日から世界大恐慌となり、1930年代の日本は恐慌とテロリストの時代になる。




★今の日本は1930年代のエログロナンセンスから金融恐慌とテロ、そしてファシズムの流れと同じである。1930年代、血盟団を代表とする国家転覆のテロリストが出現したが、その1930年代の国家転覆を目指すテロリストが今の北朝鮮である。





★日本が頼りにする米国は頼りにならない。米国の国家破産が近いからだ。鬼(アンゴルモアの大王)は北朝鮮側にいる。テレビに出てくる北朝鮮ウオッチャーとは全てCIAの回し者であるからあれらの云っていることを信じてはならない。




★国家転覆のテロリストが出てくるのは「 立替立直し 」の時だからだ。巨大な視点と細かい視点の両方が必要である。北朝鮮のミサイルは日本に落ちてくるだろう。その次に北朝鮮が計画どおりに日韓を支配するかもしれない。それに米国は手が出せない。




★これは一見、最悪のシナリオのように見えて、巨大な目から見れば米国に支配されていた日本を関東軍が取り返した!ということ。当時の関東軍は現人神天皇に逆らって行動した。それは鬼に従って関東軍は行動したということ。それと同じことが起きる。




★北朝鮮に日韓が支配されることは、関東軍が米国から日韓を取り返したということ。明治維新でイエズス会が創作した天皇も終わりとなるだろう。巨大な視点から見れば、北朝鮮のミサイルは日本人、朝鮮人、漢民族、蒙古人、満州人の合体の復活で良いことであるのだ。




★カネを崇めるユダヤ化した日本人は必ずなにもかもダメな橋本健のように亡びる。満州国が蘇ることで鬼道の本来の日本が復活する。これが「 アンゴルモアの大王を蘇らすためにマルス(火星)がほどよく統治する! 」という意味である。





 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-30 12:40 | Comments(0)
<< 北朝鮮ミサイルのマルス(火星)... マルス(火星)である北朝鮮の背... >>