サーティンキュー

鬼はキリスト教を裁く!





★メキシコ政府が2017年9月7日に北朝鮮大使を追放決定をしたとたんに、翌日の9月8日にM8、1の大地震がメキシコを襲った。そして9月9日にはメキシコをハリケーンが遅い、2017年9月10日には米国をハリケーンが襲った。北朝鮮に反発する国は天変地異に襲われる!と感じた者も多いだろう。




★別の観点から見ればキリスト教が土台の国家が天変地異に襲われている!とも言える。マヤやアステカの古代文明があったメキシコはスペインに支配されキリスト教が土台となり、その後は、サヨク革命政権など起きて、政治的にも経済的にも不安定な状況になっている。そして米国は拝金主義とキリスト教国家である。そしてペルーの件だが、古代インカ帝国であったペルーはスペインに支配されキリスト教が根付き、その後は、サヨク革命で政治と経済が不安定の国。そのペルーが2017年9月12日に北朝鮮大使を追放する決定をした。ここまではメキシコ政府と同じである。




★さてペルーに天変地異が来るのか?ペルーは今年、すでに天変地異が来ている。それは以下だ。




★キリスト教は一見柔らかであるが実は人間の精神を破壊する妄想の猛毒であり、キリスト教に汚染された国は鬼(太陽神)に裁かれ破滅する運命である。日本はキリスト教の汚染されてない!と誰もが考えるだろうが、自民党議員の中にはキリスト教信者があまりにも多いのである。麻生と石破は正式なクリスチャンだし。明治維新によって現人神天皇を創作したのがイエズス会。自民党議員は日本会議という組織に所属している者たちが多い。日本会議はイエズス会である!と鷲は見ている。だから憲法を改正して明治の頃の現人神天皇を蘇らせようとしている。そして安部晋三総理の妻のアキちゃんの祖先は菓子屋の森永の創業者。森永創業者こそがキリスト教の伝道者であった。




★鷲はグノーシスの者だからグノーシスが退廃した結果に誕生したキリスト教の間違いをよ~く解っている。そしてキリスト教が変身したのが、象徴天皇、自由、平等、人権、反戦平和などの語句が並べられるOSS(戦略情報局)の戦後憲法である。戦後憲法を信じる者たちはキリスト教徒と妄想の言葉を信じることで本質は同じである。キリスト教愛真高校のシールズたちが戦後憲法の語句を信じて、国会前でデモを活発にやっていたことで、キリスト教はサヨクと同じだと再確認したのが2年ほど前。




★今のローマ法王であるフランシスコは昨日(2017年9月12日)、コロンビアで出血したが、その意味は、世界のキリスト教徒の全ては「 裁かれる時 」が来た!ということ。その理由は妄想を信じているからだ。キリスト教徒というアサハカな人種がいるから、1980年代に日本には、ニセメシアの五井野正や大川隆法や麻原彰晃などのニセメシア、宗教詐欺師たちが出て来たのである。




★鬼が出て来た時は、キリスト教徒、キリスト教国家は裁かれる!その辺を考えて書いていきます!








1、太陽神が隠れた時、キリスト教が支配し、やがてサヨク革命政権と拝金主義となり、人間は地獄に堕ちる。しかし再び、太陽神が裁きの鬼として出て来て、悪人を裁き、太陽の国が始まる!



★江戸時代の幕末はペリーが来日した1853年から1868年。それと同時期の1850年から1864年に清において「 太平天国の乱 」というのがあった。イエスキリストの弟だと名のる洪秀全が何十万人の信者を持って、清政府と戦い、キリスト教革命を起こそうとした乱である。結果は太平天国というキリスト教新興宗教が何十万人の犠牲者を出して敗れたが、清の国力は大きく衰退した。




★清で太平天国の乱が起きた頃、日本では薩長が江戸幕府に逆らい、最後は、長州が天下を取り、長州の相撲隊の大室寅之裕が明治天皇にすり替わり、長州の伊藤博文が初代総理大臣となる。この現人神天皇教の日本は、1945年8月6日と9日、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちて終わるのである。



★「 天皇陛下万歳 」と叫びながら多くの日本人は死んでいったが、これはイエス様のいる天国に入るためのキリスト教信者たちが殉教死することと同じである。江戸時代はキリスト教は日本では禁止であった。イエズス会はその国の土着宗教の中に入り込んで国を乗っ取るが、明治維新では形骸していた天皇の世界にイエズス会が入り込み、ロスチャイルドとイエズス会が長州を操って日本を乗っ取った!ということ。





★戦後もイエズス会の乗っ取りは続いている。日蓮正宗の中にイエズス会が「 創価学会という名で入り込み 」、勢力を拡大し、そして第二段階で巨大化した創価学会が日本の政治中枢の中に入り込み、自民党を操り、カイロ大学を首席卒業という胡散臭い小池百合子を操り、イエズス会が日本を支配しようとしているのが今の政治の本質である。




★またイエズス会の変身は天皇教や創価学会だけではなく、日本会議という「 名 」ともなり、自民党議員の殆どを会員にして、憲法を改正して、現人神天皇を蘇らせようとしているのが、安部自民党である。しかしそれは「 鬼 」に邪魔されてうまくいかない。鬼が出て来た時はキリスト教徒たちは裁かれるのである。鬼の子の秀吉にキリシタンが裁かれ、キリスト教が禁教になったように。




★古代文明が滅びるとキリスト教が侵入してくる。そしてそしてキリスト教の理想はすぐに堕落し、サヨク革命政権に変わり、政治と経済が非常に不安定になり、闇の中に多くの住民たちが長く落ちる。その後に、鬼(太陽神)が出て来て、古代文明の叡智とともに太陽の国が復活する!というのが歴史の流れである。それは1日24時間の中の、太陽が頭上にある時と、太陽が隠れた時で、解ること。




★キリスト教が支配する時は太陽が隠れた時。キリスト教が裁かれる時は太陽が出て来た時。今はキリスト教が裁かれる時である。安部晋三が裁かれ、キリスト教の双子の兄弟のサヨクである民進党も裁かれているからだ。キリスト教とサヨクは双子の兄弟ということはキリスト教愛真高校のシールズたちで解ること。




★1980年代に日本で起きた若者たちのカルトブームは全てイエズス会が起こしたもの。教祖の背後には常にイエズス会が存在したのだ。カルト信者の特徴は妄想を信じることであり、カルト教祖の特徴は妄想を語ることである。鬼が出て来た今は、カルト教祖もその信者も全て裁かれることになる。都市から離れた村でのカルト信者たちの集団自殺現象が、これから起きるだろう。




 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-12 17:56 | Comments(0)
<< キリスト教はなにもかも間違っている! 北朝鮮をどう思うか?で、その人... >>