サーティンキュー

世間の圧力に屈すると悪魔に支配され殺される!





★世間の圧力に屈すると悪魔の世界に堕ちる。世間の圧力に屈すること、それが将棋の歩兵の世界ということ。以下の4つの分野は現代日本では悪魔と死神が支配する世界である。

  1、結婚

  2、癌

  3、性に対する自由という考え

  4、男は仕事と言う考え方が脳神経の病気の原因である



★上の4つの悪魔と死神に支配された世界を鷲なりに書いていきます。







1、日本人の結婚は根本的に間違っている




★今の日本人の結婚は地獄である。この世で一番嫌いなどうしの男と女が夫婦をやっているのはどうしてだろうか?結婚の目的が生活維持のみにあるからだ。生活維持のために、つまり女はカネのため、男はセックスのため?に、または?世間様に恥ずかしくないように結婚したのだが、日本の男女は無間地獄の家庭を作ってしまった。それは日本人の結婚の考えが全く根本から間違っているからだ。



★なぜ?サンサンクドの儀式をするのか?男女で性エネルギー昇華をして、経済的な仕事と精神的な仕事の黄金の子の誕生(精神的誕生)を実践するためにサンサンクドの儀式をやる。黄金の子を誕生させ、太陽の国に入国するために男女の結婚というものがあるのだが、全く結婚の意味が解らない男女が生活維持だけのために暮らしているから、この世で一番悲惨な男女となっている。女は男にカネだけ求め、男は女を世界で一番嫌いなんだが、世間様が怖く、子供がいるから離婚できない。



★日本人が何もかもダメになっているのは戦後の教育が共産主義教育(日教組)であり、人間を労働者を見るからだ。ヒトラーが言った「 人間とは生成途上の神である! 」という世界観であれば、サンサンクドの意味も分かり黄金の子を誕生させ、太陽の国の入国のために結婚がある!と理解できるだろうが、人間を労働者だ!と洗脳されているからどこの男女の家庭も最悪の暗黒の家庭となってしまう。


インディージョーンズ


★理想の男女を描いた映画が「 インディージョーンズ 」である。男女が秘宝を求めて冒険の旅をするをする映画。インディージョーンズの中の男女は命をかけて秘宝を求めているが、日本にいる地獄に堕ちている男女は生活維持と世間体のために地獄のような日々を送っている。そして妻はある日「 松居一代 」や「 豊田真由子 」のように爆発してしまう。そして男が女のエゴの奴隷となる。それ以上に悲惨なのが今の日本の男女の家庭である。太陽の秘宝を求める男女でなければならない。今のような地獄のカップルになったのは、日教組教育による唯物思想によるものである!







2、癌とは現代医療が創作したウソの病気であり、死の商人であるが


プルトニウムファイル



★1940年代、米国は国家を上げて全米の病院で患者たちに密かにプルトニウムを投与して、どのように癌になるのか?どのように癌になり死んでいくのか?人体実験していた。そして克明に記録して米国は「 癌という病気を創作 」した。今日、癌が日本人の死亡原因の第一であるが、癌こそが現代のウソ病気の代表である。保険産業とガッチリ結びついた癌産業こそが、現代最大の「 死の商人 」であろう。



★しかし癌の正体を約30年前から近藤誠やその他の医者が暴いている。しかし世間に屈服した人間たちは近藤誠を素直に従うことはしない。世間に屈服した人間には地獄があるのみだからだ。癌産業に背後にいるのは死神である。死神は愚か者である世間に屈した人間を殺す。死神が世間に屈した人間を殺す道具が、戦争であり、原発であり、癌である。



★人間として誕生したことは、獣に堕ちるか?神に成るか?の試練である。戦争や原発や癌は「 神に成ろうとしない獣人間を裁く 」ために存在する。太陽の王国には獣は入国できないからだ。そのような考えを鷲はしているから、サヨクのように「 戦争反対 」にならず、「 原発反対 」に成らず、「 ウソ病気癌反対 」とは力を込めて言わない。



★癌は癌検診しない人間には存在しない。癌に成らないコツは、癌検診しないこと。実に単純なことだ。しかし世間に屈服した人間は癌検診して、毒ガスで創った抗がん剤を打って、苦しみながら死んでいく。世間に屈した人間には地獄しかない。ウソ病気である癌に騙される人間は、太陽王国に入国できない獣であるからだ。








3、性の自由という考えは人間の脳神経を破滅させる!



★自由という言葉を戦後の日本人は好きだが、それはOSS(戦略情報局)に洗脳されたからだ。自由という言葉は政治用語で、現実の世界には自由は存在しない。こんな簡単なことも獣になった人間は理解できない。




★太陽王国の性は「 性エネルギー昇華 」のみ。個人で「 性エネルギー昇華 」するか?男女で「 性エネルギー昇華 」するか?どっちかしかない。性的描写を描いた小説家の野坂昭如と映画監督の大島渚は脳神経病気で倒れ、寝たきりとなり、10年以上も妻に介護されて死んでいった。自由の性、という概念を実践した者は脳神経の病気で倒れて、長い寝たきり生活の果てに死ぬのだ。



★性エネルギーを脳神経にフィードバックし、脳神経を蘇らすことをしている者には脳神経の病で倒れることはない。性昇華はヨガ的な行のみではない。鷲にとっては、ブログを書いていることが性昇華となる。松果腺が開けば、目の奥から液体が湧き出てくる感覚が出て来て、目の疲れがなくなり、首や肩の凝りがなくなる。




★「 自由 」という言葉は、無数の猥褻教師、猥褻医師、猥褻警官を生んだ。自由という言葉を見抜けない者は鬼に裁かれる運命である。その現象が不倫で叩かれる今の政治家たちの現象である。時は変わった。今は太陽の王国に入れるか?の試験の時だ。試験科目の第一は、性エネルギー昇華をできるか?性に対する本物の知識を獲得できるか?である。








4、男は仕事という考えは共産主義思想なのでボケ老人や脳神経の病気で倒れる原因となる!




★日本人が日々やっている仕事を通して、神殿に入ることはできない。カネ儲けの仕事とは別に、日々、太陽神の探求をしない者は、脳神経という神殿に意識(性エネルギー)が入れないので、当然にして、脳神経の病気で倒れたり、ボケや認知症となるだろう。それは脳神経という神殿に意識(性エネルギー)が入り、脳神経を蘇らす物質に性エネルギーが変換しないからだ。



★男は仕事。それは「 人間は労働者である!という共産主義思想 」である。労働をいやに神聖化することが共産主義思想の特徴であるのだ。なぜ多くの人々が脳神経の病気で倒れるのか?脳神経が神殿であったことを知らなかったために、日々の「 意識の神化(性エネルギーの神化) 」をする努力が一切なかったからだ。或いは、仕事のカネ儲けに没頭して、そのカネ儲け世界が全てだと思ってしまったからだ。


★神社の門を入っていくとは、性エネルギーを3つの脊髄のチャンネルを通過させ、上昇させ、脳神経に入り、松果腺を開き、太陽(魂)と白い月(霊☛太陽神と結びついた意識)の合体をすることである。太陽と白い月の合体を【 鏡 】で表現した。また紅白で表現した。



★日本人の日々の仕事では神殿に入れない。その証拠に50歳以上の認知症や脳神経の病気で倒れる者がやたらと多い。神殿に入るには神殿に入るための、真剣な準備と学習と実行が必要である。「 男は仕事 」という言葉は、「 人間は労働者である! 」という共産主義を土台にしているから、日本人の多くを脳神経の病気にしてしまったのである!女は子育てするから男よりは神に近くなっている。「 男は仕事だ! 」と言っている限りは、共産主義に騙されているのであり、脳神経の病気で倒れ、周囲に迷惑をかけながら10数年寝たきりの末に死ぬ、最悪の道を歩んでいるのだ!







 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-10-05 13:26 | Comments(0)
<< ナチスヒトラーは太陽王国の価値... 数字の「 32 」の謎 >>