サーティンキュー

ナチスヒトラーが正しく、ビートルズは間違い!





★ナチスは太陽の王国であった。それが鷲の結論である。我々は地球の上に立ち太陽系に住んで居る。それは誰も否定しないだろう。しかし明治からの日本社会は太陽系に住んで居ることを無視して出来上がっている。というより太陽系からの自由を求めているのが戦後の日本社会である。が、自由という言葉を盲目的にアリタガル時代は終わった。自由という言葉の正体は解った。あらゆる秩序の破壊である。すでにボブディランが歌っていた一番の土台が破壊されている。ボブディランは下手糞なギターと歌のサヨクの素人歌手にすぎない。



★ボブディランは「 自由になることが人間の目的 」という歌をI Shall Be Released で歌ったが、それはあまりにも浅はかな内容の歌である。「 自由という言葉の妄想 」は多くの狂人を生んだが、結論は、この世に自由はない!と鷲は思っている。そして自由とは政治用語であり、現実の世界には自由はない。自由になることとは、人間が破滅することである。


I Shall Be Released


男らしいってわかるかい


★髪を長くし、ボロボロの服を着て、常に薬物を吸って妄想に耽り、反社会の姿になることが1970年代前半の最先端のファッションであった。その者たちをヒッピーとかフーテンと当時の日本では言っていた。あのファッションのアイディアは、反ナチス(反ホロコースト)から来たと今は思っている。なぜならナチスは以下のような人間たちをガス室に強制的に入れて殺した!からだ。

1、ユダヤ人

2、民主党、共産党などのサヨク

3、カトリック(キリスト教)

4、障害者

5、エホバの証人のようなカルト

6、同性愛者

7、売春婦、暴力団

8、薬物やアルコール中毒者

9、住所不定者

10、訴訟を大量に起こす者

11、交通違反者、絶えず職場への遅刻者、

12、労働をしないで家に引き籠る者

  など



★ヒッピーやフーテンは労働を拒否し、薬物中毒であり、アル中であり、あらゆる規則や慣習に反対する者たちであった。彼らこそがナチス時代ではガス室に強制連行される人種であったのだ。彼らはビートルズのファッションから来ると思われたが、もっと宇宙的な「 タロットの10の時の輪 」の力が働いた!と今は思っている。ホロコーストの反動の産物。




★今の鷲は、ナチスのSSが正しく、ビートルズファッションの長髪、労働拒否、薬物、アル中の者たちは悪であると思っているが、それは当然のこと。しかし長らく、ビートルズもボブディランも世界スターより上の「 神 」の存在であったのだ。彼らを神とする時代は「 反ナチスの時 」ということ。



★ナチスヒトラーは「 人間は生成途上の神だ 」と理解していたので、太陽王国に入国できない獣人たちをガス室に送って殺した。それは太陽王国としては当然のことだろう。ヒッピーやフーテンはナチスの「 獣人を抹殺(ホロコースト) 」という思想を否定して、薬物でラリることで神の世界(天国)に入れると思い、また社会に入ることを拒否し、愛と平和を唱えた!のである。ビートルズやボブディランはナチスがやった六殺し(ロクゴロシ)のホロコーストの反動であった。そして多くのヒッピーやフーテンが薬物依存のために狂人となり廃人となった。薬物に耽りとキリスト教の文句から来る「 愛と平和(ラブ&ピース) 」を唱えるのが、ヒッピーであり、ビートルズであった。



★しかし正しいのは太陽の王国を地上に13年間もたらしたナチスヒトラーであり、間違っているのはビートルズであり、ボブディランである。ビートルズやボブディランの崇拝していた言葉「 自由 」というのは妄想でしかないから。薬物で一時は神の世界(天国)に入っても、その反動で廃人になる。彼らヒッピーの思想の行きつく果ては、社会不適応者と薬物廃人の群れであった。しかしナチスがもたらした「 科学 」は今日の科学の基礎となり、インターネットの基礎も宇宙開発もナチスの科学技術からくる。




★薬物でラリって愛と平和を唱えていたオノヨーコもボケてしまったし、オノヨーコの時は終わった。時の輪は再び、六ゴロシと「 9 」の誕生のナチスの時になった。日本人が意識しようがしまいが、今の日本には六殺し(ロクゴロシ)が降りてきている。それは日々、情報を正確に分析する者には解ることだ。薬物でラリって、一時的に天国に行っても、それは廃人への大転落の道だ。時は再び、太陽王国のナチスと満州国、そして六殺し(ロクゴロシ)のホローコーストの時代となった。その辺を書いていきます。








1、戦後日本は反ナチス思想で創られた!



★今の日本人の殆どはナチスの時代のドイツに生きていればガス室に送られる。

安部総理 ☛ 日本会議というカルトに所属しているのでガス室行き

小池百合子 ☛ 日本会議というカルトに所属しているのでガス室行き

麻生大臣 ☛ クリスチャンで政治活動をしているのでガス室行き

ビートたけし ☛ 麻原彰晃というカルト教祖ヨイショでガス室行き

マツコデラックス ☛ 性的変質者なのでガス室行き



★ナチスは太陽王国だから性エネルギー昇華しか認めない。そして性エネルギー昇華を邪魔するものは「 間違った思想 」であることを分かっていた。だから「 思想警察 」の面はもの凄く発達していた。サヨク、カルト、ユダヤ人、性的退廃者、暴力団、住所不定、引き籠り、薬物やアルコール中毒者、同性愛者、その他、主に思想的な面でウルトラ警察だった。



★これが共産主義国家となると第一に殺されるのは「 金持ち 」である。「 金持ちたち 」は容赦なく殺されるのが共産主義革命。共産主義を超訳すると「 反金持ちの貧乏人たちの平等崇拝同盟 」であるから。



★戦後日本の自由、平等、人権、反戦平和、などの語句はハッキリとした「 天動説思想 」であり「 反ナチス思想 」であり「 反太陽王国 」であり「 性的退廃者の国 」である。ナチスの思想的純潔は性エネルギー昇華のためだからだ。ナチスSSはルーン文字シッグの形の体操で性エネルギー昇華を実践していた。



★またSSたちが寝る時は両手を布団の上に出さねばならない。それはマスターベーションが禁止だからだ。太陽王国では性は性エネルギー昇華のみ。性的退廃者は全てガス室行きだ。しかし今の日本では誰も性エネルギー昇華を知らない。だから猥褻教師、猥褻医師、猥褻警官、猥褻政治家だらけになってしまった。そして性的変質者のマツコデラックスが大スターとなっている。



★しかし性的退廃者には未来はない。松果腺から昇華された性ホルモンが湧き出てこないから、脳神経に栄養が渡らず、脳神経の病気となり、倒れ、周囲を困らせ、寝たきりとなり、死んでいく。脳神経の病気の原因は性エネルギー昇華をしないからだ。大脳の下の松果腺から昇華された性ホルモンが湧き出て、脳神経を浄化し栄養を与える、ことが出来ないからだ。



★寝たきりで長く生きても、本人も周囲も地獄である。現代の唯物思想の医者は治せないし。しかし「 性エネルギー昇華 」という観点で見れば、松果腺が開かないから脳神経の病気になる!と言えるのだ。ナチスはそこを知っていた。「 性エネルギー昇華 」と「 太陽神への帰依の思想 」は一体化していなければならないと。




★だからナチスは思想警察が非常に発達していて、今の日本人の殆どはガス室行きであるのだ。今の日本人の全てはナチスが嫌いである。それは洗脳されているからだが、その生活も性的退廃者となっているから。しかし時は「 チンコ斬り 」(2015年8月の国際弁護士チンコ斬り事件)。ナチスの性エネルギー昇華の思想が蘇る。性的退廃者が裁かれる。だから政治家に対する不倫がこれほど大きくなる。性的な問題で男女カップルがどんどん破綻していく。性に対する法律が厳しくなりAV業界がやっていけなくなる。タロットの10の時の輪が変わったからである。人間は太陽と月と星に操られているのだ。天動説思想の者たちが裁かれる時に来た!ということ。









2、目玉おやじと合体する鬼太郎だけが生き残る時代



★目玉おやじと合体する鬼太郎だけが生き残る時代である。目玉おやじとは太陽神である。元の元の太陽神。鬼太郎は太陽神と結びついた者であり、さらに元の太陽と結びついた太陽神である。バアルの父はダゴン。ダゴンが目玉おやじであり、バアルが鬼太郎、とも言える。



★元々、人間の目的は金持ちなって自由に生きる!というアメリカンドリームの思想ではない。アメリカンドリーム思想もゴルフで1000億円稼いだが、セックス中毒と薬物中毒で大転落のタイガーウッズで終わった。アメリカドリームどころか、アメリカ自体がすでに破綻している。




★ナチスは人類の本来の生きる目的の原観念を示した。人間とは生成途上の神である!という事を示した。そして六殺し(ロクゴロシ)を実行しての、戦争実行とサヨク狩りやユダヤ人狩りであったのだ。ナチスが正しいことはフィリピン大統領のドゥテルテで解る。



★ドゥテルテは麻薬組織と戦っているが、彼は真剣に麻薬組織を壊滅させようとしているから、問答無用に麻薬組織の者たちを殺しているのだ。これがキリスト教の牧師なら「 愛で麻薬組織の者たちを救う 」とか言いそうだが、これが妄想の人間だということ。キリスト教は実は常に悪人の味方であるのだ。体内の黴菌を養成する思想がキリスト教の愛である。悪と戦う本物がヒトラーとドゥテルテである。



★すでに日本には太陽神が鬼として降臨している。だからどんどん変わっているのだ。太陽神である目玉親父と結びつく鬼太郎に成らなければ生きて行けない時代。性的退廃者は全て裁かれる時代だ。しかし誰も「 性エネルギー昇華 」を知らない。だから鷲が毎日書いている!ということ。



★大事なことはサマエル・アウン・ベオールのクリスチャンノーシスの性エネルギー昇華は失敗するということ。クリスチャンノーシスはナチス否定だから。ナチスを崇拝しての性エネルギー昇華でなければならない。ナチスを崇拝しての性エネルギー昇華、これこそが180度、戦後の日本と違う革命思想である。ナチスをじっくり研究して理解できる者だけに鬼門は開く。




★戦後憲法的思想、自由を求めるビートルズやボブディランを拝んでいる者たちは、脳神経の病気で死んでいくだろう。薬物で一時天国に行っても薬物で廃人となる。今の60歳にやたら脳神経の病気で倒れる者たちが多いのは、いまだに、ビートルズやボブディランだからだ。時は変わったのだ。今はナチスヒトラーを崇拝しての性エネルギー昇華の時代である。そして目玉おやじと一体化する鬼太郎に成った者が生き残っていける。ヒトラーこそが鬼の子の鬼太郎であったのだ。それ以外は、太陽神が存在を許さない。再びホロコーストの時が始まったのだ。









 




[PR]

by xuzu9851 | 2017-10-07 19:56 | Comments(0)
<< ナチスは性エネルギー昇華の太陽... 今、思想的な一番重要なことはナ... >>