サーティンキュー

性的退廃者と天動説の日本は必ず亡びる!





★サヨクのブログを読んでいると「 米国戦争屋 」という言葉が必ず出てくる。反戦平和主義という米国戦略情報局(OSS)からもらった言葉を骨の髄まで沁み込んでいるサヨクたちには、戦争に反対すると戦争がなくなる!と思っている。その調子で地震に反対すると地震がなくなる、とか、火山噴火に反対すれば火山噴火はなくなると、思ってデモしてほしいが、そこまでバカではないようだ。しかしサヨクの洞察力は全く生ぬるく、とうてい真実には到達しない。



★戦争はサヨクのような天動説の人間を殺すためにある。原発爆破はサヨクのような天動説の人間を殺すためにある。サヨクとは何か?どんな権力にも反対する天動説の者たちを言う。ヘブライ語の言葉にシャターナという言葉があるが、このシャターナがサタンの語源であり、サタンの意味は「 反対する者 」である。



★今回の衆議院選の後、自民と公明と希望と維新が合体して「 大政翼賛会 」が出来るだろう。そしてサヨク狩り、戦前はアカ狩りと言ったが、そのような現象が起きるだろう。第一に大政翼賛会、次にアカ狩り(サヨク狩り)、次に現人神天皇を蘇らすカルト政権が北朝鮮のミサイルなどでダメになる。



★天動説と性的退廃者の国、日本はダメになる。しかし太陽神に帰依した地動説と性エネルギー昇華の日本に生まれ変われば、日本は再生するだろう。再生するための破滅と破壊の時に今は入った。天動説から地動説に転換しろ!というのがISが湯川さんと後藤さんの首を斬った意味であるのだ。そして国際弁護士のチン子斬られ事件は「 性的退廃者の抹殺 」という意味である。六法を守る弁護士が生贄にされたことにも深い意味がある。前回の続き、性、地動説、大政翼賛会の後、を書いていきます。








1、チンコ斬りと大政翼賛会の関係(戦前と同じようなことが起きる)。




★1、1936年、阿部定のチン子斬り事件が起きる

 2、1940年から1945年までの日本の政治体制は大政翼賛会であった

 3、1945年8月に広島と長崎に原爆が落ちる


 さて上と同じようなことがこれから起きるだろう。それが以下、


1、2015年8月に国際弁護士がチンコ斬られる

2、今回(2017年10月)の衆議院選の後、自民と公明と希望と維新が合体して大政翼賛会となる

3、北朝鮮のミサイル火星が落ちてくるか?



★権力に反対することだけが生甲斐のシャターナでは太陽神が降りて来た時、裁かれるのである。サタンの語源はヘブライ語のシャターナである。シャターナの言葉の意味は「 反対する者 」である。日本会議というカルトの安部総理に反対するサヨクの方が先に太陽神に裁かれるであろう。



★裁かれる順番はサヨク、その後にウソの神を信仰するカルトである。そして性的退廃者、その他。この辺はナチスが強制収容所に入れた人種の順番が参考になる。太陽系はけして「 民主主義 」ではない。太陽神に帰依する太陽神主義である。太陽神に帰依して性エネルギーを昇華する者が数字の「 9 」であるのだ。




★「 民主主義が正しい 」という思想は妄想で、民主主義という天動説思想は未熟な子供の考えだ。民衆という性的退廃者の群れが人間のリーダーに成ることはできない。また天動説の者が性エネルギーを昇華することはできない。性エネルギー昇華は、太陽神に帰依した、地動説の者だけが出来る。その意味で枝野を代表するサヨクは全くダメだ。「 民主主義が正しい 」という言葉を吐く者は、オウム真理教の信者のように洗脳された愚か者にすぎない。









2、マツコデラックスは性的退廃者の象徴




★日本人の殆どは「 性エネルギー(梅) 」を三つの脊髄のチャンネルを通過して脳と胸腺に持っていく「 ? 」の性エネルギーの昇華の通路を知らない。戦後の日本人が好きな自由という言葉は「 性的変質者 」を数多く誕生させ、「 性的変質者 」を肯定した。しかし「 性的変質者 」は、太陽系で肯定されるのあろうか?それはないだろう。夜の妄想は朝に裁かれる。



★マツコデラックスが今の日本のテレビの主役ということが、今の日本は「 性的変質者の王国 」ということだが、これ出てくる太陽系文明によっては抹殺されるだろう。ヒトラーが言った「 退廃文化 」が戦後72年の日本の文化であった。太陽神がナチスという組織を再び形成した時、強制収容所とガス室が再び地上に現れ、今の日本人の殆どは、強制的に入れられ抹殺される。太陽神の別名は死神である。太陽神は、けしてキリスト教の牧師の妄想創作の愛と平和のイエス様ではない。



★性に関して太陽系王国では「 性エネルギー昇華 」しか許されない。他は全て「 性的堕落 」であるのだ。人間になったことは、カミに成る可能性だが、二つの条件がある。

 1、太陽神への帰依

 2、性エネルギー昇華(性エネルギーを脳神経と胸腺にフィードバックする)

  である。



★戦後72年間の日本人は頭上に太陽があるのに太陽神について考えたことは一度もない。それは太陽神が隠れていた「 夜 」の期間の住民だったからだ。今は夜は終わった。サヨク(憲法の言葉を妄信して権力に反対することが生甲斐の者たち)もカルト(ウソの神を妄信する)も性的退廃者も裁かれる「 太陽神の降臨の時 」である。



★日本の一番暗い夜の主役が性的退廃者のマツコデラックスであったのだ。一番暗い夜が終ると「 太陽神を蘇らす黄金の子ホルス神 」が出てくる。思想は単純である。太陽神への帰依。言葉を変えれば「 目玉おやじへの帰依 」と「 性エネルギー昇華 」の者たちの始りである。性エネルギー昇華のシンボルは世界の至るところにある。札幌では狸大明神だと言いたいが、神社仏閣の全てが性エネルギー昇華の方法を教える建設物であるのだ。








 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-10-11 07:10 | Comments(0)
<< 目的は太陽王国への回帰である! 性、地動説、大政翼賛会の次 >>