サーティンキュー

目的は太陽王国への回帰である!





★最近、何よりも驚いたことは漫画のサザエさんの波平の年齢が54歳に設定されていること。カツオと同じ年齢からサザエさんを見ているが、波平はジジイの代表だと思っていたら、いつのまにやら鷲は波平よりも年上に成ってしまった。しかし鷲の小学生の頃、54歳といったら、ジジイそのものであったから、鷲が若いのだろうか?と思ったが、金儲けの仕事のみで生きたら大脳の下にある松果腺が開かないので、あのようなジジイのイメージなのは当然なのかもしれない。




★我々は宇宙船に乗って、たまたま地球の日本という国に不時着し、しばらく気を失っていたが、日本という性的退廃者たちの「 猿の惑星 」にたまたま来ている!という意識が必要である。けして猿の惑星の「 数字の6の住民 」と同調してはならない。彼らと同調すること、それは「 第二の死 」を意味するからだ。しかし、生まれたばかりの子供のように好奇心旺盛で、日本の何もかもを観察すると、常に楽しい時間となる。



★我々の生きる目的は再び「 太陽王国 」に回帰することだが、地球の日本という国の様々な問題を考えねばならないことになった。なぜなら鷲も日本人だと言われているからだ。さて根本から考えよう!日本という国はどっから始まったのか?そして人間とはセックスから誕生するが、セックスとは何のか?



★しかし気づいたが、そんな悠長なことを考えているのは鷲のみであるのだ。日々、お金という幻想に追い込まれているのが日本人である。日本人になったばっかりに鷲も常にお金に追いかけられ、お金を求めなければならない。出口なき迷宮というやつにハマったということかな。



★しかし人間の生きる目的は鷲には解っている。目玉おやじと一体化である。これは鷲のサービス精神の表現である。非常に難解な概念を誰にでも解るように表現できることは「 理解している 」ということだから。さて、地球と世界と日本についてのことはだいたいわかったから、これからは、目玉おやじと一体化する王国に入るための旅に向かおうと思っている。







1、マグナBSP社と大江健三郎著「 奇妙な仕事 」



大江健三郎著「 奇妙な仕事 」

大江健三郎著「 奇妙な仕事 」2



★最近、戦後の文学というやつをもう一度読んで、戦後文学とは何か?とブログで書こうと思ったことがある。三島由紀夫や大江健三郎や村上春樹の作品など。で、時間がないので殆ど読めなかったが、大江健三郎が東大生の頃の作品の「 奇妙な仕事 」はかなり良いと思っている。あの作品はカフカであり、また、ナチスの視点で書いているからだ。



★毎年、ノーベル賞の時期になると村上春樹のファン(ハルキスト)が集まって、村上春樹の受賞を祝う準備をするわけだが、あれを見ていると、村上春樹の作品は「 タレント本 」何だろうと思われるわけだ。ハルキストという存在はかなり作家の地位を落としていると感じる。しかし今はお笑いが芥川賞なんだから「 売れたが勝ち 」なのかもしれない。一時的に売れても後で読まれることはないだろうが、売れないと出版社が倒産するから。



★鷲の高校生の頃の文学スターは「 限りなく透明に近いブルー 」の村上龍だったのだが、彼や中上健次の作品を追っても、結局、戦後文学の本物は大江健三郎になるのではないか?と思っている。彼(大江健三郎)はカフカの世界の疑似作品を書いた。しかしその次の彼のテーマである「 救済 」の作品は彼には無理だった。それは誰にでも無理だ。誰でも無理というより小説家レベルは無理だと言おう。



★なぜ?戦後文学を読もうとしたのだろう。現実がSF小説よりもSFだと鷲は感じているからだ。例えば「 54基の原発 」の存在。あの全てを管理しているのが、イスラエルの会社であるマグナBSP社である。この事実が純文学ではなく、SF小説のように感じるのだ。



★ユダヤ人がナチスによって強制収容所のガス室に連行されたが、戦後の日本を、ユダヤ人が、54基の原発の爆破の脅しによって管理している!とも言えるだろう。戦後の日本列島はガス室ならぬ「 放射能汚染室 」であるのだ。このテーマで文学というものを書いた方がノーベル賞を頂けるのでは?でもあまりにもタブーなので誰も書かないのかもしれない。またノーベル賞というのも胡散臭い賞である。



★戦後の日本文学とは出版業界がでっち上げた幻想である。日本人の作家は全て外人の作家のマネである。それを明かすと

三島由紀夫 ☛ ユイスマンスのマネ

大江健三郎 ☛ カフカのマネ

中上健次 ☛ フォークナーのマネ

村上龍 ☛ ケルアックのマネ

村上春樹 ☛ ハルキストを見るとタレントが書いた恋愛小説レベルか?



★外人から影響を受けた彼らの作品よりも、日本列島に存在する54基の原発の全てがイスラエルのマグナBSP社が管理しているという事実の方が文学的であるが、それは文学ではなく、現実である。



★マグナBSP社が全ての原発を管理している!ということで、大江健三郎の処女作「 奇妙な仕事 」が、戦後日本文学の中で、一番輝くと鷲は感じている。犬殺しのテーマの短編だが、その殺される犬とは我々日本人であるのだ。犬殺しの仕事をやっているのはマグナBSP社のユダヤ人。鷲が戦後日本文学を読もうと閃いたのは、大江健三郎の「 奇妙な仕事 」という作品を発見せよ!という目玉おやじからの指令だったのだろう。








2、太陽王国への回帰




★戦後72年の日本はユダヤに支配されてきた。それはイスラエルのマグナBSP社が日本列島の54基の原発を全て管理している現実で解る。ユダヤ人が「 原発爆発させるよ! 」といえば、安部ちゃんは「 それはマズイな。僕だけ逃げたいんだけど 」と答えるかもしれん膿~。政治家ってそんなもんだろうwww



★とにかく現実を見よ!だ。イスラエルのマグナBSP社が日本列島の54基の原発を全て管理している。これが「 ユダヤの日本支配 」の証拠である。ユダヤ人はナチスによってガス室に強制的に連行されて殺された。しかし戦後の72年間は、ナチスの同盟国であった日本を原発を管理することで支配してきたのだ。



★大江健三郎の作品の「 奇妙な仕事 」の犬殺しとは、ユダヤ人の日本人殺しを比喩で描いたものだ。ユダヤ人は思想的にも身体的にも日本人を犬のように殺す位置にいる。マグナBSP社が54基の原発を管理している事実でそれが解るのである。



★日本人は思想的には完全にユダヤ化している。日本人を支配している思想は、

1、日本国憲法の共産主義、サヨク思想

2、創価学会や日本会議を代表にするウソ神信仰のカルト

3、魂を悪魔に売る拝金主義



★民主主義という言葉もユダヤ製である。古来、ゲットーで自由、平等、人権を叫んでいたのはユダヤ人であった。自由がなく、犬のように殺され、差別虐待され続けてきたのがユダヤ人だったから。その理由は太陽神である目玉おやじに逆らったからだ。古代オリエント的に言えば、ユダ族は「 ベルの目 」に逆らったから、差別虐待され、牢獄に入れられ、犬のように殺された。



★現在、衆議院選であるが、枝野はユダヤの左、であり、安部ちゃんはユダヤカルトの日本会議である。日本の政治家の全てがユダヤ思想である。しかし今はナチスが世界的に蘇ってきた。ドゥテルテを代表に、世界各地にオルトライトが出現している。



★オルトライトとは目玉おやじと一体化している鬼太郎のこと。日本人の誰もが知っているイメージとなっている。太陽神に帰依するオルトライトとは、

1、太陽神に帰依する者(目玉おやじに帰依する地動説の者)

2、性エネルギーを3つの脊髄チャンネルを通過させて、脳と胸腺にフィードバックしている者



★太陽神に帰依、地動説、性エネエルぎー昇華の者が真のオルトライトである。マツコデラックスを拝むのが、性的退廃者のセックスの発音に近いシックスの「 6 」のロクデナシである。ロクデナシはこれから裁かれる。国際弁護士のチン子が斬られたことが、鬼が性的退廃者を裁く!合図だ。



★太陽神を知るには「 暗号解読 」の者とならねばならない。例えば、ラスベガスのコンサート会場に銃乱射した者が近くのホテルの「 32 」階からの「 32 」の意味が解るとか。その手の暗号は毎日、出てくるのだ。しかし性的退廃者は何も解らない。



★今はユダヤに支配された日本人が「 犬のように殺される時 」であると同時に、目玉おやじに帰依する鬼太郎が出てくる時である。太陽の王国であるタロットの21に回帰できる者が合格。

 いきはよいよい

 かえりはこわい

 こわいながらも

 とうりゃんせ



★上の歌が、「 性的退廃国家日本から、太陽の国への回帰 」を歌っている!





 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-10-12 19:32 | Comments(0)
<< 地球上の全歴史をナチスとユダヤ... 性的退廃者と天動説の日本は必ず... >>