サーティンキュー

地球上の全歴史をナチスとユダヤの戦いで読む!





★今はユダヤに支配されている時である!と同時にナチスの逆襲の時でもある。時はいつも同じではない。夜は必ず終わり、太陽が出てくる朝となり、太陽はいつまでも頭上にはなく、太陽が隠れる夜が必ず来る。



★まず第一にユダヤとは何か?ナチスとは何か?を正確に知る必要があるだろう。問題は太陽神の捉え方であるのだ。古代イスラエルには12の士族が存在した。この古代イスラエルの12士族が崇拝していたのは太陽神バアル神であった。



★しかし12士族の中のユダ族とベニヤミン族が太陽神バアルに反逆して、旧約聖書を創作して唯一神であるヤハウェと預言者モーセを創作した。今日、ユダヤ人の定義は二つしかない


 1、旧約聖書信仰から始まったユダヤ教を信じる者

 2、ユダヤ人の母から産まれた者



★ナチスとは何か?太陽神バアルの復活である。そして太陽神バアルと一体化する者たちがナチスとなった。ナチスの代表のヒトラーこそがバアルと一体化した者だたのである。目玉おやじと一体化した鬼太郎こそがヒトラーだった。



★ファシズムの定義は大衆主義(ポピュリズム)ではない。太陽神バアルと一体化した者たちが本当のファシズムの意味である。ユダヤに洗脳された者たちが72年間、ファシズムという言葉の意味を理解できなかった。



★今の体制はユダヤだが、ナチスというバアル神主義が出現している。その辺を書いていきます。







1、魂という漢字は「 鬼が云う 」である!



★人間とは、肉体だけの存在ではない。5つの要素がある。それは

1、太陽である魂

2、白い月である霊(太陽神と結びついた意識)

3、黒い月であるエゴ(太陽神と分離している意識)

4、運命

5、地球に属する肉体




★上の人間の5つの要素が五重塔の「 5 」であり、ロクデナシの「 6 」から、太陽神と結びつく「 9 」に成る!ことを表現したのが、五重塔の上にある「 九輪 」である。五重塔と九輪こそが完成された人間を表現されている。



★日本の伝統的文化遺跡には太陽系文明の叡智が隠されている。ハッキリ言うと隠されてはいない。太陽神と結びついた知識(グノーシス)がある者には全てが明らかになっている。学ぶことは太陽神と結びついたグノーシス(知識)であり、人間が創りだしたウソ知識ではない。



★どうして佐世保首切り少女の父親は九州で一番有名な弁護士だったのか?2015年8月にチンコを斬られたのは国際弁護士だったが、どうして弁護士なのか?弁護士は「 人間が創作した法律 」に詳しいだけの者だ。その知識は日本の今、限定である。韓国では通用しないし、外国では弁護士の知識は通用しないのだ。



★さて、人間的な見方ではナチスヒトラーはけして解らないだろう。ナチスは太陽系の掟を地上に打ち出した。彼らが強制収容所、ガス室で殺したのは

1、ユダヤ人

2、天動説のサヨク

3、様々なカルト

4、障害者

5、アル中や麻薬中毒者

6、性的変質者

7、引き籠り、労働拒否者

8、その他

 である。



★彼らの殺した価値観は今の地球の表面の「 6 」の世界では正しくないが、太陽王国では正しい!と鷲は思っている。ナチスヒトラ―は実にレベルが高い。そのレベルまで我々が到達して、初めてナチスヒトラーの正しさが解るだろう。しかし「 性的退廃者 」は何も解らない!と初めから断言しよう。



★太陽王国にはマツコデラックスのような性的変質者は絶対に入ることができない。ということはマツコデラックスを共感する者たちも太陽王国には入れない!ということ。



★ユダヤ人はウソの神であるヤハウェと預言者モーセを信じる者たち。また旧約聖書の一字一句を絶対視する者たちである。またユダヤ人であるザビエルとロヨラが創作したイエズス会は、妄想のイエスキリストを絶対視するキリスト教である。そしてイエズス会が弾圧された時は、イエスのように十字架に磔にされる殉教死を選ぶ者たちである。



★カルト宗教の恐ろしさは「 妄想の神 」を信じていることである。そして「 妄想の神 」を信じる全ての者を、鬼は「 妄想の神とともに死ぬ 」ことに導く。それが戦前の現人神天皇のために殉教死する!という一億総玉砕であった。あの集団自殺。



★今回の衆議院選挙で安部自民党が圧勝すれば、再び、現人神天皇のために殉教死する「 一億総玉砕 」思想が復活するだろう。今は、そのように時が流れているのだ。明治維新で誕生した現人神天皇とは何か?その真実が解らない者は再び、現人神天皇のために死ぬことが正しい!という一億総玉砕、つまり集団自殺の世界に導かれる。



★カルトの終わりは「 集団自殺 」である。カルト教祖とともに村に籠った信者たちは「 集団自殺 」する運命であるのだ。そこで正体を見せる。ウソの神を信じた結果は「 集団自殺 」ということ。だからと言って、国民主権とか言っている天動説思想のサヨクが正しいわけではない。



★サヨクも鬼に裁かれる。サヨクほど思考停止な人間はいない。順番は、第一に天動説思想のサヨクの終わり、次にウソの神を信じるカルトの終わりである。戦前の繰返し。1936年から1945年8月までの繰返しが今である。








2、ナチスヒトラーを褒める者だけが次が見える!




★ヒトラーを極悪人だ!と言ってる者たちは過去の人間である。ユダヤに洗脳された人間である。ユダヤに洗脳された人間は「 ナチスヒトラーは超極悪 」と言うのである。しかしフィリピン大統領のドゥテルテは「 私はフィリピンのヒトラーである! 」と断言した。時は変わったのである。ヒトラ―を認める者だけが次の世界に行ける。



★最初に「 洗脳ありき 」ではならない。あらゆる角度からナチスヒトラ―を研究すべきである。鷲が思うに、真剣に聖書を研究した人間は必ず聖書を否定する。旧約聖書を土台とする宗教の全てを否定する。聖書を信じている牧師はこれまで一切、聖書を研究したことがなく、洗脳されただけのことだ。



★人間は信者であってはならない。常に宇宙の探求者でなければならない。でないと、必ず敗北が待っているから。信者が思う「 善 」とは全て間違いである。愛と平和、という言葉を唱える者が「 善人 」ではない。言葉ではなく、暗号であり、シンボルの正確な解読が出来る者が賢者である。



★リチャードコシミズは「 ヒトラーはロスチャイルドの子供 」とかの、ネットで書かれたことを妄信した。立憲民主党を応援するリチャードコシミズは単なる古臭いサヨクにすぎない。戦争はロックフェラーがカネを儲けたいためにやっていると妄想し、地震が来ると、ロックフェラーがカネ儲けのために地震兵器を使ってやっている!と発言する。



★1920年代の共産主義者の言論そのまんがリチャードコシミズという共産主義者である。中国からの工作員だから共産主義的発言をするのは当然だが。戦争は太陽系を維持するためにやるものであり、原発も太陽系を維持するために、ロクデナシを殺すために存在する。それが正解である。



★太陽系の「 残酷さ 」と「 厳しさ 」に対抗しているのがキリスト教徒が唱える「 愛 」である。キリスト教徒ほど何も解らない無知な者はないが、また、キリスト教徒ほど、聖書を真剣に読んだことがないバカもいない。最低最悪の善人の仮面を被った愚か者がキリスト教徒である。



★麻薬組織に勝てるのはドゥテルテの「 残酷さ 」と「 厳しさ 」だけである。ドゥテルテが本物の善人である。そしてナチスヒトラーこそが本物の善であり、本物の科学者であり、勝利者であったのだ!聖書を妄信する全ては「 性的退廃者 」にすぎない。真剣に真実を探求しなかった結果が、聖書を信じる愚か者となった!ということ。









 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-10-13 13:02 | Comments(0)
<< 神戸製鋼のデーター改竄、安部ち... 目的は太陽王国への回帰である! >>