サーティンキュー

ホリエモンは宇宙にはいけないだろう!性的退廃者は宇宙には行けない!





★ホリエモンと言えば元ライブドア社長であり、合計5年くらい刑務所で修行し、北海道の大樹町でロケットを飛ばして失敗し、女装男子と交際している者らしい。これらは全てネット情報で見たもの。




★ホリエモンは誰でも宇宙に行ける!と考えているらしいが、それは間違いである。性的退廃者は宇宙には行けないだろう。性的退廃者は地球圏内で終わりの人生となる。つまりセックスに発音が似ているシックスの数字の「 6 」の人間は地球圏内を超えることはできない!と鷲は考える。




★ナチスがどうしてV2やUFOまで開発できたのか?ナチスは古代叡智の探求であるアーネンエルベの者たちで、性エネルギー昇華秘法を発見し実践した者たちであった。だから様々な叡智をベールを脱いだ女神から授けられたからだ。ホリエモンのように女装男子と交際している?というような者は、ナチスの世界ではガス室行きだったのだ。




★ホリエモンはカネがあれば宇宙に行ける!と思っているが、ナチスが宇宙開発の第一人者になれたのは、「 鬼に帰依する九鬼(クカミ) 」の者であったからだと考えると、カネで宇宙旅行も買えると考えるホリエモンの考えは根本的に間違っている。




★今回は宇宙旅行と性エネルギー昇華の関係、そしてその他のことを書いていきます。










1、ホリエモンの謎の住所不定のホテル暮らし???



★ホリエモンはカネがある星の下に生まれたが、刑務所に入ったり、日々、住所不定のホテル暮らしを現在していることには興味がある。なんでホテル暮らしなのか?マンションのオーナーに賃貸契約を拒否された!というのが理由の一つらしいが、それなら家を買えば良いのでは?




★ホリエモンがテレビに出ていた時、ホテル暮らしの理由を尋ねられて、「 私の居所が解ったら、文春がやってきたり、右翼の街宣車がくるから 」とか解答していた。文春の取材とか右翼の街宣車からの罵倒によって近所迷惑になるから、家を買うこともできず、毎日、違うホテルに泊まっている、というわけだ。ホテル暮らしは、有名人税のマイナス事項!ということか。



★しかし使えないほどのカネがある!ということは夢のような世界である。第一に嫌な仕事から解放される。住むところはホテルで十分。ホリエモンなら毎日、一泊3万のホテルに泊まってもなんともないのでは?毎日3万だと月のホテル代金が90万だが、有料メルマガの収入だけで彼の年収は億を超えるのでは?いや、彼の場合はメルマガの月収だけで億を超えるかもしれない。



★カネがあるが住所不定。それって古典的ユダヤ人ではないのか?ユダヤ人とは、四散・放浪・差別・迫害・隔離・追放の運命だが、ホリエモンを考えると、

1、四散 ☛ ライブドアの売却

2、放浪 ☛ 現在の毎日違うホテル暮らし

3、差別 ☛ マンション契約でオーナーから拒否される

4、迫害 ☛ 刑務所に入れられる

5、隔離 ☛ 合計約5年の刑務所暮らし

6、追放 ☛ 世間から追放されているからホテル暮らしだとも思える



★上を考えると、ホリエモンは十分にユダヤ人化している!日本人の殆どがユダヤ人化しているのだが、ホリエモンの場合は、ユダヤ人化の深化度が普通の日本人よりもウルトラなのだ。



★ユダヤ人はどうして?四散、放浪、差別、迫害、隔離、追放、の歴史だったのか(なのか)?それは太陽神であるバアルを否定する呪われた書である「 旧約聖書を信じる人々 」だからだ。しかしホリエモンは東大の宗教学宗教史学科に入ったが、何かの神を信じているとは思えないが。



★彼は何かの特定の神を信じているタイプではない。彼はITの世界のトップであった。新産業である「 IT産業 」によって金儲けする!という世界の若きカリスマ。しかし同じITのカリスマの孫正義や三木谷はホテル暮らしなどという話は聞かないし、彼らは刑務所にも入ってない。しかしホリエモンは刑務所に入り、日々、ホテル暮らし、それはどうしてか?



★それは解らないが、彼の東大で選んだ学科が、宗教学宗教史学科というのが気になるところだ。











2、性的退廃者は宇宙には行けない!


★戦後の米ソの宇宙開発はナチスの科学者が米ソに分かれて、宇宙開発競争をやった。つまり宇宙開発はナチスの研究者しか成功しなかった。それはどうしてだろうか?そこに「 性 」の問題がある。ナチスは「 性エネルギー昇華 」を実践した太陽王国である。




★ナちスは太陽王国だったから、ユダヤ人、障害者、サヨク、薬物中毒者、カルト信者たちをガス室に送ったのだ。ナチスがガス室に送った人々を調査することで、太陽王国に入国出来る者と入国出来ない者が解るのである。




★太陽王国に入国できる者は、古来からあり最先端の知識の獲得者であり、性エネルギー昇華秘法の実践者のみである。妄想の神を信じる者、障害者、薬物中毒者、などは太陽王国に入国することはできない。



★ホリエモンの宇宙旅行の考えで間違っているのは、カネで簡単に誰でも宇宙に旅行に行けると考えていること。ナチスが宇宙開発に成功したのは、彼らが太陽王国に入国できる者たちだったからである。太陽王国に入国できる者とは、

1、太陽神に帰依している

2、最古であり最先端の知識を獲得している

3、性エネルギー昇華を実践している

の3つの条件だ。



★ホリエモンはカネがあるが、アパートには入居できない。そのような者が太陽王国に入国することはできないだろう。ホリエモンをネット情報を見るかぎりは、太陽神に帰依しているわけではないし、最古であり最先端の知識を獲得しているわけではないし、性エネルギー昇華を実践している人物ではない。女装男子とホテルで一緒に過ごしているわけだしwww



★ホリエモンの宇宙旅行での考えで間違っているのはカネさえあれば誰でも宇宙に行ける!という「 今の日本社会のカネ万能主義 」に陥っていること。たしかホリエモンはロシアのロケット購入で何十億円を詐欺されたと記憶している。



★ナチスの宇宙開発が成功したのは、古代叡智の探求により、普遍的な知識を獲得して、性エネルギーを昇華することを実践していたためだ。性的退廃者が宇宙に行くことはできない。それは宇宙の汚染となるからだ。



★地球圏外に出て行ける者は

 1、太陽神に帰依している者

 2、最古であり最先端の知識を獲得している者

 3、性エネルギー昇華を実践している者




★ナチスは太陽王国の住民であったから宇宙開発に成功したが、ウルトラユダヤ人化しているホリエモンのロケットは、宇宙に飛ばすことはできない。太陽系とはカネ万能の今の日本社会とは違うからだ。カネ万能の今の日本社会での英雄のホリエモンは、太陽系王国では評価されることはなく、ユダヤ人だと判断されるだろうから。ホリエモンも太陽王国では入国前にガス室行きとなる鴨しれない。またユダヤ人と同じくナチスを否定的に見る者たちのロケットは地球圏外を超えて宇宙に行くことはできない!







 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-10-18 05:15 | Comments(0)
<< 神戸製鋼の前身の鈴木商店が破産... 1928年以降(1945年まで... >>