サーティンキュー

数字で事件を読む!





数字とシンボルの意味の基本



★今回の白石隆浩の事件の数字は「 9つの遺体 」の【 9 】である。先月のラスベガスの乱射事件での数字は「 ホテルの32階から乱射 」の【 32 】である。数字には意味がある。数字、アルファベット、記号、それは神々から来たものである。




★この世に数字の意味を教える学校はなく、だから「 数字の意味 」の先生は存在しない。しかし様々なことに数字が深い関係をしている。例えば、九州の「 9 」と四国の「 4 」。どうして9と4が隣り合っているのか?これが解る人間は深い知識を持っている。




★数字の意味の基本はタロットカードだ。22枚のカードの絵とその意味を理解すれば数字の意味の基本は出来た、ということだと鷲は思っている。再び、数字の意味について考え書いていきます。










1、ナチスヒトラーなら自殺願望者は問答無用にガス室送り!



★神道にはサンサンクドという言葉がある。サンサンとは「 33 」であり、クドとは「 9 」と「 1 」であろうと鷲は考えている。「 ド 」という発音はドレミファソラシドの「 ド 」であり、根源の基本という意味でとらえれば数字の「 1 」であるのだ。



★先月の10月1日、ラスベガスにコンサートを聞きに来ていた客たちを、近くのホテルの32階から銃を乱射して、59人を殺し、500人以上を負傷させた事件があった。この事件で鷲が注目したことはホテルの32階の「 32 」という数字である。



★仏教の法事で三十三回忌というのがあるが、死者が死んでから32年目にやる法事である。三十三回忌は「 32 」年目にやる!これは深い意味があるだろう。太陽文明の叡智をマスターするには、日本で常にやっている伝統行事の「 数字 」に注目するべきだ。太陽王国に帰還するには数字や記号の正確な意味の獲得は絶対条件である。



★今の時は、肉体的な人間として遊ぶ時代は終わった。太陽(魂)・月(霊)・地球(肉体)の3つの要素の人間の、魂を主人とする人間の誕生の時に変換したのだ。我々の中の太陽神(魂)と一体化する意識は永遠に存在するだろうが、自分の周りを太陽が回っている!という天動説の意識(エゴ)は肉体があるうちに崩壊する運命である。



★太陽文明の叡智であるグノーシスを持ってこそ、我々の中に太陽神(魂)を発見できるのである。我々の生きる目的は太陽神(魂)である目玉おやじ(13)と合体する数字の「 9 」の鬼太郎と成ることである。目玉おやじと合体する鬼太郎に成る可能性が全くないのなら、死神の化身の白石隆浩に殺される道を選んだ方が良い。




★ナチスヒトラーは、強く生きたい!と願う者たちも、思想的に間違っていれば、ガス室に入れて強制的に殺した。鷲はナチスヒトラーのやったことは全て正しいと確信している。しかしナチスのような「 純生の13 」が出てくるのは、80年から90年に一回の周期なのだ。そしてナチスが太陽系文明の価値観を表に出した!と鷲は思っている。そして今はナチスが出てくる周期に入った。




★ナチスヒトラーの価値観からみれば「 自殺願望者 」なんぞ、性的変質者の一種にすぎなく、問答無用にガス室送りである。そして本当の危険思想とは、【 数字の六の人間の命こそが地球より重い 】と勘違いしているサヨク(リベラル)である。リベラルの天動説思想こそが宇宙破壊の悪霊思想であるのだ!








2、「 死にたい女(人間) 」を殺すのは悪か?




★今回の事件で白石隆浩は「 死神の13 」の役をやった。宮崎勤やサカキバラと彼が違う点は「 死にたい願望の人間を殺した 」ということだ。宮崎勤やサカキバラは「 意志が未熟で明確でない子供たちを殺した!ということで明白な悪であるが、「 死にたい願望の人間 」を殺した白石隆浩は日本の今の法律ではダメだろうが、太陽系文明的にはどうなのだろうか?



★白石隆浩の今回の事件が複雑に思えるのは、日本人が、OSS(米国情報戦略局)から与えられた言葉に洗脳されているからだ。その究極が1977年の福田総理の「 人間の命は地球よりも重い 」だが、宇宙、そして太陽系は福田赳夫の思想とは全く違う。ダメな人間は殺した方が太陽系的には善である!というのが太陽系、そして宇宙の意志である!と鷲は考える。



★白石隆浩の情報をネットで見ているが、基本的には「 いい人 」だと鷲は見ている。つきあっていた女性が「 あまりにも優しすぎるところが怖い 」と証言していることでも解る。彼が女性を殺したことも究極のサービスだったと鷲は感じる。「 死にたい!と思っている人間は殺した方が善 」という考えを彼は深いところで確信していたと推理する。世間の常識を超えた真実を彼は持っていたかもしれない。



★鷲より上の年齢の人間が人生に全て失敗した原因は、OSSの反戦平和が正しい!と洗脳されたことだ。何よりも平和が正しい。それは人間が解ってないからだ。人間は太陽神と結びつく「 9 」に成るための戦いの日々である。太陽神(魂)と結合して合格。OSS憲法の言葉は全て間違い。



★白石隆浩は深いところで一般の日本人よりも真実を捉えている。「 死にたい 」と強く思う人間は、「 死にたい 」という意識に支配されている人間は、そこで、すでに太陽王国には入国できない。6から9の火の変容を理解してない。さて、白石隆浩は日本の今の法律では犯罪者だが、ナチスヒトラーから見れば、バカ女を殺すことは「 善 」という可能性がある。



★太陽系にはバカはいらない。バカを肯定すると太陽系は亡びる。白石隆浩がやったことは、純真な子供を殺した、宮崎勤やサカキバラとは違う。「 死にたいと思うバカ女たち 」を白石は殺した。そこを深く考えるべきだ。






 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-11-02 16:45 | Comments(0)
<< 「 死神の13 」と「 9つの... 「 死神の13 」と「 9つの... >>