サーティンキュー

性エネルギー昇華は女神を崇拝する者しかできない!






★今回は性エネルギー昇華の実践で非常に重要なことを書いていく。性エネルギー昇華は、女神、母親、女性、を崇拝する者しかできない!ということ。だからDV男の三橋貴明は絶対にできない。あれはサディズムという性的変質者であると鷲は感じている。このサディズムの男はかなりいる。




★世界中に女神崇拝のレゴミニズムがある。イシス崇拝、アシェラ(柱の語源)崇拝、マリア崇拝、観音崇拝、などは、本来は性エネルギー昇華をするための女神崇拝のレゴミニズムであった。また洞窟崇拝は、女陰崇拝である。




★全ての人間は女から誕生する。女を崇拝しない者はロクデナシである。しかし多くの男が性的退廃者ゆえに女性蔑視となる。女性蔑視の世界は夜の中の一番深い闇の中である。




★さてゴールデングローブ賞を見れば女優たちが、カネと権力で女を支配しようとするバカ男を告発している。この流れは世界的なものになる。この流れの中に10代の妻の腕を齧って逮捕された三橋貴明のトホホの事件がある。




★元東京都知事の舛添要一もDV男だった!とは4か月くらいwww生活をともにした元妻の片山さつきが証言したが、あえなく舛添は2016年に裁かれ生恥をかいたwww 女神を崇拝しないサディズムの性的変質者であるDV男はこれからどんどん裁かれていく。




★性エネルギー昇華を実践できる者は、女神崇拝であり、母親崇拝であり、女性崇拝の者である。その辺を書いていきます。










1、性的退廃者の全てが裁かれる時代! ~ 茅の輪をくぐる第一の条件




★今の世界は「 茅の輪 」をくぐれない者は全て裁かれる時代である。「 茅の輪 」をくぐるとは、太陽系人類として資格を持つ者、鷲のいつもの言葉で言えば数字の「 9 」の者に成る!ということ。




★「 茅の輪 」をくぐる第一条件は性的退廃者ではないこと。言葉を変えれば「 性エネルギー昇華 」の実践者であること。「 性エネルギー昇華 」の実践者とは別にヨガ的な前回紹介したミゲルネリのやり方を毎日やっている者だけが正しい!と言っているわけではない。




★要は、性エネルギーを33本の椎骨に沿って上昇させ、脳と胸腺にフィードバックすることを常に意識している者である。この「 意識する 」ということが大事だ。人間とは、太陽(魂)、月(霊☛意識)、地球(肉体)の3つに分かれ、さらに言えば、太陽(魂)、白い月(霊)、黒い月(エゴ)、運命、地球(肉体)の5つに分かれる。だから自らを分ける、ということで「 自分 」というのだ。

児童ポルノ

★今は児童ポルノを持つだけで1年以下の懲役、100万円以下の罰金である。その次にアダルトビデオを持つだけで犯罪者に成ることに進む可能性がある。これは何か?太陽系で人間を姿をしているのに「 性的退廃者 」に堕ちることが最大の堕落!ということ。




★世界中に太陽系文明の叡智を形にした石の芸術作品がある。その中心の教えは「 性エネルギーを昇華せよ! 」というメッセージであるのだ。夜は終わったのだ。夜の世界は「 性解放(☛性的な無秩序} 」であった。自由という妄想言葉を旗印にして。しかし太陽系に自由などはない。それは「 反対者の意味のシャーターナ 」の言葉だ。ヘブライ語のシャーターナと言う言葉がサタンに変わったのだ。サタンの意味は太陽系文明の叡智に反対する者!という意味である。




★毎日毎日、セクハラ、不倫、淫行、わいせつ、の問題がニュースに出てくる。議員、検事、弁護士、医師、教師、警察官が逮捕されたり、書類送検さている。夜は終わったのだ。太陽神が隠れた夜に認められたことも太陽神が出てくると「 価値観が逆 」になり、厳しく裁かれることになる。




★カルト教祖の多くは女性信者を性的快楽の玩具にしている。その代表が池田大作だったが、今のミニカルトのリチャードコシミズでさえ、女性会員を性的快楽の玩具にしていた!という証言が元会員にある。カルト教祖、つまり宗教詐欺師とは詐欺師の中では最も古典的な存在である。そして、100%、性的退廃者がカルト教祖である。




★さて「 茅の輪 」をくぐる第一条件は性的退廃者ではないこと。性エネルギー昇華の者であること!









2、女神、母親、女性、を崇拝しない者は性エネルギー昇華はできない!



★「 ? 」、このハテナのマークは、下の点が性エネルギーであり「 子 」である。この「 子 」が、33本の椎骨に沿って上昇し、脳神経にフィードバックすることが、上にグンと登り、曲がって、下の胸腺に行く経路が描かれるが、この上にグンと上がり、曲がって、胸腺に行く経路が「 宇宙の母(上昇する蛇) 」であり、「 宇宙の母(数字の2) 」の果てに「 宇宙の父(数字の1) 」が存在する、というマークである。



★「 宇宙の母(数字の2であり8であり11) 」という洞窟の中を通過しないと性エネルギー昇華はできない!ということ。女神の名は世界に無数にある。アシェラ、イシス、マリア、観音など。その名は自分の好きな名を唱えることだ。または「 宇宙の母よ、性エネルギーを知識と知恵と力に昇華することを援助してください 」と唱える。



★しかし「 宇宙の母よ!金持ちにさせてください! 」は利かない。社会ではカネが神であるが、太陽系はカネで出来ているわけでないからだ。社会が怪獣(太陽神の化身)に破壊されて太陽系文明が出現するわけで、社会は数字の6の666であるが、太陽系文明は数字の9の999であり、対極の関係にある。



★人間の全ては女から誕生する。女を崇拝できない者は性エネルギー昇華はできない。バカ女は崇拝する必要がないが、基本的に、女神、母親、女性を崇拝する者だけが性エネルギー昇華ができる。だからDV男の三橋貴明は性エネルギー昇華はできない!ということを鬼が日本人に示した「 さらし首 」事件だと鷲は考えている。



★人間の生きる目的は鬼太郎のように「 目玉おやじ(太陽神) 」との一体化(結び)である。金持ちになることが人間の目的ではない。さて、社会が創作した金持ちというニセの成功者は今「 性的退廃 」によって亡びている。世界現象として性的退廃者は鬼に裁かれている。



★性的退廃者はけして「 茅の輪 」をくぐることはできない。「 茅の輪 」をくぐる第一条件は、性エネルギー昇華を実践する!ということ。坊さんが髪の毛を剃るのは、性的妄想を捨てて、性エネルギー昇華の実践者に成る!という宣言であったのだ。そこを全く忘れてしまったのが現代人。



★さて、女神、母親、女性を崇拝できない者は性エネルギー昇華はできない。ここは非常に重要な点であるのだ。








 完


[PR]

by xuzu9851 | 2018-01-11 16:38 | Comments(0)
<< 世界中の特権階級が「 性 」で... 性で亡びていく日本人 >>