サーティンキュー

2015年 09月 17日 ( 1 )


シールズを斬る! ~ キリスト教は1700年間、イエスの十字架の磔の意味を解読できなかった!



★犬神様の出現に気を取られていたら、なにやらシールズという天動説的妄想正義でキリスト教サヨク小児病患者たちの若者の集団が国会前で暴れているらしい。なんでも偏差値28のキリスト教高校出身者たちを基盤にして出来ているらしい。イエズス会の臭いがタップリである。また1989年あたりのオウム真理教信者たちにも似ている。



★天動説的妄想正義のシールズの正体を暴き、その妄想正義のウソを笑いながら怒り、斬る!ことにしようwwwwwwww















1、シールズの正体は韓国キリスト教である!キリスト教愛真高校は一学年28人しかいず、全寮制で、修道院みたいなもの!


★シールズの中心者の奥田愛基(オクダアキ)は、


 1992年に生まれる 北九州福岡県出身
 父は奥田知志でキリスト教の牧師(日本バプテスト連盟東八幡キリスト教会)
 高校はキリスト教愛真高校
 現在、明治学院国際学部3年で23歳



★キリスト教愛真高校とは何もかもオカシナ学校である。まず偏差値28でビックリしたが、一学年28人しかいない。そして全寮制であり、人里はなれた場所にある。そしてキリスト教の学校。これは洗脳機関、修道院、オウムのサティアンである。これって日本文科省は許可できる学校か?今回の国会前で暴れるシールズの若者を養成するために出来た学校である。学校というよりカルト洗脳機関であろう。



そこらにいる普通の若者の代表的な意見!というのがウソ。じっくりと島根県の村のサティアンで洗脳されたキリスト教サヨク小児病戦士の若者の主張がシールズである。これはオウム真理教と同じであり、イエズス会の現代版であることは間違いない。



★自民党の政務調査会調査役の田村重信という人物が、シールズは民青、過激派、在日、チンピラなどの連合軍とツイッターで発言し、炎上したことがあった。たしかにシールズは左翼連合だが、その中心にあるのがキリスト教である。キリスト教とサヨクの連合がシールズであろう。シールズの街宣車が共産党系の労組のものだった、ということで、シールズとは化石プロサヨクの紐付き集団であり、けしてSNSで自然に集まった若者達ではない!ということが解かる。



キリスト教と言えば韓国にやたら多いが、シールズを生んだキリスト教愛真高校の姉妹校に韓国のプルム農業高等技術学校がある。韓国の学校と姉妹校であると云うのが鍵で、韓国のキリスト教が高校というお面をつけて日本の中に入ってきたのがキリスト教愛真高校ではないのか?




★奥田愛基の父の奥田知志(おくだ ともし)は、


 生年月日 1963年7月15日
 出身   滋賀県大津市
 学歴   関西学院大学神学部 学部および大学院修士課程卒業
 職業   日本バプテスト連盟東八幡キリスト教会牧師。



★この奥田知志の
その噂の元は、姜 尚中(カン サンジュン)という在日韓国人2世で
東京大学の名誉教授でもある政治学者の講演を奥田知志がしたということだけから来るものだが。韓国系の大学教授の講演を主催したから韓国系キリスト教だ!とは断言できない。しかし妄想のイエスキリストを信じているというだけで十分にどのような人物かは理解できる。
つまりキリスト教徒なら反戦平和主義で、日本軍はアジア侵略した!と考え、元従軍慰安婦だったと自称する人物の発言を信じ、日本より韓国に肩を持つ人間であろう。



★奥田愛基の出身高校のキリスト教愛真高校とは以下

1985年独立伝道者高橋三郎は、聖書に基づく人間教育を実践する高等学校の設立を使命と考え、東京の髙橋聖書集会と山陰合同聖書集会が母体となって祈り準備を始める

1986年キリスト教愛真高等学校設立募金発起人会を開く12名の発起人と共に設立募金を呼び掛け、国内はもとより韓国、台湾、アメリカなどからも多くの支援者が与えられる教職員予定者12名を中心に教育研修会を開いて開校への準備を始める

1987年 校舎および男子寮、女子寮各1棟が竣工

1988年 1月 学校法人キリスト教愛真高等学校が認可され、初代理事長に多田昌一就任

  4月 開校式(初代校長 渡辺晴季)
    基督教独立学園高等学校、愛農学園農業高等学校と姉妹校締結

  4月 第1期生28名入学

  11月
新たに男子寮、女子寮各1棟が竣工(これに伴い、男子寮を
 創世寮、地塩寮、女子寮を愛寮、寮と名称を付ける)



★上の学校設立時の海外からの設立資金援助で、韓国・台湾・アメリカとなっているが、最初に韓国を出すところが韓国キリスト教の臭いを感じる。そして12人発起人とはイエスキリストの12人の弟子からくるだろう。









2、シールズのメンバーはキリスト教愛真高校出身者が核であり、反日サヨクと合体したキリスト教の正体は、イエスキリストは朝鮮人だった!とする反豊臣秀吉から始まった、朝鮮半島誕生のウリスト教である!





「SNSで自然に集まった」は嘘!

奥田愛基 明治学院
本間信和 筑波大
桑島みくに 横浜市立大
栗栖由喜 ICU
小倉万穂 フェリス大
長棟はなみ 恵泉女学園大
寺田ともか 関西学院大
山口晶子 神戸女学院大
殿垣くるみ 明治学院




★シールズに関してはネット検索で簡単に解かることだ。しばらく執筆の時間が空いたが、シールズのことは誰もが簡単に解かることなので、キリスト教の間違いを書いていくことにする。





3、キリスト教とは何か?


★キリスト教とは何か?それは十字架に磔になって死んで、三日後に復活したイエスキリストの教えを信じる集団である。そして旧約聖書と新約聖書を信じる者たち。十字架に磔になって死んだイエスキリストが流した血が人類の罪を洗い流して、三日後に復活して人類を救った!という妄想信念の約1700年間続いている妄想共同体がキリスト教である。



★さて、キリスト教のどこら辺から語るか?それはかなり考えることだが、4つの福音書の元、そしてキリスト教成立の【 人間の会議 】あたりから始めるとする。キリスト教の元になったのは80書以上のグノーシス文書である。グノーシスと云う言葉は、ギリシャ語で【 知識 】と云う意味である。サンスクリット語の般若の意味と同じである。


 さて今の福音書は


  1マタイの福音書
  2マルコの福音書
  3ルカの福音書
  4ヨハネの福音書


 の4つである。


★しかし上の福音書のほかに、今は外伝と評価される福音書(グノーシス文書)があった。本当の福音書であるグノーシス文書は80以上あったが、それを4つに絞ったのが397年の第三回カルタゴ会議。その前に325年にニケーヤ会議というのがあり、イエスキリストを神と人間の会議が決めたのだwww


 325年のニケーヤ会議 → イエスキリストを神と決める


 397年のカルタゴ会議 → 4つの福音書を正典と決める



人間の会議のニケーヤ会議とカルタゴ会議(人間の話し合い)で創作した宗教がキリスト教であるのだ!



キリスト教の特徴はグノーシス文書を、また、グノーシスのシンボル(芸術)を人間的(数字の6)な間違った解釈したことである。グノーシスは暗号(シンボル)で永遠の価値を語るが、キリスト教信者は暗号やシンボルの意味が解からないし、また、無知ゆえに一切否定する。それでいて十字架の磔像のイエスを拝んでいる。それは十字架の磔像のイエスの意味が解かった者には笑える現象であるのだ!



グノーシスを残しているギリシャ語の新約聖書のイエスキリストの処刑の時間は正午6時から午後9時である。ここに偉大な暗号があるわけだが、日本の新約聖書のイエスの処刑の時間は正午12時から午後3時となる。これでは伝統的な暗号の破壊となり全くダメ。




グノーシス文書のイエスキリストは、正午6時から午後9時にゴルゴダ(髑髏)の丘で処刑されて、三日後に復活する!そのような文書が原初だっただろう。それは深い暗号であるのだ。数字の6とは獣ということ。そして数字の9とは太陽神(鬼)と一体化した神と云う意味。太陽神と結びついて9に成る者を日本の神道の言葉の表現ではサンサンクドということ。また南伝神道の書の『 九鬼 』である。




★グノーシスは

 6から9に転換して13と一体化せよ!の教え(鷲の暗号解読の解釈)


 キリスト教は

  存在しない妄想のイエスを信じて、愛や光と言った単語を信じる教え



  である。


キリスト教の創作の者達は暗号のグノーシス文書を解読できなかったし、十字架で磔になったイエスの「お話」の暗号を解読して理解することはできなかった。しかし鷲がそのイエスの暗号を理解できるのは、ギリシャ語の新約聖書のイエスの処刑の時間が正午6時から午後9時の暗号を解読したからである。それは6から9。火の力で獣から神に転換せよ!という暗号だから。鷲はどんなレベルの者には6から9を説明できる自信はある。





4、シールズこそがサタンの語源のヘブライ語のシャターナの『反対する者』である!


★太陽神の【 知性・知識 】は般若のお面で表現されるが、それは今のシールズを否定できる知識と知性を持った者が般若の者だと云えるだろう。戦争反対!そして原発反対!の者に、どのようにグノーシスであり般若の者が答えるか?


★まず戦争は

  数字の6のロクデナシ(亀をいじめる子供) → 戦争反対

  数字の9(裏島太郎) → 戦争賛成



戦後70年間、『 反戦平和主義 』というカルト言語に洗脳されまくってきたのが、日本人である。しかしそれは言葉、単語だけの話のこと。戦争の体験もないし、その言葉、呪いの言葉を唱えるとこの世的な栄光を得ることができるから瀬戸内寂聴が唱えたにすぎない。太陽神の立場に立てば、定期的な浄化としての、地震・雷・火事・親父・戦争・その他は必要なこと!



人間とは発展途上の神であり、神に成れない者、つまり数字の6の者は宇宙的な力で殺される運命であるのだ!これを知らなければならない。これは将棋で表現されるし。キリスト教の愛とか光、そして戦後憲法の自由・平等・人権・平和は惑わしの言葉、バカを騙すウソの言葉にすぎない



★キリスト教も戦後憲法も人間創作の妄想である。そして、妄想観念を土台に安倍政権を批判しているのがシールズであるが、鷲から見ると太陽神に逆らうサタンの語源の「反対する者(ヘブライ語のシャターナ)」がシールズに見える。鷲の歴史観は1000年単位であるが、シールズはオウム真理教と本質は同じ、また、イエズス会が日本人を洗脳して支配しようとした現象と同じ
であると見ている!


ーーーーーーーーーーーーー


補足

★鷲の同世代がオウム真理教の者達だから、シールズのような浅はかな善(見せかけの善)を信じる者たちの誤りは簡単に解かる!ということ。この世界は将棋で表現されている。人間の姿に成ったことは神に成る可能性であるが、将棋をやればわかるが、歩兵から「裏と」に成るのはかなり難しい。



★だからと云って「歩兵崇拝」の自由・平等・人権・平和、の妄想では現実の世界を生きてはいけない。シールズの間違いは、キリスト教の愛と光という単語、戦後憲法の自由・平等・人権・平和などのキレイごと単語を信じている、ウソの正義に染まっている、ということ。



★安倍政権がシールズを弾圧しているわけではない。鬼である太陽神がシールズを弾圧しているのだ。天動説的正義はニセモノである!大人になるとは、天動説から地動説に転換すること。それを6から9の転換と伝統的な価値観は云っているし、鷲はそれを復活させている。そして内なる太陽神(鬼)を崇拝し結びついた者が本物の大人の『  』であるのだ!そしてそれが『 9の字事件 』の本当のメッセージであるのだ!





[PR]

by xuzu9851 | 2015-09-17 06:50 | Comments(0)