サーティンキュー

2017年 03月 10日 ( 1 )


イエズス会と現人神天皇教 ~ 森友学園騒動の根本の問題とは何か?






★教育勅語がなぜダメだのか?それは現人神天皇のために戦って死ぬことが正しいと教え、日本を一億総玉砕に向かわせたからだ。その現人神天皇であった昭和天皇は1946年1月1日に「人間宣言」したことでウソ神であったことを宣言した!ということ。ウソ神のために死んで行くのが正しいと教えたのが教育勅語。だから教育勅語はダメということ。



★日本に原爆は二発落ちた。ヒロヒトのヒロの広島と、ナガコのナガの長崎にである。原爆は目に見える現象では米国が落としたが、鬼(カミ)がウソ神を出現させた日本イエズス会の聖地に落としたことだ!と鷲は解釈している。



★自民党は教育勅語のどこが悪い!と開き直っているが、森友学園紛争は、鬼(カミ)が過去の一億総玉砕を反省しない自民党という現人神天皇復活勢力を裁いているように思える。その辺のところを書いていきます。









1、イエズス会と現人神天皇教



★明治維新で出現した現人神天皇教とはイエズス会が変身したものだと鷲は見ている。イエズス会は秀吉が禁教にして260年間弾圧され、多くのキリシタンが殉教死したが、明治維新によって起きた英国製日本の末期は、一億総玉砕となった。日本人はイエズス会の信者と同じく最後は殉教死を強制されたのである。



★現人神天皇教がイエズス会と深い関係にあるという【 暗号 】は、二発の原爆がヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に落ちたからだ。広島も長崎も日本イエズス会の聖地であり、山口県という長州は日本で最初にイエズス会の教会が建てられた土地である。



★イエズス会と現人神天皇教の深い関係を言及できる日本人がこれまでいなかったのは、天皇の正体がいまだにベールに包まれているからだ。天皇について書かれた本、出回っている本の殆どがウソの物語で出来上がっているから、日本人の多くは天皇の正体がいまだに分からない。



★初代天皇金良琳から始まった天皇という日本の王も、武士の時代に入ってからは、形骸した権威にすぎなかった。しかし明治維新に突如出現した現人神天皇教とは、清で同時期に起きた太平天国というカルトと本質は同じであろう。



★太平天国というカルトはイエスキリストの弟と称する洪秀全が「自分はメシアだ!」と宣言して軍隊をつくり、清政府と戦って、清を疲弊させ、清は英国に支配されるわけだが、太平天国の日本版が、現人神天皇であったと鷲は見ている。

  清で起きた太平天国の乱 ☛ 1850年から1864年

  日本の幕末 ☛ 1853年から1868年



★太平天国の信者たちの殆どは殉教死、現人神天皇の信者の日本人も一億総玉砕という殉教死。ウソの神のために殉教死されられるのがイエズス会の信者たちだが、イエズス会が変身した姿が、太平天国であり、現人神天皇教であったわけだ。



★教育勅語は日本人を殉教死させるための言葉だからダメだということ。籠池理事長や自民党が「教育勅語のどこが悪い!」と開き直っていることは、過去の歴史を正確に理解してないため。だから、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に落ちた原爆は、今度は、今の自民党に落ちるだろう。





by xuzu9851 | 2017-03-10 04:34 | Comments(0)