サーティンキュー

2017年 03月 31日 ( 1 )


イエズス会と日本列島の54基の原発の関係 ~ 過去を正確に知ることは未来を予測する能力を持つ!






★これまで鷲は本当の初代天皇は誰か?を書いてきた。それは朝鮮半島(新羅)からの列島の侵略者の金良琳が初代天皇だと書いた。42代文武天皇の。それは鷲のオリジナルではなく鹿島昇の説であるが、ネットでは金良琳で検索すると鷲がトップとなる。ネットで初代天皇が金良琳だと書いたのは鷲が初めてであるから。明治維新に関しては鷲はオリジナルの解釈でやっている。



★鹿島昇は近代の日本に対する海外の勢力の影響力に対する知識はなかった。古代の海外の勢力には詳しいのだが、現近代の海外の勢力がどのように日本に影響を与えいるのか?は彼は無知であった。太田龍はアイクの「爬虫類宇宙人」というバカげた説に洗脳されて、愚か者として死んでしまった。



★原爆二発が広島と長崎に落ちたことの解明はだんだんと解って来た。多く人々は米国が日本に落としたと思っている。それはその通りだ。しかし鷲は【 鬼(カミ)が日本のイエズス会の聖地に原爆を落とし、「 6から9へ 」のメッセージを日本人に与えた 】という論陣で書いている。この論法は鷲が初めてであり、純粋なるオリジナルであり、自信がある。



★歴史はアナログ時計のように繰返している。その周期は約80年。過去を知ることは未来を予測できる能力を持つことになる。歴史の探求は【 本気 】でやらねばならない。今回はイエズス会と日本に存在する54基の関係について考えて書いていきます。







1、鷲の精神的価値変換の歴史




★鷲が19歳くらいの時、横浜に住んで居て「ある学校」に通っていたのだが、その学校を行く道筋に、必ず、路上で立って勧誘する統一教会の鷲と同じくらいの年齢の若者たちからの勧誘をうけなければならなかった。当時、鷲は「朝日ジャーナル」という雑誌を読んでいて、さらに高校生の頃から週刊プレボーイに文章を書いて、一回3000円貰っていた高校生であったから(19歳の頃は高校を卒業していた)、鷲としては新しい分野である宗教というものに興味が出て来た時だった。



★1979年あたりの朝日ジャーナルでは統一教会を糞みそに批判していたのであるが、「一度は宗教というものを体験しよう」という気持ちなり、統一教会の合宿に参加したことがあった。そこでの講義で初めて聖書という書物に接したのである。



★統一教会の講師は非の打ち所がない人物に見えた。桜田淳子が洗脳されるのは当然である。その当時、鷲は宗教の知識は全くなかったが、朝日ジャーナルを読んでいたので、統一教会の信者になることはなかった。頭がサヨクだったから。



★22歳の頃、メキシコ人のミゲルネリが来日して、毎週、東京の恵比寿で「ノーシス講座」をやっていたが、それに第一回(三期生)から参加して最後まで聞いていた。今考えればミゲルネリもキリスト教徒に過ぎなかったが、そこらのキリスト教徒と違うのは、ミゲルネリは莫大な知識を持っていたことだ。しかしキリスト教徒にすぎなかった。聖書を信じていたから。



★宗教(カルト)に一度ハマルと二度と出ることはできない。鷲は毎日、真実を探求しているから出てこれたが、一般人では無理だ。カルトにハマった人間は、妄想の神を信じて虚しい人生の終わりを迎えることになる。それが現実である。



★鷲がどうして五井野正教を解脱できたのか?それは毎日、ブログやツイッターで情報吸収をやって、情報発信者であるからだ。五井野正教を解脱することが難しのは、池田大作なら批判の本がありあまるほどあるが、五井野正はあまりにも無名なために正確な批判本は存在しないからだ。今はネットでの鷲の記事だけ。



★創価学会とか統一教会の批判は簡単。批判本はあまりにも多いから。しかし五井野正のような無名のカルト教祖になると「 独自なオリジナル批判 」でないとダメだ。鷲は高校生の頃はサヨクの文章を週刊プレイボーイで書いていた。サヨク体験を通過してカルトに行って、現在の鬼道なっているということ。











2、アキちゃんとトモちゃんの信仰が裁かれている!








★今の公人で信仰が裁かれているのが安部昭恵総理夫人と稲田朋美防衛大臣である。目に見える現象からマスコミによって裁かれていると多くの人々が思っているだろうが、鬼(カミ)に二人は裁かれている。トランプやドゥテルテなどのオルトライトが出現している、今、は鬼が出て来た時である。



★19歳の頃に統一教会の合宿に参加した鷲はそれから「精神世界」なるものに常に興味を持っていた。そして1980年代後半にノーシスの講師になり、その後、自称メシアの五井野正の信者になって、その二つから解脱した経験から、アキちゃんとトモちゃんの信仰はイエズス会だと解るわけだ。



★1980年代にメシアを宣言した中で五井野正が一番無名であるが、麻原彰晃や大川隆法よりも巨大な組織を背後にしている。多くの人々がどうしてメシア信仰に熱中するのか?それを体験している。五井野正とは時代が変われば、天草四郎や洪秀全と同じような存在であるのだ。だから天草四郎や洪秀全の正体も鷲は解ったと思っている。



★イエズス会はダメだがナチスヒトラーは正しい!と鷲は云ってるわけだが、そのことを理解できる日本人は存在しないだろう。多くの人々は神様は人間に優しいと思っている。人間のことを何よりも愛していると思っている。それはカルト教祖の偽りの言葉から来る。



★イエズス会は人間を数字の6で止める言動で騙す。人間に優しい。そして妄想に導き、殉教死などの破滅に向かわせる。鬼(カミ)は人間に厳しい。数字の6である人間を否定し、常に数字の9に向かわせる。そして精神的な誕生、第二の誕生に向かわせる。タロット19の太陽の子の妊娠に向かわせる。



★多くの人々はイエズス会的な「人間に優しい神」に騙されて破滅の道に行く。しかし本物のカミである鬼は人間に非常に厳しいが、人間を神にさせるのである。人間という存在はカミの姿だから。信じるという行為は精神の停滞である。常に学び、発見し、理解し、新しい行動をして、人間はカミになっていく。人間は6から9への転換をする。



★アキちゃんとトモちゃんの信仰は、イエズス会レベルであるから、鬼(カミ)に、今、裁かれているのだ!








3、ナチスヒトラーは正しいがイエズス会はダメである!





★戦後の宗教は創価学会と統一教会が二大巨頭である。どちらも左と右のイエズス会だと鷲は解釈している。1980年代に出て来たオウム真理教、五井野正教、大川隆法もイエズス会系である。背後にはガッチリと巨大な海外組織がある。その他も同じである。



★ユダヤとは第一に宗教妄想。宗教妄想によって人間の精神を支配する。エジプトの神話で言えば、ユダヤとは夜の神である悪神セトである。悪神セトに勝利するのは、イシスの秘儀によって誕生した黄金の子ホルスであるが、そのホルスの時代に今は来たということ。それがオルトライトと言われる者たち。



★だからトランプやドゥテルテやマリーヌルペンが世界で話題になっているのだ。しかし今、ナチスヒトラーは正しいが、イエズス会はダメ!というのが鷲の価値観であるが、それについてこれる日本人はいないだろう。



★ナチスヒトラーと同じなのは鬼三郎であり、関東軍である。イエズス会は谷口雅春である。太陽神と【 結びついている 】のがナチスヒトラーであり、偽の太陽神を崇拝しているのがイエズス会である。



★何が正しく、何が悪いのか?それは過去の歴史を正確に知らなければ分からない。しかし今、鷲が言えることは、ナチスヒトラーが正しく、イエズス会は間違ってる!ということ。それはいつも言っている、ナチスが正しくユダヤは間違い!ということだが。



★現在の日本とユダヤは深く関係している。54基の原発は全てイスラエルのマグナBSP社が管理しているから。この謎を解くのはかなりの時間がかかるだろう。今回はこれまで!ということにしますか膿~wwwwwww



ーーーーーーーーーーーーー

補足


★今回、なぜ?日本に54基の原発があるのか?それを解こうとしたが、そこまでは行かなかった。日本は世界の盆栽である。世界のミニチュア。アキちゃんとトモちゃんが裁かれているのは、彼女たちの信仰がイエズス会レベルだからだ。



★イエズス会レベルでは鬼(カミ)に裁かれるということ。秀吉の境地の鬼道まで行かねばならない。イエズス会を禁教とした秀吉は非常に叡智ある人物だと鷲は思っている。アキちゃん、トモちゃん、のレベルの信仰ではダメだと鬼(カミ)が云っているのだ!











by xuzu9851 | 2017-03-31 16:11 | Comments(0)