サーティンキュー

2017年 04月 11日 ( 1 )


戦争は解決できない問題を一気に解決する救世主なのかもしれない!? ~ 下流老人・介護地獄と米国と北朝鮮の戦争と核兵器の関係










★鷲より10歳上が団塊の世代だが、彼らは現在、下流老人と介護地獄という現実の壁にぶつかっている。そして米国の空母が北朝鮮に近づき、米国と北朝鮮が戦争か?という一発即発の現実。下流老人・介護地獄と戦争は関係があるだろう。あまりにも見苦しい老人は戦争でなくする!という太陽神の意志の現れのように思える。



★また日本列島に54基ある原発は数字の【 6 】である人間を殺すために存在する!と書いてきた。今は【 六殺し(ロクゴロシ)と9の誕生 】の時。OSS憲法やキリスト教の偽善言語ではこの真っ暗闇の現実を解決することはできない。戦争は実は人間が解決できない問題を一気に解決する救世主かもしれない!



★鷲は人間でなくなった者たちは内なる魂である太陽神が殺してしまう!と観察している。しかし日本ではあまりにも人間でなくなった老人たちが多すぎるのである。内なる魂と結びついた者は老人ではない。下流老人・介護地獄と北朝鮮の核兵器の関係を考えて書いていきます。





1、老人とは何か?




★大乗仏教では人間の滅び方は、老病死と表現される。老は人間の滅びの始りであり、病気となり、死に至る。人間は5つの要素から出来ている。

 1、太陽である魂

 2、白い月である霊(太陽神と結びついた意識)

 3、月の裏側であるエゴ(太陽神と結びつかない意識)

 4、運命

 5、地球である肉体



★上の5つの要素から考えれば、老人とは「魂(太陽)と霊(白い月)を失ってエゴと肉体のみになった存在」である。太陽(魂)と白い月(霊)の合体が人間の目的であり、それを表現されたものが正月に飾る鏡餅である。しかし老人という存在は、ミカンと二枚の白い餅を失った存在である。



★老人とは太陽神と分離された存在である。太陽(魂)と白い月(霊)を持っている肉体的な存在の人間は老人ではない。意識は覚醒している。しかし老人とはエゴと地球(肉体)だけの存在だから、老人ホームで虐待を受けるのである。その理由は太陽神から存在を拒否されているからだ。太陽神(魂)から拒否された存在はあらゆるところで虐待を受ける。その存在は太陽系のマイナスだからだ。



★太陽神と分離された人間は「生きていても意味がない」のである。どうしてそのような状況に落ちたのであろうか?それは日々の意識の病的な欠陥である。正しい知識を得ることがなく誕生した意識だから太陽神である魂との分離が起きる。



★カルトに嵌った人間は最後には殉教死を代表される死を強制されることになるだろう。カルトとは「ウソの神を信じる組織」。カルト教祖の全ては善人を装っているが、人間を滅ぼすために存在する、人間に対する太陽神(死神)が仕掛けた罠であると言える。



★老人とは【 魂の抜け殻 】である。古来から日本にあった姥捨て山は正しかったのである。しかし鷲の云っている老人とは肉体的なものではない。人間の目的は【 九鬼(クカミ) 】に成ること。それを解らない者の全ては、いずれ、魂の抜け殻の老人となるのだ。そして老人は虐待されて死ぬ。虐待している存在の本質は太陽神である死神である。



★人間的な妄想であるキリスト教の「 愛 」が太陽神に勝てるはずがない。キリスト教こそが、善に見せかけた悪魔であるのだ。それを理解した者は賢者である。ナチスヒトラーが正しく、聖書(ウソの言葉)から来るユダヤ教もキリスト教も間違いであるのだ!



★今、太陽神はカルト(ウソ神を盲目的に信仰する組織)を見抜けて破壊する、賢者を求めているからだ。






2、戦争と原発爆破と富士山爆発だけが日本の老人問題を解決する!





★老人問題を解決することは人間では無理である。老父母の介護で介護地獄に陥っている人間は多くいるだろう。それを観察するとキリスト教の唱える呪文の【 愛 】が試されているような感じを受ける。しかし【 愛 】とは偽善者の言葉にすぎないのはわかりきったことだ。



★鷲の知っている人間で介護の仕事をしている者がいるが、彼はキリスト教関係であった。その介護の仕事でたぶん、キリスト教の唱えている呪文の【 愛 】とは偽善にすぎない!と日々感じているだろう。愛の実態を知らせるために介護職に就かされたのでは?と鷲は密かに思っている。



★魂の抜け殻となった多くの老人の群れは社会的な産物だともいえる。学校で唯物主義で洗脳され、会社や社会で、カネが全て!という観念を叩き込まれ、最後は魂の抜け殻となり【 姥捨て山 】に捨てられる。



★税金万引犯である今の日本の政治家が老人問題を解決できるわけがない。老人問題を解決できるのは、北朝鮮との戦争、そして富士山爆破などの太陽神の浄化の力しかないだろう。太陽系には老廃物を浄化する力があり、それは戦争や大地震や原発爆破や富士山爆発という現象に成る。反戦平和主義とはキリスト教の偽善から来る。そして反戦平和主義の側に立つと必ず裁かれることになるだろう。それはユダヤ・キリスト教が別の仮面をかぶった偽善という毒だからだ。



★米国と北朝鮮が戦争をすると、必ず、北朝鮮は日本の54基の原発を狙ってくる。そこで初めて日本人は原発の本当の意味を知ることになる。戦後72年間の終わりは【 原発爆破 】だと。それは初めから計画されていた!ものだと。



★戦前は現人神天皇教というカルト国家(右のイエズス会)で、その終わりは、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちて終わった。戦後のOSS憲法の日本とは左のイエズス会国家であり、その終わりは北朝鮮に54基の原発を破壊されて終わる。その他、富士山爆発や大地震や経済恐慌もありそうだが。



★これほどのことがない限りは、魂の抜け殻になった老人の群れの日本は再生できない。日本に多くいる魂の抜け殻の老人にはなるべきしてなった!と感じてる。そしてこれからの戦争、原発爆破、大地震、富士山爆発、その他は、必然のことだ。その直前に日本はいる!ということ。戦後の72年間の日本人は全てダメだった!ということ。


ーーーーーーーーーーーーー

補足


★「価値がない老人レベル1」

 1、ネットができないから「人間にネットは必要ない!」と言ってるバカジジイ

 2、カネがないくせに「カネが全て」だと思っているバカ老人

 3、いまだに「オレオレ詐欺」に騙されるバカ老人



★「価値がない老人レベル2」

 1、自分の名前を思い出せない

 2、ウンコや小便の処理ができない

 3、一日中寝ている老人
  
   その他多くあるが思いついた3つ。


★魂の抜け殻である老人とは人間では解決できない大問題である。そんな老人になった根本原因は太陽神(魂)を無視して生きてきた結果である。老人悪はその人間の生き方が間違っていたからだ。社会的な保護にも限界があるし、太陽系の浄化の法則によって処分されるだろう!



★しかしカネがある老人は幸福だ!と思っている人が多いが、魂の抜け殻になってしまえばカネも何の役に立たない。カネは盗まれ、病院で薬漬け、老人ホームで虐待となるだろう。つまり太陽神と分離した老人は全て同じところに落ちるのである。
  


 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-04-11 12:43 | Comments(0)