サーティンキュー

2017年 04月 14日 ( 1 )


戦争は先制攻撃を仕掛けた方が敗北する! ~ 米国が先制攻撃をするなら北朝鮮が勝利する!







★戦争は先制攻撃を仕掛けた方が敗北する。太平洋戦争は日本が真珠湾攻撃を仕掛けて日本が敗北した。9、11では、米国は報復のためにアフガニスタンとイラクと戦争をして勝利した。



★先制攻撃を仕掛けた方は、後から「悪い奴」というレッテルを張られる。また先制攻撃を受けた方は、【 報復 】という正統な理由ずけができる。ならば米国が北朝鮮に先制攻撃を仕掛ければ米国は北朝鮮に敗北することになるだろう。ベトナム戦争で米国がベトナムに負けたように。



★北朝鮮の戦いは欧米に500年間支配されたアジア人の奴隷解放の始り意味がある。つまり大東亜戦争の続きの始り。テレビや新聞と全く違う鷲の見解を書いていきます!





1、米国が先制攻撃をすれば北朝鮮が勝つ!





★マスコミの影響で米国が北朝鮮を攻撃すれば瞬間に北朝鮮は終わる!と世界中が思っている。特に日本人はマスコミに洗脳されているからそのように思っているだろう。しかしこれまでの米国の戦争の始め方は、敵に攻撃させてから、正義の報復として反撃して勝利する!というパターンだった。



★先制攻撃する!という戦争のやり方は米国にはなかった。しかし今回、これまでのルールを破って米国が北朝鮮を先制攻撃する!と米国は敗北するだろう。しかしそれを米国内のナチスは狙っているのかもしれない。



★シリア空爆からトランプ政権の主導はナチスのバノンから、ユダヤのクシュナーに変わった。トランプ政権の主導はナチスからユダヤへの転換である。しかし今はユダヤが裁かれる時代である。ユダヤが裁かれる周期に入っている。1930年代と同じサイクルであるから。



★ユダヤ人が嫌われるのは国の寄生虫であるからだ。国の特権階級の地位に寄生して、なにもかも奪い取ってしまう。韓国のチェスンシルにしろ、アキちゃんにしろ、マスゾエにしろ、石原慎太郎にしろ、ユダヤ化した特権階級だったから裁かれたわけだ。1%の特権階級、それがユダヤ人である。トランプ政権は奇妙な政権で、バノンはナチスであり、娘婿のクシュナーは伝統的なユダヤ教徒である。これは奇妙だと思っていたが、天のさい配は見えてきた。



★クシュナーを主導にして先制攻撃型の戦争を米国がして、米国を崩壊させることで、ユダヤからの解放を狙っているのが米国内のナチスだと鷲は見ている。北朝鮮とは何か?それはかつての日本の関東軍である。そして満州国の財宝が北朝鮮にはあり、関東軍の精神は大アジア主義。満州国の実質的な国教は大本教であった。



★また中国の内部と北朝鮮の内部を密接に親和している。表の共産主義とは全く別に。つまり北朝鮮とはいまだアジアに生き残る鬼道である関東軍ネットワークの核であるのだ。けして貧困な国ではない。そして誰も北朝鮮の真実が解らない。CIAが北朝鮮のデタラメ情報で日本人を洗脳してきただけ。



★まず第一に鷲が言いたいことは、米国が先制攻撃をすれば米国は敗北する。まず先制攻撃はどっちか!を見極めろ!だ。しかし戦争になった場合、日本は全く良いことはない。長い目で見れば、ユダヤからの解放の戦争となるが。米国と北朝鮮が戦争になれば54基の原発の爆発や天変地異も起きて富士山の爆発などがあるので、この世の地獄を味わうことになるだろう。今は六殺し(ロクゴロシ)と9の誕生の時代。平均的な日本人はここで終わりとなると鷲は思う。





 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-04-14 09:30 | Comments(0)