サーティンキュー

2017年 04月 30日 ( 1 )


北朝鮮のミサイルで東京の地下鉄が一時的に止まる!






★トランプは自国第一主義を掲げて、他国への干渉はしないと発言して米大統領になったが、トランプ政権のナチスのバノンが降格して、娘婿のユダヤ教徒のクシュナーが現在、主導権を握り、再び、戦争経済の米国に戻ったようだ。



★鷲は反戦平和主義ではない。反戦平和主義という言葉は米国ユダヤのOSS(戦略情報局)が日本人に与えたチョコレートだと思っているからだ。OSS憲法の発想から完全に鷲は離脱している。洗脳から解脱したということ。



★そして戦争は必要なのだ!とも思っている。人間になった目的は解らない者たちの比率として多くなり、バランス的に崩れた時、戦争や大地震や経済恐慌やあらゆる災害で数字の【 6 】を殺してしまうのが鬼(カミ)だと学んだからだ。六殺しは9の誕生のためには必要である!と学んだ!



★日本人は「 反戦平和 」という熟語で思考停止している。しかし戦争を一から考え直すべきである。反戦平和はけして善ではない。そして「愛とピース」のオノヨーコも今は幻覚型認知症である。この事実に向き合うべきである。「愛とピース」を唱えても最後は認知症。日本人は、あらゆる角度から真実を探求すべきである。



★さて昨日の4月29日、東京メトロで、北朝鮮のミサイルのために地下鉄が一時的に止まった。もちろん日本人集団は平和ボケなので危機感は全くないが、一時的に地下鉄が止まるほど北朝鮮のミサイルは身近になっている。今の状況を、鷲なりに考えて書いていきます。







1、現在の状況




★ユダヤ教徒であるクシュナーから見れば、北朝鮮に古い空母カールビンソンに一発攻撃させて戦争開始!したいところだろう。山本五十六に真珠湾の空母を攻撃させて太平洋戦争に持っていったように。



★しかしあれだけ近くに空母カールビンソンが来ているにもかかわらず、北朝鮮はミサイル打ち上げの失敗とか、なんだかわからんことをやっている。つまり「 先制攻撃 」を北朝鮮も米国も避けているから、今の睨みあいの状況になっているわけ。



★「 先制攻撃 」を仕掛けた方が負ける。鷲は閃いた。これはベールを脱いだ女神から来た、鷲へのインスピレーションである。北朝鮮とは何者だろうか?かつてのソ連や中国のような共産主義国家か?満州国の再来か?鷲は共産主義国家に偽装した満州国が北朝鮮の正体だと見ている。



★北朝鮮が金策(キムチェク)、つまり黒龍会の日本人の畑中理(ハタナカオサム)が建国した国だとネットで最初に書いたのが鷲である。その後、中丸薫がマネして畑中理が北朝鮮を建国し、彼は日本陸軍出身とか言っていたがw、大事なことは、畑中理の所属していた黒龍会とは【 大アジア主義 」という精神だっということ。



★鷲はマスコミに出てくる北朝鮮解説者を鷲は全く信用してない。あれらはCIAである。CIAの前身がOSS。アジア分断の戦略がOSSであり、CIAであるのだ。満州国を建国したのは石原莞爾だが、満州国の建国の約10年前に基礎を創ったのは出口鬼三郎である。



★鬼三郎は関東軍が満州国を建国する約10年前にモンゴルへ鬼行で行っている。その意味を鬼三郎にも正確には解らなかったが、出口鬼三郎は鬼に従う者である【 九鬼(クカミ) 」だから刑務所を出所して、直ぐにモンゴルに行ったのである。



★欧米世界の政治構造を簡単に言えば【 ナチスVSユダヤ 】である。ナチスとは旧約聖書が否定した太陽神バアル崇拝であり、バアル教が実は、古代の世界教であったのだ。これを知ると現代の宗教学者を超えることが出来るだろう。全ての学者は御用学者という知識のニセモノ!そのように鷲は理解している。



★で、現在の状況は何か?北朝鮮と米国のどっちが【 先制攻撃 】をするか?の睨みあい!の状況。ハッキリ言えることは【 鬼にはユダヤは勝てない 】。北朝鮮が鬼側であるなら、正統ユダヤ教徒のクシュナーの米国は敗北するだろう。








2、戦争は情報戦である! ~ ベールを脱いだ女神が全てを明かす!




★北朝鮮の「乱数放送」とかをみていると、戦争は情報戦、そして暗号による戦いであることが解る。また戦争は奴隷解放の面がある。今の日本人的に見れば、戦後72年間は第一にOSS憲法の自由・平等・人権・反戦平和、という熟語を盲目的に崇拝した精神的な奴隷であったし、現実的に肉体は、学校や会社の奴隷とならねば生きていけない状況である。



★日本という国は、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちたことで解るように、時の最先端の科学兵器を落とされる運命の国である。しかし原爆が落ちた土地を考えると、ザビエルの時からの日本侵略のイエズス会の聖地の広島と長崎に落ちていることで、鬼のメッセージが解って来る。



★安部ちゃん夫妻がこの大事な時に、ロシアに行って、英国に行った、ことは何を意味するのだろうか?EU離脱の英国、マリーヌルペンの師であるプーチンのロシアに行ったことは、安部ちゃんもイエズス会カルトの日本会議を卒業して、満州国精神に戻ったのだろうか?



★安部ちゃんがユダヤを卒業して、ナチスに成れば、まだ総理でやっていけるかもしれない。岸信介の満州国に安部ちゃんは戻るべきだ。今の時はナチスが隆盛してユダヤが沈む時だからだ。ナチスとはバアル教であり、バアル教の反動がユダヤ教。そのように鷲は理解している。この理解はオリジナルであるのだ。鹿島昇の説を参考にして閃いた鷲独自のオリジナル。



★鷲の云うイエズス会カルト信者とは、

 1、OSS憲法を信じている者たち

 2、カネが全てだと思っている者たち

 3、ウソの神を信じている者たち(例を言えば日本会議)

 のこと。



★さて、北朝鮮VS米国は、将棋で言えば【 長考 】に入ってきた。我々も人生を一から考え直す【 長考 】に入ってなければならない。鷲にとっては、ナチスヒトラーは善という前提でずっと書いている。ナチスヒトラーが悪という洗脳はとっくに卒業しているのである。



★人間になった目的は【 九鬼(クカミ) 】に成ること。九鬼(クカミ)は四国の隣が九州という地名ということで、日本人にメッセージを与え続けているが、そのメッセージを受取ることのできる者は、真剣な真実の探求者のみで、ベールを脱いだ女神から愛された者だけが受け取れる。





 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-04-30 16:55 | Comments(0)