サーティンキュー

2017年 08月 30日 ( 3 )


北朝鮮ミサイルのマルス(火星)は「 死神 」の時代の始りの宣言!






★大勢でとぼとぼと歩いて「 戦争反対 」と叫んでいれば戦争がなくなる!というのは8歳くらいの子供の発想だが、現実には、70歳過ぎてもそんなバカたちは大勢存在する。教育とは非常に恐ろしい。戦後憲法に「 自由、平等、人権、反戦平和 」という文字が羅列されていれば現実もそのように成る!と信心しているが、現実は全く違う。




★2017年8月19日、東京で1000発の落雷が落ちたが、あれが太陽神である鬼の降臨であり顕現である。1985年8月12日から始まった、32年間の「 バブルの塔は崩壊する! 」という宣言である。そして2017年8月29日の北朝鮮のミサイル「 火星12号 」によって『 死神の時代 』に入った。




★『 死神 』の時代とは「 自由、平等、人権、反戦平和 」とは全く逆の価値観。大量に人間が死に、自由もなく、差別され、あらゆる屈辱を受ける時。それは太陽系人類に成れるのか?その試練の時が始まった!と言える。




★舛添要一の罪も橋本健の罪も同じである。「 性の乱れ 」と「 カネに対する汚さ 」と「 ウソつき 」である。鬼が降臨した今、カネを神のように崇拝する者たちは全て否定される。本来の日本人が持っていたカネに対する潔癖さは、鬼がカネを異常に嫌うことから生まれた日本の伝統的な価値観であろう。




★そして「 性 」に対しては「 性エネルギー昇華 」しか認めることができない時となるだろう。不倫する者たちは全て奈落に堕ち、マスターベーションする者たちは変態の烙印を押され奈落に堕ち、神社が表現し教える「 性エネルギー昇華 」を実践する者たちが生き残ることになる。




★宇宙の父である落雷である鬼は激烈である。逆らうと橋本健のようにあらゆる屈辱を受けて裁かれる。国際弁護士がチンコを斬られたような残酷な刑を受ける。暗号解読者である鷲には宇宙の父である1000発の落雷の意味が解る。今、日本人の99%が裁かれる時に来たと。


数字とシンボルの意味の基本


★しかし鬼が降臨した時が真の学びの時であるのだ。鬼はシンボルによって何もかも教えるのだ。日々の事件で表現されるシンボルの解読は実に重要である。さて、今回は様々な『 奇 』なる現象を鬼である宇宙の父のメッセージと考え書いていきます。






1、北朝鮮のミサイル火星とは




★北朝鮮のミサイル火星が東京に落ちたら日本の全ての機能が麻痺して、同時に、世界経済も終わる。その直前に来ているが、すでに日本は何もかもが終わっているのだ。特に日本人の頭の中が。そして韓国も日本も米国も北朝鮮のミサイル火星がなくても経済的にはディフォルト直前。




★すでに米国のデトロイトは廃墟となっている。米国は1%の金持ちと99%の貧乏人に分かれているのが現実。だから1%の金持ちが送り出す普通の政治家ではなくて、変人トランプに米国人は期待した。トランプの米国は国内問題があまりにも山積みで北朝鮮を相手にできない。だから北朝鮮のミサイル火星はトドメの一発になる。また区切りの一発。日本の税金泥棒の政治家を失くし、性的退廃者を一掃し、OSS憲法を変え、政財界と官僚の癒着を一掃する。




★守るべき日本は存在しない。一からやり直しの立替立直しが良い。ソ連は1986年にチェルノブイリ原発が崩壊して、5年後の1991年に崩壊した。福島原発が崩壊したのは2011年だからすでに6年経過して、日本も崩壊してもいいはずだが、日本人の生真面目さがいまだに日本を残しているが、北朝鮮のミサイル火星でトドメとなるだろう。日本の実質は全てが崩壊しているが。




★北朝鮮のミサイル火星は日韓を米国から独立させる。また腐敗の延長を許さないために落ちてくるだろう。政治家の全てがカネのために腐敗していることは、子供以外の日本人の全てが腐敗していることを示している。




★不倫とカネで橋本健市議は奈落に堕ちたが、それが二つが腐敗の根本である。性の乱れとカネを神のように崇める精神。それに全ての大人の日本人が毒されている。その腐敗精神を終わらすために北朝鮮のミサイル火星は落ちてくる。鬼は人間の腐敗を許さない。




★北朝鮮のミサイルの火星こそが諸世紀10章72番の「 恐怖の大王 」である。そしてアンゴルモアの大王を蘇らす火星。あまりにも諸世紀の10章72番の解答をわかりやすく出している。北朝鮮のミサイルは東京に落ちる可能性はかなりある。それは近くわかること。






 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-30 17:53 | Comments(0)

日韓が北朝鮮に支配されることで米国から日韓は独立する!そして再び満州国が蘇り世界の中心となる!





★北朝鮮の軍事力(マルス☛火星)によって日韓が支配されることで、日韓は米国から独立することになる。米国は思想的な内戦状態であるし、カネもないだろうし、トランプが自国主義を掲げたのは、世界各国にある米軍基地を維持するカネの余裕がない!ということだろう。国内のデトロイトは廃墟状態なのに、世界にかまってられない!という状況。




★それでは北朝鮮はカネがあるのか?北朝鮮を貧乏国と考えるは間違いである。北朝鮮は希少鉱物資源が豊富で、コバルト、石灰石、ルビジウム、マグネサイト、ウラン、ニッケル、タングステン、チタン、バラジウム、などが豊富にある土地を持つ。そしてあの辺はまだまだ未知の資源が豊富であると鷲は見る。それを今まではロシアや中国などに搾取されていたが、長い戦いの末に金正恩の頃になって豊富な資源を北朝鮮のものにした!と推理する。




★マスコミ情報とは全く違い石油や食料も豊富であるかもしれない。だからカネのかかる核兵器を開発できるところまで行ったと。兄の金正男と叔父の張成沢は中国共産党の手下だから殺した!と推理する。




★今は1930年代の繰返しだから「 満州国が復活する時 」である。だから大アジア主義である黒龍会の畑中理と関東軍が建国した北朝鮮という国が満州国化するのは当然であるのだ。それに比べて、韓国と日本はすでに滅びている。朴槿恵元大統領は囚人503号だし、安部ちゃん夫妻の逮捕もこれからありえる。アンゴルモアの大王(鬼)に逆らう者たちは滅びるのだ。




★米国も世界の覇者を維持することはできない。世界の覇者となるのは、日本と韓国と北朝鮮と中国などが合体した国が出来た時だ。つまりかつての満州国の蘇り。欧米が支配する世界から東洋が支配する世界に変わるのその過程での北朝鮮のマルス(火星)である。その辺を考えて書いていきます。







1、日本は橋本健のように何もかもダメになる!




★韓国は元大統領の朴槿恵のようにダメであり、日本は橋本健のように何をやってもダメになっている。それは1930年代はユダヤ人が迫害されガス室に入れられたように、世界中でユダヤ化した者たちが鬼に裁かれるからだ。




★ナチスが鬼に従いユダヤ人をガス室に強制連行したレベルを考えると、鬼が背後に居る北朝鮮のミサイルが東京に落ちてくる可能性は90%以上だろう。いざという時は米国が北朝鮮をやっつけてくれると考えても、アメリカも内戦でそれどころではないし、鬼に逆らって米国が北朝鮮を攻撃しても倍返しを食らい、米国は滅びるだろう。




★ユダヤ人が創ったキリスト教をイエズス会と言うが、広島と長崎はイエズス会の聖地であり、原爆はイエズス会(ユダヤ)の聖地に落ちたのである。そのようなシンボル的なところに北朝鮮のミサイルが落ちてくるのか?鬼のやることは全て「 シンボル 」になっていて深い意味がある。




★北朝鮮のミサイルはカネで固まりユダヤ化した日本を「 潰す 」ことであり「 立替立直し 」である。だから必ずシンボル的なところに落ちるだろう。もしかしたら銀座とか築地とか豊洲に落ちる気もしているが、それは解らない。シンボル的な土地に落ちるだろう。




★北朝鮮のミサイルを見ても2020年の東京五輪は中止になる。そして「 有事モード 」に変わるから「 節制モード 」となり、あらゆる商売がダメになる。北朝鮮のミサイルだけではなくM9あたりの大地震も来るだろうし、原発爆破もあるかもしれない。原発は電気を創るのが目的ではなく、ユダヤ化した人間を殺すために建設されたものだからだ。




★1932年に建国された満州国も1933年に政権を取ったナチスも「 13年間 」の栄光だったが、今度の満州国はずっと続くかもしれない。それはこれからの成り行きを観察することで解って来る。しかし日韓は朴槿恵や橋本健のように何もかもダメになる。鬼がダメにしているからだ。鬼が出て来た時は日々、鬼に学ばねばならない。







2、これからの日韓の流れは?



★1920年代の日本はエログロナンセンスという時代であった。今のお笑いとかマツコデラックスがテレビに常に出ている時代だったと考えて良い。しかし1929年10月24日の暗黒の木曜日から世界大恐慌となり、1930年代の日本は恐慌とテロリストの時代になる。




★今の日本は1930年代のエログロナンセンスから金融恐慌とテロ、そしてファシズムの流れと同じである。1930年代、血盟団を代表とする国家転覆のテロリストが出現したが、その1930年代の国家転覆を目指すテロリストが今の北朝鮮である。





★日本が頼りにする米国は頼りにならない。米国の国家破産が近いからだ。鬼(アンゴルモアの大王)は北朝鮮側にいる。テレビに出てくる北朝鮮ウオッチャーとは全てCIAの回し者であるからあれらの云っていることを信じてはならない。




★国家転覆のテロリストが出てくるのは「 立替立直し 」の時だからだ。巨大な視点と細かい視点の両方が必要である。北朝鮮のミサイルは日本に落ちてくるだろう。その次に北朝鮮が計画どおりに日韓を支配するかもしれない。それに米国は手が出せない。




★これは一見、最悪のシナリオのように見えて、巨大な目から見れば米国に支配されていた日本を関東軍が取り返した!ということ。当時の関東軍は現人神天皇に逆らって行動した。それは鬼に従って関東軍は行動したということ。それと同じことが起きる。




★北朝鮮に日韓が支配されることは、関東軍が米国から日韓を取り返したということ。明治維新でイエズス会が創作した天皇も終わりとなるだろう。巨大な視点から見れば、北朝鮮のミサイルは日本人、朝鮮人、漢民族、蒙古人、満州人の合体の復活で良いことであるのだ。




★カネを崇めるユダヤ化した日本人は必ずなにもかもダメな橋本健のように亡びる。満州国が蘇ることで鬼道の本来の日本が復活する。これが「 アンゴルモアの大王を蘇らすためにマルス(火星)がほどよく統治する! 」という意味である。





 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-30 12:40 | Comments(0)

マルス(火星)である北朝鮮の背後にはアンゴルモアの大王がいる!





★テレビに出てくる北朝鮮解説者の全てがダメである。しょせんは米国の植民地国家の日本であるのでテレビに出てくる北朝鮮情報者は、全てがCIAの回し者たちがやっている。今回の火星12号のミサイルはノストラダムスの諸世紀の10章72番のあの詩にヒントがある。その四行詩とは以下である。

1999年7月

天(空)から驚くほど強い恐ろしい王がやってきて

アンゴルモアの大王を蘇らせるために

その前後、マルス(火星)はほどよく統治するだろう

(大乗和子訳)




★「 火星(マルス)はほど良く統治する 」という表現があるし、「 天(空)から驚くほど強い恐ろしい王がやってきて 」という表現もある。この二つの表現で、北朝鮮のミサイルである「 火星(マルス) 」を表現しているのではないのか?




★そして今はバベルの塔が崩壊しているタロットの16である。これは日本だけではなく世界的な傾向である。人間が構築したバベルの塔が崩壊する時、太陽神であるアンゴルモアの大王が蘇る。それが昨日(2017年8月29日)の北朝鮮のミサイルである火星12号の暗号ではないのか?その辺を考えて書いていきます。







1、全てが「 有事モード 」に変わり、「 節制 」生活となる!




★有事モードである。有事の時は金(キン)を買え!と言われるが全てが「 有事モード 」になるだろう。「 平和モード 」の世界は全て潰れていく。いつ東京にミサイルが落ちてくるのか分からないし、今日、落ちてきてもおかしくない。



★日本列島を越えて太平洋に落ちたことで中国人のその他の外人たちの旅行者たちの数も減っていくだろう。東京の密集地帯に北朝鮮のミサイルが落ちれば、日本の機能は完全麻痺で、世界大恐慌まで行く。



★米国が一発核兵器を落として北朝鮮を破滅させる!という思想はテレビに出てくる解説者たちが洗脳した妄想にすぎない。気楽に酒を飲んでいる時も終わった。音楽コンサートや芸術祭を見ている時も終わったのだ。



★生きるか?死ぬか?の瀬戸際となる。日本の全てが「 有事モード 」となるだろう。まずは「 時を読む 」ことである。諸世紀には「 すべてのジュネーブから逃げよ 」という詩句もある。全ての都会から逃げよ!という意味である。



★「 戦争モード 」になると生活の中心が「 節制 」となる。だから商売の全てがダメになる。「 戦争モード 」用の物なら売れるかもしれないが、外に気楽に行って買物やレストランで食事というのは終わりとなるだろう。




★常に北朝鮮のミサイルが落ちてくる!という危機意識の中での生活とはどのようなものなのか?戦前は一億総玉砕の思想に日本人全体が洗脳されていて、現人神天皇のために戦って死ぬ!のが正しかったが、戦後は、働いて消費することが正しい!というのを72年間やってきた。



★だから節制できず生活が破綻する者たちが大勢出てくるだろう。結局は北朝鮮の軍事力に日本と韓国は屈服して北朝鮮と日本と韓国が一体化する可能性がある。まずは「 有事モード 」「 戦争モード 」に日本は変わる!ということ。




★また政治家は全く頼りにはならない。安部総理の加計問題、そしてどの政治家も橋本健と同じように税金をチョロマカシているだろうし。日本の戦後のバベルの塔が崩壊して、北朝鮮のミサイルが首都東京に落ちて、日本が亡びる、という可能性はかなりある。








2、今の日本を守ろうとすると亡びる!アンゴルモアの大王への帰依しかない!




★日本を守ろう!とすると亡びる。日本はすでに滅びているからだ。「 カネで固めてカネで潰れる 」の言葉どおり、何もかもカネで潰れる。やはり『 カネは滅びの元 」であった。北朝鮮のミサイルが落ちてこなくてもカネで亡びる。北朝鮮のミサイルが落ちて亡びる方が早く亡びるので次の展開が早い。



★考えてみれば隣の韓国も去年はチェスンシルの件で、朴槿恵大統領が牢獄に入って503号と呼ばれているわけだし、サムソンの副会長も懲役5年なわけで、亡びているわけだ。日本も安部総理もこのまんま行けば、アキちゃんと夫婦そろって逮捕だが、北朝鮮のミサイルが安部ちゃん夫婦にとっては逮捕から逃れる「 蜘蛛の糸 」になるのか?



★今のバベルの塔が崩壊中の日本を守ろうとすると完全に滅びる。北朝鮮とは満州国だと解った者に希望があると鷲は考えている。そして満州国の王は諸世紀の表現ではアンゴルモアの大王である。その意味はモンゴルの大王である。



★戦前の現人神天皇の世界はヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちて終わって、OSS☛GHQにより新生したわけだが、今回は北朝鮮のミサイルで亡びる鴨?すると原爆を落とした米国が戦後日本を支配したように、次の展開としては北朝鮮が日本の主となる。しかし北朝鮮の正体が満州国ならば???



★満州国の発想は日本人・朝鮮人・漢民族・蒙古人・満州人は同じ先祖で故郷は満州(モンゴル)の大地であるから、鮭のように、故郷の大地に戻っていく展開となるだろう。北朝鮮のミサイルが日本に落ちるということは、米国からの支配から離脱する!という意味。




★北朝鮮に支配されるわけだが、北朝鮮の本質は隠しているが満州だし、元は日本人が建国した国に戻るわけで、北朝鮮を建国した者も金日成ではなく、キムチェク(金策)であり、日本人の畑中理である。鷲の結論は、北朝鮮のミサイルが日本に落ちて、日本は北朝鮮という満州国の一部となり、米国から独立した方が良いと思っている。









 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-08-30 09:43 | Comments(0)