サーティンキュー

2017年 09月 13日 ( 2 )


性エネルギー昇華と松竹梅と松果腺が開くとどうなるのか?





★今の日本の政治の世界は「 不倫 」という性的退廃行為が中心になったような気もする。ちょっと前まで男性の政治家には女の愛人が数人がいるのが当然、の世界から180度変わったのは、鬼(太陽神)が出て来たからだ。性エネルギーとは太陽エネルギーである。神社とは性エネルギーを昇華する方法を3次元的に体験する建設物である。




★人間は男女のセックスによって誕生するが、そのセックスについて、今の人間はあまりにも無知であり、セックスとは何か?それを直視する時もなかったから、セックスの真の意味まで全く到達しなく「 獣の性 」で終わっている。人間を誕生させた性エネルギーをバカにすると恐ろしいバチが当たる。性エネルギーを神のエネルギーだと考え崇拝していた古代は正しかった。




★性エネルギーを否定する者たちは亡びる。また性エネルギーとは人間として誕生した時、一番最初にぶち当たる「 思春期の最大の謎 」である。性エネルギーを直視して、性エネルギーを三つの脊髄のチャンネルを通過させて脳と胸腺に昇華させることが正しいのである。それが松竹梅の本当の意味である。




★梅である性エネルギーを、三つの竹(脊髄の3つのチャンネル)を通過させて、松(大脳の下の松果腺)に至らせること。その辺を考えて書いていきます。







1、松とは松果腺であり、松果腺を開くことを日本の伝統では「扇が開く」と「くす玉を割る」ことで表現している!



★性エネルギー昇華のシンボルは至るところにある。神社、仏閣、男根石、女陰石、狸の置物、松竹梅、門松、その他。特に神社は自分自身が性エネルギーと成って昇華していく過程を体験する建設物である。しかし形式的に性エネルギー昇華秘法を実践しても、禁欲にしかならず、禁欲は必ず反動を生むものである。




★人間の生きる目的は松果腺を開くことである。それを「 扇が開く 」ことで日本の伝統では表現している。または「 くす玉を割る 」ことで表現している。そして「 鏡びらき 」という言葉。鏡は月であり、白い月は太陽神と一体化した意識のことで、それを「 霊 」という言葉で表現するが、太陽神と一体化した意識が松果腺を開くのである。




★数年前の鷲は毎日パソコンを5時間以上はしていたことで、目が非常に疲れて、首、肩が凝りに凝って酷く悪い体調の中にいた。しかし今は何時間もパソコンをやっても目も疲れず、首も肩も凝ることがない。これはある時から目の奥から液体が湧き出る感覚が常に出て来たからだ。つまり松果腺が開き、ホルモンが湧き出て、脳神経を浄化し常に脳神経に栄養を与えられているから、目が疲れず、首、肩が凝らなくなったと鷲は思っている。



性エネルギー昇華秘法:ミゲルネリ



★メキシコ人のミゲルネリに「 性エネルギー昇華秘法 」を直接指導を受けたのが、34年前だが、性エネルギー昇華に一番大事なことは「 意識を日々練りつづけること 」であることをやっとわかった気がした。性エネルギー昇華のシンボルは世界のどこにでもある。たいていは都市の中心にある。鷲の住んで居る札幌市では狸大明神が性エネルギー昇華のシンボルである。神社とは性エネルギー昇華を3次元で体験する建設物だから、どこの町でも神社が中心にできているから、性エネルギー昇華のシンボルはどこにでもあり、町の中心に存在する!と断言できる。それは世界中で同じである。




★ミゲルネリは新約聖書の文字を全て暗記していたほどの人物で、つまりクリスチャンであったから、クリスチャンの限界で、性エネルギー昇華の一時的な指導者にすぎない。聖書を土台にする宗教の間違いを見抜いて、鬼道に成った者しか性エネルギー昇華に成功しない!というのが34年間の鷲の研究の成果だ。ナチスヒトラーとは「 性エネルギー昇華の軍団 」だったから。





★鷲の体調がどうして良くなったのか?それは五井野正教を代表にする全てのカルトを否定して、鷲のヒトラーと関東軍の研究の果てに「 鬼(人間を裁く太陽神) 」を肯定したからだ。言葉を変えれば「 ユダヤの世界から解脱した 」からである。意識が「 ユダヤの世界から解脱した 」ということ。別の表現をすれば「 聖書の世界から解脱した 」ということ。拝金主義はユダヤ価値の特徴だが、カネとの対決は毎日であるが、鷲がカネを神のように崇拝することはけしてない。それは毎日「カネ否定」のブログを書いている恩栄である。




★松果腺を開く!それが第二の人生の始りである。第二の人生とは数字の「 6 」の獣人の世界を卒業して、数字の「 9 」の太陽系人類に成ることである。太陽系人類の全ては性エネルギ―を昇華して松果腺を開いている。そして宇宙的な叡智のグノーシスを努力の末に獲得したものである。学歴が東大だろうが、ハーバードだろうが、それは「 人間的なものの数字の【 6 】 」にすぎない。





★日本伝統のシンボルは非常にレベルが高い。戦後72年間で日本伝統シンボルという神々の世界に参入で来た者は全くいなかった。大相撲の意味を真の知識を持って解説できる日本人が一人でもいただろうか?丸い土俵の意味は何か?二人の力士の戦いとは何か?米国から来た野球でさえ深い意味がある。数字の「 9 」の世界に参入できて本物の人間である。そして数字の「 6 」の獣人は殺されるホロコーストの時に今は来ている。






 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-13 17:01 | Comments(0)

キリスト教はなにもかも間違っている!






★キリスト教の間違いを理解することはあらゆるカルトの間違いを理解することである。キリスト教の間違いを書いていきたい。







1、妄想のスーパースターを創り出し、それを賛美するだけの知的障害の信者を大量に生んだのがキリスト教であり、それが全てのカルトの本質である!




★キリスト教徒はイエスキリストが偉大だと思っている。十字架に磔になって死んで三日後に復活したらしい。しかしイエスキリストが存在したことは証明されてないし、だから当然にして、十字架の磔の死から三日後に復活したことも証明されていない。



★キリスト教は何もかも妄想から出来ている。しかしイエスキリストを信じて崇拝すれば救われる!という虚言でこれまで多くの信者を増やしてきた。実際は信者たちは妄想の世界にハマリ込むだけのことで、救われてもいない。



★キリスト教はシンボルや暗号の解読ができない。また十字架に磔されたイエスキリストのシンボルに深い意味があることを全く理解できない。ひたすらイエス様を信じて、愛と平和、という言葉を唱えていれば救われる善人だと説いてきた。新約聖書は真の聖典(80あったグノーシス文書)を改竄して人間が創作した偽造と捏造の文書である。しかしイエスキリストの十字架の磔のシンボルには深い意味がある。それを今のローマ法王フランシスコも気づいていない。シンボルが理解できなく、聖書の言葉を妄信することが、シンボルと暗号(偶像)を否定したユダヤ教の流れ!ということ。



★イエスキリストが磔にされた土地をゴルゴダの丘という。ゴルゴダとは髑髏という意味である。髑髏は数字の13の死神のカードである。数字の13の意味は、死神、世界の王、火による変換、死と再生、という意味がある。
 



★イエスキリストの十字架の磔の頭上には必ず「 INRI 」という4文字がある。これは「 ユダヤ人の王、ナザレのイエス( IESUS  NAZARENUS  REX  IUDAEORUM ) 」という意味の4つのラテン語の単語の頭文字だという。



★しかし別の説がある。「 INRI 」とは「 Ignis(イグニス) Natura(ナチュラ)  Renovatur(レノバトゥ)  Integra(インテグラ)  」というラテン語の4つの単語の頭文字であり、その意味は「 全てのものは火によって変換される 」というもの。或いは「 火によって変換して完成されたものにする 」という意味である。




★INRIの四文字は「 ユダヤ人の王、ナザレのイエス」ではなく、「 火によって変換して完成されたものにする 」という意味が正しいだろう。イエスキリストは当時の、日本で言えば、浦島太郎とか桃太郎のようなお話しの中の人物で、また、架空の人物である。そして十字架の磔は鬼が教えるシンボルなんだから(シンボルの全ては鬼からくる)、実際にイエスがいなくても問題がない。妄想で創り上げたイエスキリストを異常なまでに信仰するということがキリスト教徒の精神の病気である。



★非常に大事なことの一つは、ギリシャ語の新約聖書でイエスキリストの処刑の時間が正午6時から午後9時であったことの意味だ。古代ユダヤの正午は6時であったから。

  数字の6は性的退廃者の獣人の意味

  数字の9は太陽神と一体化した神人の意味、である



★十字架での磔でイエスが正午6時から午後9時までの処刑の意味は

  1、数字の6の獣人の死(性的退廃者の死 ☛ シックスの発音はセックスに似る)

  2、両手を広げていることは鳥の翼の意味があり「数字の9の者となって不死鳥のように復活する」

  という意味。



★今のギリシャ語の聖書もイエスキリストの十字架の磔での死は正午6時から午後9時を書かれている。その部分の暗号が非常に重要であり、ギリシャ語の新約聖書が「 6から9 」の暗号を守ってきたことは尊敬すべきことだ。6から9とは、セックスに取憑かれた獣人から太陽神と結びついた神人に火によって変換する!という意味。そして、火によって6から9に変換する!という意味の文字がINRIの真の意味であるのだ!



★大雑把にグノーシスの視点からのイエスの十字架の磔の真の意味を書いたが、キリスト教はスーパースターのイエスキリスト妄想を創り上げて、頭の弱い者たちを信者にした。このやり方が、あらゆるカルトと同じであるのだ。例えば、池田大作の博士号や勲章はもの凄い数がある。


池田大作の名誉博士号


★名誉博士号や勲章で池田大作をスーパースターにして、信者を獲得する。それはキリスト教の信者獲得のやり方だったのである。そしてそのやり方は、現人神天皇教やオウム真理教や幸福の科学や五井野正教でも同じやり方である。キリスト教と今のカルトが違うのは、今のカルトはキリスト教のように妄想の神を崇拝するのではなく、生身の人間の詐欺師をスーパースターにしていることである。




★キリスト教の何もかもがグノーシス運動から万引きだが、何もかもグノーシスとは180度違うのである。6から9への火による変換は我々自身がやることであり、妄想のイエスキリストを信じてもしょうがない。鷲の目から見れば、キリスト教の何もかもはすでに暴露されている。三位一体は父と子と聖霊ではなく、父と母と子である。キリスト教はグノーシスが崇拝する「 宇宙の母(上昇する二匹の蛇 ☛ 注連縄)」を嫌って、母を抜かして、父と子と聖霊を三位一体にしたが、そこが間違いである。というよりキリスト教は根本から全て間違っている。だからキリスト教徒は時がくれば必ず鬼に裁かれるのである。




★ローマ法王フランシスコが顔から出血したことは、これからキリスト教の何もかもが裁かれることの暗示である。カルトの親であるキリスト教が裁かれると同時に、地上に存在するあらゆるカルトが鬼よって裁かれるだろう!それが今だ。








 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-13 09:46 | Comments(0)