サーティンキュー

2017年 09月 16日 ( 2 )


北朝鮮とビットコイン ~ 北朝鮮はビットコインで世界大恐慌も仕掛ける?





★ここ一週間の世界で起きたことは

2017年9月7日:メキシコ政府が北朝鮮追放決定

2017年9月8日:メキシコにM8,1の大地震が来る

2017年9月9日:メキシコに巨大ハリケーンが襲う

2017年9月10~13日:米国に巨大ハリケーンが襲う

2017年9月15日:北朝鮮ミサイル火星12号が襟裳岬の2000キロ先に落ちる

2017年9月15日:中国がピットコインの三大取引所を閉鎖する



★ここ一週間で巨大なことはなぜか全て北朝鮮に関連しているようだ。例えば、2017年9月7日にメキシコ政府は北朝鮮大使の追放を決定した。すると次の日、メキシコにはM8,1の大地震が来て、次の日の8日には巨大ハリケーンがメキシコを襲った。巨大ハリケーンは米国も襲っている。メキシコと米国は反北朝鮮の国である。



★そして2017年9月15日北朝鮮は襟裳岬の2000キロ先にミサイル火星12号を落とした。この2017年9月15日、中国のビットコインの三大取引所が閉鎖した。このビットコインの三大取引所の閉鎖も北朝鮮が関わっている。天変地異、ミサイル火星、ビットコインの三大取引所の閉鎖。これらはどうして北朝鮮に関わりがあるのかその辺を考え書いていきます。








1、北朝鮮は世界大恐慌も仕掛ける!?



★北朝鮮が国際的な制裁のために資金不足に陥り、資金獲得のためにビットコイン市場でハッキングの繰り返しで荒らしているために、中国のビットコインの三大取引所が閉鎖してしまった?という記事を読んだ。ミサイル火星に続いてビットコインのハッキング。北朝鮮の攻撃は多彩だが、苦し紛れにハッキングしているのではなくて、世界大恐慌を起こすためにビットコインのハッキングを仕掛けているのかもしれない。




★1929年10月24日の暗黒の木曜日から世界大恐慌となり、ロスチャイルドがカネの世界支配者から大転落して、スタンダード石油のロックフェラーが世界一の資金力を獲得した。そしてロックフェラーはナチスヒトラーに資金援助をしたのだ。それによってナチスヒトラーは力を持ち、1933年1月にドイツの政権を奪取して、大ゲルマン帝国建設のために世界大戦を実行した。




★今は1930年代の繰返しだから、北朝鮮が世界大恐慌を仕掛ける可能性はある。今はどこの国も財政難である。チョット肩を押せば、どこの国も破産するのだ。ビットコインという新興分野での出来事も瞬く間に燃え上がり世界大恐慌のキッカケになることはありえる。




★しかしミサイル火星や電磁パレスミサイルが東京の密集地帯や米国の都市に落ちれば、それだけで世界大恐慌が来るのでは?今回の中国のビットコイン取引所の閉鎖がどれくらい世界経済に影響を与えるのか?それは解らないが、1929年の世界大恐慌がナチスやイタリアのファシスト党が出現してくる原因だった。世界大恐慌とは世界権力の勢力が変わる宣言であるのだ。




★近く世界大恐慌は来るだろう。当時、ナチスヒトラーを多くの者たちがバカにしていたが、あれよあれよと間にナチスは政権を獲得した。そして世界大戦を起こし、障害者安楽死計画を実行し、ユダヤ人を強制収容所に入れた。それと似た現象が近く起きるだろう。




★時の勢いは北朝鮮にある。巨大ハリケーンで630万人も避難した米国は神から見放されている。キリスト教の神なんぞ人間の創ったウソ神にすぎないが。米国や国連側にいる人間はどんどん大転落するだろう。世界大恐慌から北朝鮮は伸びてくるだろう。それがナチスヒトラーや日本の関東軍だったからだ。今は1930年代の繰返しである。米国の後を日本がついて行く限りは日本には不幸しか襲ってこないだろう。




 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-16 09:59 | Comments(0)

今の日本人で正しいのは猪木しか思いつかない!






★戦前の日本に「 大本営発表 」というのがあり、日本は戦争に勝っている、勝っている!とかのウソを国民にどんどん流して、日本人の集団自殺である、一億総玉砕に導いたのであるが、今の日本のマスコミも同じである。米国はすでに滅びている。その思想も、拝金主義をアメリカンドリームと言い直しても、ハリケーンなどの天変地異に襲われているのではないか。




★安部晋三は米国は不滅だ!と言いたいのだろうが、ロシアのプーチンは明らかに北朝鮮には友好的であり、中国も深いところで、北朝鮮よりである。米国は何もカモダメになるだろう。あのデトロイトを見ろ!と言いたい。日本人のバカほど「コリアレポート」の辺真一を信じる。しかし彼は北朝鮮の実質的な情報は持ってない。ひたすら「北朝鮮はダメだ」と言うだけである。




★今は「北朝鮮をどう見るか?」、その一点を問われている。全てのジャーナリスト、学者、国民に。歴史的に見れる者が賢者である。北朝鮮とは戦前の日本が唱えた「 大東亜共栄圏 」の復活のために米国と戦っていると。その「 大東亜共栄圏 」とは大モンゴル帝国の蘇りであるのだ。




★北朝鮮をいかに見るか?それは全ての日本人のリトマス試験紙である。カネがあれば全てがバラ色!という発想はアメリカンドリームから来ているが、米日韓の経済は間違いなく近く破綻する運命である。さらに言えば、カネに汚い奴らは政治家を代表に「 鬼 」に裁かれている。




★知識人の正体が暴露されているのが今である。北朝鮮に行った猪木だけを鷲は認める。山口県が本籍の安部晋三はしょせん、軍事イエズス会にすぎない。アキちゃんは森永クリスチャンである。ローマ法王フランシスコは顔面から出血したが、クリスチャンの石破に期待するのもバカ野郎である。




★日本人で正しいのは誰か?今は猪木しか思いつかない。日本人は単純に二者選択のクイズに正解を出さないと成らない状況に至っている。北朝鮮につくか?米国につくか?北朝鮮につく者が正解であろう。ロシアのプーチンだって北朝鮮派である。正解は「 歴史の繰返しから見た真実 」である。その辺を考え書いていきます。







1、北朝鮮は女が動かしている!




★北朝鮮は金正恩が動かしている!というのが素人の見方である。金正恩が北朝鮮を動かしていると考えている日本人をマスコミに洗脳されている!というのだ。金正恩の妹が与正であり、妻が李雪王であり、金一家の長女が金雪松。金正恩を取り巻く女たちを語ることが出来て本物の「 北朝鮮通 」である。辺真一はオウム真理教の上裕のごとく、CIAから来る大本営発表しているだけの、間違った情報を常に流しているバカ老人野郎である。



★もちろん鷲の情報もそこらで誰でも買える本が基本だが、「 原理 」というものから考えることが鷲はできる。人間が生きるか?死ぬか?の状態に入った時、インスピレーションを与えてくれるのはタロットの17の「 ベールを脱いだイシス 」である。イシスは全裸の美女で表現される。




★戦後の日本人は「 カネが神だ! 」と心底思っている。そこがダメだ。米国に支配された結果の拝金思想である。アメリカンドリームとはクダラナイ概念である。金持ちになれば勝ち!という発想。その思想に汚染されたから、日本は政治家を中心に裁かれまくっている最中であるのだ。



★北朝鮮は共産主義が看板だが、現実は共産主義ではない。すでに太古の人類の思想に戻っていると考える。女神を崇拝して叡智を得て、悪神セトに打勝つ、黄金の子ホルスの国になったと。これはエジプト神話的な発想だがそうなっているだろいう。



★北朝鮮を見る時、大事なことは金正恩ではない。金正恩を動かす周囲の「 女たち 」に注目すべきだ。韓国の前の大統領の朴槿恵は女であった。しかし大統領から囚人503号に落ちたということは、鬼に裁かれた!ということ。その転落、チェスンシルから来る様々な問題は米国から来る拝金主義に精神が汚染された!ことからくる。




★北朝鮮は「 女 」が動かす!と鷲は云うが、どこの家庭でも女(妻)が夫を動かしているのである。それが原理だ。人間は「 女 」から誕生する。まずは賢い女、女神に従うことが人間の第一。それが白い月の女神に従う!ということである。そして白い月の女神は太陽と合体して、黄金の子を誕生させる。



★北朝鮮は共産主義という看板で偽装しているが、今は古代の宇宙原理で出来ている国だろう、と鷲は見ている。そして米国CIAは太陽神からハズレている。カネを神のように信じる者たちは太陽神と分離するものである。カネを神として崇拝する米国は実は亡びているのである。後は米国倒産という現実。デトロイト見れば米国は倒産していると誰もが感じるのでは?








2、ピットコイン大暴落が引金になり世界大恐慌となり北朝鮮とオルトライトが隆盛する!



★1929年10月24日に「 暗黒の木曜日 」があり、世界大恐慌となる。そしてナチスは1930年に第二党となり、1933年1月にナチスはドイツの政権を奪取する。ナチスヒトラーの隆盛は世界大恐慌と関連していた。世界大恐慌で多くの国が沈み込んだ時にナチスヒトラーは隆盛しているのである。九鬼(クカミ)が出てくる時はこのパターンである。世界大恐慌で古い世界が終わり、精神文明を持つ九鬼(クカミ)が出てくる、という。



★さて2017年9月7日にメキシコ政府が北朝鮮大使の追放を決定した次の日、メキシコ政府はM8、1の大地震に襲われ、2017年9月9日にはハリケーンに襲われる。そして米国もハリケーンに襲われ、630万人が避難した。北朝鮮に敵対することは天変地異に襲われる!と鷲は考えている。




★そして2017年9月15日に起きた仮想通過ピットコインの大暴落である。中国は仮想コインピットコインの規制を強化して、三大取引所、全てを閉鎖した。中国政府はピットコインにより外国への資金流出と資産バブルを嫌ったとみられる。




★さて今は1929年10月24日に起きた「暗黒の木曜日」のサイクルに入っている。資本主義は定期的に崩壊するもので、このピットコイン大暴落によって世界大恐慌が来るかもしれない。時期としてはピッタリのタイミングだ。かつて世界大恐慌が来て、ナチスドイツや日本の関東軍が勢いを増して、ナチスは1933年に政権を奪取し、関東軍は1932年に満州国を建国した。




★北朝鮮と天変地異の関係、そして北朝鮮とピットコイン大暴落の関係。それを注目していく。たぶんピットコイン大暴落から世界大恐慌となり、同時に、北朝鮮と世界のオルトライトが隆盛するだろう。これは1930年代のパターンだからだ。そしてテレビに出てくる北朝鮮解説者たちは予想を外しまくる。彼らはCIAの回し者だからだ。




★1970年代から1980年代の日本のマスコミは北朝鮮を「 この世の楽園 」と宣伝していた。しかし1990年代になると北朝鮮は「 この世の地獄 」とマスコミは宣伝するようなった。辺真一などは1990年代の古いマスコミ人であるのだ。今の北朝鮮を正確に語れる者は殆どいない。猪木だけが北朝鮮に何度も行っているので信用できる議員である。




★ピットコイン大暴落が世界大恐慌の引金になり、世界大恐慌となる。世界大恐慌がカネ支配の終わりである。そして北朝鮮の動きと天変地異が深く結びついていることに鷲は注目する。これからは北朝鮮の活動が活発となり、米国は凋落して、日韓と北朝鮮と中国は合体していくだろう。そして大モンゴル帝国である満州国の蘇りが起きる。大きく言ってそのように時代は進んでいくだろう。








 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-16 01:19 | Comments(0)