サーティンキュー

2017年 09月 19日 ( 2 )


今の日本の政治家で一番の大物は猪木である!





★現在の猪木はプロレス現役時代より大きな仕事をしている。アリと試合やった時より、今の日本人の最大の危機の時の救世主となる可能性がある。将棋で言えば「 裏と 」の働きを猪木はやっていると思う。猪木には知性はないが直観力がある。鬼が猪木を動かしている。問題は安部である。山口県が本籍のこの男は人生最大のピンチが来ている。安部が落ち目の米国に従えば、彼の人生も日本も終わりとなる。




★目立たないように、力道山のひ孫を来月入国させればいいのか?やはり鬼は日本の英雄だった力道山のひ孫を堂々と入国することを求めるだろう。米国に従う者は鬼によって裁かれる。どうして米国にしつこく巨大ハリケーンが来て、何百万人も避難して死んでいるのだろうか?メキシコ政府が北朝鮮大使を追放したとたん、メキシコにM8、1の大地震が来たのは何故か?




★北朝鮮の背後には鬼がいるのだ。テレビに出てくる北朝鮮解説者の全ては、CIAの回し者で参考にならない。全てバカ野郎である。猪木だけが本物の政治家の仕事をしている。日本の政治家がどうして日本人の全てからバカにされているのか?何も見えないからだ。大局的な歴史観、そして哲学、何もない。ただの税金万引き人だから日本人の全てから日本の政治家はバカにされる。何を言っても「 失言 」と言われる。




★今の政治の仕事を本当にしているのは猪木だけである。力道山のひ孫を来月入国させれれば、次に「 横田めぐみカード 」というウルトラビックな可能性がある。しかし安部が力道山のひ孫を入国させなければ全て終わり。山口県にミサイル火星が落ちてくるだろう。その辺を考え、書いていきます。








1、北朝鮮を批判すると大地震や巨大ハリケーンが襲ってくる



★トランプはいまだに北朝鮮と天変地異の関係が解ってない。メキシコが典型的だが、2017年9月7日にメキシコ政府が北朝鮮大使の追放を決定した。すると次の日の8日にM8、1の大地震がメキシコ来て、9日には巨大ハリケーンがメキシコを襲った。それを偶然と多くの人々が考えているがそれは違う。




★米国は今月、しつこく巨大ハリケーンに襲われた。これは北朝鮮の背後に鬼がいるから北朝鮮を誹謗中傷する国や人々を鬼が裁いている!ということ。ペルー、エジプト、スペイン、その他の北朝鮮を誹謗する国はなんらかの大災害が襲ってくるだろう。



★現在の米国を正確に見るとすでに滅びている国だと解る。日本も似たようなものだが。日本が米国に追随することは、米国と同じように亡びる!ということだ。戦争は鬼が憑いている方が勝つ。鬼を敵にすると全宇宙と戦うことになるからだ。




★猪木は今の日本の政治家の中では一番、大物である。これほど世界中から批判されている北朝鮮に行き、力道山のひ孫を来月、日本に来日させることをしているからだ。まず安部総理が力道山のひ孫の入国を禁止した場合、安部総理のなにもかもがダメになるだろう。北朝鮮の背後には鬼が憑いているからだ。



★2017年9月19日の国連でトランプは北朝鮮を完全破壊する!と演説した。この発言はブーンメランのように米国が完全破壊される原因となる。すでに米国はなにもかもがダメなんだが、最後のトドメを刺されるだろう。




★鬼を見れる人間でないと人々のリーダーにはなれない。その点、猪木は直観で鬼を見ているのだ。論理的に語ることは彼には無理だが、直観が猪木の武器であり、その直観は正しい。猪木は将棋で言えば「 裏と 」である。今は北朝鮮を操る鬼が見える者が「 裏と 」であるのだ。









2、北朝鮮との窓口が一切なくなった時、日本にミサイル火星が落ちてくる



★北朝鮮について日本人は何も解ってない。北朝鮮を建国したのが日本人の畑中理(ハタナカオサム)であり、金正恩の母が大阪生野区鶴橋の生まれの「 あゆみちゃん 」であり、朝鮮名が高英姫(コヨンヒ)であることなどを。北朝鮮を悪い国だ!と思っている日本人はオウム信者のようにテレビに出てくるCIA工作員に洗脳されているだけだ。



★今の北朝鮮は戦前の国際連盟を脱会した関東軍中心の日本と同じだ。ここで大事なことは関東軍と現人神天皇の日本は全く違うということ。関東軍が1932年に建国した国が満州国だが、その国教は紅卍字会と道院だが、この二つの宗教は大本教の別動隊であり、満州国の実質の国教は大本教であった。



★日本国内では大本教は弾圧されていたのに、満州国の国教は大本教であった。また満州国の皇帝は清のラストエンペラーの愛新覚羅溥儀であるが、13年間の満州国の目的は未来蘇る「 新しい清王朝の型 」であったこと。北朝鮮の本質は、欧米列強に亡ぼされた清王朝の蘇り!である。これは歴史の繰返しの法則から解るのである。




★北朝鮮は諸世紀10章72番の「 アンゴルモアの大王を蘇らす火星 」である。だからミサイルの名が火星12号とか火星14号なんだから。歴史を掘り起こし、歴史に隠れた暗号解読者しか北朝鮮の正体が解らない。北朝鮮は新しい「 清王朝 」の先駆けであり、マルス(火星☛戦士)であるのだ。



★ここで大事なことは

  米国に従う ☛ 鬼に逆らうので滅亡

  北朝鮮に従う ☛ 鬼に従うので繁栄

  ということ。




★今の政治家の中では猪木だけが日本を救う活動をしている。反北朝鮮の者たちは、鬼に逆らうゆえに鬼に裁かれるのだ。超自然的な方法で自民党の議員たちは、不倫やらカネの問題で裁かれている最中なのだが、松果腺が閉じているので、何も見えないのだ。さて、今日の第一報も北朝鮮大使を9月7日に追放したメキシコに、M7、2の大地震で119人が死んでいる。









 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-19 18:46 | Comments(0)

これからは北朝鮮を肯定する者たちが出世する ~ 日本は力道山のひ孫を入国させるのか?そこが最大の試金石だ!





★北朝鮮は衆議院解散選挙の「 政治空白 」の間にミサイルを落とす可能性は十分にある。安部総理の思惑は常にマイナスになるのは、鬼に呪われているからだ。米国に追随する国や人々は鬼に呪われることになる。呪われた者たちは何をやってもダメとなる。




★日本にとって北朝鮮は明らかに敵国なのだが、その北朝鮮の懐に自ら入っていくことが将棋の「 裏と 」である。「 裏と 」に成る時が解りやすくやってきたようだ。現在の政治家で北朝鮮の懐に入っているのはアントニオ猪木のみ。猪木のみ政治家として合格だ!と鬼は肯定するだろう。




★猪木だけが真の外交をしている。他の政治家はバカばっかりである。何も考えず米国の追随をしていれば良いと考えているが、そのようなことを日本人の全てが思った時、メキシコ政府が北朝鮮大使を追放したとたんにメキシコにM8,1の大地震が来たように、天変地異が日本を襲うであろう。今の米国は既に何もカモダメな国に落ちているのだ。




★北朝鮮に超自然力があるのは当然である。鬼が北朝鮮を操っているからだ。北朝鮮大使を追放する国の全てに大災害が来るだろう。第一はメキシコだが、ペルーもエジプトもスペインもこれから財政破綻や天変地異に襲われる。問題は日本だ。日本は猪木が仲介してやっている力道山のひ孫を入国させるか?そこに日本のこれからがかかって来る。力道山のひ孫は試金石である。その辺を考え書いていきます。







1、力道山のひ孫を日本が入国拒否した時、日本は終わる!



★猪木が力道山のひ孫を来月入国するように日本政府に話かけている。これで日本政府が拒否した場合、メキシコ政府が北朝鮮大使を追放した次の日にM8、1の大地震、その次の日に巨大ハリケーンにメキシコが襲われた!と同じようなことが起きる。ここは力道山のひ孫を巡って今の政府の力量が解る。





★鷲は当然、力道山のひ孫を入国すべき!と考える。ならば北朝鮮がミサイルを落とす確率も低くなるだろう。しかしCIAは入国を拒否せよ!と命令するだろう。それに従うと、アメリカにしつこく巨大ハリケーンが襲ったようなことが起きる。北朝鮮の後ろには鬼がいて、松居一代の背後にも鬼がいるからだ。




★力道山のひ孫の入国を拒否すると選挙で政治空白ができたその時に鬼はミサイルを東京に落とす可能性もある。鷲の予想だと今の政府はバカすぎるから力道山のひ孫の入国を拒否する可能性が高いと考える。そして富士山噴火と東京へのM9地震と北朝鮮のミサイルが落ちてくる!というようなことが起きる。



★問題の政治家はなによりも米国に追随する政治家である。北朝鮮を誹謗中傷している政治家の全ては米国追随である。日本人大衆も洗脳されまくっているから、米国が早くミサイルで北朝鮮を潰さないかな~と思っているが、米国が北朝鮮に敵意を持つと巨大ハリケーンがしつこく襲ってきて、北朝鮮どころではなくなっているのだ。




★鬼の憑いている国や人につくのが良い。ならば悪霊が取り憑いている米国を捨て、北朝鮮につくべきだ。北朝鮮のつく者がこれから出世するだろう。政治家の不祥事ショーは米国に追随ているから起きるのである。力道山のひ孫の入国を拒否した時、日本は終わるだろう!








2、「 横田めぐみ 」という最大のカード



★鷲の予想では日本政府が力道山のひ孫の入国を許すと、次に最大のカードがやってくる。「 横田めぐみカード 」である。あの横田めぐみが生きて北朝鮮から日本にやってくる。これほどのドラマがあるだろうか?横田めぐみは金正恩の母という話もあるが、それは眉唾だと思っている。




★しかし横田めぐみは北朝鮮の高官となっていた!となると全く違う。そして北朝鮮を建国したのは実は、日本人の畑中理(ハタナカオサム)である!ということが日本人に解って来る。畑中理の朝鮮名は金策(キムチェク)。北朝鮮には金策大学とか金策港とかあり、「 金策 」を英雄としている。そして金策の正体は日本人であったと。




★猪木が開いた北朝鮮との交流が鬼から裁かれない最大の道だ。もしCIAの指令で日本が力道山のひ孫の入国を拒否すれば、日本は財政破綻、天変地異、そしてミサイル火星が落ちてくるだろう。




★米国に従えば、米国とともに大転落。力道山のひ孫を入国させれば、「 横田めぐみ 」がやってくる!その可能性が大だ。そして北朝鮮と韓国と日本が合体し、また中国やモンゴルも合体して、新しい「 清王朝が建国 」が満州の大地にされる。1932年の13年間の満州国は新しい清王朝の「 型 」であったのだ。




★新しい清王朝が米国に変わって、21世紀の覇権国家となる。そのように進んでいくだろう。最大の試金石は力道山のひ孫を安部政権が受け入れるか?であるのだ。






 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-19 15:34 | Comments(0)