サーティンキュー

2017年 09月 23日 ( 2 )


ナチスは太陽の国からやってきた者たちであった!





★どんな人間でも人権がある!と言う考えが獣の国の思想?である。肉体が人間の姿なら全ての者たちに人権がある!と言う考え。このような人権主義者たちは、人間が太陽(魂)、白い月(霊)、黒い月(エゴ)、運命、地球(肉体)の5つに分かれることを理解しない。「 獣の国の数字は666 」である。しかし性的退廃者を許さないのが太陽の国(数字の1999)である。性エネルギーを昇華していたナチス軍団は、妄想カルトの者たち、共産主義者、麻薬やアル中や障害者たちを強制収容所に入れて殺した。実はナチスは「 太陽の国(数字の1999) 」の住民であるのだ。




★今は「 太陽の国 」の者たちが出現して、獣の国を破壊する時だ。太陽の国の者たちをオルトライトと呼ばれている。今の日本の政治家の中にはオルトライトは存在しない。安部総理は軍事イエズス会にすぎない。彼はカルトでありファシストではない。



★ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちたように、獣の国の日本も破壊され尽くすことになる。カネ万能の世界は近いうちに破壊される。破壊されるが長い間、カネを神のように崇拝していた者たちの意識は変わらないから、そのような者たちは火で焼き尽くされることになる。



★獣の国で金儲けに成功しようが晩年が脳神経の病気で倒れ十数年寝たきりで、周囲に迷惑をかけながら生きて死んで行く惨めさである。その暗黒世界を直視できない。医者なんぞ脳神経の病気を治す力はない。脳神経の病気、それこそが「 性的退廃 」の結果であるのだ。性的退廃者だから最後は「 脳神経の病気 」で倒れ死んでいく。解りやすいこと。



★俺は性的退廃者ではない!と言っても、性エネルギ―を昇華する者ではなかろう。性エネルギー昇華法を教える建設物が神社や仏閣であるのを知らないだろう。性的退廃者でカネを神だと心の奥底から信じる者たちが獣の国の住民である。そして脳神経の病気で死んでいく。



★OSS憲法の言葉は全てニセモノである。その言葉のウソを全て見抜く者でないと太陽の国の住民にはなれない。獣にはどうしてシッポがあるのだろうか?性エネルギー昇華をしないからだ。性エネルギー昇華の者たちのシンボルは杖である。杖を持つ者たちの世界が太陽の国である。その辺を考え書いていきます。









1、人間は生成途上の神である!



★ナチスヒトラーが強制収容所に連行し殺害したのは、

1、障害者

2、ユダヤ人

3、共産主義者

4、薬物中毒やアルコール中毒者



★全ての人間に人権があり、どんな思想でも許されると洗脳されている今の日本人には考えられないことだが、映画「猿の惑星」の猿が今の日本人であり、ナチスは太陽の国から来た「 数字の9 」の者たちだった。人間としての能力を十分に発揮できない人間は強制収容所に連行して殺す。それは実は「 鬼(太陽神)の意志 」である。




★鷲なら上の4つ人種に「 拝金主義者 」を入れるが、拝金主義者を殺すのは共産主義国家である。1960年代の中国の文化大革命の時代、「 カネ持ち 」という理由で中国人が何百万、何千万人が、惨殺された。共産主義にとって金持ちは堕落した人種であるからだ。



★過去の歴史を研究すると恐るべきことが解って来る。今の普通の日本人は強制収容所行きか?共産主義国家になれば、ホリエモンこそが金持ちのシンボルとして殺されるだろう。戦後の日本こそがあまりにもアマ~イ世界なのだが、リアルに現実を見ると恐るべき世界が戦後の日本である。



★戦後の日本の正体は「 性的退廃者の国(猿の惑星) 」である。このような表現を鷲がやるのは、性エネルギー昇華を知っているし、日本の伝統文化のシンボルは松果腺が開いた文化であり、松果腺を開くには、性エネルギーを33本の仙骨に沿って上昇させ、3つの脊髄のチャンネルに上昇させ、脳と胸腺に「 ? 」の経路で昇華させる!という知識を持っているからだ。




★性エネルギー昇華こそが太陽系人類の基本の知識である。戦後72年間の日本人は映画「 猿の惑星 」の性的退廃の猿にすぎない。映画「 猿の惑星 」の本当のメッセージはそこにある。人間は生成途上の神である!そのヒトラーのメッセージは正しい。



★そしてカミに成る人間の基本は「 性エネルギー昇華 」である。ならば「 性エネルギー昇華 」をしない人間はどうなるのか?それが今の日本の日常に見られる。脳神経の病気に成って倒れて死んでいくのだ。大島渚も野坂昭如も赤塚不二夫も脳神経の病気になって倒れ、10数年寝たきりとなって死んだ。




★知らないとは恐ろしいこと。思想とは恐ろしいものである。人間とは生成途上の神である。日々、太陽神から来る暗号の解読を正確にして、性エネルギー昇華して、松果腺を開いて、神殿に参入する者しか成功はない。










2、今必要なことは、猿の惑星を破壊する神聖な戦争である!



★米大統領トランプは国連で「 北朝鮮の完全破壊 」を宣言して、北朝鮮の金正恩もトランプと同じレベルの言葉で応戦している。言葉的には完全な戦争状態に入っているが、戦争こそが今は必要である!と鷲は思っている。性的退廃者は洗脳されるしかない運命で、OSS憲法の「 反戦平和主義 」を信じている?ああ~信じているフリをしているのは政治家とかテレビに出ている評論家たちだけだった。日本人の猿の一般人はカネ儲けしか考えない。




★1930年代前半のヒトラーの発言は非常に優れている。ヒトラーの発言に「 戦争こそが人間の最も自然な行いだ 」というのがある。猿の惑星は破壊されねばならない。猿の惑星に安住しようとする者がユダヤ人であり、障害者であり、麻薬中毒でアル中であり、共産主義者たちだ。彼らは太陽の国の「 1999 」には入ってこれないからだ。



★戦後72年間の日本、特に1985年からの32年間の日本は、カネを神とする猿の惑星の世界であった。日本人とは性的退廃者の群れ!であった。その者たちの末路が、脳神経の病気で倒れ寝たきりとなり死んで行く現実。癌という病気は癌検診をしなければ存在しないウソ病気だ。癌に騙されるのは性的退廃者の猿だからだ。



★常に戦闘モードの共産主義勢力こそが「 反戦平和主義 」と言う言葉を利用しているが、共産主義という実験は失敗に終わったのである。建設すべきは神殿である。そして人間の脳神経こそが神殿であるのだ。神殿を無視する者、その者たちが、脳神経の病気に犯され倒れて寝たきり数十年で周囲に迷惑をかけて死んでいく。




★性的退廃者はしょせん本格派の思想家には成れない。性の快楽が最大の価値観だからだ。どうしてマツコデラックスがテレビに常に出ているのか?日本人が性的退廃者に群れとなり、性的退廃者のシンボルがマツコデラックスになっているということ。そしてタモリも性的退廃者の変態芸で出て来た。彼らを英雄とする日本人は性的退廃の猿の惑星に入り込んだからだ。



★今、戦争は始まる。猿の惑星を破壊することは太陽系人類としては神聖な儀式だ。性的退廃者の猿を否定して、性エネルギー昇華の数字の【 9 】の世界を建設するための神聖な破壊。それがこれから起きる戦争の意味の本質である!






 完


[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-23 09:22 | Comments(0)

タロットの16の時代





★今はタロットの16の塔の時代である。代表的な大転落者は元大統領から囚人503号に落ちた朴槿恵日本でも東京都知事からセコイ金使いと女癖をバラサレ、日本中から蔑まされた舛添要一元都知事や東大卒でエリート官僚となり自民党政治家となったのに元秘書への罵声でウルトラ恥ずかしい思いをしている豊田真由子や、東大卒で司法試験に合格して検事となり民進党の幹事長の直前で「 不倫 」で大転落した山尾議員




★今、転落者はあらゆるところに無数にいる。国で言えば米国は転落の最中である。北朝鮮を完全破壊する!とトランプは発言したが、ベトナムに米国が負けたように、米国は北朝鮮に敗北する!と鷲は見ている。米国をシツコク襲う巨大ハリケーンを考えれば、米国は鬼の裁きにあっているからだ。



★塔の中にいる人間たちは、第一に「 性的退廃者 」であり「 松果腺が開かない者たち 」であり、「 拝金主義者たち 」である。哲学や思想は丸でない。神殿に参入できる者は塔の中にはいない。だから最後は脳神経の病気で倒れ死んでいく。塔の中にいる者たちは「 人間の姿をしたシッポの生えた獣 」であるとハッキリ言える。



★さて周期は天変地異、戦争、世界大恐慌の中に入った。人間の姿をした獣は、松果腺が開いた九鬼(クカミ)たちに裁かれる運命である。それはナチスがユダヤ人をガス室に入れ、障害者安楽死計画を実行したように。今はタロットの16の時代であり、獣が裁かれる時。その辺を考え書いていきます。










1、塔は32年目で崩壊する!



★この前、猪木が訪朝したがそれは「 32回目の訪朝 」であった。1985年9月19日にメキシコでM8,0の大地震がり、32年後の同じ日の2017年9月19日にメキシコでM7、2の大地震があった。そして1985年8月12日に日航ジャンボ機123便が墜落して520人が死亡し、その32後年の2017年8月12日に32年前の日航ジャンボ機が墜落した場所と同じ地点でトラブルを起こして、羽田に引き返した。



★「 塔 」とは何か?太陽神と結びつかない人間たちの世界である。1985年から2017年までの32年間の日本人の価値観は

1、性的退廃者

2、太陽系世界は見えず社会の中しか見えない

3、ウソ病気の癌に騙されて死ぬ者が多い

4、ある年齢になると脳神経の病気で倒れ死ぬ

5、自由、平等、人権、反戦平和、という妄想言語を信じる

6、カネが全てだと思う社会人が大半である

7、松果腺を開く!と言う発想が全くない

8、最後は癌か?脳神経の病気で死ぬから敗北者ばかりである

9、本物の知識を全く持ってない

10、キリスト教に騙される

11、ナチスや北朝鮮を悪人だと洗脳されている

12、生活の維持だけで精一杯でそれ以上のことを考えることができない



★塔にいる者たちの特徴は第一に「 性的退廃者 」である。それが普通だと思っている。だから未来永劫、松果腺が開くことがない。今のPC時代、必ず、目が疲れ、首や肩や腰が凝っている。目の疲れ、首や肩の凝り、その本当の原因は、身体的なことからも来るが、松果腺が開くと目の奥から液体が湧き出て、目の疲れも、首や肩の凝りもなくなる。しかし松果腺が開かないと永遠に神経の病気は治らない。



★「 性的退廃者 」であることは、人間の姿をしたシッポの生えた獣だということ。1985年から2017年までの日本の「 塔 」は獣たちの幻想であった。カネが万能の神。しかしその幻想も近く終わるだろう。北朝鮮のミサイル火星の出現は「 塔 」の終わりのシルシである。



★今、32年間の「 塔 」を守ろうとすると、塔とともに大転落する。鬼は今、「 塔 」を破壊する側にいる。32年間の塔は破壊されて、次に太陽の国が建設される。「 塔の破壊 」と「 太陽の国の建設 」。そのハザマに我々は生きている!「 塔 」を守る者たちは獣の国を守る愚か者。「 塔 」を破壊する者たちは、「 太陽の国 」を建設する者たちである。







2、「 塔 」を破壊する者たちの時代



★我々は太陽系に住む。太陽系の法はあらゆるところにある。神社仏閣、囲碁、将棋、チェス、大晦日やお正月の儀式、年中行事、狸の置物、男根石や女陰石、数字、アルファベット、あらゆる記号、日常に風景の中にある「あらゆるレゴミニズム」に。しかし「 塔 」の住民は太陽系の法を知ることはない。人工的な社会の中に閉じこもっている。




★「 塔 」は32年間しか寿命はない。もう破壊の時に来た。だから金正恩のミサイル火星であり、トランプであり、欧米を席捲するオルトライトであり、フィリピンのヒトラーであるドゥテルテ!の出現であるのだ。「 塔 」に居続けようとすることが間違っている。




★今の鬼から来るなぞなぞは「 32年間 」だが、その解答をすれば「 32年間とは塔の寿命 」である。「 塔 」は終わった!ということ。トランプは北朝鮮を「 完全破壊 」と宣言した。これを翻訳すれば「 塔 」の完全破壊の宣言である。金正恩も米国に完全破壊!というような内容の発言をしている。




★トランプと金正恩の「 完全破壊宣言 」は実は、「 塔 」の完全破壊を意味する。米国はデトロイトを見てわかるようにすでに廃墟であるが、トランプによって「 完全破壊 」されるだろう。保険金殺人文化の米国の完全破壊は喜ばしいことだ。




★今は「 32年続いた塔の完全破壊 」の時である。特に性的退廃者の日本人はクンダバッハの影響で、この塔世界が永遠に続くと思っているが、その考えは危険な考えだ。ある時が来ると、ユダヤ人がナチスにガス室に強制的に連れて行かれたように、性的退廃者たちは、鬼の使いによってホロコーストされる運命である。





 完











[PR]

by xuzu9851 | 2017-09-23 07:12 | Comments(0)