サーティンキュー

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


日月神示とホテル放射能 ~ 中矢伸一の正体!




★日月神示の完訳を世に出したことは良いが、福島で、「ホテル放射能(健康ランド)」の経営を副島隆彦とする中矢伸一。インチキ臭いのぉ~~!!中矢伸一とは何者か?彼の正体を書きたいと思います。

★今の日本で、超重要文書の預言書である日月神示の完訳者がこの程度のレベルではどうしょうもないだろう。原発から出る低線量放射線の危険性に全く無知。また、中矢は「ひふみ祝詞プレイヤー」と称するものを1万6800円から8万4000円で売っている。

★元の大神、日月の大神の許可を受けて、霊感商法みたいのをやってるんだろうか?(わけね~~べや)。原発から出る人工低線量放射線が身体の治癒に良いと言っている中矢の放射能の考えは完全なる間違いだ。また日月神示では、これまでの宗教のような信者を集めたり、集会を開いたり、日月神示で商売をすることを嫌っている(やっるな!と言っている)が、唯一、彼だけがそれをやっている。

★単純に考え方が浅いと思えるが、中矢伸一のおかげで、日月神示は大分、堕ちたイメージを与えるし、日月神示とは全く逆の世界に導いている。


1、池田大作は法華経信仰を利用した宗教詐欺師だったが、中矢伸一は、日月神示を利用した宗教詐欺師になりつつある!?

★私が日月神示を初めて読んだのは、泉田瑞顕が1986年に出版した「 日月神示 ~ 日本大預言 」の「その1」からだが、その本は、今も手元にある。常に傍にあるようにしている。

★日月神示の重要要点文、泉田瑞顕の「 日月神示 ~ 日本大預言 」の1と2で十分であり、その補充に全訳も必要だが、初めから全訳に行くと、厚すぎて多くの人達は読めないと思う。

★中矢伸一が校訂した完訳「 日月神示 」上下には、今は、文句はない。しかし、日月神示は中矢伸一の所有物・独占物ではない。日月神示は岡本天明をとおして、日本人と世界人類に与えられた預言である。

★中矢が「ひふみ」を使用して、祝詞プレイヤーなるものを発売しているのは、日月神示の精神とは全く逆で、統一教会のような神への信仰心を悪用した霊感商法である。

★中矢伸一の日月神示の解説書は何冊か持っているが、何故か?彼の本には力がない。また最後まで読んだ本はない。日月神示の「 文、それ自体に力があるのに 」、中矢伸一の解説本には何か、力が欠けていると感じていた。

★それは彼が、【 神力 】側の人間ではなくて、【 学 】側の人間だからだと思える。

 今は【 神力と学力の最終決戦の時 】なんだが、日月神示の代表ズラしている

 中矢伸一に感じることは、彼は、【 学 】側の人間だということ。

それはこの文章でわかるだろう

【 「まったく違うのだ」とする説は確かにあるようですが、それはおそらく、「氣」が違うとか、そういうレベルでの話だと思われます。そうなりますと、真実か否かはともかくとして、それは精神世界とか、オカルトの世界での話になりますので、少なくとも科学ではないことになります(正しいか間違っているかは別として)。 

★中矢伸一は日月神示関係以外の本を書いているのだろうか?書いてないと思うが、彼は、精神世界とかオカルトの世界はレベルが低く、現代科学のような学問が正しい知識だと思っているらしい。上の文章ではそう読める。

★彼の書いた本は全て精神世界コーナーに置かれているのに、自虐的発言だが、彼の本のツマラナサは、彼が【 学で日月神示を解釈しているから 】であろう。

★【 学 】側の人間が日月神示を解説する、ということ自体が不可能なんだが、堂々と彼はそれをやっている。

★そして、2011年フナイ5月号の最後のページに【 中矢伸一先生監修、日月神示、祝詞プレイヤー 】の宣伝広告が掲載されているが、その祝詞プレイヤーやらひふみの神棚買って拝んだら、御利益を得たり、先祖が供養されるとでも言うのか?

★霊感商法は数万円の世界ではなくて、何百万円、何千万円、何億円とまで、果てしなく行くのであるが、今は8万4千円でも、いずれ、信者に何百万円、何千万円、何億円と売りつけ、持ってるカネの全てを「 日月神示を利用したグッズ 」に費やす者達も出てくるかもしれない!

★日月神示自体が、このようなことをするな!日月神示は宗教ではなくて科学である!今までの宗教のように集会や信者を集めるな!日月神示で商売するな!と記述されている。が、日月神示で商売する者が出てくることも預言している。それが中矢伸一ではなかろうか?

★何度でも言うが、日月神示は元の大神が日本人に岡本天明を通して、日本の未来、人類の未来を予言した書であり、単なる預言書ではなくて、物凄く奥深い哲学がその文にあり、日月神示の文自体にパワーがあるわけで、解説は最小で良いのだ。


  日月神示は中矢伸一の所有物ではないのだ



2、人工の低線量放射線が身体に良いと言っている者達の無知は人間一人を殺した殺人者の1億倍の罪がある!

★原発とは何か?そして原発から出る低線量放射線が人間のどのように影響を与えるのか?その疑問に答えるブログが平井憲夫氏のブログである。

★中矢伸一もその友人の副島隆彦も3,11以前には原発に関して全く関心がなかったか?3,11以降、急に原発を学んだだろうが、間違った知識に洗脳された部類の人間であろう。

★原発から出る低線量放射線が身体に良いと言っているのは、世界権力側であり、原発推進派であり、彼らは明確に原発に関して目的がある!

 世界権力の原発の推進の目的は核戦争、或いは、原発全ての爆破、により、

 地球を放射能だらけにして、

 放射能だらけの環境でしか生きていけない宇宙の生命体を地球に移動させる

 地球を放射能環境準備をすることだ!


★世界政治家の上に大資本家が存在し、その上に秘密結社が存在し、その秘密結社は古代から持続する【 魔術儀式 】をしている。

その魔術儀式をする理由は【 魔王と結びつくため 】だ!

★本来の魔術は宇宙の高次元と結びつくのを目的としているが、今は、魔王と結びつくことを目的とする【 黒魔術 】に変わっているのだ!

★約50万年前、オリオン座の一画で惑星タイランターを中心にする6つの惑星が宇宙の地獄意識であるハデス界と結びつき、銀河連合に反抗した。そしてその6つの惑星は「汚れた6」と言われ次々と惑星を支配したが、銀河連合に敗れ、宇宙から隔離された。これを映画にしたのが、「 スターウォーズ 」である。

★しかし、その「汚れた6」、悪のオリオン星人は「 想念力(悪意識) 」で太陽系に浸入して、地球第四サイクルのアトランティスを破滅に導き、今の地球第五サイクルの新アトランティスを支配している。
  このオリオンから地球を支配しようとする【 暗黒意識 】こそが、闇の権力の正体であり、魔王の正体であり、日月神示の悪神の正体である!このオリオンから来る【 暗黒意識 】は権力者や宗教家を支配して、人類を支配するのだ。古来の権力者や宗教家はこの【 暗黒意識に憑依 】された。


★太古から地球に存在する自然放射線と原発から出る人工放射線は全く別物である。太古からある自然放射線には我々の身体自体が、付き合い方を心得ていて、すぐに体内から尿として外に出るし、自然放射線は波動が綺麗にそろい、癌を治療する効果が古来から確認できているから、ラドン温泉などが存在しているのである。

★しかし、原発から出る人工放射線は人間の身体を治す能力なんてない。もし人工放射線が人間の身体に良いのなら、チェルノブイリが25年を経過しても立入禁止地区なってはいないのだ。また、チェルノブイリ付近の町は原発事故から約450町村が消えることもなかっただろう。

中矢伸一は以下のように語っている

【 私が思うに、天然の放射性物質と人工の放射性物質とは、違いはあるかもしれません。それは、人工放射性物質が「有害」というより、むしろ逆に、より治癒能力が天然のものと比べて高いという見方もできるのではないかということです。】

中矢の言う、人工放射性物質の方が自然放射性物質より人間に対して治癒能力がある、というのは、全く出鱈目である!!!

★上の発言で、彼が全く間違った世界にいる住民であることがわかるが、彼が間違っているからと言って日月神示が間違いだということではなくて、真理に近いところに居る人間を魔王が憑依する現象であると私は見ている。

3、結論

★日月神示の第二巻 下つ巻の三十二帖に以下のような文章がある。

 【 この道ひろめて金儲けしようとする臣民沢山出てくるから、役員気をつけてくれよ、役員の中にも出てくるぞ、金は要らぬざぞ、金が要るのは今しばらくぞ 

★中矢伸一は日月神示を利用して、ひふみ祝詞プレイヤーとか神棚とか売っていて、明らかに、日月神示で商売している。

★また、日月神示では、今は【 神力と学力の最終決戦の時 】なのだが、学問道場の副島隆彦とホテル放射能をやるとは、神より学を大事にしている人間だとわかる!

★また、稲恭宏のように、原発から出る低線量放射線は自然放射線より人間に対して治癒能力があるなどと、とんでもない、間違ったことを言っている!この発言が最大の間違いである!多くの人を殺害することになる発言だと思う。

★上のことを考えると、中矢伸一とは、日月神示を利用したインチキ宗教家だと、現時点では言えるだろう!!

  


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今聴きたい曲 Dire Straits- Sultans Of Swing (LIVE) full version

サーティンキューのツイッター





by xuzu9851 | 2011-11-26 14:00 | Comments(18)

呼吸と意識と生命力

★大地震が来て、大津波が来て、放射能に汚染され、次に、金融が破綻し、暴動が起き、第三次世界大戦に向かっている。

★恐怖と不安の時代。このような時は、人間の呼吸は浅くなり、呼吸が浅くなるのが癖となり、恐怖と不安が増大し、パニックに陥る。

1日10分でも自分の呼吸を観察して、できるだけ、深く長い呼吸を意識すれば、それだけで、世界は変わって行く


★そのように思ったのは、昨日、コリン・ウィルソンの「性と文化の革命 ~ ライヒの悲劇」という本をちょっと読んでいた時、オルゴンエネルギーを唱えていたライヒは、呼吸を非常に重要視していたという箇所を見たからだ。

★オルゴンエネルギーとは宇宙の生命力みたいな概念で、ライヒの前にも、ブリルパワーとか、「オドの力」とか「オーラ」とか、様々な名称で、宇宙の生命力は唱えられていた。

★しかし、唯物思想の時代になり、それらは全て否定されたが。

★私は小学生、中学生、高校生の頃、卓球選手で、毎日ランニングをしていたが、ランニングは生命力を湧かせる力があることを体験的に知っている。しかし、あの頃は、このようには考えなかった。

 ランニングが生命力を蘇らせる理由は、ランニングによって呼吸を意識するから

 だと!

★そこで、今日は、深呼吸を10分間して、1時間、呼吸を意識し、町に出て散歩したが、その間中、【 呼吸を意識 】した。

★すると思った通り、生命力が湧いてくるのだ!

★最近の日本人に生命力がないのは、【 呼吸を無視しているからだ!  】。呼吸とは息を吸ったり吐いたりすることだが、それを無意識にやっているが、意識を持って呼吸をする、或いは、呼吸を意識すると、生命力が湧いてくる。

★ランニング中毒者はランニングによって、生命力が湧いてくると思っているが、実は、ランニングによって呼吸を意識するから生命力が湧くのであって、呼吸を意識すれば、静止していても、生命力は湧いてくるのだ

★呼吸と意識と生命力と考えると様々なことが分かる。左脳中心の人間は、左脳によって、神経を押さえ込もうしている。その反動が不安神経症などの症状となるのだ。

★また、パソコンを長時間やっている人間は、左脳によって神経を押さえ込んでいる。それが、神経の障害となって現れる。

★現代のPC時代は、【 呼吸法 】を新たな角度で捉え直すと新たな扉が誕生する。頭中心の生活は、身体の【 陰 】が中心の生活となる。それで、鬱病となるのだ。

 ハードな運動が鬱に良いのは、実は、呼吸を意識するからだ!

 呼吸を意識すれば、陰が後ろに下がり、陽が上に出る という現象が分かれば、

 ハードな運動は必要なく、呼吸を意識するだけで、生命力が湧いてくる。

★オルゴンエネルギー、オド、ブリルパワー、オーラ、などと、表現された宇宙生命力は呼吸を意識することによって、獲得できるのでは?と、思っている。古代の宗教の修行の中心は【 呼吸 】だったし。

呼吸を意識する!これは、コロンブスの卵である!簡単だから。貴方も呼吸を意識して、自分で実体験で、生命力を湧かせれば、呼吸の奥深さ分かるだろう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今一番聴きたい曲 Spirits From Ainu: Ainu Music & Sound - BEKANBE UK


サーティンキューのツイッター


by xuzu9851 | 2011-11-20 06:45 | Comments(4)

魔王と世界イスラエル同盟 ~ シオンの議定書の謎



★私はシオンの議定書は20歳代の前半から読んでいるが、今、この時代ほど、このシオンの議定書を読まなくてはならない時はないだろう!と思っている。

★現代の我々の問題、【 世界大恐慌 】【 TPP問題とその本質 】【 大阪選の橋下の本質 】そして、【 第三次世界大戦 】と【 ダビデ王による世界統一 】など。悪神のプログラムが、シオンの議定書のたったの24章に鋭く深く、そして、要約し、書いているからだ。

 私の持っているシオンの議定書は

  1、ユダヤ人と世界革命  永淵一郎訳

  2、ユダヤ人とクレムリン 永淵一郎訳

  3、シオンの議定書    四王天延孝・原訳 太田龍・補訳と解説

  4、ユダヤ人と世界征服陰謀の神話 ノーマン・コーン著

  の4冊である。

★1905年にシオンの議定書は出現して、全世界で大反響を呼び、ヒットラーのユダヤ人迫害の原因となった書と言われ、20世紀最大の【 偽書 】と言われるが、それは、シオンの議定書を読んだこともない人間の話で、

 シオンの議定書の語り部の人間への洞察力は、まさに、神であり、悪魔だ。

 106年前に出現したシオンの議定書がどうして、現代のあらゆる現象を正確に解説し、未来も予言できるのだろうか?シオンの議定書の洞察力と比べると、新聞・テレビ・ラジオ、その他のメディアの解説は嘘である。マスコミはなぜ?嘘を言うのかの理由もシオンの議定書は書いている。

 シオンの議定書の正確さ、その謎を解くことは、非常に難解で、通常の思考では理解不可能である。

★これだけは絶対的な自信を持って言えるが、今の、世界は、そして日本は、シオンの議定書どうりに動いている。偽書ではなく、世界の動きの真実を表に顕した本である!

★世にノーベル文学賞、芥川賞、直木賞など、八百長の賞があるが、シオンの議定書こそが、本物の本である。聖書、記紀、万葉集などは、偽造文書だが、シオンの議定書は、この世界を動かしている、悪魔の意識を表に顕した、本物のブックの王である。


1、魔王と世界イスラエル同盟

★世界権力とは世界各国の上に位置し、各国の大統領や総理大臣や真の支配者に命令し、従わせる力を持つ、表に出ないが、確実に存在するウルトラ権力である。その本質は、ノーマンコーンの「ユダヤ人世界征服陰謀の神話」の第二章の【 魔王と世界イスラエル同盟 】という言葉が本質をついている。

★シオンの議定書の第一章は以下の文章から始る。

 【 われわれは、空しい言葉の遊戯を捨てて、思想の本質を究め、比較と推理で事態を明らかにしよう。この方法で、われわれの思想が、ユダヤ人の立場と非ユダヤ人(ゴイム)の見地から見て、どんなものになるかを、はっきりさせるつもりである。この世界には性善なる人間より、低俗な本能に生きる者の方が、遥かに沢山いることを忘れてはいけない。だから政治においてもっとも効果的なのは、学者の議論ではなく〈暴力〉と〈恐怖〉なのである。 】

★そして、シオンの議定書の第二十三章には、以下の文章がある。

  【 つまりすべて壊されつくした廃墟の上にイスラエルの王の玉座をすえるためだったのである。 】

★シオンの議定書のストーリーは、最終的には、イスラエルに現れるダビデ王の再来によって、世界を統一すること。

★シオンの議定書の計画(アジェンダ)はいつから始ったのか?それはシオンの議定書自身が、2000年前からと言っているが、今は、最終段階に入っている。アルバート・パイクが三回の世界大戦によって、世界を支配すると言ったように、

  世界大恐慌を起こして、世界を第三次世界大戦に巻き込む。

  そして、世界の廃墟の上にダビデ王の再来の王を出現させて、

  世界を統一し、地球を征服する。そして、地球征服の後は、

  宇宙を支配する、という、考えである!

★よくある少年漫画の世界だが、実は、それで世界は進行していて、私が子供の頃読んでいた少年漫画は、世界の本質を描いていたのだ。しかし、受験勉強に洗脳されると、それは、漫画の世界にすぎないと人々は思ってしまう。

★シオンの議定書の語り部は何者か?人間ではないだろう。まさに〈魔王〉である。そして、世界の政治家、大資本家、秘密結社員、作家、ジャーナリスト、宗教家、軍人、商売人、その他は、世界イスラエル同盟に従っているか?従わらせられている存在。イスラエルを中心に世界最終戦争を起こす、というのが、シオンの議定書の大きなテーマだ。

★地球の99%が魔王に支配され、有名人、超金持ち、国際的政治家、世界的芸能人、等は、魔王の積極的な支持者だ。彼らの力は、魔王に従って得た、財産、名声、地位なのだから。

★シオンの議定書を何度も読むことによって、世界の本当の姿が見えてくる。テレビ・新聞・週刊誌、その手の情報は屑の情報にすぎない。

 世界の真実を知る第一歩はシオンの議定書を読むことである!

★出口王仁三郎はシオンの議定書を悪神のプログラムと評した。泉田瑞顕はシオンの議定書と日月神示を読むことで世界が見えると言った。

★今何度も言うが、世界はシオンの議定書どおりに動いている。しかし、富士山が動いた時から、シオンの議定書も外れてくるかもしれない。しかし、シオンの議定書ほど、人間を深く鋭く洞察して、正確な預言をしている本もないのだ。



2、約50万年前、オリオン座の一画で起こった、六つの惑星〈汚れた6〉と銀河連合の戦い。映画「スターウォーズ」は、それを描いた作品である

★1986年に出たアクエリアス革命3号に「 神々と悪魔のスターウォーズ 」という記事がある。この記事の内容が、シオンの議定書の謎を解く鍵があると、思っている。

★この記事の内容はリーディングによって書かれているために全てを信用することはできない。私はリーディングをそれほど信じないタイプだ。しかし、気になる内容で、長い間考えている。要約をすれば、

 約50万年前、オリオン座の六つの惑星がハデス界という地獄意識と結びつき、

 銀河連合との戦いとなった。それらのオリオンの六つの惑星群は次々と惑星を邪悪な力で支配する。

 だが、最終的には銀河連合の勝利となった。

 敗北したオリオン勢力は宇宙から隔離されたが、オリオンの邪悪な暗黒意識は太陽系に入り込み、

 地球に侵入して、地球人の中にオリオンの暗黒意識を投影することで、地球人を支配し

 その地球人の支配方法の道具が金融(貨幣)であり、宗教であり、政治権力集団であり、戦争推進勢力である。

 オリオン領域の暗黒宇宙人は宇宙協定により、UFOに乗って地球にやってくることは許されてない。

 しかし、オリオンの邪悪な暗黒意識と同様な意識を持つ地球人たちに意識を投影することにより支配するのだ

 オリオンの暗黒意識が、現在、世界の政治家、大資本家、著名な科学者や学者などを支配し

 現在の地球は争いの中に巻き込まれ、暗黒勢力との最終闘争の場となっている。

 秘密結社の魔術儀式とは、オリオンの邪悪な暗黒意識と結びつくためのものである。


★要約すれば、上のような内容となる。ハデス界という地獄意識と結びついたオリオンの六つの惑星群は、【 汚れた6 】と呼ばれ、その【汚れた6の者達と銀河系連合の戦いを映画にした】のが、映画「スターウォーズ」だという。

★さて、シオンの議定書の語り部、魔王とは何か?それは、ハデス界という地獄意識と結びついたオリオンの邪悪な意識であるのだ。シオンの議定書の語り部は魔王、その正体は、かつての、宇宙に反逆した邪悪な意識であり、その邪悪な意識の影響を受けて、今も、地球人は操られているのだ!!!それは邪悪な意識の地球人が多いからだが。


3、シオンの議定書のユダヤ人とは何者か?

★イスラエルではユダヤ人の定義は宗教法で厳格に決まっている。

   1、ユダヤ人の母親から誕生した者

   2、ユダヤ教に改宗した者

   の二つである。

★アーサー・ケストラーは、現在の1500万ユダヤ人の90%はカザール(ハザール)人の末裔だという本を書いた。その本のタイトルは「第十三士族・カザール王国の謎」というタイトルである。

★7世紀から10世紀にかけて中央アジアにカザール(ハザール)王国という国があった。その国は、国全体がユダヤ教に改宗して、国民全員がユダヤ教徒になったのである。そして崩壊したが、

  カザール王国の改宗ユダヤ人 → アシュケナジーユダヤ人

  伝統的なユダヤ人      → スファラディ・ユダヤ人

  と分けて呼ばれる。

★アーサーゲストラーの説が真実だとすると、現代のユダヤ人と称する者達の90%の故郷は、中央アジアであり、パレスチナの地とは無縁であり、自分達の故郷のパレスチナの中心都市のエルサレムにユダヤ教の国を創ろう!という運動のシオニズムは根本的から崩壊する。

★なぜなら、アシュケナジーユダヤ人の故郷は、中央アジアのハザール王国の地なのだから。

★しかし、ユダヤ教徒なんだから、故郷は、パレスチナの中心都市のエルサレムである、という、理屈も成り立つのか?それは成り立たないが、彼らは目的がある。その目的に突き進むために、パレスチナの中心都市のエルサレムの土地は、我々の故郷であると、言い張るだろう!

★さて、私は世界の混乱は第三次世界大戦を意図的に起こし、世界の廃墟の上にダビデ王の再来によって世界を統一しようとする者達とみている。それが、シオンの議定書の最大のテーマだし。

★アーサーケストラーは、現在の1500万ユダヤ人の90%はアシュケナジーユダヤ人が占めると言ったが、当たっていそうだ。それでも、アーサーケストラーの言うユダヤ人解釈を超えて、シオンの議定書が言う【 ユダヤ人 】を新たに解釈しなければならないだろうと思っている。

★世界権力とは、【 魔王と世界イスラエル同盟 】である。その運動?戦い?に入っている者達の全ては、ユダヤ人であるとして、シオンの議定書は書いていると直感する。

★ユダヤ人とは、日本人とか中国人とか米国人とかロシア人とかの【 言葉のセンス 】ではない。何か、特別な意味がある、言葉である。また日本人でもユダヤ人であると言える種類のものであると思う。さて、私の考えているユダヤ人を簡単に言えば、

 オリオン領域からくる邪悪な想念を受け入れて、自己の利益のために地球を支配しようとする勢力に参加した、意識的&無意識的に行動する地球人がシオンの議定書の言う【 ユダヤ人 】である!

★さらに簡単に言えば、

 魔王に従っている全ての地球人がユダヤ人である!

★さて、イスラエルの首相は元テロリストが多い。それを考えると、日本の初代総理の伊藤博文もテロリストであり、また、彼は単なるテロリストではなくて、天皇殺しまでやっている暗黒人物である。

★さて、長くなることを避け、簡単に結論を言うと、

 【 シオンの議定書の言うユダヤ人とは、魔王に従う全ての地球人である! 】

4、ユダヤは悪を見せて善をやる!

★王仁三郎は、昭和19年4月10日の「新月の光」の中で、【 ユダヤは悪を見せて善をやるのや 】と発言している。

★また、昭和19年6月9日の「新月の光」の中で、【 ユダヤ人の三分の一は良いが、三分の二は悪い。・・・これがフリーメーソンがやっているのである。今の戦はこれがやっている 】と発言している。

★王仁三郎のユダヤの見方は非常に深い。私が興味があるのは、世界を動かしているのは悪であるが、それはどっから来るのか?であった!三分の二の悪のユダヤ人を突き動かすエネルギーはどっからくるのか?

 それはオリオン座の汚れた六つの惑星群が元の、宇宙から隔離されているが、いまだに存在し、

 意識を地球人に投影することで、相似形の暗黒意識の地球人を動かしている暗黒宇宙人である!

 と予測する。

★魔術の儀式は元々は光の次元と結びつくために存在したが、今は、ハデス界という地獄意識と結びつくために行われている。これが黒魔術である。原爆と原子炉を発明したナチスは黒魔術集団であり、シュタイナーとナチスの戦は、光と闇の戦である。

★この光と闇の戦が、日本でも行われていて、闇の力が優勢であるが、光の次元も日本に出現してきているのが、今の日本であろう。

悪を見せることが、今の日本で行われている。その悪から善が生み出され、悪と善の戦いと相克から、立替立直しが起きて、最悪の日本から、真人類が誕生する時ではないか!?


  【 この章、終わり 】


 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今一番聴きたい曲 山崎ハコ さすらい

サーティンキューのツィッター









by xuzu9851 | 2011-11-13 17:12 | Comments(0)

死神の季節 ~~ 金融破綻から軍国日本になるか!?



★先週の土曜日2011年10月29日は、日本時間のマヤの暦の終わる日であった。その日は何もなかったのだが、一つだけ気になったのは、欧米の大手格付け会社がギリシャは破綻していると、その29日に会見して発表したこと。そのネット記事で読んで、ツイッターに書いた記憶がある。

★そして今週、世界の大マスコミはギリシャの破綻問題一色になった。これは1929年10月24日の暗黒の木曜日のような、世界大恐慌が始った!という全世界への呼びかけのように思える。

★マスコミを見ていると世界大恐慌は起きるもの、と、錯覚させているが、世界大恐慌は起こすものだろう。それはシオンの議定書の以下の文でわかる。



  非ユダヤ人を破綻させるため、我々は経済界に停滞現象、恐慌を引き起こした。我々は出来る限りの流通貨幣の引揚げを行い、巨額な金が退蔵された。結局、非ユダヤ人政府は資金が枯渇し、やむなく我らに国債の引受けを頼まねばならなくなった。そして多額の利子の支払いの義務を背負い、国家財政への重圧となり、やがて政府のそのものが、我らの資本に従属させられた。中小企業が大資本に従わせられ、人民の力も奪ったので、人民も国家も、ともに我らが吸収することになる。~~~シオンの議定書第20 


★今世界に起きていることの本質は、1905年に世界に出現したシオンの議定書に正確に書かれている。100年前に何故?現代世界を正確に解説し預言できるのか?不思議だが、その思索は後にして、現代の現状を解説していきたい。

★日月神示の預言に【 同じことが二度繰返す仕組 】がある。それは、そのとおりで、今は1930年代の繰返しである

★1929年10月24日に暗黒の木曜日があり、世界も日本も大恐慌の渦中に入り、金融機関がどんどん破綻し、会社は次々と倒産して、生活恐慌となる。

★そして、国は軍事右翼化し、治安維持法によって、言論の自由は奪われ、政府は大政翼賛会となり、天皇ために一億総玉砕の軍事ファシズム国家となり、太平洋戦争に入る。その太平洋戦争になった原因は山本五十六司令官が指揮した真珠湾攻撃である。

 その山本五十六を主人公にした映画が2011年12月23日の天皇の誕生日に初公開される! 



1、TPP参加と大阪市長と大阪府選

★今月は二つ大きなことがある。第一に日本がTPPに参加するか?第二に大阪市選と大阪府選があり、橋下氏の大阪維新が勝つか?

★この二つは、日本が軍事国家になるか?の選択だろう。なんども書いたが、今は1930年代から太平洋戦争に入った1941年までの繰返しである。

★TPPは前回にも書いたが、ハリスと井伊直弼が結んだ不平等条約と全く同じで、関税自主権の喪失であり、投機をあらゆる産業の基礎に置く為に、投機家に日本国家が操られ、それは世界権力にこれまで以上に操られることを意味するが、また、TPPとは軍事同盟であり、非TPPのロシアと中国を敵にすることになり、日月神示の預言の、北からロシアが攻めてくる!の原因となる。

★橋下氏とは完全に独裁者であり、君が代が流れている時は起立せよ!とか、完全に神国右翼の復活だ。ヒットラーだと言われるが、まさにそれが的確に彼を見ていて、この時期、現れることが【 悪い意味の時の人 】である。

★シオンの議定書には次のような文がある。

 【 我らの筋書きどおりに運ぶために、暗い過去を持った大統領を選ぶように工作する。旧悪が暴露されることへの恐怖、権力欲、つまり特権と名誉をできるだけ長く保ちたい、という望みから、彼は、我々の指令を怠りなく実行するだろう ~~ シオンの議定書第10 

★先週と今週の週刊新潮と文春は橋下氏の特集である。彼の父がヤクザであること。従兄弟が金属バットで殺人をしたことが週刊誌によって公にされている。橋下氏とはシオンの議定書の記述にあるように、悪神が選ぶ、暗い過去を持った大統領のような人物である。

★しかし、自民・公明・民主・共産が橋下氏の反対陣営に回った。マスコミも反橋下である。ここが不思議な現象だと思う。マスコミはネガティブキャンペーンをしているようで、橋下の話題を沸騰させて、橋下を当選させる?とか見ていたが、自公民共が揃って反橋下とは、既成権力は橋下をマジに落とそうとしている。

★これを打ち破って橋下氏が勝利した場合、橋下氏は国政に打ち出て、日本を軍事右翼体制の中心人物に成れるが、既成政党の全てを敵にしては勝てないというのが常識だろう。

2、死神の季節

タロットカードの13は死神である。今の時代は、春・夏・秋・冬の四季で考えれば冬の時代だ。冬の時代は人々が滅びる時代であろう。または、金・銀・銅・鉄の時代の鉄の時代。鉄の時代も人間が滅びる時代。

★私が身近でお目にかかる人々の中でも滅びそうな人達が多く見る。人生の最後の結論を神から、或いは、死神から出されている人々だと感じるが、全ての、今生きている人間が、死神か?神?に審判されているのだと思う。

★ギリシャ人は遊びながら裕福な生活をして、経済破綻したそうだが、そのギリシャ人のようなタイプのような者達が一文無しになった例を何度か現実に見た。その符号に何かあると思っている。宇宙的な相似形現象とでも言うような。

★3,11以降明らかになったのは、人間の真贋である。嘘がすぐに分かる時代になった。これは良いことである。福島がこれだけの事態になったのに、低線量放射能は身体に良いとか驚くべき嘘を言い張る人間がいる。世間の常識を信じ、嘘の知識を信じ、金を信じた最終結論がこれだ。

★私はブログやツイッターでこの世界を支配しているのは魔術だと言っている。貨幣こそが魔術であると書いている。貨幣は実は何の価値もないが、魔術によって、人々を魅了していると。それが本当のことだ。

★世界大恐慌は、その貨幣魔術の終わりということ。貨幣の真の姿が現れることが、世界大恐慌だと思う。

貨幣を命より大事と思っている人間は、死神に盗り憑かれた人間で、そんな人間を3,11以後多く見た。経団連のジジイを中心に。日本はこんな馬鹿な連中が支配しているのだから、滅びなくてはならないだろう!

★死神という大きなテーマで実のある内容を書こうと思ったが、あまり調子が乗らなかった。死神とは何か?を本気で考えると、あまりにも大きなテーマなので、まだまだ思考に時間がかかる。今は状況が動きすぎで、今を捉えるのが精一杯だ。では次のテーマに行くので、今回は、この辺で!


★追加。たまたま、このブログを午前中に書き終えて、午後仕事で定期的に会っている人と話したら、彼はこのように言った。

 彼「 俺が人からなんて、あだ名があるか知ってる? 」

 私「 いや~~、知らない 」

 彼「 俺は、死神って、呼ばれてるんだ 」

 私「 ………………… 」

 彼「 俺と会う人間はやたらと死んでさ 」

 私「 ふ~~~~ん 」  以上、実話です。

  終わり




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 今一番聴きたい曲  Bob Dylan. Masters of War. LIVE

サーティンキューのツイッター



by xuzu9851 | 2011-11-05 21:41 | Comments(14)