サーティンキュー

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


大東亜共栄圏とは大モンゴル帝国の復活である!




★2011年3月11日に東日本大震災があった。そして2011年6月26日に岩手県の平泉の中尊寺が世界遺産に登録された。この意味は何か?平泉で義経は自害したが、義経伝説は平泉が出発点となる。義経伝説では、義経が北に行き、北海道に行き、モンゴルに渡り、ジンギスカンとなる。さて、戦前の日本軍の構想した大東亜共栄圏とは大モンゴル帝国の復活ではなかったのか?ハウスホーファーは、世界の心臓地区であるモンゴルを制する者が世界を支配すると言った!


1、空想的平和主義を否定する!


安倍総理が今日(2013年3月30日)にモンゴルに行った。大東亜共栄圏とは大モンゴル帝国の復活である!というタイトルの文章を書くには実にタイムリーである。しかしその前に、戦後の我々世代が洗脳に洗脳された「空想的平和主義」に一撃を与えたい!という気持ちに鷲はなっている。

★【 空想的平和主義 】の説明の必要があるのか?昔は土井たか子の社会党。そして社民党はもちろんだが、戦後の日本の思想界、そして歴史認識の世界は、いまだに戦後の新興宗教の「空想的平和主義」に支配されている。まずこれをやっつけなけらばならないだろう。

★空想的平和主義では、「平和はけして来ない」。それはじっくり考えれば当たり前のことだが。平和・平和と叫んでも、平和はこないし、戦争やホロコーストは神がやっていることだと、空想的平和主義者は解っていない。

★このように長く書いていると、タイトルとは全然違う方向に行くが、まずは、【 空想的平和主義 】の偽善の解明から始める!

----------------------

安倍首相がモンゴルへ出発 2013年3月30日11時11分 ニッカンスポーツ
安倍晋三首相は30日午前、モンゴルに向けて政府専用機で羽田空港を出発した。午後に現地に到着し、エルベグドルジ大統領やアルタンホヤグ首相らと会談。石炭など豊富な鉱物資源の開発に協力する意向を伝え、エネルギー供給源の確保を目指す。安全保障分野でも協力関係を強化したい考えだ。出発に先立ち羽田空港で記者団に「政治、安全保障、経済、人的交流という分野について大統領らと意見交換し、日本とモンゴルの戦略的パートナーシップを発展させたい」と述べた。

----------------------


2、空想的平和主義が人間をダメにする!


★人間とは発展途上の神である。人間の姿は神の姿。人間の姿をした獣は宇宙の秩序の維持のために、宇宙の力によって抹殺される法則がある。それはここ100年の歴史を考えれば解ることだ。戦争やホロコーストはこの法則のために起きる。この法則の前に【 空想的平和主義 】は無力である。また空想的平和主義の聖典である戦後の日本国憲法は米軍に与えられたものにすぎず、空想的平和主義者の【 理想(妄想) 】から誕生したわけでもない。

★問題は戦後の「 戦争を知らない子供たち 」などの歌を子供の頃歌ってた世代は、強力に「 空想的平和主義 」に骨の髄まで洗脳され、解脱できないことだ。その無力な観念は人間を破滅させてしまうことを知らない。嘘は人間を破滅させる力があるからだ。

★「 空想的平和主義 」は戦争やホロコーストの一時的な反動、一時的な感情的な反動思想にすぎず、古代からじっくり考えぬかれた【 本物 】ではなく、インスタント思想にすぎない。3分間で出来るインスタントラーメンのようなニセ思想にすぎない。しかしそれに骨の髄まで洗脳されていることが、人間を破滅させてしまうのだ。

★今の段階で、日本国憲法を信じている者たちは、思考の怠惰者にすぎない。その者たちは、必ず敗北するだろう!今の反原発運動者が敗北しているように。左翼である限りは、精神的に未熟である。天動説では生きていけない!と人間は必ず経験するが、その体験をしてない未熟児の思想が左翼にすぎないからだ。

【 空想的平和主義 】こそが人間を破滅させる悪思想であり、宇宙の秩序の維持のための浄化である戦争やホロコーストが、人間の見方とは逆に、正義だと、言っておきたい!これは戦後の世間(人間)の考えと逆であるが、じっくり考えることの出来る者たちは、鷲と同じ結論になるだろう!


 平和念仏の時代は終わっていて!ボケ老人のようにいつまでも平和念仏を唱えている者こそが悪人である!

★戦国時代という浄化(逆卍)の時代があったからこそ江戸時代という平和の時代があったのであり、平和、平和と、念仏を唱えても、平和が来ることはない。そして浮世絵を家に飾っても平和が来るわけではない。平和はあくまで、大晦日という逆卍の後に来る、卍の時(正月三が日で象徴される)である!


3、地球を操っているのはモンゴルの大王!

★今は、1928年からの繰り返しだと見ているが、戦後、強力に洗脳された「反戦平和主義」を解脱して、1928年から1930年代の日本と世界を改めて見れば、新しい発見がもの凄く出てくる。今解ることは、戦前にあった大アジア主義や大東亜共栄圏などは、モンゴル大帝国の復活を目指していたということ。それを書いていきたい。

★戦後の日本人はあまりにも学校教育やマスコミによって「反戦平和主義」に洗脳に洗脳されたわけだが、林房雄の「大東亜戦争肯定論」や三島由紀夫の切腹自殺による反撃もあった。しかしいまだに多くの日本人はパブロフの犬のように「反戦平和主義」を盲目的に従っている。だから、放射能がバラマカレ、大地震が頻繁に起き、北朝鮮からミサイルが飛んでくるわけだが。


 【 13 】であるトーサンは、分からないなら、分かろうとしないのなら、抹殺する!という行動に出ている!!

★今の日本を動かしているのは「民主主義」ではない。我々の心臓の左心室、或いは、モンゴルの地底に居る【 世界の王 】の霊的な指導により、全てが操られている。誰もそのように感じないのは、【 13 】である世界の王を無視して生きているからだ。無視しているから存在しないと思っているにすぎない。

----------

★しばらく、書くのを止めていた。鷲の予定では、大東亜戦争を肯定し、大東亜共栄圏、大アジア主義の本質、そして3,11とは何か?東北とは何か?義経伝説とは何か?、大モンゴル帝国の復活、全ては【 13 】が操っている、などを書く予定だったが、テーマが巨大すぎて、また、満洲国関係の本が最近多く出てきて、満洲国とナチスの本を読んでいるために筆が進まなくなった。しかし方向性は当たりだと自信がある。このような巨大なテーマはそんなに急がなくても良いだろう、と思っているので、ゆっくり書いていきます。超近未来日本を預言するテーマです。(2013年4月30日)

---------

★民主主義が正しいと思っている人間はオウムの信者のように洗脳された人間にすぎない。またファシズムが悪と思っている人間も戦後世界に洗脳されたのにすぎない。まず第一に戦後世代は「軍国主義精神」を真面目に考えたことはない。とにかく悪なのが「軍国主義」ということで、悪だと機械的に刷り込まれた。

★大東亜共栄圏、八紘一宇、大アジア主義、大陸浪人、これらの単語の意味の表面でなく、真髄を知っている戦後生まれは存在しない。何も知らないで否定していただけ。それが日本人の幼児性の原因、精神年齢8歳から成長しない原因である。マッカーサーは日本人の精神は12歳だと言ったが、12歳までとても行ってない。6歳から8歳くらいで思考停止しているイエローモンキーであり、家畜人ヤプーが戦後の日本人である。

★しかし今は2013年の【 13 】の時代である。死神である【 13 】が日本に降りてきて、3,11を起こし、放射能をバラ撒き、戦争を準備し、疫病の細菌をバラ撒き、経済的に追い詰めている。毎週デモしている人間こそが無力感を味わっているだろう。無力感を味わい、次に1928年3月15日に起きた3,15事件のように、逮捕され、拷問されるのが、左翼運動家の運命である。

世界を動かしているのは、人間ではない!モンゴルの地下に住む世界の王であり、その存在を鷲は【 13 】と表現している。また、我々の心臓の左心室にも存在する。その存在を意識しないと、何をやっても挫折することになる。



4、大東亜共栄圏と八紘一宇

★戦後68年経過した。この間、ナチスヒットラーは常に悪役として映画に出演している。悪役だが、常に新しい解釈、話題の提供者がナチスヒットラーである。しかし日本の関東軍(中国大陸の関東州の軍隊のこと。日本の関東の軍隊ではない。)は、絶対的に否定され無視された存在で今まできた。肯定的に解釈されたことは一度もない。常に感傷的な平和主義者が「何で人類は愚かな戦争をやったんだ」という、あのワンパターン。洗脳された人間にすぎない愚か者が戦争の本質を解るわけがないが。平和を唱えるだけの偽善者になってはならない。彼らは己の利益のみを求め、平和も戦争も何もわかってない。極度に洗脳されてるロボットにすぎない。

★経済用語で「時代が繰り返すこと」をコンドラチェフの波という。今の時代は1928年からの繰り返しだ。1928年2月に田中義一が総理になり日中戦争を始めるが、安倍総理も日中戦争に導くだろう。反戦平和主義の人間がいかに反対しても日中戦争になる。しかしその戦争から始まるアジアの紛争によって、大東亜共栄圏が出来上がってくると鷲は予想している。

★毎週、官邸前でデモしているが報道は全くされてない。今は左翼の時代ではない。人間の時代ではない。人間が政治をやっていると思っていること自体が間違っている。地底王国のアガルタに世界の王が居て、地上の隅々まで操っているということが真実である。その世界の王を【 13 】と鷲は言っている。


★八紘一宇とは国柱会の田中智学が作り出した言葉だ。日本書記からの言葉を造語したもの。日蓮主義の田中智学にとっては一宇とは妙法蓮華経となり、その光が八方に広がる!というような意味だろう。田中智学はさらに、妙法蓮華経=久遠の釈尊=天照大神=天皇と考えた。そして田中智学の弟子が童話作家の宮沢賢治であり、世界最終戦争論の軍人で満洲国の建国者である石原莞爾だった。

★妙法蓮華経の【 一宇 】の光が八方に広がり、その広がりの元に、大東亜共栄圏が造られるというような考えだったと思う。それは田中智学の考えだが、大日本帝国はその当時の【 一宇 】は天皇だった。鷲は天皇は新羅の王族の金良琳が最初だと知っているが、明治以降の天皇の権威は、鹿島昇(「すり替えられた天皇」の元祖)の理解力を超え、【 13 】が背後に存在したと思うようになった。そして【 13 】信仰が妙法蓮華経信仰だと確信してきた。

★大東亜共栄圏という言葉は、第二次近衛内閣の外相となった松岡洋右が、1940年8月1日の談話で「日満支を一体化する大東亜共栄圏の確立をはかる。」と言ったのに始まる。


5、戦争は人間を獣から神にするために起こす!

★戦争の中に「人間は神に成る」という思想がある。戦前の日本軍人は天皇陛下のために戦って死ねば、神になる!という思想を信じていた者が多かったという。そのことは、実は深い考えなのだ。全ての道は【 死を直視 】することが門だ。武士道とは死なり。釈迦も生老病死を直視、四門から真実の道に入り込む。四とはシと発音して、死を表現する。だから日本のアパートには4号室がない。欧米の死は数字の【 13 】である。タロットの4は皇帝であり、トランプの13はキング。死は王の意味が隠れていて、王は太陽神の意味がある。

★戦後の日本は【 戦争 】を唯物主義の観点から見ることを強いられた。しかし【 死 】と直面する戦争は神秘主義の観点でなければ本質は見えてこない。戦争とは死と直面して、太陽神と一体となるためのゲームである!と鷲は思う。ゲームという言葉は、日本人が一般的に使用する 遊び ではなく、イニシエーションの意味だ。

★大正時代はエログロナンセンスの人間の時代だったが、昭和初期から神に成る時代に急変した。神に成る時代とは、ファシズムの時代と歴史家に言われるが。ファシズムと言われる髑髏の時代は、実は神に成る時代。髑髏の背後に太陽神が存在するわけで、神の秘密とはそのことである。


6、髑髏から逃げても髑髏は追いかけてくる!

コメディアンの牧伸二が自殺したが、この有名人の自殺にはシンボル的な意味があると直感した。彼が流行させた文句が「あ~~、あ~~、やんなっちゃった」だから。これは髑髏から逃げる思想が隠れていると思う。逆に岡本太郎や三島由紀夫は髑髏と直面する考えだった。

★髑髏から逃げても逃げても追いかけてきて最後は自殺という形となる。しかし髑髏を直面すれば、髑髏の頭上から火が存在することが見えてくる。この火によって「生まれ変わり」ができるのだ。髑髏の頭上からは新しい生命力の火。髑髏の下には叡智が隠されている。髑髏から逃げるから、それが見えず自殺してしまうのだ。

★イエスキリストが処刑になった場所はゴルゴダだったが、ゴルゴダとは髑髏という意味である。イエスの処刑は髑髏の神秘を数字で表現している。日本の新訳聖書はイエスの処刑の時間を正午12時から午後3時にしている。これは間違い。

★ギリシャ語の新訳聖書はイエスの処刑の時間を正午6時から午後9時としている。なぜなら古代ユダヤの時間は、正午が6時だったから。

  【 6 】は獣の数字

  【 9 】は人間が神になった数字

★マタイの福音書には「さて、昼の12時に、全地は暗くなり、それが3時まで続いた」と記述されている。これは太陽が昇る前の一番暗い夜の表現である。太陽が昇る寸前は一番暗くなる。これは毎日、起きていることであり、人間が獣から神に成る前が、一番黒い浄化の時間の時があるということ。

★【 6から9 】とはドストエフスキーも凝った概念であるが、獣の人間が神の人間に成る!という意味である。6が死んで、9に生まれ変わり、頭上のINRIと一体となる。INRIは「火による変換」という意味で、数字の【 13 】である。

★十字架にイエスが磔になり、正午6時から9時に処刑され、3日後に復活するとは、獣の人間(6)が死んで、神の子である【 9 】が誕生して、【 13 】である父と一体化するということをシンボリックに表現したお話で、実際に起きたことではない。

★さて、釈迦に話を移せば、釈迦は老病死を見て、北門の若き修行僧を見る。若き修行僧が【 生 】の象徴として、生老病死とは真実の道に至る【 四門 】である。この四を【 死 】と捉えて、イエスは髑髏(ゴルゴダ)で処刑になったが、釈迦の悟りの道への門も四という死(髑髏)だったということ。

★釈迦は北門の若き修行僧に会いたくて、間違ってニセ導師の仙人に出会い【 6 】年間の苦行をする。その苦行を捨てた時が【 7 】で、菩提樹の下で禅定していた時に【 8 】である女神スジャータと出会い、次に【 9 】となる。【 4 】門から始まり【 9 】と成るから、四十九日(シジュウクニチ)の禅定で悟った、と、なる。

 49の4は13でもあるから、49は13と9のサーティンキューでもある。

 サーティンキューとはシジュウクニチの別の表現である!

★さて、義経伝説とモンゴルの大王のことを書こうと思ったが、それはまた今度にする。今回はこれで終わりとします。










サーティンキューのツイッター


by xuzu9851 | 2013-03-22 09:11 | Comments(2)

陰謀論を超えて【 世界の王 】に到達する! ~ 超人ヒットラーと恐怖の大王

 


★陰謀論とはユダヤ人、ロスチャイルド&ロックフェラー、イルミナティ、爬虫類型宇宙人などを悪魔として、そこで思考停止する左翼(被害者)思考のニセモノにすぎない。陰謀論はチベット密教が描く六道輪廻図で超えることができる。陰謀論とは必ず負ける運命の善に見せかけた妄想である。なぜなら陰謀論を語る者たちは、けして【生まれ変わろう】とをしないからだ!


1、陰謀論を語る人間は昔の社会党の土井たか子と同じレベル!

★キリスト教誕生以来、反ユダヤ主義はこの地上にあるが、1904年にシオンの議定書が書かれて世界的に広まった現代反ユダヤ主義はナチス・ヒットラーの出現で頂点となる。ナチスは反ユダヤ主義の陰謀論を語るだけの者ではなく、実行者だったところに何段階も上の存在だ。ヒットラーもユダヤ人であったとの言説はさらなる反ユダヤ主義の維持強化のためだろうか?ヒットラーは本当にユダヤ人だったのか?陰謀論的な知識は積極的に疑っていくべきだ。嘘と真実の混合が陰謀論であるからだ。が、どんな論説でも嘘と真実の混合だと言ってしまえば、それまでだが。

★素朴な疑問だがユダヤ人とは何者か?それは第一にユダヤ人の母親から誕生した者。第二にユダヤ教の信者である。この二点しかない。陰謀業界ではスファラディー・ユダヤとハザール(アシュケナジー)・ユダヤに分けて、スファラディーが正しいユダヤ人で、ハザールユダヤ人が悪いユダヤ人ということになっている。

★日本ではこの分け方は宇野正美の著作から広まったが、それは1980年代の後半だった。しかし宇野正美と同じような言説は1920年代にもあったらしい。スファラディーユダヤは、元々のユダヤ教徒。ハザール(アシュケナジー)ユダヤは8世紀から10世紀に中央アジアにあったユダヤ教国家のハザール王国の子孫。今世界を支配している金融ユダヤ人はハザールユダヤ人だということになっている。そして金融で世界を支配する者こそが悪の根源だから、ハザールユダヤは悪魔だ!という説。これが現代反ユダヤ主義の基本である。その前に素朴な疑問は【 本当にユダヤ人が世界を支配しているのか? 】ということだ。それこそが大嘘ではないのか?鷲の結論は【 ユダヤ人が世界を支配しているという説こそが大嘘である! 】ということ。

★反ユダヤ主義が陰謀論の基本だが、その後に、副島隆彦が大資本家のロスチャイルド&ロックフェラーが世界を金で支配し、ロスとロックは仲が悪く、その戦いが世界を動かしている、という説。太田龍はデービッド・アイクの本を紹介して、世界を支配しているのは爬虫類型宇宙人だと本に書いて講演していた。ベンジャミンフルフォードは秘密結社が世界を支配しているという本を出している。

★要するに陰謀論とは、悪魔が、1にユダヤ人、2にロス&ロックのような大資本家、3に秘密結社、4に宇宙人(爬虫類人)というようなものだ、と考える。陰謀論者とは悪魔と戦う一神教の変形にすぎないわけだが、陰謀論の特徴は一見豊富な情報がある点だ。しかしその情報には真実と嘘がゴチャマゼだ。ベンジャミンフルフォードの言うことは、真実と嘘のゴッチャというのは誰でも知ること。その他の者達も同じレベルだ。

★陰謀論者の武器は胡散臭いが豊富な情報である。陰謀論の聖典であるシオンの議定書の一行一行は「天才以上の知性の者が書いた的確な預言」であると鷲は思ってる。1904年頃に世に出現したシオンの議定書はいまだに古くなっておらず、今も最新の世界分析である。これはノーベル文学賞作家(ノーベル賞はインチキ賞だが)も幼稚園児に見えるほどの、鋭く奥深く、神(悪魔)が書いた文章と思えるのがシオンの議定書である。鷲は長年そのように思っているし、今もそうだ。しかし、ユダヤ人が世界を支配しているというのは、大嘘だろうと、何年前から思っていた。なぜ悪魔をユダヤ人にしたのか?それもなかなか面白いテーマだと思うが、今はそれを中心に語るのではない。ユダヤ人が悪いとか、朝鮮人が悪いとか、日本人が悪い!という発想は幼稚園児のような雑で単純すぎる発想である。日本人を考えればわかるが、日本人は一人でなく、様々なタイプがいるから、大雑把に【 日本人 】と表現されても困るしwww ユダヤ人とか、朝鮮人という表現も同じで、大雑すぎる。

★ヒットラーは陰謀論を語るだけでなく、ユダヤ人をガス室に送った。こう言うとガス室はなかったと陰謀論者はいう。その陰謀者の思考の癖は鷲は実に詳しい。鷲が長年、陰謀論者だったから。だから陰謀論者の発想は全てお見通しだが。要するに陰謀論者はヒットラーも悪魔ユダヤ人に操れていたユダヤ人だった!と言いたいわけだ。悪魔ユダヤ人でなければ、ロック&ロスという大資本家、イルミナティという秘密結社などが、ヒットラーを何もかも操っていたと。ヒットラーの背後には悪魔が居たと言いたい。ヒットラーは操り人形にすぎなかったと言いたい。

ヒットラーの背後に悪魔が居たのは正しい!しかしその悪魔は神でもあった!ということが陰謀論者が分かってないことだ! 

★リチャード・コシミズの言説は【 悪いのは全て「 隠れユダヤ人 」で、そのトップは「 ロックフェラ- 」 】としつこく発言している。「 隠れユダヤ人 」という表現を言えば、どんな人も「 隠れユダヤ人 」にされる。昔、「 隠れホモ 」という言葉があり、それから言えば、芸能人の男性全てが、「 隠れホモ 」にされたもんだが、単純すぎる。

★さて、大事なことを言わねばならない。陰謀業界の特徴は、世界を支配する悪魔が存在して、我々、純粋で誠実な人間は彼らに騙されている!我々は覚醒して、彼らをやっつけなければならない!というような論法であるのだ!


 悪いのは常に悪魔(ユダヤ人やロック&ロスや秘密結社や爬虫類型宇宙人など)であり、我々は、純粋無垢であり、正しい人間!だと考えている点だ。その考え方は【 左翼小児病 】と同じである!

★これは未熟な子供の精神である。いつまでも親は子供に金をやり遊ばせるのが役割だ!と思い込んでいる者たちの精神。それを【 左翼小児病 】と言う。昔、なんでも反対する土井たか子という社会党の党首がいたが、あんな感じだ。なんでも反対するのは、思考の怠惰者だ。考えないということが現代存在する宗教の本質だが、当然、間違っている。

★米軍が1週間程度で創作した日本国憲法をいつまでも神の法だと勘違いしている左翼と、陰謀論者は実は同じレベルの人種であるのだ!自分を純粋無垢な正義の人間だと考え、悪魔をやっつければ世界は平和になると考えている点で。そして自分が「生まれ変わる」という発想は一切ない。また唯物思想である。

しかし死神や悪魔が、存在するから、人間は【 6から9へと転換 】することができる!獣から神人へ転換できるのだ!



2、宇野正美+副島隆彦がリチャード・コシミズの陰謀論!

★陰謀論者は以下のように分かれる

 1、悪魔はユダヤ人 → 宇野正美、リチャードコシミズ

 2、悪魔はロスチャイルド → 広瀬隆、鬼塚英昭

 3、悪魔はロックフェラー → 副島隆彦、リチャードコシミズ

 4、悪魔はイルミナティなどの秘密結社 → ベンジャミンフルフォード、飛鳥昭雄

 5、悪魔は爬虫類型宇宙人 → デービッド・アイク、太田龍

 6、悪魔は闇の権力 → 中丸薫


★悪魔は陰謀論者によって、【 ユダヤ人 】や【 ロス&ロック 】や【 イルミナティ 】や【 爬虫類宇宙人 】などと変わるが、悪魔を倒せば世界は平和になる!という考えているところで、陰謀論者は皆同じだ。そこが陰謀論者の浅はかなところだ。その悪魔を別の表現をすれば、寺の門前に居る金剛力士だと考えることの出来る者達は陰謀論の思考停止から解脱して神々の世界に入って行ける!

★「世界の陰謀論を読み解く」の著者の辻隆太郎によると、1986年に「ユダヤが解ると世界が見えてくる」を出してベストセラーとした著者の宇野正美は「リバティ情報研究所」の肩書きがあるが、この組織は米国の極右団体「リバティ・ロビー」(2003年解散)の日本版である。このリバティロビーの創設者のウィリス・カートは、ホロコースト否定論を発言する「歴史修正研究所」に関わった反ユダヤ主義者だが、彼の白人至上主義を、宇野正美は日本人至上主義に単純に変えて発言しているのだという。宇野正美の発言は、米国の反ユダヤ極右組織に元ネタがあったのだ。

★宇野正美の講演は上手いが、これまで彼は何度も予想を外している。彼の説だと、1990年後半にドル紙幣が紙屑になってなければならない!しかし2013年3月の今でもドルはまだ紙幣のままだ。ベンジャミンフルフォード同様に彼はニセ情報を掴まされ、自信満々に発言して、予想が外れ、信用を失っているタイプなのだ。

★広瀬隆は「赤い盾」という本で、世界を支配しているのはロスチャイルドであり、原発マフィアのドンはロスチャイルドだと発言している。しかし副島隆彦によれば、広瀬隆はロックフェラー系のCIAのセリッグハリソンに創られた工作員ということになり、「赤い盾」もセリッグハリソンからの情報だと指摘している。

★副島隆彦によれば、かつて世界を支配していたのはテンプル騎士団の末裔であるロスチャイルドだったが、1929年10月24日の「暗黒の木曜日」でロスチャイルドは転落して、ロックフェラーが現代の地球の帝王だと発言している。その「暗黒の木曜日」もロックフェラーが仕掛けたものだと。副島隆彦はロスチャイルド側の評論家であり、ロス側は中国を守る。逆にロックフェラー側の陰謀論者は中国を攻撃し米国を守るという、対称的なものになってる。

★飛鳥昭雄によれば世界を支配しているのはシークレットガバメントという秘密結社である。そして飛鳥昭雄がしつこく強調しているのは、救い主はイエス・キリストだと言うこと。モルモン教徒は救い主はイエス・キリストでないとダメらしい。彼の欠点は、聖書をマジに信じている点だ。

★デービッド・アイクと彼に影響された太田龍が主張するのは、世界を支配するのは【 爬虫類型宇宙人 】である。これは誰もついて行けない主張であり、完全に間違っている。シュメールの蛇神信仰が蛇人間の像を残したのであり、あれを見たまんま【 爬虫類型宇宙人 】と表現するのは、たまげた発想であるが、信じている者がいることに驚く。信じる者はバランス感覚を失ったオカルトマニアだけだろうと思うがwww

★リチャード・コシミズは世界を支配しているのはロックフェラーを頂点とする「 隠れユダヤ人 」であると発言。そして日本はその「 隠れユダヤ人の手下の朝鮮人 」に支配されている。その朝鮮人の日本支配の方法は、統一教会と創価学会という「 北朝鮮カルト 」が政治家を操る手法によってだ!そして右翼も左翼も北朝鮮からの指令で動いていて、右翼とは日本人ではなく、北朝鮮人であり、インチキ日本人のエセ右翼である!という主張である。面白いが、間違っている認識だとハッキリ言っておくwww その点は常にツイッターで書いているので省略。

★それぞれの陰謀論者は表現方法は違うが、【 悪魔の表現が変わるだけ 】のことで、本質は同じなのだ!


3、悪魔を寺院では門の前に立つ二人の金剛力士として表現した!

★日本では昔から怖いモノの代表として、地震・雷・火事・親父、という言葉がある。親父は現在弱いが、本来の親父は怖い存在だっただろう。そして【 怖いモノは悪魔ではなく神の降臨 】と古代人は考えていたと思う。

★大黒天の像も今はニコニコ顔だが、本来の大黒の意味はマハーカーラーから来て【 大いなる暗黒 】という意味だった。大黒天の意味は【 大いなる暗黒の神 】というものだったのだ。左翼や陰謀論者の考えが浅いのは、戦争やホロコーストの根本がわからないからだ。深く考えたことがなく、子供の頃で思考停止している。だから本当の神は【 大いなる暗黒の神 】として降臨することが全く分からない。

★左翼や陰謀論者は人間が獣の【 6 】から神人の【 9 】に変わることを知らない。将棋の「歩兵」から「裏と」で表現しているのに。人間とは【 6 】だと固定した考えを持っている。【 9 】の超人を否定するのが左翼と陰謀論者であり、これが全く間違った結論に至らせている。


★日本国憲法を盲信している人間は獣である。日本国憲法は自由・平等・人権とか綺麗な言葉で飾っているが、人間を獣のままにしておくためのトリック文章である。広島と長崎に原爆を落とした米軍の20歳代の若者達が一週間で創作したのが日本国憲法である。

★戦争で死ぬ軍人は祖国を守る!という大義があるが、現在ブラック企業で詐欺で稼いている日本人には、な~~んの大義もない。祖国を守るために戦った軍人の方が、今の日本人よりは遥かに立派だっただろう。今の日本人が最低なのだ。だから3,11という獣を抹殺するホロコーストが起きたのだ。

★戦争やホロコーストは人間の浄化である。ハヤタは戦っている最中にウルトラマンに変身するし、仮面ライダーも戦いの中で変身する。しかし現代の日本人は自分のためだけに生きる獣だ。だからホロコーストが行われるのである。

★左翼や陰謀論者は【 6 】である獣を守るから、神と戦うことになり、敗北の人生を送ることになる。左翼や陰謀論者が悪魔と見ている存在は【 太陽神の死神の面 】である。勝目なき戦いをしているのが、左翼や陰謀論者である。

★神社や寺の門前に立つ狛犬や金剛力士が悪魔に見えているのが左翼や陰謀論者だ。神社や寺に入れるのは、神々だけで、獣は門の中には入れない。


4、ヒットラーは【 世界の王 】を蘇らせたイニシエートであった!

★人間が超人に成ることを描いたのがウルトラマンや仮面ライダーであり、将棋やチェスも歩兵から「裏と」に成る、歩兵から「女王」に成ることで、超人誕生の思想を表現している。そして現実の世界で超人と成ったのはアドルフ・ヒットラーである。


★これから【 超人ヒットラーと恐怖の大王 】というテーマでヒットラー大肯定の文章を書こうと思ったが、いつもツイッターで書いてることなので、秋田県なので省略する。ヒットラーや関東軍を肯定出来る者が、イニシエートや浦島太郎の道を歩んでいる者であり、陰謀論止まり、左翼はイニシエーションに失敗する者達である。

★世界の動きとは【 逆卍 】と【 卍 】のセットで動く。戦国時代があって260年の江戸時代の平和があったが、【 逆卍 】の重要性を語れる者はかつていなかった。愛とか慈悲とか光などの、一見善の言葉しか語れない宗教家こそが詐欺師である。

★イニシエートであるヒットラーに関してはまた後で書きます!!!











サーティンキューのツイッター







by xuzu9851 | 2013-03-16 08:10 | Comments(2)

ゲームの意味6 ~ 【 恐怖の大王 】に遠隔操作される日本と世界



★PC遠隔操作事件で警察は2013年3月3日、K氏をハイジャック防止法により再逮捕した。すでに明らかに冤罪であることは、多くの人がわかっているが、【 13 】に遠隔操作されている警察は、どんどん反則技に近い手を使っている。改めて考えてみると、この事件は「 日本 」と「 世界 」が遠隔操作されていることの宣言であるかもしれない。日本と世界を遠隔操作しているのは、「 恐怖の大王 」であり「 モンゴルの大王 」である【 13 】である。



1、【 13 】と戦後日本を支配する満州国人脈

★ナチスや満州国が世間で言われている悪魔の国や阿片王国ではなく、地底王国と非常に関係が深かった「神々の王国だった」という認識に変われば、現在の日本と世界の支配層の謎も見えてくる。

★安倍総理の爺さんは岸信介。彼は満州国総務庁次長であった。また麻生金融大臣の爺さんは吉田茂。彼も満州国建国以前に奉天の総領事であった。

★満州国人脈(その子孫)が、いかに戦後の日本の支配しているかは、簡単にわかることだから、読者が自分でネット検索して納得することを求めます。簡単にわかること。

★ナチス出身も戦後、出世してます。例えば、元オーストリア大統領のクルト・ワルトハイム。国連事務総長にもなった。そして今のドイツの女性首相のメルケルもヒットラーの娘だと噂されている。映画などでは、ナチの戦犯は世界中を逃げているというイメージで描かれているが、実際は、支配者として生きている。

★単純に結論を言えば、ナチスや満州国支配層に血縁のある者たちは「 出世 」します。それはどうしてでしょう?これはかなり難解な「 なぞなぞ 」。しかし、それはノストラダムスの預言詩に解答があります。有名な10巻72番の預言詩の一節に


  モンゴルの大王を蘇らすため、マルスは平和の名において支配する!

★上の一節でわかる者は【 直感的な認識力 】がある者です!

★北朝鮮なんかも正確な情報が届いてこないので、見えないが、北朝鮮建国は金策(キムチェク)の働きが第一だっただろう。金策(キムチャク)の日本名は畑中理。畑中理の息子が金正日。そして畑中理は黒龍会に所属していたが、ナチスの魔術儀式の導師のハウスホーファーは、黒龍会に接触して、入門しようとした。黒龍会は謎の組織であるが、ハウスホーファーが入門しようとしたぐらいだから、秘教的教義を持っていたんだろう!と推理する。

★重要なことは、ナチスも満州国も「 世界の王(モンゴルの大王)を崇拝する神々の国だった! 」ということ。この認識を持てれば、今を理解することができ、最高に生きることも可能となる。ナチスが神々の国だったから、人間の姿をした獣をホロコーストしたのであろう。そして、今の日本は、大地震・原発破壊・放射能バラ撒き・戦争・経済恐慌なので、ホロコースト実行中ということ。つまり、神人(超人)に成らない者は殺害!という予告での、PC遠隔操作事件であるのだ!



2、13年間の幻の城、ナチス第三帝国と満州国


★法華経の第七品は【 化城喩 】というもの。人々が疲れきったのを見て、導師が地上に【 幻の城を出現 】させ、導師が「 あの城まで行けば休めます 」と言い、人々が美しい城の中に入って喜びに満ちた、という話。13年間のナチス第三帝国と満州国は法華経第七品になる【 幻の城 】だった。ナチスは悪魔の国ではなく、神々の王国であり、満州国は麻薬の国ではなく、モンゴルの大王が建国した神々の王国だった。しかし13年間で消滅した【 化城 】だったのだ。

★法華経とは1~2世紀に成立した経典だが、【 13 】信仰が法華経という【 経典信仰 】に変形したものだと思っている。大乗仏教自体が新しいもので、釈迦が死んでから、500年から1000年経過して成立したもので、とても釈迦の説が大乗仏教とは思えない。釈迦の説にした、ということだろう。法華経の中に出てくる釈迦や、釈迦の父の大通智勝如来は【 13 】のことで、地の中の虚空とは【 地底王国 】のことである。満州国を建国した石原莞爾が法華経の熱心な信者だったことは、法華経の第七品の化城喩に関係し、法華経が地底王国に関係するからだろう。

★【 13 】信仰は、鬼神信仰になり、鬼道になり、悪魔崇拝になり、死神崇拝となり、恐怖の大王となり、モンゴルの大王となり、法華経信仰になったり変身するわだが、法華経信仰が一番難解である。結局、信者はわけもわからず、ナンミョ~と唱え、盲目的に御利益を期待することなる。その信者の中に【 13 】が降りて憑いたりする現象があるが、それは、すでに終わっただろうと、鷲は見る。法華経を熱心に信じていた北一輝なんかには、【 13 】が憑いたかもしれない。北一輝は【 魔王 】と呼ばれていたし。法華経の中に「 法華経は素晴らしい 」という言葉があり、法華経を信じ崇拝する者達が菩薩や仏に守られるという、物凄い難解な世界だが、この法華経を【 13 】と置き換えると、やっとわかってくるのだ。法華経は【 13 】という【 世界の王 】崇拝の経典である。だから地涌の菩薩を出現させ、地の中の虚空という、地底王国の比喩を出している。そして地底王国は【 プラズマ亜空間 】という異次元にある。それを法華経は「 虚空 」と表現したのだ。



3、東電を守り、安倍総理の日中戦争を援助し、橋下市長を守るのが【 13 】

東電の今年の年収は46万円増え、571万円となったらしい。神は反原発、反戦争、反TPP、側には居ない。東電を守り、日中戦争をやる安倍総理を守り、石原慎太郎の側に居て、橋下市長の側にいる。それは当然である。今のホロコーストを主催しているのが【 13 】であり、ノストラダムスは【 恐怖の大王 】と言っているのだから。

★原発自体が、電気とは関係なく、今の放射能バラ撒きによるホロコーストのために創られたと鷲は思っている。電気なんぞは、水力と火力で十分あるのだから。世界の悪の王様は原発マフィアというような認識を鬼塚英昭などが言ってるが(*´∀`*)、その悪魔の王様こそが真の神であるのだ。この辺は繰り返し言ってるので省略する。

★左翼からの嫌われ者の石原慎太郎や安倍総理や橋下市長こそが、神に従っている。恐怖の大王という神に。彼らの仕事は【 死神カード 】を集めること。人間を神々の一員にさせるには、この恐怖の大王という存在が必要であり、【 死神カード 】によって髑髏(死)に人間を直面させることが必要だからだ。

★1928年3月15日左翼弾圧の3,15事件があったが、それと似たような事件が起きるだろう。すでに日本は人間が中心ではなく、【 13 】が中心の世界になっているからだ。【 13 】の方針に逆らう者たちは弾圧されると言うこと。橋下市長は大阪市民に嫌われる発言をして、嫌われる行動をする限り、【 13 】から援助を受け安泰だと見ている。逆に、人間に媚を売る政治家や芸能人は失脚、落選、病気、死ぬことになるだろう。【 13 】とは死神であるからだ。


 人間中心の時代は終わり、【 13 】中心の世界が今の日本である!

★昨日(2013年3月5日)逮捕された銀座の不動産王の総資産も【 13 】00億円だった。


4、リットン調査団とエドワード・リットン

★2013年3月8日の北海道新聞の朝刊のトップに「北朝鮮制裁強化を決議」という記事がある。北朝鮮が三度の核実験をしたので、国連安保理事会が金融制裁をするという。もちろん、政治とはプロレスなので真実は全く別のところにあるだろうが、これは1933年の日本が国際連盟から脱会した時と同じようなことだろうか?とも思う。1933年3月に日本は国際連盟から脱会して、世界から孤立するわけだが、それは1932年3月に満州国を建国したからである。

★さて、なぜ日本は、関東軍は、満州国を建国したのか?これはかなりの謎である!

  1928年6月  張作林爆殺事件

  1929年10月24日  暗黒の木曜日(ここから世界大恐慌)

  1931年9月  満州事変

  1932年3月  満州国建国

  1933年3月  日本は国際連盟を脱会する

 この辺は、関東軍の暴走という歴史解釈で思考停止している。関東軍の暴走って何のことだ!?また、何で関東軍は暴走したのか?この辺が誤魔化しているところだ。関東軍の暴走を超訳すれば、【 13 】が関東軍を遠隔操作して暴走させた!ということだろう。ナチスも同じだ。世界を遠隔操作しているのは、今も昔も、【 13 】である!

★1932年2月29日満州にリットン調査団が来て調査をした。団長は英国人のヴィクター・リットンである。そして六ヶ月の調査の後、国際連盟に報告した。リットンは満州国に好意的であり、日本は中国大陸侵略の意図はなく、日本の満州国の権益は認めるべきだ!と主張した。国際連盟としては、日本が中国を侵略するために満州国を建国したと考えていた。結局、1933年2月20日に国際連盟の本部にて42VS1で、国際連盟は日本の満州占領を一切認めないという結論になった。それに対して松岡洋右全権大使は十字架宣言などして、日本は1933年3月28日に国際連盟を脱会し、世界の孤児になった。

★ここで注目するのは、満州国を調査に行ったヴィクター・ブルワー・リットンのお爺さんは、エドワード・ブルワー・リットンと言い、「来るべき民族」というSF小説を書いていることだ。この人物は144人で構成される「黄金の暁」という魔術結社に属した英国の貴族である。様々な名士(作家・美術家・その他英国の一流人)が「黄金の暁」の会員となっていた。この「来るべき民族」という小説にヒットラーは衝撃を受けた。この小説は読む人の意識が高度であれば幼稚な小説ではなく、地球の謎を解く非常に重要な入口の書である。簡単に内容を言えば、この地球の内部に地底王国が存在し、彼らは地球の表面人より、ずっと科学的も精神的にも進んでいる【 超人 】であり、いずれ、地球の表面に出現して(すでに出現しているが)、地球の表面をも征服する、という話である。そして地底王国の住民は【 ブリル 】という超パワーを持つ【 ブリル・ヤ 】という人種である。

★もっと簡単に「来るべき民族」の要所を言えば、「地球の表面の人間も超人になり、地底王国と友好的な同盟を結ばなければ、地底王国の超人に滅ばされる」という内容である。地球の内部に【 世界の王 】が存在すると鷲は何度も書いた。彼は恐怖の大王とも呼ばれ、地球表面をも支配している。どのように地球表面を支配しているのか?それは陰謀論者がイルミナティの陰謀と言っているやり方である。

★ユダヤ陰謀論、ロックフェラー&ロスチャイルドの陰謀論、イルミナティの陰謀論をさらに追求すると真の地球支配者が見えてくる。それは地底内部にいる【 世界の王 】からの支配であり、彼の霊的意志によって地球表面が支配されているということ!陰謀論を究極まで追求すると【 世界の王 】であるモンゴルの大王が見えてくる!ヒットラーはそこまで見えていた。【 世界の王 】は悪魔のようでいて真の神である!ヒットラーは地球の真の支配支配者と出会い、彼の指示によりホロコーストをした。だからヒットラーは世界の王を【 恐怖の王 】とも呼んでいたのだ。またノストラダムスの預言もモンゴルの大王を【 恐怖の大王 】と呼んでいる。反ユダヤ主義者のヒットラーは【 真の地球支配の主まで意識が到達していた 】のだ!その真の地球支配の主を、鷲は【 13 】と表現しているのだ。




5、さて【 ゲーム 】とは何か!?


★さて、あらためてPC遠隔操作事件とはなんだろうか?大マスコミや大警察があれほど大騒ぎするほどのことをやった事件だろうか?何のことはない、掲示板に大量殺害予告を書いただけのこと。大量殺害を実行したわけでもない。つまり、この事件の本質は【 演劇的儀式 】ということ。演劇的な儀式で現代という時代を【 示している 】のだ。大晦日の儀式であり、この大いなる暗黒の時代を通過して、新年が始まる!という予告である。だから正月に関係が深い。

★誰がこの【 演劇的な儀式 】をやっているのだろうか?それは地底王国の【 主と弟子達 】である。彼ら【 超人 】が中心にやっていて、もちろん、地球表面での協力者達も多数存在する。

★このPC遠隔操作事件は、世界の真の構造を知る上で非常に重要な事件である。【 大量殺害 】と聞くと、陰謀論者の言うNWO(世界政府による人工削計画)とかを思い浮かべるだろう。しかしそれは、その言葉【 大量殺害 】は、実は【 神聖な行為 】だと鷲は思っている。ホロコーストの語源が全てだ。【 獣を丸焼きにして神前に供える儀式 】ということ。

★人間の姿をしているだけで、【 神 】である。しかし人間の姿をしていても、精神が獣な者は抹殺すべき!という掟が、宇宙にはあるのだと感じる。人間の姿をしているのなら、【 神 】を体現しなければならない義務があると!


★【 ゲーム 】とは大量殺害のホロコーストである!それは大いなる暗黒だが、【 大いなる暗黒が大黒天の本当の意味 】のだ!また大黒天は福富を与える神でもある。

★この【 ゲーム 】の、一つのテーマは【 神に成ることを拒否した人間は殺される! 】ということである。ここまで、深いテーマがあるだろうか?しかし現実はどっかの大学の授業ではなく、現実に、神に成ることを拒否した人間は、今、大量に殺されることが実行されている。これが今の現実。毎日日本で起きている事件で分かることだ。

★【 ゲームの意味 】については繰り返し書いた。このテーマは非常に深い。貴方は【 ゲームの意味 】がわかっただろうか?この章はこの辺で終わりにする!しかし【 ゲーム 】の意味(獣と神の問題、或いは、獣から神人に成ことの問題)は非常に深いものだ。












サーティンキューのツイッター


by xuzu9851 | 2013-03-04 09:54 | Comments(2)