サーティンキュー

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


五井野正の正体! 3

1、五井野正の信者の騙し方と池田大作の信者の騙し方は全く同じ



★五井野正の信者は、五井野正は世界で評価されているが、日本では創価学会の迫害ゆえに評価されてなく、無名のままである、と、マジに信じているwwwそのように思っていることが「洗脳されている」というのだ。五井野正は世界でも日本でも全く評価されてない。世界に評価されている!という情報はウィッピータイムスと五井野自身の発言しかない。どんな嘘でも言える人間の五井野を信じることが愚かなのだ。

★五井野正の正体は池田大作を見れば簡単に解る存在である。池田大作は毎月月刊「潮」で外人の偉い人と対談しているようだが、対談している池田大作とは、写真のみの存在である。池田大作は「すでに死んでいる」とか「病気で寝ている」とか「ホルマリン漬けにされている」とかの情報がネットや週刊誌でたまに聞こえてくるが、「潮」の池田大作は病気なんぞ一切しないで、毎月精力的に外人の偉い人と世界平和のために対談しているwww

簡単に言えば月刊「潮」の池田大作は架空の存在であるということ。これは創価学会以外の多くの人は知っていることである。反創価学会の者には常識である。それと同じようにウィッピータイムスの「世界で大活躍する五井野正」は五井野正自身が創り上げた架空の五井野正である

★ウィッピータイムスの1998年9月15日号の「号外」には以下のようなことが書かれる!

  五井野プロシジャーを全世界がコール!

  南欧のマルタ共和国で国民の10%近くが大統領に五井野プロシジャーの嘆願書を!!

  副作用なしで白血病が100%完治

  ロシアのガン研究所で100%完治が証明され

  ロシアで特許を取得した五井野プロシジャーが、いよいよ年内中に欧米他、主要国で特許取得に!!

★ウィッピータイムスとは「恐怖新聞」とか「東スポ」の類のもので、日付も正確ではないほどの、誰も知らない五井野正の妄想のみを記事にしているダ~~レも読んでない紙である。新聞というには恥ずかしすぎる。小学生が先生に叱られて仕方なく書いた新聞を遥かに下回る嘘情報満載である。

★この紙屑を恥ずかしくなく信じているから、五井野の信者は「世界で五井野博士は認められているが、日本では創価学会に弾圧されて無名」という嘘を信じているのだwww

世界で大活躍する博士であり、博士号や勲章をいっぱい持っている五井野正博士とは、池田大作のモノマネそのままである。しかし池田センセも五井野正博士も創作された記事だけの存在であり、信者のみを騙すためのトリックだったのである!


★再度云えば、池田大作が10年前に死んだとしても、雑誌「潮」の池田大作は毎月、精力的に外人の偉い人と世界平和の対談をしているのである。聖教新聞の池田大作や「潮」の池田大作は【 空想の池田大作 】であり【 信者用の池田大作 】だからだ。

★この創価学会が信者を騙す手法をそのままやっているのが五井野正だ。このことで五井野正は反創価を偽装した創価学会系の宗教◎◎師だと断言できる。その手法は池田大作と五井野正しかやってないから。


2、カルト教祖とは1どんな嘘でも云う体質 2自分をメシアと断言して、自分を信じるしか救いの道はない!と信者を洗脳する!3自慢話が異常に長い!


★カルト教祖とは

  1、どんな嘘でも言える体質

  2、自分がメシアだと宣言して、自分を信じる以外は救いの道はない!と断言する。

  3、自慢話が異常に長い。

★上はコリン・ウィルソンの「カリスマへの階段」をチョッと読んだ時にワスが感じたカルト教祖の共通点である。五井野正こそ、この3点にピッタリと当てはまる!五井野正が20歳代から言ってきた妄想的な発言は

  1、五井野正は釈迦・イエスキリスト・日蓮、天台・伝教・聖徳太子・モーゼその他、地球に現れた救世主の全ての先生である!wwww

  2、五井野正は1977年に米ソの核戦争で滅亡した地球を法華経の秘法で救ったwww

  3、癌や白血病を代表にする現代の難病の全てを治す漢方薬を五井野正は発明して世界で大評判になっているwww

  4、ロシアの元大統領のエリツィンの最終的な医者でエリツィンの心臓病を治し、現在はプーチンを指導しているwww

  5、しかし創価学会の弾圧で、大天才の五井野正は日本ではショボイwww


  この程度で妄想話はやめるかなwww 楽しい人だと解るが、なんという名称の病名なんだろうか?


★後、高卒なのにロシアなどから医学博士号を貰っていることも笑えます。手品の種は創価マネーということ。字数制限で今回はこれまで。






-----------------------------------

★以下は2012年4月に投稿したが、強制削除された文章です。




ニセ本尊偽造の五井野正!






 その神は人間であったのだ。しかも人間とその「我」のあわれなひとかけれにすぎなかったのだ。

 ニィーチェ「ツァラトゥストラ・背面世界論者」




★創価学会の二代目会長の戸田城聖は以下のように発言している

 【 ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、代々の法主猊下以外にはどうしようもない。だから、佛立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんて いうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから。力がぜんぜんない。むしろ、魔性が入っている。魔性の力が入っている 】

 日蓮信仰の世界のでは本尊は命より大切なものだが、その本尊を偽造した者は私が知るかぎりは、二人いる。その一人は池田大作。そしてもう一人は五井野正である。

★池田大作が南無妙法蓮華経の題目を商品登録しようとしたり、日蓮の本尊の髭曼荼羅を偽造したことは有名だが、五井野正は「私こそが法華経の主の大通智勝如来」と宣言し、自分が書いた密の法華三部経大系を【 本物の本尊 】だと宣言した。

★その五井野の言葉は真っ赤な嘘であった。しかしこのようなニセ本尊偽造の五井野の実体を知らず、様々な著名人が五井野とツーショットしていたのである。現役総理大臣の時の小渕元総理や鳩山由紀夫元総理であり、大臣クラスでは、田中真紀子元外務大臣であり、亀井静香元建設大臣であり、三塚博元大蔵大臣である。

★池田大作でも現役総理とのツーショットはないが、政界の大物を簡単に騙せるのが、詐欺師・五井野正。だから、多くの人達が簡単に騙される。そこでニセ救世主・五井野正の真実を明らかにしたい!

★日蓮信仰の世界では本尊の偽造は大きな罪となる(あたり前だが)が、五井野正は【 自分こそが釈迦や日蓮の師の大通智勝如来 】と彼の書いた本で宣言していたのである!霊感商法の大家、五井野正の正体を暴きたい!


1、1984年4月28日に日蓮の預言した三大秘法という触れ込みで「密の法華三部経大系」を出版するが、「科学から芸術(平成7年12月1日発刊)」の巻末経歴にはそれを隠しているが、それはなぜ?

★五井野正は密の法華三部経大系を1984年4月28日に出版する(一部の人は1983年4月28日だと思っているが、1983年4月28日の印刷の文字の上に1984年4月28日だと書いた紙が貼られ、密の法華三部経体系の付録についてきた「ウィッピー通信1号の年月日が昭和59年(1984年)5月5日」なので、密の法華三部経大系は出版日は1984年4月28日である)。

 ウィッピー通信1号(昭和59年5月5日号)には以下のように書かれる

【 つまり、根本の無明というものが形として現れたのです。この根本の無明に本当の法華経、つまり本尊が顕されたという事です。 】

【 本門の題目、本門の本尊、本門の戒壇の三大秘法と言えどもそれぞれに別称であってこの一冊故に三大秘法と言えども一大秘法と言うのである。この理なくして何の理があるだろうか。すなわち本門の題目とは"密の法華三部経大系"ということである。(以下略) 】

★上に書かれるように五井野正著「密の法華三部経大系」こそが、本物の本尊だというのである。その意味は日蓮正宗や創価学会、その他の日蓮系の法華経信仰団体が崇拝している「日蓮の曼荼羅は嘘の本尊」であると言っていること。

★池田大作はニセ本尊を偽造したが、五井野正の場合はもっと安易に自分で本尊を書いて(笑)【 これこそが本物の本尊だ! 】とやったわけだ。日蓮との関連性は彼が本の中で創作した日蓮や釈迦や天台大師や伝教大師等の言葉だけ。そんな言葉は詐欺師ならどんどん創作して書けるわけだが。

★が、五井野正なりに理屈はつけている。まずは、自分は悟っていると五井野正著の法華三部経大系(1981年12月10日発刊)のP16で宣言して、P49では「私が法華経の主」だと宣言して、

ーーーーーーーーーーーーーーー

 P16「 さらに言えば私は悟りを開いています。悟りは前述した様に法、理、事を兼ね備えているものです。(法華三部経大系) 」

 P49「 つまり先ず十二因縁を説くのはこの本を読む人達が法華三部経大系という題名から買って読んでいる訳で私が法華経の主であると知って声聞の立場で買う訳ではない。(法華三部経大系) 」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 上を書き、そして自分の書いた本の密の法華三部経大系が日蓮が預言した三大秘法、つまり、本物の本尊だと宣言したわけだ!!

★要するに、自分で書いた本を勝手に本物の本尊だと宣言し!商業販売していたのが、五井野正だったのだ!!




2、もちろんインチキ本尊!五井野正著「密の法華三部経大系」!!

★ウィッピー通信1号には以下のように書かれている。

【 ですからこの本を三大秘法と思い信行に励もうとする時、一大秘法として本門が開かれるのです。そして本門の次は光明門、つまり光門に入ります。光門の次に浄化門があり、このような戒壇(階段)を登ってでなければウィッピー行は与えられません 】

★上のように書かれるわけだが、私が光門のビデオの法華を1セット5万円払って予約注文して24年(1988年に予約)経過しても、光門のビデオの法華は来ない。予約金詐欺だったということ。

★この24年の間で光門(ビデオの法華)を発刊するはずの創栄出版は倒産した。創栄出版が正本堂とか言っていたはずだが。密の法華三部経大系の巻末には様々な仏や菩薩が、【 この本を守り広める者のみ、我々は守る!!! 】とか、力強く宣言しているわけだが、正本堂の出版社がとっくに倒産(笑)。

★これで証明されることは五井野正の言葉は嘘。密の法華三部経大系の最初の日蓮とか釈迦とか伝教大師とか金星人オーソンとか巻末の様々な仏や菩薩は【 五井野の妄想か?五井野が創作した嘘の言葉 】ということで、また、五井野正著「密の法華三部経大系」はニセ本尊だということ!密の法華三部経大系を拝み守り広めてもだ~~~れも守ってくれないということ(笑)ここが五井野正が霊感詐欺師だという証明である。五井野も「密の法華三部経大系」はなかったことのように、「科学から芸術」の巻末の経歴に書いてないしw

  五井野正はニセ本尊を偽造した!ということ!!



3、五井野プロシジャーは副作用なしに癌や白血病やあらゆる病気を100%治す!と言うが本当か???

★1998年9月15日(火曜日)のウィッピータイムス号外に以下のように書かれている。

【 副作用なしに白血病が100%完治!! ロシアの癌研究所でも100%完治が証明されロシアで特許を取得した五井野プロシジャーが、いよいよ年内中に欧米ほか、主要国で特許取得に!! 】

【 南欧のマルタ共和国で国民の10%近くが大統領に五井野プロシジャーの嘆願書を!! 】

【 ロシアで特許取得の人類の夢 五井野プロシジャーを全世界がコール スウェーデン・デンマーク・イギリス・ドイツ・イタリア・マルタ共和国・ロシア・ウクライナ・ベラルーシ・ラトビア・エジプト・レバノン・バングラデッシュ・オーストリア・米国など、世界中の末期ガン重病患者がヘルプ・コール!! 】

★上の情報が正しければ凄いことだが、ウィッピータイムス以外の世界の情報機関では全く書かれない、伝えてない情報だ(笑)。五井野村だけの妄想か!?かなり怪しいというより、完全に怪しい情報、ニセ情報である。その五井野プロシジャーの真実を探求したい!

★私は初期の五井野プロシジャーを創ることができるが、私の体験では、これは「元気ハツラツのオロナミンC」程度である。信者は絶対効くと思っているかもしれないが、健康食の程度だろう。絶対に今にも死にそうな重病が、たちどころに治ることはありえないだろう。重度の癌患者や白血病患者は治すことはできない。

★そして五井野プロシジャーが100%副作用なしで、全ての病気を治すのであれば、今の世界が大注目するだろう!、が、今まで、五井野村以外で世界が注目しているという話は全く聞かれなかった。

★五井野が創った1997年の「 救済者 」というドキュメンタリー番組がある。これもかなりの疑惑がある。

★これは1997年にウクライナの国営放送で「救済者」というタイトルで流れたと言っているわけだ。

★第一の疑問は、ウクライナの国営放送はウクライナ語で放送するのだが、この放送は、ロシア語である。ウクライナの国営放送なのに、なぜ?ロシア語で放送していたのだろうか?

★ノストラダムスの大預言の1999年の2年前に、五井野はウクライナで救世主を演じたわけだが、ウクライナの国営放送のはずなのに、ロシア語の放送したということで、このドキュメンタリー番組の嘘が見えてくる。

★1997年に本当にウクライナの国営放送で五井野の「救済者」が放送した事実があったのか?五井野のやっていることは全て疑わなくてはならない!

★次の疑問は五井野は「救済者」というドキュメンタリーで白衣を着て医者としてふるまっているが、医者の免許はあったのか?ウクライナでは医者の免許がなくても治療することができるのか?少なくても五井野の最終学歴は高卒であるから、日本では医者として活動することはできない。

★私が過去の記憶では五井野はラトビア?かどっかで医者の免許を取ったということだが、それは、本当か?疑問の数々である。

★しかし、最大の疑問は、五井野プロシジャーが本当に100%副作用なしに、癌や白血病を、たちどころに治せるのか?それが嘘なら、重大な事件に発展する可能性がある。

★五井野の言うことを何もかも盲目的信じる者たちがいるから、彼らが、五井野プロシジャーで100%癌が治ると信じて、医者の治療も断り、癌患者に五井野プロシジャーのみを飲ませたところ、全く効かないということになれば、殺人にまで発展することもありえるからだ。


4、五井野は駐日アルメニア共和国名誉領事になったことは一度もない!!

★五井野正は1995年12月1日に発刊した「科学から芸術へ」という表紙の右上に「駐日アルメニア共和国名誉領事」という肩書きを書いている。

★そこで私は今月6月22日に駐日アルメニア共和国大使館・総領事館に電話した。するとアルメニア人らしい男性が出て来たのだが、

 私「 ちょっと伺いたいのですが、五井野正という人物が、【科学から芸術へ】という本で、駐日アルメニア共和国名誉領事と名のっているのですが、本当ですか? 」と聴いた。

  すると

 アルメニア領事館の男性「 その人物は前からアルメニア名誉領事と名のっているが、1度もアルメニア名誉領事になったことはありません 」とかなり強い言葉で答えた。


  やっぱり、それも嘘だったのか!と私は五井野の嘘をまたも確認したのだ。


5、五井野のやってきたことは若きときから、一貫して霊感商法である!

★五井野は1977年に米ソの核戦争で地球が滅びたと主張している(講演と密の法華三部経大系)。1977年に地球が滅びたのに、なぜ?、いまだに地球があるのか?それは五井野の法華経の秘法によって、時間を元に戻したからだw このような荒唐無稽な主張をマジメに語る教祖がいて、それを信じる信者が存在するのが一神教(カルト)の特徴である。

★五井野と信者にしか存在しない世界。一つの集団でしか信じてない世界、それが一神教(カルト)というもので、共同妄想の世界である。1977年に米ソの核戦争をあったことを証明できるのは、五井野の頭の中のみである。

★その五井野の妄想を共有しているだけなら問題はないが、地球滅亡を防御するには、五井野の本の「七次元よりの使者第0巻」を広めなければならなかった。だから、その当時の信者は一人100冊くらい五井野の本を「自費」で買ったのだ。地球滅亡を防ぐためにw それで、ベストセラーとなり、五井野がベストセラー作家と自慢しているわけだ。

★なぜ?1977年に地球滅亡という話になるのか?それは1977年に五井野の本を出版する創栄出版を設立している。それを考えれば、1977年に米ソが核戦争をして地球は滅びた、と言う妄想は、本を売り、出版社の経営を軌道にのせるための嘘だったとわかるし、五井野は最初から霊感商法をしていたのだ!!


★若き時から五井野は霊感商法やっていた。空缶を拾ったくらいで、宇宙で一番エライ創造神だと宣言し、信者に本を何冊も買わせ、高い金額の講演料を払わせ、そして今やってることは、買えば天国に行けると信者が信じる「ゴッホをマネした絵」である。その絵の値段は1500万円もして、統一教会の壷と同じレベルである!



6、五井野正とはこういう人



1、ニセ本尊偽造(密の法華三部経大系)

2、予約金詐欺(密の法華の次の門である光門を予約しても来ない。24年間)

3、五井野が創った副作用なしに100%、癌や全ての病気を治すという漢方薬を信者に飲ませる(この漢方薬が副作用なしに100%癌その他が治るのか?は、正式に日本で証明されてなく五井野村のみが信じていて危険)

4、経歴詐称(アルメニア名誉領事になったことは一度もない)

5、霊感商法(自分を創造神だと主張して天国に行けるという絵を信者に売ってる)

6、インターネットを世界初めて発明したと主張し(科学から芸術P150)、信者は信じる

7、ムーミンのスナフキンのモデルだと主張

8、第三次世界大戦を止めたと主張

9、1977年に米ソの核戦争があり地球は滅びたが、五井野の法華経の秘法で地球を元に戻したと主張する

10、宇宙で一番エライ創造神だと若い時から主張する!釈迦もイエス・キリストも五井野の弟子wだと本(密の法華三部経大系)に書いている。

  その他数多くあるが、この辺で。


★なにかとてつもない楽しい人だが(笑)、本質は自分を創造神だと思い込んでいる(マジか?)、高卒の宗教詐欺師が五井野の本質である!

★彼の出しているウィッピータイムスというのがあるが、五井野が世界の要人とのツーショットの写真が毎回掲載される。このウィッピータイムスとは聖教新聞のパロディである。池田大作が海外の要人に毎回会って、池田崇拝の記事しかないのが聖教新聞だが、ウィッピータイムスでは池田の役を五井野がやって、毎回、世界のエライ人と会う凄い博士という記事なのだ。

★池田も五井野も日本では信者以外は全く崇拝しない!というのが同じである。まぁ~、五井野は池田をモデルにしていることはわかる。勲章や名誉博士号のコレクターというのも同じだし、そんな勲章や名誉博士号を持っても、信者以外は、誰も凄いとは思わないが。

★元々、五井野は創価学会の一家に生まれたし、五井野の子供の頃、一番尊敬していたのは池田大作だった。五井野教は池田教のパロディなのだ。言葉の表現が違うだけのことで、本質は同じである。五井野教はあまりにも規模が小さいので、誰も気づかないが、言っていることは、五井野が宇宙で一番エライ創造神だとか、世界の国王や大統領を五井野が指導しているとか、凄いw しかも、信者は、五井野の発言を全て信じてるw

★五井野は常に講演では池田大作を攻撃するが、本当に池田教と五井野が敵対関係にあるのか?それはわからない。オウムも創価学会を敵とする発言をしていたが、創価学会(と統一教会)がオウムを作った説はかなり真実だと思われ、オウムも五井野も簡単にロシアに入っていけるところを見ると、五井野も創価学会の下部組織の可能性もある。それを証明するにはまだ資料が足りないが。

★世界で大活躍する五井野正博士という嘘は、インターネットで簡単にバレル嘘だ。ドクター、タダシ・ゴイノあたりで、検索すれば、五井野が世界で活躍していないことが簡単にわかるし、そのアカデミーナントカも、かなり怪しいものだとわかる。


終わりに


★麻原彰晃は1987年頃に最終解脱者と名のるが、その10年前の1977年に五井野は七次元よりの使者第0巻で「創造神(宇宙の中心者)」と名のっている。具体的に創造神と名のるのは1984年の密の法華三部経大系にだが。今、考えると、この二人は仏教の最高者を名のり、ロシアに行くなど似ている。もちろん、どちらもインチキ・メシアだが。

★創造神とか法華経の主とか五井野は名のっているが、それなら常識の常識で嘘を言ってはならないが、「科学から芸術」という本の表紙に肩書きが駐日アルメニア共和国名誉領事となっているが、日本の駐日アルメニア領事館に電話して聴けば、「その人物がアルメニア名誉領事になったことは1度もない!」と怒りを込めて言われた。五井野が嘘ツキだということは、このように簡単にわかるのである。

★オウムは1990年の前半にロシアに進出して2~3年で信者2万人を獲得して、今はロシアでオウムは禁止されているが5万人くらい信者がいる。五井野は1990年中盤からロシアに行ってエルミタージュで美術展覧会をしたり、ロシアの要人とのツーショットをしている。なぜ?オウムや五井野はロシアに深く入れたのか?それは「 悪魔と深く関係しているから 」だろう。具体的なことはこれから分かってくると思うが。その謎を解くのはこれからのお楽しみだ。

★五井野の本、七次元よりの使者第0巻に出あって、今年で31年目。1984年の4月28日に出版された密の法華三部経大系も長らく信仰していた。しかし、五井野の言葉は嘘で、あり、嘘本が五井野の本であったのだ。その証拠はいくらでもあるが、繰り返しになるので、この辺にする。五井野の本を崇拝しても御利益や諸仏・諸天に守られることはない。なぜなら、五井野の本を出版している創栄出版自体が、守れてないから、とっくに倒産したのだ。

★五井野のやったことで一番危険なことは、100%副作用がなく癌やその他の病気が一瞬に治るという漢方薬を信じることだろう。私の病気は五井野の薬では治らなかったので、五井野の薬を盲信することは非常に危険なことだと体験的に言える。そして、五井野の言うことは一切疑わないと真実は見えてこない。嘘を信じて生きることは必ず体調を崩す元になる。

★また、若い時から、神でもないのに神だと多くの人を騙しきた五井野が、自分の絵を、天国に行けると言って1500万で売っていることは完全に霊感商法なのだ。また政治家は五井野と写真を撮る時、その写真は霊感商法に使用されると気づくべきである!いずれ、五井野の正体が何もかも表に出て来たとき、ツーショットした政治家達は大転落するだろう。

★創造神でもないのに創造神だと言って多くの人を騙してきた五井野の罪は非常に大きい。五井野の密の法華三部経大系の巻末のような表現で言えば、五井野は【 これから何もかも暴かれ、業が山のように、五井野に、降りかかってくる 】だろう。










[PR]

by xuzu9851 | 2013-08-15 15:16 | Comments(84)

五井野正の正体! 2


1、五井野正教とオウム真理教は創価学会が創った新カルトか!?


★オウム真理教が統一教会と創価学会の混合集団ということはネット上では多く言われることだが、五井野正が作ったウィッピーという妄想集団も創価学会が創った(支援した)新カルトであるだろう。その理由は多くある。

 1、五井野正は創価学会一家出身で、五井野一家が創った「創栄出版」も創価学会の「創」の文字がある。

 2、カルト教祖の中で五井野正と池田大作だけが異常に多く似た勲章や博士号を持っている。

 3、五井野正の信者洗脳方法は創価学会の洗脳方法と同じである

 4、聖教新聞は池田大作が世界で活躍する記事で、ウィッピータイムスは五井野が世界で活躍する記事であり、ウィッピータイムスは明らかに聖教新聞のモノマネ。

 5、五井野が創価学会からの迫害を言うのは、オウム上祐が池田大作暗殺計画を云うのと同じことで、要するに創価学会とは敵対関係にあり無関係を偽装するパフォーマンス。

 6、五井野も創価も法華経信仰を元に、法華経信仰から、五井野個人崇拝と池田個人崇拝に変えたもの

 7、五井野は高卒止まり、池田は一応富士短大卒業だが、ともに低学歴www

★上を見て解るように五井野教とは池田教のモノマネカルトである。一番の共通点は勲章とか博士号がやたら多いことだ。その種明かしは簡単で、ソ連崩壊後の経済不振の国に創価マネーをばら撒いて、見返りに勲章や博士号を貰ったということ。その恩栄で五井野正にはわけのわからない旧ソ連の勲章や博士号をいっぱい持っているということ。高卒止まりなのにwww そんな勲章や博士号に価値はないが、バカを騙す道具にはなる!

★もしかすると駐日アルメニア名誉領事のように五井野が勝手に言ってる博士号があるかもしれないが、創価学会経由で貰ったものだと今は見ている。

★ソ連崩壊は1980年代後半だが、その頃、オウム真理教がロシアに進出して話題になり、五井野も1995年にエルミタージュで浮世絵の展覧会をする。創価はもっと早くにロシアに潜入していたかもしれない。その辺はわからない。オウムは創価の尖兵だったかもしれないし。

★五井野正は著書で「法華経の主」とか言う妄想を書き、創価学会は今の池田大作ではなく、五井野正を崇拝すれば世界を救えた、とか妄想を書いているが、簡単に言えば、創価が創った偽装反創価の新カルトが五井野教であるそしてオウム真理教も偽装反創価の新カルトである。

★創価としては一見、創価に反発する組織を作って、多くの奴隷信者を獲得しようとしたのだろう。五井野のやっていることが創価の洗脳方法とまったく同じだから間違いない!

★五井野教が今滅亡するのは、インターネット時代に対応できなかったためだ。密室の中で洗脳していればいまだに世界で活躍する五井野博士という妄想は持続できただろうが、ネット検索により、五井野は世界で活躍してない!とハッキリ解るから嘘が続かないwww インターネットを発明したと本に書いているくせにインターネットの情報力によって亡びるのが五井野教であるwwwネットの時代には創価学会式(教祖が世界で活躍してて、要人と会い、勲章や博士号をいっぱい持ってる)の洗脳方法はすぐに暴かれる!ということ。


2、世界(世間)との価値観闘争で敗北して、田舎に逃げるカルトは集団自殺するのが多い!

★銀座の画廊店も止め、フナイでの執筆も止めて、世界との価値観闘争で敗北したことが形に成っている五井野教だが(けして負けを認めないだろうがw)、七次元から来た宇宙の創造神が五井野正!であるという設定では、絶対に敗北する運命だろうwww最終解脱者を名のった麻原の【 最終解脱者 】という言葉の方が五井野より大人の表現に思えるwww

★さて田舎に引き篭もるのは、ふるさと村をやっていたので当然だろうが、1978年の人民寺院事件や1994年の太陽寺院や1997年のヘヴンズ・ゲートなどのカルトの集団自殺事件を考えれば



 1 世界(世間)との価値観闘争で敗北

       ↓

  2 田舎に信者だけの村を創って引き篭もる

       ↓

  3 金銭、人間関係の軋轢で教祖が狂い集団自殺

 
  というカルトにありがちなワンパターン事件があるので気をつけてください!


3、五井野正と写真を撮った歴代総理達と大臣達

★以下の方々が五井野正と写真を撮った!


総理  84代 小渕恵三

     85・86代 森喜朗

     93代 鳩山由紀夫

大臣  三塚博元大蔵大臣

     田中真紀子元外務大臣

     亀井静香元建設大臣

     細野豪志元内閣府特命モナ密会チュー担当大臣


       など。他にもいそうだが、この7人でも充分だ脳~


★五井野正が何者か?解らず、勲章と博士号とかいっぱい持ってて浮世絵という文化運動している人だと騙され現役総理やナントカ大臣もツーショット。そしてこのツーショット写真をウィッピータイムスに掲載して、多くの人を騙してきたのであったwww 特に鳩山由紀夫夫妻とのツーショットは利用されているから、鳩山由紀夫に仏罰が落ちたのだと思う脳~www

★五井野の会(歌川門人会など)というのは真実や浮世絵の研究はしてない。信者達は長期間五井野の自慢話を一方的に聞き(長時間)、浮世絵を買って、金持ちに売れと命令されていた。。五井野を【 七次元から来た宇宙で一番偉い創造神だと盲信している信者集団 】である。オウムの信者と同じくらいの頭脳の者達だ。悟りの道はオウム真理教の信者より険しい鴨猫~www 五井野正を解脱しなければ悟ることは無理

★五井野正は、反創価を偽装して、世間(日本)では評判が悪すぎる池田大作がツーショットできなかった日本の総理や大臣たちと写真を撮り、その写真を自分の新聞に掲載し、多くの人を騙してきた。池田大作がやってきた方法を使ってきたのだ!そして五井野正が一見華々しい経歴なのは創価学会とSGIからの恩栄である!

  総理大臣や大臣の皆様、わけのわからない勲章や博士号を持っている方とはツーショットしないようにしてください!霊感商法に利用されますから!www







ーーーーーーーーーーーーーーー

2012年4月に投稿して強制削除されたものです



★〇〇師・五井野正について1と2を書いてきた。ヒフミや三位一体という言葉があるので、3まで行くのが正しいwかもしれないので、3で一区切りとする。さて、五井野正著の密の法華三部経大系という本を、今、見ているが、巻末に「この書しか救われる道は一切ありません」と様々な諸天や諸菩薩や諸仏が言っているわけだが、それなら、救われるのは誰もいないだろう(笑

★密の法華三部経大系は殆どの人は手にできないし(アマゾンでもやたら値段が高い)、また本門(密の法華)の、その上の道と五井野が設定した光門は閉じているわけだから。つまり、明らかな虚言の本が、密の法華三部経大系だとわかる。それでいて、この本を誹謗・中傷するものには、業が山のように降りかかるという脅しが書いているが、これが、一神教の特徴の精神的恐怖により人間を支配し奴隷にする言葉である!

★池田整治という人物が五井野と共に講演しているが、この人、マインドコントロールという本を書いているくせに、五井野にマインドコントロールされたわけだ。マインドコントロールという言葉も、化石のように古い言葉だが、人にマインドコントロールを解け!言う前に、己が五井野からのマインドコントロールと解け!と言いたい。さて、五井野正の正体の暴露の第三弾!


1、貯金をするな!と教えて、五井野に金を貢ぐことを教える


★私は1990年代、毎年、3回から4回程度、五井野正の講演に参加していた。その時の講演で、五井野は「 貯金はするな! 」と何度も繰返し発言していたことを記憶している。

★1990年代、五井野の講演は5万円コース、10万円コース、20万円コース、40万円コースとあって、浮世絵やその他も会場に売っていた。要するに、貯金しないで、金はすべて五井野講演会参加とか、浮世絵とか、その他のグッズを買え、という意味だったのだ。

★参加しているのは全国からの100人程度だったかな。1990年あたりは、300人以上いたような記憶もあるが、月に1回は必ずあったわけだが、私の場合、飛行機代金もあるし、なかなか参加はできなかった。

★一番高い40万コースで参加している人が偉いという雰囲気で、五井野正という生仏(イキボトケ)も、金を出す人間が偉い!という姿勢を露骨に出していた。

★創価学会の池田大作を仏にしようという「池田本仏論」というのが昔あったが、五井野の場合、仏を超えて、創造神宣言をすでに本(密の法華三部経大系)でやっているし、「悟っている宣言」を顕の法華三部経大系でやっているし、池田は側近に言わせたが、五井野は自分で「本仏宣言」をやっていた!

★で、その本仏の五井野がいやに貧乏人が嫌いで金持ち大好きなわけだ。池田よりズーズーしいのである。池田がどんな人間かは会ったことないから知らんが(会いたくもね~)。

★五井野の「金持ちに浮世絵を売れ」の教えが仏教か?そんなことは、どんなバカでもわかるが、仏教であるわけない!しかし、五井野の話は5時間とか7時間とかやってるから、「金持ちに浮世絵を売れ!」も仏の教えのように受け取ってしまう。

★前に書いたが、五井野の講演の内容は大半が「私は偉い!という自慢話」で終始する。或いは、地獄の1丁目とか2丁目とか、誰も理解できない理論を延々とやっているわけだ。なんせ、五井野の本を読んで、五井野を仏だとか、創造神だと信じている人間を対象にしての講話だから、どんな嘘でも言えるわけだ。

★私が記憶にあるのは【 貯金するな! 】の教え。それは、五井野に有金全部貢がせるための理屈だろう!


2、ロシアのエルミタージュ美術館で日本人初で日本人で唯一個展を開いたのが五井野正と言っているが!?それも嘘の可能性が大いにあり!!

★ナニを書いているのか?意味不明な本を書いて、それでも会員に多い人で100冊以上買わせて、ベストセラー作家といまだに自称する五井野正だが、創栄出版なきあと、どこの出版社も彼に本を書いてくれ!の注文はないし、ベストセラー作家とは信者達の献身が創ったニセモノだとバレタわけだが、音楽家の時もあって、LPレコード1枚だして、世界初の16音階だと言ってたが、まるでヒットしないわけで。ツマラン曲だから。

★しかし、自称・創造神を名のる人物が普通であるわけがない(笑 今は画家と自称している。彼は高卒だが、学校の頃、一番不得意なのが美術だと言っていたが、「私は一番不得意なもので世界を動かす」とか、言っていたような記憶があるが、画家と称して、彼の絵を何百万とか何千万で売っているのが、今の五井野正だ。

★それでロシアのエルミタージュ美術館で日本人初で唯一、展覧会をしたと宣伝しているわけだが、五井野の他にもエルミタージュ美術館で個展を開いた人間がいるようだ。

★このブログには以下のように書いている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆エルミタージュ美術館で日本人初とか日本人唯一の個展というのは少し違うかも。
なぜなら、私の知っている限りだけでも、パリのY子さんも個展をしていてポスターも会場風景も写真を見ているので嘘ではないと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

★五井野が画家だと言っても、昔聞いた話では、弟子に大方は描かせ、最後の人物とかチョッと書いて出来上がり!それはダリもやっていたとか、言っていた(昔の講演での記憶)。大方は弟子が描いた絵だと考えた方が良いだろう。今は少しは上手くなって、描く量も多くなったかもしれんが。

★ハッキリ言って、芸術に向かないのでないのか!五井野正よ!学校時代に美術の通信簿が2ぐらいの人が、画家だと言っているのが、ヘンだが、そこは自称・創造神で宇宙で一番偉いから、いいのか(笑


3、五井野プロシジャーが副作用なしに、100%癌や白血病や糖尿病を治す!?

★五井野プロシジャーとは五井野正が発明した癌や白血病や糖尿病を100%、副作用なしで治すという漢方薬だが、要は、霊芝に2~3種類の薬草を混合させたもの。

★1998年9月15日の号外のウィッピータイムスではスウェーデン・デンマーク・ドイツ・イタリア・マルタ共和国・ロシア・ウクライナ・ベラルーシ・アルメニア・ラトビア・エジプト・レバノン・バングラデッシュ・オーストリア・米国などが認めたと書いている。

★今は2012年4月13日。そんなことは全く聞こえてこない。五井野正主催のウィッピータイムスという「五井野正大絶賛のみの、かなり怪しい情報誌」の1998年9月15日板だけが言っていること。

★五井野正なら「創価学会の圧力」で日本には届かない、と、言うだろうが、本当に創価学会の圧力があったのか?そこらへんもかなり怪しい。

★五井野プロシジャーとは【 霊芝 】である。【 霊芝 】は癌に免疫力があると、五井野正が言う前に、知っている人は知っていたし、また、アガリクスというキノコも癌に免疫があるといわれて、アガリクスのインチキ商売が流行り、問題にもなった。

★五井野正という希なる詐欺師が言うことは、すべて疑わなくてならない!五井野プロシジャーとは、しょせん、【 霊芝 】の免疫力。それに2~3の薬草を入れたわけだが、100%、癌や白血病や糖尿病を治す、とは、五井野正関連のみしか言ってないので、信じることはできない。

★ロシアとかウクライナとかラトビアという外国でなくて、日本で五井野プロシジャーが公式に「癌や白血病や糖尿病が100%副作用なしで治る」と証明されれば信じよう。しかし、それは永遠にできない。いつもの「創価学会の圧力」という言い訳が出てくるに決まっている。

★しかし、創造神なのに創価学会程度に勝てないのが疑問である(疑問でもないか、五井野は創造神でないから)。五井野正は池田大作を敵視しているが、双子の兄弟にように池田と同じくゴテゴテの勲章や名誉博士で着飾ることなどソックリではないか。魔界同士は仲が悪いということか?それとも八百長プロレスか?。

★さて、横にずれてきたが、五井野プロシジャーはその成分から言って、毒ではないだろう(毒の可能性もあるが)。しかし、100%副作用なしで癌や白血病や糖尿病を治すと言うのはまだまだ科学的データーがない。要するに、誰でも知っていた霊芝の効力があるという、だけのことだ。


4、落ちタバコを拾う、モク拾い行は木星の煙の浄化行!?


★五井野正は空缶拾い、そして、モク拾いをしていた、あの当時今よりは有名だったのだが、そのモク拾いの意味がウィッピー通信1号の昭和59年5月5日に書いている。

 【 モク鉢行とは観心で観れば旧太陽、木星の浄化行であり、木星を覆う煙、つまり海王星の爆発までたどり、それが龍神界の大問題であり、それがムー崩壊の原因解明にもなり、それらの大きな因業をモク鉢行という形にして行じる人のみに開く門なのであり摩訶不思議、すなわち摩訶止観であって、文殊菩薩自らも行い、悟りを得て龍神界にさかのぼって妙法蓮華経を説く。すなわちウィッピー行とはすべての諸菩薩の根本行なのです 】

★五井野正の意味不明文は上で明らかにわかる。落ちタバコのモク拾いをすることが、木星の浄化となり、仏教の菩薩の根本行?物凄い、わけのわからん、観念であるが、もしかして、正しいのか?と思わせるw

★この辺が、五井野正【 文学 】の頂点である(笑

★しかし、菩薩の根本行のウィッピー行を得るには、本門から光門、そして浄化門を通過しなければ与えられない!と同じウィッピー通信にハッキリと書かれているわけだが、本門の次の光門はいまだに、私が注文してから24年経過しても発刊されてない。多くの人から予約金を集めたにも関わらずだ。明らかな詐欺があったわけで、五井野の言うモク拾いが、木星を覆う煙を浄化する行?というのも嘘の言葉にすぎない!


5、裁かれるのは五井野正!!

★五井野正はウィッピー行はすべての菩薩の根本行と言いながら、本門の戒壇の密の法華三部経大系の上の世界の光門は、正本堂と言っていた創栄出版が倒産したことで、永遠に、戒壇(階段)はなくなり、密の法華三部経大系という本も、本門の本尊ではなく、嘘の本門の本尊、ニセの階段(戒壇)であり、密の法華三部経大系が日蓮の預言した三大秘法であり一大秘法という嘘が明らかになった。

★法華経の主と宣言しながら、彼の自分しかわからん理論はすべて破綻しているのである。私が五井野正の言う理論?を一生懸命、理解しようとして書いているわけだが、彼はすでに終わっているということ。

★ベストセラー作家と自称した「七次元よりの使者」などは、バカ信者に買わした結果であり、音楽は、誰も感動しなく、今の絵は?自分で判断すれば良いが、それほどキツイ言葉は言いたくないが、しょせん、詐欺師の絵 ではないだろうか?

★五井野正とはウサギと亀の話で言えば、ウサギ型の人間である。若き頃は、空缶拾い・モク拾い、本を書いて、ふる里村を作って、華々しく活動しているように見えたが、「 あまりにも長いウサギの昼寝 」である。

★大ベストセラー作家と言っていたのに、今は船井にしか相手にされない。インチキ爺さんにしか相手にされないのだから、作家としての完全に生命は終わった。それは、若き時のベストセラーが、会員に自費で買わせた、インチキベストセラーだったから、その悪業が自分に返ってきているとも思える。

★七次元よりの使者第0巻とか密の法華三部経大系には釈迦や日蓮や天台大師やイエス・キリストなど過去の宗教偉人が五井野正を先生として大絶賛する言葉が並んでいるが、その日蓮や釈迦の発言は五井野自身が創作した発言であろう!すでに確固として存在する権威を利用する!というのが五井野の一大特徴である。存在しなかった聖徳太子まで五井野を大絶賛する発言(笑

★しかし、五井野正はインチキベストセラーよりもっと業の深い悪をしている。自分を創造神とか宇宙の中心者とか釈迦の父の大通智勝如来とか宇宙一偉い!とか、常に講演や本で発言していたのだから。五井野正を信じた者しか救わない創造神っているのか?

★裁かれるのは五井野正である!


最後に

★五井野正は◎◎師である!を1・2・3と書いてきた。まだまだ書き足りないことがあるが、例えば、五井野正著「科学から芸術」P150に書かれるインターネットを世界で始めて考えだしたのは、五井野正である!という記述とか、創価学会が五井野正を「預言された人が出現した」という記事を聖教新聞?に書いたとか、五井野の本は未知な謎に包まれていて楽しい(笑

★五井野正とは一言で言えば「池田大作の二番煎じ」。使っている言葉は違うが、「自分が宇宙で一番偉く、自分を信じている者しか救われない!」と発言していることとか、勲章や名誉博士号で肩書きをゴテゴテに飾っているとか、非常に似ている。違いは池田は本仏論を側近に言わしたが、五井野は自分で「悟ってる」宣言をして(法華三部経大系)、創造神宣言している(密の法華三部経大系)ところか?池田より言葉上はずっと上を行っているわけだが(笑

  さて今回は、この辺で!!

 

[PR]

by xuzu9851 | 2013-08-08 23:13 | Comments(1)

五井野正の正体!

1、どんなウソでも言える人間




★高卒なのに世界的な博士だと主張することが笑わせるが、
その博士号の手品も池田大作を見れば解ること。池田大作の最終学歴は富士短大(これも怪しいが)だが、世界的な博士号や勲章を多く持っているwww 池田大作の博士号を凄いと思うのは、信者のみである。五井野の博士号も信者以外は褒めることはない。信者以外は馬鹿にするだろう。



★五井野と池田は博士号で解るが、同じ組織の者である。その組織は創価学会とは断定しない。創価より巨大な組織が世界にある。ワスの創価学会の見方が変化している。創価学会や統一教会をこれまでの見方をしてない。その考えはまだ固まってないが。



★五井野正は法華三部経大系で【 悟っている 】P16で書いているがそれはウソだろう。この30年間、五井野を見ていて、丸で悟ってない馬鹿、としか思えない。高卒なのにロシア系の博士号をとって自慢していることが馬鹿に見えるのだ。【 悟りには法・理・事を備えてなければならない 】なら、高卒で博士とは理がないだろうwww



★五井野正には文章の才能はない。音楽の才能はない。絵の才能はない。才能があるのは【 どんなウソでも言える能力 】だ。1977年に米ソの核戦争を次元界で止めた、とか、第三次世界大戦を止めた、とか、インターネットを発明したとか、誰でも解るウソを堂々と言う才能のみ、五井野にはある。その能力こそがカルトの教祖の特徴であるのだ!




2、メシアニズムの起源

★1980年代に3人の自称メシアが日本に出現した。麻原彰晃、大川隆法、そして五井野正である。なぜ自称メシアが出てきたのか?その理由は簡単で、ノストラダムスの大予言で、1999年7月が人類滅亡の時と思われていたから出てきたのだ。3人とも「 自分を信じれば救われる 」と言ったのだ。



★今、麻原は刑務所で糞尿だらけになり。五井野は月間フナイを追い出され、ネットで五井野に対する批判爆発で完全に凋落。大川の場合はウルトラ右翼だから、資金はあるようだが、守護霊インタビューはお笑いwww 大川は別のところで語ることにしよう。今は五井野だから。



★さて、ここで
メシアニズムに対するワスの考えを簡単に述べたい。メシアニズムは何千年間も迫害され流浪を強制されたユダヤ人から創った思想だ。正確には南ユダヤだ。ユダヤ人はアブラハムを始祖として、バール・アシェラ・ミトラの三神を崇拝する民族だったが、北ユダヤと南ユダヤに分かれた。北ユダヤはバール・アシェラ・ミトラの三神を崇拝していたが、南ユダヤはヤハウェという人間が創作した神で北ユダヤに対抗した。



★ここで説明したいが、バールとは古代日本ではスサノオ或いは牛頭天王と呼ばれ、古代エジプトではオシリス、古代朝鮮では壇君と呼ばれた「世界の王」である。ワスが最近言っている「モンゴルの大王」である。



★北ユダヤは失われた10士族であり、地底王国に行ったという伝説があるが、南ユダヤが何千年間も迫害された流浪の民である。ユダヤ人がなぜ?迫害されるのか?それは世界の王に対抗してニセ神のヤハウェを創作した罪によってだ。



★そして「今は迫害され不幸だが、この信仰を守れば、いつか救世主が救ってくれる」という思想を発明した。これがメシアニズム。メシアニズムの起源はニセ神のヤハウェを信じた愚かさからくる。ユダヤ人を迫害しているのは、世界の王である【 鬼 】である。鬼こそが真実のカミである。



★ニセ神信仰から発明されたメシアニズムのメシアは、当然、詐欺師がメシアと名のることになる。これが1980年代の日本にも顕れ、麻原、大川、五井野の三人のニセメシアを出現させたのだ。



★本来のカミはメシアニズムから出現はしない。6から9に成った者に【 13 】であるカミ(鬼)は一体となるのだ。



★さて次に、去年、強制削除された五井野評論シリーズの第二弾をそのまま掲載する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2012年4月に強制削除された五井野正評論シリーズの第二弾です。




★最近の五井野正の講演は聴いたことがないが、ネットで発見したところでは、今年の2月の五井野スペシャルという講演で「私が第三次世界大戦を止めた」とか「私はレオナルド・ダ・ビンチ以上」とか、いつもの超誇大妄想を語っているらしい。インチキベストセラーの本、全くヒットしなかった音楽、霊感商法を疑われてキャンセル続出のあの絵で、レオナルド・ダ・ビンチとは笑わせるが、なんせ本気で自分が宇宙で一番偉い創造神だと思っているから超誇大妄想の発言が爆発する(笑



★3,11が起きた後、私の予想では「私(五井野正)に帰依しないから日本に天罰が起きた」ぐらいは言っていたと思う。彼は本格的な超誇大妄想人間だから。普通の人は問題にしないが、意表をつかれて騙される人も多い。さて、彼の正体を暴く第二弾です!




1、単なる高卒男


これが五井野正の肩書きだが、わけのわからん、ロシアアカデミーとかアルメニアアカデミーとか、あまりにも多い肩書きに驚くだろう。しかし、日本の博士号とか勲章は一つも取ってない。すべて外国の勲章であり、外国の名誉博士号である。ここが彼の肩書きの多さの謎を解く鍵である。彼の最終学歴は高卒である。1969年に神奈川県立多摩高校卒業。つまり高卒男なのだ。



★池田大作とか文鮮明とか桐山靖雄とか福永法源(古い)とか、インチキ宗教家は、皆、勲章や名誉博士号を一杯もってます。五井野正が勲章や名誉博士号をたくさん持っていること自体が、インチキ宗教家の仲間である証拠である!勲章や名誉博士号は買えるしね。



★中味がなく虚言しか吐けないから、インチキ宗教家ほど勲章や名誉博士でゴデゴデに飾るものだが、五井野正ほど肩書きをゴデゴデに飾っている者は珍しく、ライバルは池田大作くらいしかいない。本当にこの二人は似ている(笑 本当のライバルだと思うが、池田大作は少なくても日本を裏から支配したが、五井野正は「私が宇宙で一番偉い!」と信者に虚言を言うことしかできない。そこが違いだ。



★勲章や名誉博士号はインチキ宗教家の商売道具で、それを利用して人を騙す目的のものであり、勲章や名誉博士号が多い者ほど虚言が多いと思う。それだけ自分の言葉に自信がないということ。真実を語る者には勲章も名誉博士号がなくても、言葉に本物の力がある。そして勲章や名誉博士号をインチキ宗教家に売る商売は世界にはある。インチキ宗教家の皆さんが勲章と名誉博士で必ず自分を飾っているのがその証拠だが、五井野信者だけは、五井野の勲章と博士号は買えないと洗脳されている。



★要するに五井野正の学力は外国から貰ったというわけのわからんインチキクサ~~イ勲章や名誉博士号を除けば、1969年に神奈川県立多摩高校を卒業したという高卒男ということ。




2、浮世絵を販売することが仏教の行?


★五井野正の自称は「悟っている仏」であり「釈迦の父の大通智勝如来」であり「理事の一念三千の教主」であり「久遠の教主釈尊」であり「宇宙の創造神」であり「宇宙の中心者」であり「あらゆることの大天才」であり「大救世主」である。あくまで自称だがw



★物凄いことを1980年代から、それ以前の1970年代後半から威張って言っていたわけです。その証拠は彼が若き頃書いた本にあるが、その本が彼が詐欺師だという証明の証拠にもなる。五井野の古本ってやたら高いのは、古本をアマゾンで高くする技術を持っていると推理する。五井野の古い本を読むと彼が詐欺師という証明になるからね。読ませないようにしてるのでは?



★五井野正が自称仏教の元祖(釈迦の先生)であるから、彼の指示した行が仏行となるという妄想。この発想は結構、物凄いわけだが、五井野の言葉の世界は物凄いが、必ず、失敗する運命である。嘘だから。第三者から見ると笑える世界だが、五井野の信者はたまったものではないが、まだまだ、気づいてない。マジで創造神だと信じている。今の信者達は。



★五井野正が最初に指示した行は空缶拾いから始る五カン行。それは前に書いたが、もう一度書くと、


  缶行 → 自称仏教の元祖五井野正が発明した行の空缶拾い

  巻行 → 日蓮の行で、今は五井野の本、特に密の法華三部経大系を広める行

  館行 → 最澄の行で、田舎に家を建てる

  感行 → 聖徳太子の行で【 ?謎 】。 聖徳太子は存在しないからこの行は破綻

  観行 → 天台大師の行で、摩訶止観



★この5つだが、この行を五井野が発明した時、聖徳太子が存在したと思い込んでいたことが、愚か者の証明だ。聖徳太子が教科書どおり存在していたと勘違いしていたことが、悟ってない証拠であり、大通智勝如来でも創造神でもないことを証明している。



★で、20代中盤の私は愚かにも五井野を創造神だと信じて、密の法華三部経を自費で買って、多くの知人に渡していたが、「俺宗教に興味ないから」と言われ、ポイっと捨てられたわけだが、次の光門に行くには、本を広める本門をやらないといけなかった。



★でも光門には永遠にいけなかった。なぜなら、正本堂と言っていた創栄出版が倒産?してこの世からなくなったから。で、ビデオの法華という光門の注文に5万円払ったが、24年してもまだこの5万円が戻ってこない、という、詐欺に引っかかったわけだ。



★昭和59年のウィッピー通信1号に以下のような文章がある。

 【 そして本門の次は光明門、つまり光門に入ります。光門の次に浄化門があり、この様な階段(戒壇)を登ってなければもはやウィッピー行は与えられません。略。この時のウィッピー行の時、釈迦・天台・聖徳太子・伝教・日蓮・諸仏・諸尊・皆一堂に集まります 】


★上の文章が完全な間違いなのは、光門を出版する正本堂と言っていた創栄出版がすでにこの世にないから。だから、光門も浄化門もあるわけなく、釈迦や天台が集まるわけもなく、架空の存在である聖徳太子こそが集まらない(笑



★創栄出版という正本堂(と言っていた)がこの世に存在しないことは、本門の戒壇がないということで、当然、光門も浄化門もなく、つまり、密の法華三部経大系は日蓮が預言した本門の本尊、事の戒壇ではないということで、ニセの三大秘法ということ。この事実が彼の詐欺師の証である!



★五井野正の宗教詐欺は密の法華三部経大系とウィッピー通信第一号で完全にわかるわけだ!



★で、この五カン行は挫折してw 次に浮世絵を金持ちに販売することが【 法華経の行 】に変わった。なんせ、五井野正が釈迦の先生の仏だから、五井野が仏教行を創りだせる(笑



★五井野正の教えは、「社会の地位の上の人、金持ちに浮世絵を買わせろ!」だも。そんなもんが、仏教のわけないが、天才的詐欺師の五井野正に会員達は騙されて、自費で浮世絵を買い、金持ちに売ろうとしたが、売れるわけないので、新しく会員になった者達に売るのであったw



★書いているうちに、結構、五井野正の世界は面白いと感動するが、まさに、愚か者集団であったのだw




3、魔界からの使者・五井野正


★五井野正が詐欺師で逮捕されなく、今も、「私が宇宙で一番偉い!」と講演会で宣言できるのは、極少数の人間しか五井野正を知らないからだ。



★五井野正は28歳の頃?1979年にNHKの「若い広場」に出演して、五井野正にインタビューしていたのは、中部博だが、当時19歳の私は中部博や戸井十月が東京で主催していたジャーナリスト教室の生徒で、私は中部博の生徒であった。



★五井野正とは何者か?それは最初に出会った「七次元よりの使者・第0巻」という意味不明の本では理解できなかった。



★1990年に品川のホテルであった五井野正の講演に初めて行ったが、それから何度か参加するうちに、「 私(五井野正)の言葉の一つ一つが今の宇宙を動かしている 」とか「 1977年に米ソで核戦争があり、それによって地球は亡びたが、私が時間を戻して、今の地球がある 」とかの言葉を聴いた。



★その手の話はいつもやっているわけだが、そんなに力があるのに、正本堂と言っていた自分の本を出すための出版社は1990年代の中盤にこの世から無くなったし、ベストセラーと言っても、会員が自費で一人100冊買って(多い人)人為的に創ったインチキベストセラーだし、音楽はLP1枚出して売れなくて終わりで、絵も霊感商法と言われキャンセル続出で、五井野正の兄弟や昔の仲間は皆離れ、言っていることは、殆どハズレである。



★それでも「 私が第三次世界大戦を止めた 」とか「 3,11は私を認めない日本への天罰 」とか言っているのは、魔界に憑依された人間だからだろう。



★五井野正は「 自分だけが真実を知っていて、自分を信じる者だけが救われる 」という超一神教である!一神教こそが悪魔の教え!彼は魔界の奥深くにいるから、過去の間違いを一切反省せず、「 創造神 」でいられるのだろう。



★七次元よりの使者ではなく、魔界からの使者というのが、池田一神教を超えたと思い込んでいる五井野正の正体である!創価学会体質の彼は一神教と多神教の違いをわかってないし、少年の頃の、憧れの池田大作を越えたと思い、池田以上の魔界にとり憑かれたのが、五井野正の正体である!



★自分だけが真理を持ち、自分が宇宙で一番偉いという観念にとり憑かれ、自分を崇拝し信じる者だけが救われるという間違った観念を持つ、魔界からの使者、それが、五井野正である!



------------------------------

サーティンキューのツイッター








[PR]

by xuzu9851 | 2013-08-04 11:41 | Comments(2)