「ほっ」と。キャンペーン

サーティンキュー

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


この二人が姉妹だったら、世界認識は大きく変わる!



それにしてもこの二人の顔は似ている。姉妹だろう。鷲が最初にこの二人の激似写真を見た時、姉妹だと確信した(誰でも1分以上、この写真を見ると確信しますw)。異母姉妹!という言葉の説明でツイッターで最初に見たが、その辺、どうなんだ?単なる似ているだけの他人か?それとも奥に素晴らしい真実があるのか?その辺をチョッと書いていきます!












1、金正日の父は日本人の畑中理(ハタナカオサム)であり、パククネの父は日本人の高木正雄(タカギマサオ)だった??????


★日本人と朝鮮人は全く別の国の者達だと多くの日本人は思っている。その根源は皇国史観という英国製(長州の考えも入る)の歴史観から来ているが。かつて鷲は佐藤守著「金正日は日本人だった」という本を参考にして、ブログ「金正日の父は日本人の畑中理(ハタナカオサム)」というのを書いて、グーグルやヤフーで「畑中理」と検索すると鷲が1位となっている。



★鹿島昇が1980年代に書いた本の中で「初代天皇は新羅の文武王(金法敏)の孫である金良琳」と書いて、鷲はそれを参考にブログをいくつか簡略した内容で書いた。その結果、「金良琳」という言葉でグーグルやヤフーで検索すると鷲が1位となる。金良琳は現在の天皇史では42代の文武天皇のことである。



★なぜ満州国は五民族の共和国だったのか?それは日本人・朝鮮人・漢民族・蒙古人・満州人の祖先は同じで、その祖先の土地こそが満州であり、満州国とは五民族が『 鮭が故郷に帰る現象 』と同じく、五民族が故郷である祖先の土地に帰った現象であったのだ!歴史学者と名のる大学教授などの肩書きを持つマルクス史観に騙され続ける「無知」の説に騙されてはならない!



★東北人(山形出身)の石原莞爾が満州国建国のリーダーだったが、東北(そして北海道も)とは元々アイヌの土地で、アイヌは満州・モンゴルからやってきた人種であり、アイヌの故郷こそが満州・モンゴルであった。だから義経ジンギスカン伝説とは、インドから新羅を経て日本にやっていた職業軍人の『 源 』たちが、アイヌ人に戦術を教え、それによって形成されたアイヌ軍人たちが故郷の満州・モンゴルに帰ったというかつての現象が伝説として残っている!ということ!アイヌ人が源義経を神として崇拝するのは、アイヌ軍は源の職業軍人に戦術を習ったからで、源はゲンと発音して、ジンギスカンの孫の国の『 元 』もゲンと発音するのは、ジンギスカンの戦術は源から来るから鴨しれない。



★さて戦前の日本人は皇国史観という日本人単一民族説に騙され天皇を現人神として崇拝して日米の戦争(太平洋戦争)のために広島と長崎に原爆が落ち、1946年1月1日に天皇が人間宣言して英国と長州が創作した皇国史観が終わったのだが、再び、皇国史観の亡霊が竹田恒泰の発言などを見ると復活している。



★皇国史観があまり強くなると日本人は不幸となる。『 バカでもチョンでも 』と云う言葉が残っているが、チョンとは朝鮮人のことで、この言葉が残っているということは戦前の一部の日本人が朝鮮人を迫害したことは間違いないが、その理由は、日本人単一民族説に騙されたからである。



★日本という国の起源は、663年の唐と新羅の連合軍と百済と倭国の連合軍の戦いである白村江の戦いの後、新羅の軍隊が百済を滅ぼし、朝鮮半島を新羅で統一した後、列島をも侵略して新羅の王族の金良琳が倭国を滅ぼして、自らを帝王の意味の天皇と宣言して、日本(ボルネオ語のシラヒースの意味の「日の出る所)から来る)という国号の新国家を建設したことから始まる(670年頃)。そして唐から来た者達が藤原氏となった。初代天皇は朝鮮半島(新羅)からの侵略者である金良琳であり、藤原氏の起源は唐からの侵略者達であった。そして天皇史は42代文武天皇(金良琳)からが日本列島の実在の天皇史であるが、それ以前の天皇史は朝鮮半島の新羅と百済の王族史を混合したものである。そして朝廷とは『 朝鮮の宮廷 』という意味である。



★それについて誰も知らないのは単純に歴史の真実の資料が抹殺され日本史が改竄されたからである。天皇が北朝(新羅)から南朝(百済)に変わると歴史は改竄され、また、南朝から北朝に変わると歴史は改竄され、つまり権力が変わるたびに歴史は改竄される。だから本当の歴史を日本人は誰も知らないが、日本列島を出て海外から見ると解かることがある。



★初代天皇が金良琳ということは海外の資料に残っている。どこの国でも自国の歴史は改竄され、それまでの歴史書は焚書されるが、ヨソの国の歴史までも改竄するエネルギーはない。自国の歴史の改竄で精一杯なのだ。日本国内には日本の歴史の真実の文書は全て焚書されたが、日本近隣国の古代史の文書の資料を見て、初めて、日本の歴史が解かったり、米国OSS(戦略情報局)が公開している公式文書で戦後の日本の象徴天皇制の誕生の秘密が解かったりする。



★日本(それ以前の日本列島も)は古代から世界中から人々が集まった混血人国家であり、けして、単一民族でなく、また日本列島に籠もった人種でもなく、海外を船で大航海した人種であり(漫画ワンピースに描かれるような)、明治に始まった英国製の皇国史観という妄想歴史の民族では全くなかった。



★さて現在の韓国大統領であるパククネの父である朴正熙(日本名・高木正雄)は全身全霊の日本軍人であり、満州国軍人であった。パククネの父のパクチョンヒ(日本名は高木正雄)をウィクぺディアで見ると以下のように説明される。
ーーーーーーーーーーー

『 日韓併合後の朝鮮半島に朴成彬と白南義の末っ子として生まれる。朝鮮名では朴正煕、日本名では高木正雄と名乗り、大邱師範学校経て学校教師を務めていたが、やがて軍人を志して同じく日本の影響下にあった満州帝国の軍官学校(士官学校)に志願入隊する。卒業後は成績優秀者が選抜される日本の帝国陸軍士官学校への留学生となり、第57期生として日本式の士官教育を受ける。帰国後は満州軍第8師団参謀として対日参戦したソ連軍との戦闘に加わり、内モンゴル自治区で終戦を迎えた 』


ーーーーーーーーーーーーー


★明治からの英国製の皇国史観の『 日本人は単一民族で日本列島という土地に生まれた者が日本人である!(出生地主義) 』という妄想から見ると彼は朝鮮人に見えるだろうが、日本の初代天皇で新羅の別号国家の日本を建国した者が金良琳という朝鮮人であり、日本人は様々な人種の混血であった!という真実の歴史から見ると彼は真正な日本人である。そして五民族共和の満州国軍人であり
日本の陸軍士官学校で学んだエリートであり
大日本帝国陸軍の将校であり
、当時の日本列島の神(嘘神であったが)である天皇にも熱烈な忠誠を誓っている。英国製皇国史観が否定しても、パクチョンヒ、日本名の高木正雄は真正な日本人である!『 分断して統治する! 』というテーゼの英国と長州ファイブが創作した皇国史観の妄想に騙されてはならない!



★日本人、韓国人、北朝鮮人という分け方は、戦後70年間の幻想ではないのか?出生地主義で言えば、

韓国の17代大統領の李明博(イミョンバク) → 
大阪市平野区加美南3丁目の出身


北朝鮮のトップの金正恩の母の高英姫(コヨンヒ) → 大阪市生野区鶴橋の出身


 である。


★そして金正日の父は黒龍会の日本人の畑中理である。さて、北朝鮮は秘密主義で全貌が見えないが、日本人の鷲が1948年に誕生した現代の韓国の歴史を冷静に理解し説明できる気がしている。同様に1948年の誕生の北朝鮮をも正確な情報が取得できれば説明できるだろう。自国民より第三者国の者の方がその国を冷静に見れるから。







2、馬鹿でもチョンでも、という言葉が放送禁止になった理由は ~~ 朝鮮人差別問題には、初代天皇の出自の謎が根源にある



★馬鹿でもチョンでも、と云う言葉は、「『半人前』や『取るに足らない人』のことを、芝居の終わりに打つ拍子木の音になぞらえた言葉」であったとされると大辞林には説明されるが、「馬鹿でもチョンでも」とか「バカチョン」は放送禁止用語である。その理由はチョンが朝鮮人を示し、朝鮮人差別の言葉だから、というもの。



★さて戦前は確実に朝鮮人差別はあっただろう。その差別の最も深いところに、天皇の出自問題が絡んでいると鷲は見る。天皇が日本列島出身の現人神!という発想は明治維新からだ。そしてキリスト教徒のバイブルのように古事記と日本書記を絶対視し、初代天皇は神武天皇であり、日本は紀元前660年2月11日に建国された!というフィクションを確立したのは明治維新からだ。しかし江戸時代には古事記偽書説が広まっていた。



明治誕生のカルトイデオロギーの皇国史観を確立するには、初代天皇は朝鮮半島からの侵略者だった!という文献は非常にまずい。鹿島昇表現の『 歴史マフィア 』たちの仕事は、初代天皇が朝鮮半島からの侵略者だった文献を全て抹殺することだった!日本国内はもちろん、韓国併合した後、朝鮮半島のあらゆるところにあった『 初代天皇は朝鮮半島からの侵略者 』という文献は抹殺された。



★その結果、今、我々が書店に行くと、初代天皇は神武天皇から始まり、昭和天皇は124代であり、現在の平成天皇が125代、という世界の天皇本しか存在しないである。それを多く人が信じているわけだが、それは真実とは違う。



★グノーシス主義者のことをハンナ・ヨナスが説明すると全ての者達を迷宮の牢獄の中に陥らせるが、グノーシス主義者とは我々のよく知っているシャーロックホームズや明智小五郎や金田一耕助やコナンでイメージされる『 謎を解く者 』である。グノーシス主義者は真実を探求する者であり、けして信者ではない。信者とは誰でも成れる(信じれば良いだけだから)が、グノーシス主義者である『 謎を解く者 』には、ほんの少しの超エリートしか成れない。



★さて、我々日本人にとって『 初代天皇とは誰だったのか? 』それは謎である。神武天皇が初代天皇ということを証明できた者はいない。イエスキリストが存在した!ということを証明できた者はいない。イエスキリストが存在した!という物的な証拠はなにもない。捏造した証拠をでっち上げるのが、これまで権力側だが、それもすぐにバレてしまっている。



★初代天皇が神武天皇であり、現在の天皇が125代目というのは、神武天皇の存在を証明しないと、カルト妄想にすぎないのだ。しかしその証明は永久にできないだろう。古事記と日本書記を記紀と云うが、その嘘の多く語ろうと思ったが、別の機会にする。今回のテーマと外れるから。






3、瀬島龍三の賠償金ビジネスと戦後のアジアの満州国ネットワーク



★戦後70年間の日本を考える時、重要な人物が瀬島龍三である。彼は陸軍士官学校の次席で卒業し、次の段階の陸軍大学校では主席で、大本営関東軍参謀であった日本軍人の超エリート。しかし戦後は11年間もシベリアで抑留された後、伊藤忠商事でアジアでの賠償金ビジネスをする。



彼の人生の『 奇妙 』に思うのは、戦前の日本軍人の超エリートが戦後は賠償金ビジネスをやったこと。それはなんだったのか?かなりの謎である。瀬島龍三のお陰で、デビ夫人はインドネシア大統領の第三夫人となり、今日の栄光を得ているわけだがwww



★若き頃、軍人としてまっすぐに生きて、シベリアに11年も抑留されて、さらに戦後は伊藤忠商事のビジネスマンになる???商売人になれるのか?という疑問がある。



★瀬島龍三の賠償金ビジネスののアジアの地域領域こそが、大東共栄圏ではないのか?と鷲は思っている。







結び



★1929年10月24日に「暗黒の木曜日」があり、世界大恐慌になるわけだが、ドイツのナチスと日本の関東軍はその時から隆盛していく。満州国は1932年に建国され、1933年1月にナチスが政権を握る。歴史は80年から90年周期で繰返す。これを経済用語でコンドラチェフの波と云う。



★中国経済が破綻している、今、1930年代の再来の時が来たと思う。欧米では仏のマリーヌ・ルペンや米のトランプの極右の発言が注目を集め、日本人の畑中理の孫の金正恩が「水爆宣言」をやって、歴史的な劇場は生まれている。



★さて、最初のテーマは今の韓国大統領のパククネと日本の総理の安倍総理の夫人の安倍昭恵氏が姉妹か?というテーマだったが、その謎を解くことは今のところが、資料が足りないが、日本人は世界民族の混血人種国家である!ということを言いたかった。



世界は謎に満ちている!その一つでも解くことが出来る者がグノーシス主義者である!信者は敗北者にすぎない。『 世界的な謎を解く者 』のグノーシス主義者を目指せ!
















by xuzu9851 | 2015-12-28 21:47 | Comments(0)

大東亜戦争と太平洋戦争は違う! ~ 大東亜戦争とはモンゴルの大王を蘇らす戦い!


★大東亜戦争とは鬼三郎がモンゴルに行ったあたりから始まり(1924年2月)、ベトナムが米国に勝利した1975年4月30日までの、欧米列強に奴隷支配されていたアジア人の奴隷解放と独立のための戦いであった。或いは、現在まで続く「日本軍がアジアを侵略したのか?」「日本軍は欧米列強に支配されていたアジアを解放して独立させた!」の情報戦を常にやっているから、大東亜戦争は現在も続いていると云える。



★それに比べ、太平洋戦争は真珠湾攻撃という、最初から負けるための戦いであり、最後は、広島と長崎というイエズス会の聖地に二発の原爆が落ちたことを考えると『 太平洋戦争とは鬼(カミ)が米国を使って仕組んだ、明治からの新興宗教である天皇教解体のための戦争 』だった!と思える。



大東亜戦争と太平洋戦争は別の戦争であった。この二つの戦争を解明します!







1、太平洋戦争は天皇教解体のための日米の戦争であり、大東亜戦争は欧米列強に奴隷支配されたアジア人の解放と独立のための関東軍を中心とした戦いであり、両者は全く違う!



★戦後70年間、支配してきたのは「反米サヨク」思想(共産主義)。いまだにこの思想に洗脳されている者がネットでも多いが、彼らは第二次世界大戦、またその前の満州事変から日中戦争にかけての戦争のことを全く知らない。サヨクとは戦争について全く知らない人種である。「戦争は悪、日本軍は侵略戦争をした悪」というカルト思想にとり憑かれている。



★戦後の歴史学者は全てサヨク。マスコミはサヨク。いまでこそマリーヌルペンやトランプや世界で極右政党が暴れまくる時代になったが、なが~い間、サヨクこそが正義!という時代がつづいた。サヨクは戦争反対、原発反対、米国1%は悪で、中国とロシアは正しい、また、何でも反対するサタンなので、戦争の真実をサヨク妄想によって覆い隠してしまった。



★しかしこれからは、新たに満州事変、満州国、日中戦争、そして日米の戦いの太平洋戦争を、新たな目で解読していかねばならない。満州事変の前に1924年2月に鬼三郎がモンゴルに行った。その「謎」の行動。そして1924年6月に鬼三郎は張作霖に捕虜にされ殺されそうになったが危機一髪で解放された。その張作霖は1928年6月に関東軍が起した「張作霖爆殺事件」で死んだ。



★天皇教の大日本帝国が大本教を二度弾圧した。しかしその大日本帝国は米国から二発の原爆を落とされる。二発の原爆とはイエズス会の聖地である広島と長崎に落ちる。その米国も日本軍人からゲリラ戦を学んだベトナム人との戦争に敗北する。鬼(カミ)の世界と現実に起きたことが、見えない糸で結ばれているように感じる。それはいまだに『 持続している連続 』である!



★真珠湾攻撃で本当に日本が勝とうとする奇襲であったなら、戦艦を攻撃した後、日本軍人がハワイに上陸して米軍基地を占拠する!などの2次作戦が必要だったと思うが、現実には、米軍の古い戦艦のみを攻撃して帰ってきた。真珠湾攻撃とは『 米国に正義の戦争の口実 』を与えるための奇襲にすぎなかった。山本五十六司令官とは米国側の人間だったのは明らかである。




★山本五十六が米国側の人間だったのは明らかだが、その米国が鬼(カミ)に支配され、鬼(カミ)が天皇教を解体するために仕組んだのが太平洋戦争であろう。太平洋戦争によって日本の英国支配は終わり、戦後は米国支配に変わるわけだが、問題はその米国の共産主義思想勢力(フリーメーソン思想)の支配だったために現在の自由・平等・人権・平和などの言葉の憲法になったことだ。



★自由・平等・人権・平和などの言葉は大乗仏教的考えから言えば『 六道 』の者達の思想にすぎない。そして鬼道から言えば、反鬼道。数字の『 6 』を崇拝する誤った思想にすぎない!反バアル神の南ユダヤの旧約聖書思想の奥底の間違った信仰と考えにすぎない。









2、欧米列強は500年以上前からアジアに侵略戦争を仕掛けていたのであり、それに対抗するための大アジア主義!


★『 大アジア主義 』という言葉は、孫文が1924年11月28日におこなった講演の中の言葉からくる。この演説は『 東洋の王道、西洋の覇道を区分し、東洋の王道をたたえ、その先端を行く日本の近代化への賞賛と行き過ぎによる覇道けの傾斜を非難したものとらえる見解が従来有力であった 』。



★孫文が講演した1924年と言えば、鬼三郎が刑務所から出てモンゴルに行ったのが1924年2月だから、現在の認識としての大東亜戦争の始まりはこの1924年あたりからだろう。欧米列強がアジアに侵略戦争を仕掛け、多くのアジア人が奴隷状態にされたから、アジア人の奴隷解放と独立のための思想が誕生し、その思想が『 大アジア主義 』である。


 1、500年前からの欧米列強のアジア侵略

       ↓

 2、欧米列強のアジア侵略に対抗する思想である大アジア主義の覚醒

       ↓

 3、大アジア主義者と関東軍の結合

       ↓

 4、アジア人の奴隷解放と独立のための戦い = 大東亜戦争

       ↓

 5、現在も続くモンゴルの大王を蘇らす戦い = 大東亜戦争







3、大東亜戦争とは、アンゴルモアの大王を蘇らすためのマルスの戦いである!


★さて、今回のこのブログが時間がかかっているのは、戦争の真実は深く隠されているからである。明治維新とは日本が英国に支配されたことであり、昭和維新とは英国支配の日本から米国支配の日本への大転換だが、大アジア主義から満州事変・満州国建国・日中戦争・戦後のアジア諸国の独立・そして現在も続く大東亜戦争を考えると、簡単に正解は出せない!



 歴史とは受験のためにあるわけではない!



★戦前の米国を考えると、共産主義的な米国とナチス支援の米国に分かれる!そして戦後日本の象徴天皇・自由・平等・人権・平和という単語を盲信するバカ日本人が多いが、その単語は共産主義系の米国人が与えたチョコレートにすぎない!



★大東亜戦争を考えた時、あの四行詩を思いだした。諸世紀の10章72番のアレだ!




 1999年7月 
 空から恐怖の大王が降りてくるだろう
 その前後 アンゴルモアの大王を蘇らすため
 マルスは平和の名において支配するだろう




アンゴルモアの大王とはモンゴル人種の大王のことで、目玉親父のことだが。満州国とは日本人・朝鮮人・漢民族・満州人・蒙古人の共和国だったが、この5つの人種はモンゴル系であるのだ。




今も継続している大東亜戦争の本質はモンゴルの大王を蘇らせるための戦い!であるのだ!モンゴル人種の大王、それをノストラダムスはアンゴルモアの大王という暗号で表現していたのである!














by xuzu9851 | 2015-12-17 19:26 | Comments(0)

日本の右翼は鬼三郎と谷口雅春の亀裂の根源に直面することになる!



★イスラム国のテロにより世界は極右化している。日本も極右化するだろう。しかし、今、日本の右翼を考えると、いずれ出口鬼三郎と谷口雅春が亀裂した根源に直面することになるだろう!と鷲は見ている。



★鬼三郎は二度も天皇教国家から弾圧を受けた。しかし鬼三郎の弟子から独立して新教団を創った谷口雅春は天皇崇拝である。ここに二人は180度の違いがある。



  鬼三郎 → 天皇教国家から二度の弾圧を受ける

  谷口雅春 → 天皇崇拝


鬼三郎と谷口雅春の違いは『 天皇 」に対する理解の違いである!


★この違いがどのような展開を見せるか?推理する!




(青字はクリック)

1、安倍政権を動かす「日本会議」???








★安倍政権を批判する人種がサヨクであるが、彼らは時代から遅れすぎで、真実から離れすぎたダサイ人種であることはわかっている。鷲が一番嫌いな者たちだが、彼らには、すでに閻魔大王の裁きの時が来た。が、安心して安倍政権を「 ライト(右・正義) 」だと云えるのだろうか?今まで考えてなかったが「 日本会議 」とは谷口雅春の思想である!



★谷口雅春とは鬼三郎の弟子だが、第一次の弾圧の時に疑問を持って鬼三郎から離れ、成長の家という団体を創った人物だが、この人物の問題は「 天皇崇拝 」という、この一点である。後はあまり問題ではない。



★鬼三郎が弾圧されたのは、天皇より上の位置に自分を置いたからだろう。太陽神から鬼三郎に指令があって、それを鬼三郎より下位の天皇に指令して日本を動かす!と、言った彼の考えが『 不敬罪 』ということで弾圧された。だいたいこんな感じであろう。



天皇を自分の下位に置いて弾圧された鬼三郎と、皇国史観を丸受けして天皇を崇拝した谷口雅春。日本会議=谷口雅春=安倍政権、なのか?解からないが、日本会議=谷口雅春=安倍政権なら、いずれ行き詰る。明治維新創作の天皇は英国が日本を支配するために創作した嘘の現人神であるからだ!それは1946年1月1日に現人神の昭和天皇が「人間宣言」したということで明らかである!嘘の神を信じたから戦前の日本人は非常に苦しんだ!ということ。



『天皇すり替え論』の元祖は鹿島昇だが、彼は無神論者だが、鬼三郎を尊敬して、彼の思想は鬼三郎を彼なりに追った思想であったのだ!鹿島昇ほど天皇の正体に迫った者はなく、『天皇すり替え論』はネットでは常識に近くなっている。



★竹田恒泰とかいうマルチ商法疑惑や借金踏み倒し疑惑やニセ皇族疑惑の者がいかに『天皇すり替え論』を否定しても、竹田恒泰自体が全く信用されてないから、彼の言葉には力がない。



さて鷲が第一に言いたいことは、『天皇すり替え論』VS『日本会議の天皇崇拝』は、鬼三郎VS谷口雅治、の思想の戦いとなる!それは天皇とは何か?の問題となること。








2、鬼三郎に反発した谷口雅春は現人神の天皇を崇拝した!それが致命的な間違い!


★谷口雅春は良識人であるが、出口ナオや鬼三郎は全く普通ではない。谷口雅春は非常に常識人で勉強家であることは解かるが、鬼(カミ)には到達(結びつくこと)はできない。彼の正体はキリシタンであるから。そして彼の子供の「日本会議」はどうなるのか?これはかなり興味深いことだ。


出口ナオ&鬼三郎 → 基地外

谷口雅春 → 常識人で勉強家で理想的な人物だが、鬼(カミ)には到達(結びつく)はできない



日本会議は天皇を盲目的に崇拝するが、いずれネットの「天皇すり替え論」が彼らの敵となるだろう実は、その「天皇すり替え論」は鹿島昇からくるが、鹿島昇のその探求の精神の根源は、彼が崇拝した鬼三郎から来る日本会議がいかに、彼らなりの正論を出しても、谷口雅春という普通の人の論理の範囲内なので、普通でない、基地外の出口ナオとか鬼三郎には勝てないと思う膿~



★結論を言えば、

  谷口雅春 → 本質はキリシタン

  鬼三郎  → 鬼道

  である。


★日本会議に従う自民党はいずれ壁にぶち当たる!日本会議とは谷口雅春、つまり本質はキリシタンであるから。発狂ババアの出口ナオから始まって、分けのわからん行動をしていた鬼三郎を、キリシタンの谷口雅春の良識では理解できない。



今の自民党が調子が良いのは『 対サヨク 』の戦いの時のみ。いずれ真のライト(右・正義)の問題になった時、谷口雅春思想の限界に来ると言っておこう!




ーーーーーーーーーーーー


補足

★大本教は文字がわからない発狂ババアの出口ナオから始まったが、それに対して、インテリの谷口雅春は物凄い数の本を読み書いた。彼の代表作は「生命の実相」だと思うが、鷲は一冊も谷口雅春の本を読んだことがない。



★谷口雅春は世間的な良い人で常識も知識もあり、世間レベルで言えば理想的な人物だと思う。遭ってなくても解かる。それに比べ、出口ナオは分けの解からないことを叫ぶ、八墓村の映画のあの発狂ババアの登場人物である。



しかし谷口雅春は間違いで、出口ナオと出口鬼三郎の方が正しい谷口雅春は聖書を見抜く力はないし、そこらに居る平凡な宗教人一般にすぎない。出口ナオと出口鬼三郎はキチガイであるが、鬼と『 結び 』ついているのだ。しかし谷口雅春は『 鬼(カミ)とは結び 』ついてない。



★今の自民党が谷口雅春思想を信じている限りは、いずれ壁にブチ当たると予想する!谷口雅春思想を盲目的に信じたらダメであるのだ!谷口雅春の言葉を信じているようでは自民党はダメになるだろう!



★太平洋戦争と大東亜戦争は違う!太平洋戦争は日米の戦争であり、大東亜戦争は欧米列強に奴隷支配されたアジア人を、日本軍人を中心にしたアジア人たちの解放と独立の戦争であった!



★太平洋戦争 → 日米の戦争。真珠湾攻撃から始まったことからして日本が負けるための戦いであったと思える。また2発の原爆を天皇教日本が受けるための戦争という儀式だったかもしれない。1945年8月15日までの戦い。



★大東亜戦争 → 欧米列強に奴隷支配されてたアジアを関東軍の戦い中心で奴隷解放して、アジア諸国を独立させるための戦い。戦後、インドネシア、フィリピン、ビルマ、インド、台湾、ベトナムなどが独立できたのは、日本軍人の活躍のためである。日本軍人は太平洋戦争が終わっても残留日本兵となったり、現地人となって戦って、アジア諸国の独立が成功したのである。大東亜戦争は1975年4月30日までやっていた。



★現在、太平洋戦争と大東亜戦争がゴチャゴチャになっているので、キッチリと太平洋戦争と大東亜戦争の『 違い 』をハッキリさせないととならない。そして鬼三郎が満州事変の10年以上前にモンゴルに行ったことはアジアの解放と独立の先駆けであっただろう!




さて、問題は天皇の解釈である。谷口雅春の浅はかな天皇解釈を自民党がしているとすれば、大東亜戦争の栄光の戦いではなく、太平洋戦争の真珠攻撃から広島と長崎の原爆二発の流れに入るということで、大きな災いが自民党に来るかもしれない!鬼に帰依するか?キリシタンに帰依するか?の違いはあまりにも大きいのである!










by xuzu9851 | 2015-12-14 14:39 | Comments(0)

日本史を解読する鍵!




★今回は5つをテーマに書いていきたい。


 1、初代天皇・金良琳

 2、アーネスト・サトウと明治維新

 3、太平天国の乱と明治からの新興宗教である天皇教

 4、出口王仁三郎と二発の原爆

 5、竹田恒泰は新カルト天皇教である!



実は日本人の誰も本当の日本史を知らない!受験日本史やNHK日本史は明治からの偽史である皇国史観を土台にした「今だけ通じている共同幻想」にすぎない。さて、真の日本史を知る第一の鍵は、


  1、倭国からどうして日本という国に国号が変わったのか?

  2、40代の天武天皇からどうして天皇という称号が誕生したのか?


★まずこの2点を挙げて起きたい。







1、初代天皇・金良琳(キンリョーリン)


★「 金良琳 」でグーグル検索すると鷲が1位であるが、それは鷲だけが云っているオリジナルではなく、鹿島昇の1980年代の本から借りた発想である。初代天皇は神武天皇である!と多くの人は思っているが、天皇という称号が使われたのが40代天皇の天武天皇から!というのが現代のあまりにもアタマの悪い歴史学者でさえ云っていることで、天皇の称号の前は大王と言っていた!ということになってきている。表の間違った日本史でもね。



★紀元前660年2月11日に神武天皇が日本を建国したことになっているが、それが皇国史観というフィクションの妄想歴史のこと。だいたい紀元前660年に日本という国号の国はなかった。日本という国号の前は倭国であった。日本という国号の前は倭国であったことは誰でも知っていると思う。



皇国史観とは新興宗教レベルの世界にすぎず何も物的な証拠はなにもない。捏造した証拠を創りだすことはするが。神武天皇が存在した物的な証拠は何もないが『 信仰 』があるだけのこと。さて長くなるので短めに書いていく。



★663年に白村江の戦いがあった。唐と新羅の連合軍VS百済と倭国の連合軍、の戦いである。そして唐と新羅が勝利して、百済が滅亡した!までは教科書にも書かれるが、新羅の王族が百済を滅亡させた後に朝鮮半島を支配し、次に列島に上陸して倭国も滅ぼし、金法敏の孫である金良琳が列島に日本という国を建国して、自ら天皇(帝王という意味)と宣言して、初代天皇となる!という話は鹿島昇とその弟子の本にしか書かれてないが、鷲はそれは真実だと直感している。



★金良琳とは42代天皇の文武天皇こと。そして40代天皇の天武天皇とはフィクションであり、その実体は新羅の文武王のことである。フィクションの皇国史観とは違い、初代天皇は朝鮮半島からの侵略者の金良琳であった。



★そして倭国を滅ぼし、新羅の王族の金良琳が天皇となった時、列島に天皇という称号が誕生して、列島は倭国から日本という国号に変わったのである。日本という国号の字源はボルネオ語のシラヒースという言葉からくる。その意味は「日の出る所」。新羅のシラギ、シンラという発音の言葉はシラヒースの発音から。そして、日本と云う国はシラヒースの意味を漢字にしたところから来る!日本とは新羅の別号国家で、白村江の戦いの後、新羅が朝鮮半島と日本列島を支配した!ということである。が実質的に天皇を操り日本を支配したのは「唐から来た者」という意味の名である『 藤原氏 』であったが。この事実を隠すための明治からの皇国史観というフィクション歴史であったのだ!



★日本人は初代天皇は神武天皇です!という嘘を信じることから、間違ったデーターを受入れた人生が始まるので、それを直すために、簡単に初代天皇のことを書いた。







2、アーネストサトウと明治維新



★明治維新とは、『 鬼が支配 』し世界から独立していた江戸幕府が英国に倒されることだが、大きな目で見ればそれは悪いことではなかったと思っている。英国に支配されたことで、日本は英国文化を吸収して世界的な軍事&文化の大国になったし、その成果で1930年代からのアジアの奴隷解放のための大東亜戦争が出来るほどになり、欧米列強に奴隷支配されていたアジア人を解放して独立させることができた。



★鬼が支配する江戸幕府体制の限界が来たところでドイツ人のシーボルトが来て、明治維新の裏の真打の英国のアーネストサトウが来たのは「日本の運命」であろう。



★アーネストサトウは英国の外交官だが、討幕派と幕府側の両方とつきあっていた。その当時の幕府の考えは、死んでいた天皇(形骸化された日本の王)を蘇らせて、幕府と合体して(公武合体)、再び鎖国政策で世界とツキアウ計画であったが、サトウはそれを許さず、薩長に軍事クーデターを隆起させた。



★で、明治維新となった!ということ!








3、太平天国の乱と新興宗教天皇教



★日本の幕末はペリーが来た1853年から1868年まで。そして清で起きた太平天国の乱は、1851年から1864年までである。



  日本の幕末と清の太平天国の乱は、あまりにも時期が合致している!



太平天国の乱を考えると1995年に地下鉄サリン事件を起したオウム真理教の本質も見えてくる



★太平天国の乱とはイエスキリストの弟を自称する洪秀全という男が中国の土着宗教と合体した新興カルト・キリスト教を創作して、清政府に不満の者達を信者にして、清政府や外国勢力と激しく戦った乱である。



★この太平天国の乱という現象で興味深いのは、清の中に新興宗教という別の王朝を創りだしたことで、その清の中の別の王朝が清の大衆を大勢信者にして、清政府と戦ったことである。太平天国は欧米も敵にしていたが。



鷲がこの太平天国というカルトを知った時、麻原のオウムが上九一色村でサティアンを創ったことや、五井野正が「ふるさと村王国」を言う、本当の意味を知ったと思った



つまり日本という国の中に『 別の王国を建国 』させる。そしてその王国の住民は日本国への反抗者ばっかりだから、いずれ、『 別の王国 』と『 日本国 』との戦いとなる



その元型が太平天国の乱だった!ということ。もちろんそれは(別の王国)外国勢力が主導している。



さて、明治維新で江戸幕府が倒され、明治天皇を現人神とする新興宗教国家が出来る。でも、昭和天皇が1946年1月1日に「人間宣言」するので、その現人神は嘘神だと今では簡単に解かるが



つまり、清で起きた太平天国の乱は、清を支配するところまで行かず、14年間の乱で終わったが、英国ロスチャイルドとイエズス会製品の明治の新興宗教の天皇教は78年間も日本列島全体を支配したのである!






4、出口鬼三郎と二発の原爆



★長年、鷲はネットを観察している。チョッと前、ネコタという大本教の親に反発する女がいて、その精神は社民党バカ女の何でも反対にすぎないが、しかしながらその女に影響されたバカがイッパイいて、鬼三郎や大本教を否定をする者が多く出た!という現象があった。



★鷲は大本教の信者ではないが、オウムや五井野正教のようなイエズス会系とは違って、出口鬼三郎と云う名自体に教えがあると鷲が見ている。『 出口は鬼しかない 』、その鬼を鷲はバアルとか目玉親父と言っているわけで、我々の中に居る太陽神のことである。



空海は内なる鬼を胎蔵界の大日如来と表現した!



反戦平和というイエズス会の騙しの言葉に騙されている限りは、出口鬼三郎は見えない



★明治維新で新興宗教天皇教というイエズス会が日本を支配した。イエズス会系の逆存在(裏)の鬼の陣営が『 別の王国 』を建国したのが大本教である!



 1、清の中にイエズス系カルトの太平天国を造って清を乗っ取ろうとする!


 2、イエズス会天皇教の日本の中に鬼の王国を造って日本を乗っ取ろうとしたの鬼三郎!




イエズス会天皇教は鬼三郎に2回の弾圧をしたが、その逆襲で、広島と長崎という日本イエズス会の聖地に原爆が落ちる。二発の原爆は鬼が米国を使っての逆襲だったと鷲は見る!広島と長崎の原爆は、日本に落ちたのではなく(3次元の日本に落ちたが)、日本の中のイエズス会の聖地に落ちた!のだと鷲は考えている!







5、竹田恒泰は新カルト天皇教である!


★竹田恒泰にはあんまり興味がなかったが、日曜の午後1時30分からやっている「タカジンのそこまで言っていいんかい」を毎週見ているので彼の考えはなんとなく解かっているような気になっていたが、興味がないので彼を検索したことはなかった。



★しかしある時、彼が古事記や日本書記という記紀の一字一句を盲信していることに気づいた。それでもタレントのような存在だと思っていたが気にしたことはなかった。



★聖書や記紀を一字一句信じているタイプは宗教のタイプである。探求者なら、聖書や記紀について書かれた情報を集めて、その真相を探りあてるはずであり、全く疑問を持たず探求もせず、「聖書は正しい」「記紀は正しい」というタイプの人間は、いずれ探求者の一言で信仰の世界が崩壊することになる。



竹田恒泰は飛鳥昭雄と同じレベルで、記紀を盲信する宗教のタイプである!と見た。そして彼は天皇教というカルトを広めようとしてる。1946年1月1日に昭和天皇は「人間宣言」したはずだが、また、人間から神に戻す運動を彼はやっているような感じである。そこで初めて、昨日から竹田恒泰をチョッと検索しいた。すると以下の内容が出てくる









ニセ皇族という言葉が出てくるが、かなり前から鹿島昇から来る「天皇すり替え論」をネットで広めていた鷲から見ると、明治天皇から新興宗教の天皇教だし、戦後の象徴天皇は米国の戦略情報局のOSSが創作したもので、その公式文書は米国国立公文書館で誰でも見れるし、初代天皇は新羅の王族の金良琳だし、北朝とは新羅系天皇だし、南朝とは百済系天皇のことだし、いまだに天皇が神聖だと思っていること自体が笑ってしまう、という感じに鷲はなっている



竹田恒泰の浅はかさは、記紀と格闘しないで、簡単に記紀を盲信してしまったことだ。現代の天皇系の基本書は「古事記」「日本書記」「続日本紀」「新撰姓氏録」「万葉集」などだが、それは百済系(南朝)の第50代の天皇の桓武天皇が、クーデターを起して政権を奪取した時、それまでの古文書の多くを火で燃やしたり、改竄したりして、「俺様が由緒正しい伝統を受け継いだ偉大な天皇だ!」と云いたいための歴史偽造のための書物群であったのだ!



★だいたいにして、政権が北朝系から南朝系に変わったり、南朝系から北朝系に変わったりすると、それまでの古文書を燃やしたり、改竄したりして、「俺様が由緒正しい天皇である!」と歴史を改竄、歴史偽造する(偽装書物郡を創作して)のが普通であり、権力による歴史の改竄は古今東西、全ての権力がやっていることである!だからいまだに「歴史認識」が問題となっている。



★だから真の歴史を知る者とはシャーロックホームズ並みの知性が要求されるのである。そしてホームズのように謎を解明する者がグノーシス主義者である!



竹田恒泰に感じることは、オウムがサリン事件を起した時にテレビに出てきた、30歳前半だった頃の上祐である。本質的に、あの頃テレビに出てきた上祐と竹田恒泰は同じレベルだと思う!





by xuzu9851 | 2015-12-12 23:12 | Comments(0)

世界は極右に向っている!

                    (青字はクリック)



2015/12/8 0:48

【パリ=竹内康雄】6日に実施されたフランスの地域圏議会選挙の第1回投票で、極右政党の国民戦線(FN)が躍進した。11月13日のパリ同時テロ後、有権者が抱く治安への不安を巧みに吸い上げた。難民の排斥など極端な主張を掲げる政党はフランス以外でも支持を集めており、テロをきっかけに極右の影が欧州全土に広がっている。

ーーーーーーーーーーーー


★フランス地方選挙で6選挙で極右の国民戦線が第一党となった。フランスの同時テロの影響である。そしてアルゼンチンもベネゼエラも反米サヨク政党が敗北している。世界的に『 極右の時代 』となってきた。



★フランスの極右政党の国民戦線のジャン・マリーヌ・ルペンは2017年にはフランスの大統領となるだろう。時代は以下の4枚のカードで表現される。











★この4枚のカードを見ていると「死神が降臨」して、「左から右に変わり」、「悪魔の奴隷」となり、「大転落」だが、今の世相をピッタリと表現しているのがこの4枚のカードである。







1、鳩山由紀夫とジャン・マリーヌ・ルペン 



今年(2015年)8月12日、鳩山由紀夫は韓国に行って土下座謝罪をした。鳩山由紀夫の耳には、日本軍がアジアの奴隷解放と独立のために戦い、それによってインドネシア、フィリピン、ビルマ、インド、台湾、ベトナムなどが戦後独立できた!という真実の話ははいらない。永遠に鳩山由紀夫はソ連や中国などの共産主義勢力と植民地が独立されてアタマにきた欧米諸国が流した日本軍アジア侵略説を信じて死ぬ運命だろう。



★しかしフランスの第一党となった国民戦線のジャン・マリーヌ・ルペンは2017年に女性大統領となり、戦後70年の欧米で初めてヒットラーを公式に支持するかもしれない!その叶姉妹(可能性)はかなりある。



★鳩山由紀夫とマリーヌ・ルペンの違いはどこにあるのか?鳩山由紀夫は戦時報道を盲信し続けるが、マリーヌ・ルペンは戦時報道を否定しヒットラーを肯定して時代を変えていく。厳しい育ちのマリーヌ・ルペンとお坊ちゃまの鳩山由紀夫の違いだろうか?それも多少あるだろう。どちらも親の政治意識を受け継いだ者だが、時代はマリーヌルペンである!



鳩山由紀夫は『 友愛 』と云う言葉が好きなようだが、イスラム国に『 友愛 』は効かない!だから自由・平等・友愛を捨て、フランスは極右のマリーヌ・ルペンを推しているのだ!


1、いつまでも古い言葉「友愛」にしがみつく → 鳩山由紀夫

2、戦後初めてヒットラーを公式支持しそう  → マリーヌ・ルペン



イスラム国の大局的な仕事は『 世界を左から右 』にすることだと感じる。なぜならイスラム国には議論が通じないからだ。逆らったら即殺す。逆らわなくても殺す、という姿勢に自由・平等・友愛・議論・民主主義・多数決は全く通用しない。



★またいつまでも左の時代が続くわけがない。日本はあまりにも長い左の時代があった。そしてもう左は終わりである。今の自民党の歴史観は当然、日本軍が欧米列強に支配されたアジアの解放と独立のために戦った!であろうから、世界的に乗っているし、3,11の後に日本は関東軍の子孫の安倍氏が総理になった時からフランスより早い極右ということ。そしてそれがタロットカード14にピタリの流れである。



★善と悪の最終決戦をハルマゲドンと云うが、新約聖書の前にグノーシス文書があるわけで、新約聖書はグノーシス文書を改竄した「嘘の書」であり、新約のハルマゲドンの記述では妄想に導かれるが、『 善と悪の最終決戦のハルマゲドン 』は定期的に来るわけで、今の左と右の戦いは、今は右の勝利であるのは確定だ!右は英語でライトと発音して、そのライトの意味には「正義」「正しい」がある。本来は右が正しいわけなのに日本人の多数は70年間もアタマが左に位置した。それはどうしてなのか?また、それが否定される時が今である!










2、戦後70年間の日本は、なぜ左で止まっていたのか? ~ そして左の大転落と右の逆襲が今!


★戦後の日本人がどうして左になったのか?それは学校の日教組教育、左翼憲法、サヨクマスコミの影響のためである。そしてそのサヨク洗脳を克服できないアタマのあんまり良くない人種がネットで左翼発言をしている



 1、リチャードコシミズ → 事件の犯人は全てユダ金とロックフェラー www

 2、カレイドスコープ → 1%が悪く、俺様は正しい www

 3、新ベンチャー革命 → 米国戦争屋が悪い

 4、便所民フルムグシ → 便所民の発言はデマしかないから何を云ってんだかわかりませんwww

 5、服部負債 → この夫婦、日教組の先生出身?のように思えるwww


★上の5人くらいにするか。しかし今は以下のカードの時代だ





 太陽神が左のカップから右のカップに移し変えていることに注目




★そしてタロット12の「吊るされた男」であるヒットラーも正統に認められて支持されることになるだろう。ヒットラーが認められた時、世界全体が極右となり、サヨクやカルトや拝金主義はダメになる。カルトとは真の神である「目玉親父」に対抗して嘘の神を崇拝する馬鹿者たちであるから!そして1938年にナチスがルイス・ロスチャイルドを逮捕したことが「繰返され」、これから、サヨク系の拝金主義の裁きの時もあるだろう!



★サヨク的論理は非常に簡単である。米国1%が絶対に悪く、正しいのは中国とロシアである!という論陣。しかしこれからは米国1%が正しく、中国とロシアを褒める者がバカ者であり、世界的に、サヨク、カルト、拝金主義の人間がダメになる!というムードが世界で起きる鴨!?



サヨク、カルト、拝金主義の人間とはシンボル的なユダヤ人のことである。ユダヤ人とは、

 1にユダヤ教を信じる者

 2にユダヤ人の母から生まれた者

 の2点しかない。それが基本。



★ユダヤ人の真実をもっと深く探求すれば、ユダヤ人とはバアルに対抗して嘘の神(ヤハウェ)を盲信する人種のことであり、


 1にバアルに対抗するサヨク(サヨクとは太陽神の権力に反抗する者→何でも反対する者達)

 2に嘘の神を盲信するカルト

 3に「ベニスの商人」のシャイロックのイメージの拝金主義者



★ユダヤ人とはシンボル人種。そしてユダヤ人の結論は、


 1、嘘の神を盲信する者たち(カルト

 2、太陽神の権力に反抗する数字の『 6 』のサヨク

 3、金を心底、神と信じる者たち(シャイロック



上の者達が弾圧される。それは戦後70年間の日本人の96%の精神状態である。


これから、豊臣秀吉や江戸幕府がキリシタン(今の日本のキリシタンとはカルトとサヨクと天皇を信じる者たち)を弾圧した現象の『 繰返し 』が日本で起きるだろう!








3、アンゴルモアの大王を蘇らすマルスの時代



再び韓国に行って土下座謝罪した鳩山由紀夫を考えてみる。彼は永久に日本軍はアジアを侵略した!と考えるだろう。日本軍のアジア侵略とは戦時報道という戦争事実をねじまげた嘘の情報だということに全く気づかない。戦時報道の代表にユダヤ人が戦争中600万人もナチスのためにガス室で殺された!というもの。しかしアウシュビッツにガス室なんかなかった



アウシュビッツにガス室はなかった。ナチスの強制収容所でユダヤ人は伝染病などの病気で死んだが、ガスで死んだ死んだという証拠(死体)は一つもない。しかしそれは戦後70年間、欧米ではウルトラ強力な絶対のタブーだった。しかしこのタブーをあっさりと破りそうなのが、フランスの極右政党の国民戦線党首のジャン・マリーヌ・ルペンである。



★現在フランスの地方選挙第一党となったのがフランスの国民戦線だが2017年のフランス大統領の第一の候補がマリーヌ・ルペンとなった。マリーヌ・ルペンがフランスの大統領になればヒットラーを公式に認め肯定して、アウシュビッツにガス室はなかったと言い張る可能性はある。父のマリー・ルペンはその程度のことは云っていたはずだし。



★鳩山由紀夫は戦勝国が捏造した日本軍のアジア侵略、そして、731部隊の人体実験の嘘などをいまだに永遠に信じて韓国に行けばお詫びを繰返す愚か者だが、マリーヌ・ルペンは戦時報道の嘘を見抜きヒットラーは正しかった!と云うだろう



★戦時報道の嘘を信じる続けるバカの鳩山由紀夫と、戦時報道の嘘を見抜き真実を公言するマリーヌ・ルペンは対極の二人だが、眠りの森の愚か者達は鳩山由紀夫の土下座謝罪に安心し、マリーヌルペンの発言には驚き、怒り、発狂するかもしれない。しかしマリーヌルペンこそが、イスラム国に順応して出てきたのだ!あまりにも良いタイミングで!



去年のフランスでは軍隊入隊希望者が1日100人だったのに対して、現在では、1日1500人の軍隊入隊希望者の数である。フランスの若者たちは自由・平等・友愛を捨て、祖国を守るために戦う戦士を目指している!




さて、ここで諸世紀10章72番の四行詩を書くと


1999年7月
空から恐怖の大王が降りてくる
その前後、アンゴルモアの大王を蘇らすために
マルスは平和の名において支配するだろう





★上の詩で、イスラム国とは「恐怖の大王」だと思わないだろうか?そしてマルスとは火星のことだが、火星とは戦う力の星であり戦士のこと。イスラム国が世界でテロ活動することは世界中に戦士を蘇らしている!




そしてアンゴルモアの大王こそが鷲が常に云っている『 目玉親父 』である。これで目玉親父のシナリオが見えて来ないか!?










by xuzu9851 | 2015-12-08 08:22 | Comments(0)

五井野正の正体 7

                    

★「7次元よりの使者」「悟った者」「理事の一念三千の教主」「創造神」「釈迦、イエス、モーセ、大日如来、天台大師、伝教大師、日蓮、その他、これまでの地球上の聖人の全ての師」「法華経の主であり、法華経の本尊」「リサイクルという言葉を発明し実践した者」「天才科学者であり天才芸術家」「どんな難病をもすぐに治す漢方薬GOPの発明者」「日本では無名でも世界に行けば物凄い天才として有名人」「インターネットを発明した者」などと超クダラナイ妄想でバカたちを騙し続け、あまりにもアタマの良くない政治家や世界的なキリスト教教主たちやスペイン国王とツーショットをしてきた五井野正であるが、彼の云っていることの全てが嘘である。




★五井野正の嘘は一人では成立しない。五井野正の背後に創価学会インターナショナル(SGI)があることは、彼のやっていることが池田大作のマネなので簡単に解かることだ。また創価学会インターナショナルの背後に世界的なキリスト教詐欺師集団が存在するのも垣間見ることができる。五井野正がツーショットした人物にロシア正教の教主やアルメニア聖教の教主がいるからだ。



★池田大作からの創価学会は、表向きは日蓮信仰を偽装しているが実質は「ひたすら池田大作を崇める池田教」であり、その背後に世界的なキリスト教組織があると鷲は見る。それは池田大作を絶賛するキリスト教徒の佐藤優やアグネスチャンなどの存在で見えてくる。そして五井野正教とは池田大作教と本質はまったく同じで、五井野正教とはエロ作信者世代より、下世代をターゲットした「エロ作教の洗脳手法をそのまま盗んですり替えた、エロ作教の次世代カルト」にすぎない



★また五井野正教がオウム真理教と同じくロシアを基盤としてることは興味深い。五井野正教もオウム真理教も過疎の村で信者村を創るが、それはその村に『 日本国から独立した王国(麻原彰晃王国のように) 』を創ろうとする試みである。その発想は1850年から1864年に清で起こった「太平天国の乱」の発想であり、英国が清を乗っ取る時、清政府を疲弊させるために、内からは「太平天国」というカルトが清政府を攻撃して、外から英国が清政府を攻撃して、清を乗っ取るという戦術であった。



★その英国の太平天国戦術はオウム真理教の上九一色村のサティンで見えた。オウムのサティアンとは、1850年代に英国が太平天国というカルトを使って乗っ取ろうとした戦術の蘇りであった!さて、鷲の文章を読んでいるみなさ~んこには、五井野正の正体は解かったと思うが、五井野正の嘘を暴くのは楽しいのでまた書くことにしよう!




(青字はクリック)


1、「王様は裸だ!」、ならぬ、「五井野正は高卒だ!」で、貴方も悪夢から解放される!



★最近、佐野千遥のロシア科学アカデミーという肩書きが嘘でないか?とネットで問題になっている。佐野千遥は、出資金万引き疑惑で、現在裁判中の人物であるが、佐野千遥なんか問題にならないのが、五井野正の肩書きである。これが五井野正の肩書きである。




★この五井野正の肩書きに騙されたのが中国&ロシア系の日本の政治家で、元総理の鳩山由紀夫夫妻、小渕元総理、田中真紀子元外務大臣、三塚元大蔵大臣、亀井元建設大臣などである。全員、五井野正とツーショットしてから悲惨な転落人生となったwwwwwww ★五井野が描いた絵の「鳩山さんこんにちは」の鳩山由紀夫は今年の8月に韓国に行って土下座謝罪し、日本全体からバカ扱いだし 、田中真紀子は政界引退、小渕元総理は五井野とツーショットした後にすぐ死んだし、娘の小渕優子も中国関係と秘書の金の問題で終わり、亀井静香は大物政治家から田舎政治家に転落し、亀井静香は何処に行ったか?状態である。




スペインの国王も五井野正とツーショットの、後、前代未聞の国王引退だし、五井野正が『 魔界からの使者 』であることは事実が雄弁に語っていることである!



リチャードコシミズが応援した政治家候補は、これまで全員は落選したが、それを上回る不吉な男が五井野正である!五井野正の博士号とは、




五井野正の肩書きに騙される者は、池田大作に騙される者と同じレベル。そして五井野正は『 高卒 』にすぎない彼の自慢している外国(ロシア方面)から得た名誉博士号などの肩書きの全ては、信者を騙すための道具であり、一切の価値はない!五井野正はSGIが開拓した後の道路を歩いているだけのこと。海外での名誉博士号などの勲章取りは池田大作がやってきたことであり、その後追いをやっているだけなのだ!






2、五井野正は若い時から一貫して宗教詐欺師として生きてきた!その背後にあるもの



予約金を受取りながらセット5万円の「ビデオの法華三部経」をいまだに出さない(41年経過)限りは、五井野正を詐欺師で訴えれば犯罪者になるだろう膿~。そして駐日アルメニア共和国名誉領事の肩書きも嘘である。それは日本のアルメニア大使館で確認した。五井野正は一度も駐日アルメニア共和国名誉領事になってない!とアルメニア大使館はハッキリと断言した!



五井野正の言ってることは全て嘘であった


  1、悟っている → 悟ってない
  2、米ソの核戦争で地球は滅んだが五井野正の秘法で救われた → 嘘
  3、ビデオの密の法華三部経体系 → 予約金を受取っていながら31年経過してもまだ発刊されない
  4、リサイクルという言葉を発明した → リサイクルの言葉は糸山英夫氏から
  5、五カン行 → 五井野正の妄想
  6、GOPでどんな難病も治す → 嘘
  7、世界で認められている → SGI(創価インター)に認められているだけ
  8、法華経の本尊 → 嘘 キリスト教徒とツーショット
  9、密の法華三部経大系が日蓮の預言した三大秘法 → 嘘
  10、五井野正が創造神 → 嘘



★池田大作はニセ本仏で五井野正が「日蓮が預言した三大秘法の本尊であるという嘘」はなかなか楽しいが、日蓮業界用語を使用していたので、五井野の信者でも何を言っているか解からず、ただヒタスラ「私(五井野正)は偉い、私を誹謗中傷すると無間地獄に落ちる」という嘘にハマッタのが五井野正の信者たちだった。



★日蓮が三大秘法を預言をした(三大秘法稟承事)?らしいので、戦後の日蓮業界がそれを利用して戦後のカルト界で信者を多数集めたわけだが、創価学会の会長が池田大作になった時、池田大作を本仏として持ち上げようとして、「池田センセはスンゴイです~、池田大作センセはスンゴイです~」という信者を大勢増やしたが、藤原弘達や日蓮正宗その他の反発に遭い日本乗っ取り計画が挫折したので、次の計画として五井野正という若者を本仏にして新世代カルトを創ろうとしたのが、創価学会を操るイエズス会の作戦だったと思う。



創価学会を操るイエズス会とは新しい発想だと誰もが思うだろうが、今存在しているイエズス会ではなく、イエズス会の本来の目的は世界支配であり(ハッキリと文字で書かれる)、世界を支配することを目的とするユダヤキリスト教勢力のシンボル的な名としてイエズス会という名を鷲は使っている



★五井野正の背後にSGIがあり、SGIとはイエズス会が本質だと解かれば、キリスト教徒の佐藤優やアグネスチャンが創価学会を応援する理由も見えてくるだろう。そして池田大作や五井野正が世界の有名人とツーショットできるのは、SGI→イエズス会の力であり、また、麻原彰晃がダライラマとツーショットできたのもイエズス会の力であったと鷲は見る。



★明治からの天皇教がイエズス会勢力が造ったものであると同じく、戦後の創価学会の三代目会長の池田大作からの創価学会もイエズス会が背後にいたからSGIはすぐに世界的になったわけだ。つまり池田大作や五井野正の世界的な理由は、ザビエル以来の日本乗っ取りを仕掛けるイエズス会の力であるのだ!




イエズス会の乗っ取りの方法は『 土着宗教の中に入って支配する 』である。だから明治維新の時は、神道の中にイエズス会が入り込んで国家神道天皇教で日本を支配したし、戦後は池田大作が会長になった時、創価学会の中に入ってきてSGIが活躍することになるが、SGIとはイエズス会の創価系ということで、海外で活躍することは当たり前ということ。



★五井野正の云う「私(五井野正)は創価学会に迫害されている!」という言葉を信じるのは、アタマの足りない信者だけのことで、池田教の二番煎じが五井野教であり、海外の偉い人とのツーショットも、馬鹿げた数の勲章や名誉博士号でバカを騙すという手法も同じ



五井野正教とは明らかに池田大作教の二番煎じであるのだ!







3、五井野正に告ぐ!ウィッピー行はどうなったのか?



★昭和59年5月5日のウィッピー通信第1号に以下の記述がある


『 すなわちウィッピー行とは全ての諸菩薩の行の根本行なのです 』



『 そしてその時のウィッピー行のモク鉢行は木星の浄化行、空缶行はオリオン、アトランティスの浄化行、里造りは十方の浄土、仏国士の行、空缶号の行はUFOの行、つまり地球の浄化から脱出する為の天界への道 』




★五井野正に告ぐが『 ウィッピー行 』はどうした!お前の妄想の法華経の行の五カン行は明らかに嘘で破綻しているが、お前は嘘を土台とした経歴で講演などで金を取っていたわけで、お前が過去に云った嘘の発言の責任をどんどん鷲は追及することに、これからなるだろう。



★五井野正がいかに逃げても、『 7次元よりの使者・第0巻 』『 法華三部経体系 』『 密の法華三部経大系 』などの五井野正が若い頃、語ったことをこれから追求する。




五井野正は、真実に見せかけた嘘発言で金を得て生きてきたから、宗教詐欺師1000%だが、新たに情熱を持って、五井野正の嘘を追及します!鷲の五井野正発言の嘘の追及はまだまだ序盤にすぎない!

ーーーーーーーーーーーーーーー


補足


★五井野正の『 七次元のよりの使者第0巻 』が浅いのは、歴代の宗教の偉人が異次元から五井野正を褒めているが、レザー・アスラン著『イエスキリストは実在したのか?』で解かるように、イエスキリストが十字架に磔になったとか、イエスキリストの存在した、とかの物的な証拠は一切ない。定期的に嘘の証拠が捏造されるだけだ。



創価学会の両親から生まれた五井野正のカルトは『 新創価学会 → 池田大作教を五井野正教にすり替えたもの 』にすぎない。その意味は、イエズス会の日本支配戦略に従う謀略組織としての五井野正教の存在である。



★五井野正は仏教や法華経に詳しいと自分では思っているかもしれないが、創価学会の妄想教義を土台とした彼の仏教や法華経も『 妄想 』でいずれ全てが否定されるだろう。いずれ否定される、というより、今も無視されてるので、消滅で終わりだろう。



五井野正は1980年代後半のバブルの時代の人間である。ロス疑惑の三浦某に似ているタイプである。日本の1980年代後半バブルの時代は、不動産・株・美術品・ゴルフ会員券の時代だったが、その不動産・株・美術品の業界系人間が五井野正である。



五井野正とは宗教詐欺師である。それは密の法華ビデオを発刊できなかったことで解かるだろう。元々、行法、観心、秘密法などはなかったのだ!全て五井野正の妄想と嘘であった!五カン行が嘘だったので明らかである!



そして、今、五井野正の全ての嘘と妄想が裁かれる時が来たということ!











by xuzu9851 | 2015-12-02 20:13 | Comments(0)