「ほっ」と。キャンペーン

サーティンキュー

<   2016年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


沢木耕太郎著「時の廃墟」を読む




沢木耕太郎



★偶然に出会った沢木耕太郎著「時の廃墟」という本。この本を今日一日読んでいた。20歳代の頃、沢木耕太郎の「地の漂流者たち」に感動したことがあったが、この30年間は読んでいないのは、彼の「放浪」の世界に興味が持てなくなったからだ。



★日本の、アングラ演劇、屑屋、自衛隊、川崎の若き労働者、石原慎太郎、カシアス内藤、海外放浪、などをテーマに作品を書き、若き頃から日本と世界を放浪していた沢木耕太郎だが、どこに行きついたのか?若き頃の無名のルポライターの頃の沢木幸太郎の作品は面白かったが、あまりにも早く成功して有名になり、1985年あたりに「バーボン・ストリート」を出したあたりから興味がなくなった。30歳代で酒のエッセイとは、ずいぶんと成金で退屈な人間になった膿~?とあの頃、軽蔑していたもんだ。



★ウィキペデアで沢木耕太郎と検索すると、まだ生きていたことが分かったwww 全く彼の噂が聞こえてこない30年数年だったから。で、今は何を書いているのだろうか?

ーーーーーーーー
『キャパの十字架』文藝春秋(2013年)のち文庫 
『流星ひとつ』新潮社(2013年)
『わるいことがしたい!』ミスミヨシコ絵 講談社 2012
『いろはいろいろ』和田誠絵 講談社 2013
『旅の窓』幻冬舎 2013
『ホーキのララ』貴納大輔絵 講談社 2013
『波の音が消えるまで』新潮社 2014 (小説)
『キャパへの追走』文藝春秋 2015
『銀の街から』朝日新聞出版 2015
『銀の森へ』朝日新聞出版 2015
春に散る (2015年4月1日 - 、朝日新聞連載)
ーーーーー



★ざっと上のタイトルを見ていると買って読む気になる本は一冊もない膿~と感じる。沢木耕太郎が良かったのは、1970年代の前半、無名の頃に書いたものと、深夜特急などの海外放浪、そして今日読んた三浦和義を題材にしてブルータスに書いた「奇妙な航海」などだろう。



★若き頃の沢木耕太郎は何かを求めて放浪していた。鷲は数字の≪ 9 ≫と数字の≪ 13 ≫に行きついたが、今の沢木耕太郎は真実を求める!という情熱もなくなったのではないのか?それを沢木耕太郎の最近書いている本のタイトルに感じる。



★金を稼ぎ生きていける≪ 文章の力 ≫が彼は若き頃からあった!ということだろう。しかしそれを売文家と言い、ダンテの神曲の地獄編では地獄の8段目の住民となる。ダンテの神曲の地獄偏では売文家は精神を売るという罪の者であるから8段目に堕ちる。売春婦は肉体を売るが、精神を売る売文家の方が罪が重い!というのは今では新鮮な発想に思える。ダンテの神曲の中の古典的(グノーシス的)な発想を発見することは面白い。さて「奇妙な航海」に出てくる見城という人物、そして百田直樹もダンテの世界では売文家の地獄の8段目の人物である、と鷲は見ている。カネになれば何でも良い!という発想は何事もヤバイ!発想であると鷲は思っている。



★今日、改めて読んだ限りでは沢木耕太郎の文章は読みやすくて面白い。しかし彼はいつまでも経っても処女作の「地の漂流者」であり続けると鷲には感じる。いや、いまだに「地の漂流者」ならまだいいだろう。年老いて「地に埋もれてしまう叶姉妹」もかなりあると思うが。すでにそうなっている叶姉妹がかなりあるがwww








1、「奇妙な航海」 ~ 「時の廃墟」の10番目の作品


ロス疑惑(三浦和義事件)



★これは1985年12月1日号のブルータスに掲載された沢木耕太郎のノンフィクション作品である。非常に面白い作品で一気に読むことができた。そして三浦和義事件の大騒動があった1985年から31年も、今、経過したのか?と感慨深い思いが湧いてきた。鷲にとっては1985年は感覚としてはチョット前だし。鷲にとって1985年は実に記憶にある年だったから。



★あの頃のワイドショーの悪の大スターは三浦和義。2016年の、今、三浦和義の名は日本では殆ど忘れ去られた。その事実にもまた驚く。遠い世界であった保険金殺人というのを日本に堂々と持ち込んだのは三浦和義だった。彼が法的には無罪であったのも彼の緻密な犯罪計画がある程度成功したからだろう。で、三浦和義の最後は死刑でなく自殺?それも不可解で謎に満ちている。



★さて三浦和義より主役は沢木耕太郎の「奇妙な航海」というノンフィクションの作品。この中で驚くのは、あの1985年9月の三浦和義逮捕劇という巨大な劇場犯罪の中で、沢木耕太郎が直前まで三浦和義の身近にいて話せる距離に居たという事実。さすが沢木耕太郎はスター物書きである。そこに第一に感動した。



★そして三浦和義の奥さんの「ヨシエ(良枝)さん」とは当時はもの凄く有名だったのだが、その良枝さんとも沢木耕太郎は会話できる距離にいて、今の幻冬舎の見城徹という人物も、あの事件の頃に沢木耕太郎の身近にいる。あらためて考えると、沢木耕太郎は作家としては超エリート街道を歩んできた人物だと再確認した。



★犯罪者とは黒い月に支配された者である。特徴は性的な退廃者。三浦和義があの時の大喧噪の中なのに、SM嬢に密かに遭いに行く場面が一番面白いところだ。あの喧噪の中でありながら、密かに三浦和義がSM嬢に遭いに行き、SM嬢は三浦和義を虐めるプレイをする。



★その中でサド嬢が「なんで一美さんみたいな良い人を殺して、良枝のような嫌な女と一緒になったのよ!」と虐めると、マゾの三浦和義が興奮して、己の全ての犯罪の真実をサド嬢に話すという電話の内容、そこが一番面白い。あのサド嬢は1985年の時にすでに三浦和義事件の全ての真相を知っていた!?というわけだ。



★それが真実なのか?SM嬢の妄想なのか?そこに謎がある点が、この作品の一番良い点だろう。そしてあの頃の出版社で働いている人物やパパラッチのような報道人たちも、実は三浦和義と似たような精神の者たちであった。



★沢木耕太郎と三浦和義は1947年生まれの同い年である。沢木耕太郎の「奇妙な航海」という作品のテーマは、1947年生まれ(或いは戦後生まれ)の負のシンボルの一人が、「何一つ本物の価値を掴めず、金のために魂をカネで悪魔に売って生きるしかなかった三浦和義」である!ということ。それを沢木耕太郎はこのノンフィクションで表現したかったのだろうと鷲は感じるし、非常に良い作品に仕上がっている。

ーーーーーーーーーーー

補足

★ダンテの地獄編では、地獄は9段階がある。一番下の9段目の地獄は「金のために魂を金で売った者たち」が落ちる地獄である。1985年9月、日本で最大の騒ぎであったロス疑惑の三浦和義は「金のために魂を金で売った者」の典型的な人物であった。あれから31年経過して、今の日本の最大の騒ぎは豊洲移転と2020年東京五輪。



★豊洲移転も内田茂・石原慎太郎・森喜郎、スーパーゼネコン、ゴールドマンサックスなど、金のために魂を悪魔に売った連中が移転推進をやっていたわけで、2020年の東京五輪にしてもIOCのバッハやコーツやJOC元役員の春日などをみれば五輪マフィアにすぎない!と感じる。五輪というのはマフィアの金儲けのため!と日本人は見抜かないとならない。リオ閉会式の安部マリオだって約12億で制作したが9億を電通が抜き、残りの3億も様々に万引きされて、実質製作費は5000万くらいか?wwwwww



★世界が「金のために悪魔に魂を売った者」に支配されているわけだが、今は天註の時代が来たということ。その天註を与える人物が、フィリピンの麻薬中毒者殺しのドゥテルテだったり、米国のトランプだったり、日本の小池百合子だったりする。



★今、あらためてロス疑惑(三浦和義)事件を考えると、三浦和義という暗号の意味は「金のために魂を悪魔に売った者」の日本への上陸であった!


















by xuzu9851 | 2016-10-30 19:30 | Comments(1)

今、日本で一番ズレきっている老ハゲ、飯島勲を斬る!





★世界は広い。この世は未知の謎ばっかりである。今から4か月半前の6月16日、二人の老人がテレビで対談した。一人は桜井よしこであり、もう一人は何をやっているのか知らないが威張っている雰囲気の飯島勲である。この時は舛添問題が日本中でフィーバしていたから話題は舛添のことであった。



★司会者に「次の都知事は誰がいいでしょうか?」と質問されて、桜井よしこは「石原慎太郎さんのように何年かしたら東京都に良いことをしたと都民が解る人が、次の都知事に良いと思う」と対談25分前後に答えている。まだ4か月半前2016年6月16日のことである。あまりにも意表をついた答えだったので鷲は驚くこともできないほどの、言いしれないショッキングを受けた!(☚純文学的表現に朝鮮人してますww)。



★そして次に飯島勲はこのように語った!「鈴木都知事以来、都知事として一番適確だったのは舛添要一都知事だったと私は思う!」(対談25分30秒あたり)と云い切った。鷲が中一の時読んだ「ノストラダムスの大予言」以来の未知の衝撃世界に入ったような気持ちが湧いてきた。「これはなんなのか?」という不安感が湧いてくるようでもあった!(☚純文学的表現に朝鮮人してますww)。



★この二人の老人の対談は、北海道の田舎の認知症施設で行われたわけではなく、BSフジのプライムニュースで2016年6月16日の20時から堂々と放送されたものだ。しかし二人の対談の内容には恐るべきものがある!と誰もが感じるだろう。誰が聞いても、二人の対談には、犬神家の一族の連続殺人事件に発展するのではないか?と思わせる不吉な暗号を含んでいる。(☚ そうかぁ~?www)。



★この二人は地球人なのだろうか?あまりにも謎の世界に居るので地球人ではないだろう。冥王星あたりから来たのか?地底王国から来たのか?間違いないのはナムアミダブツの世界から来たことである!w あまりにも宇宙からズレきった老ハゲ・飯島勲の世界へ、我々は探検の旅に出ます!レッツゴ==!!







1、飯島勲は八墓村のタタリで死ぬ鴨!?


飯島勲 CIA で検索

日本版CIA



★2016年10月28日のバイキングに飯島勲が「日本のフィクサー」と紹介されて出て来た。フィクサーとは「黒幕」という意味だが、日本の「黒幕」は誰もが知るように米国の軍部である。1945年8月15日から。



★2012年4月16日に、当時の都知事の石原慎太郎は米国のヘリテージ財団主催のシンポジウムで講演をし、「東京都は尖閣諸島を買います!」と発言をした。ここでのポイントはヘリテージ財団主催のシンポジウムにある。



★ヘリテージ財団とは米国の共和党系の中でも最も力の強い財団で、軍の増強を強く主張する研究所であり、CIA(中央情報局)やDIA(国防情報局)を経験した者たちが勤務している。つまり石原慎太郎の尖閣発言は米国の軍部関係からの命令によってなされた!ということが解る。



★石原慎太郎とヘリテージ財団の関係は、2012年4月16日のヘリテージ財団主催のシンポジウムでの石原慎太郎の発言で解る。飯島勲も石原慎太郎と同じようなもんだから、ヘリテージ財団と関係があり、そこから情報を得ていると鷲は推理する。この推理は1+1は2のようなものでたいした推理でもない。



★2016年10月28日に飯島勲が真昼間のバイキングのテレビに出て、

 1、築地は元は海軍の場所でヤバイ化学物質が下にありヤバイ
 2、築地は下に放射能マグロが大量にありヤバイ
 3、築地はネズミやゴキブリやアスベストでヤバイ
 4、豊洲移転の費用は築地の土地を売れば大丈夫。お釣りがくる。
 5、一日でも早く豊洲に移転すべき、豊洲の土地は問題ない
 6、上山とかがクダランことで小池都知事を洗脳している

 と最初の10分くらで云ったのが上のようなこと。



★これでは説得力ない膿~。太平洋戦争の時、東京の百人町で毒ガスを製造していたが、その「毒ガス汚染土」を豊洲に捨てた!とか、豊洲は東京ガス跡地で超重金属汚染地帯である、ということをポッカリと飯島勲は忘れている。知らない鴨しれないし膿~。あんまり頭よくない感じがするし。



★毎日、毎日、テレビで豊洲移転問題を見ている日本人のレベルから見て、政界の黒幕がこの程度の話しかできないとは情けない感じがする膿~。豊洲は大丈夫!という根拠が飯島勲には全くないからね。その程度では豊洲移転反対派を絶対に説得できない。しょせん、飯島レベルは御用学者の云ったことを「信仰」している信者レベル。



★しかし解ったことは、森喜郎=飯島勲、ということ。森元総理はあまりにも頭が悪いので、自分の云いたいことを日本語で語ることができないが、飯島勲によって、森元総理の云いたいことが解った!と鷲は感動したwww



★意外に思ったのは東国原英夫の態度である。飯島勲を鳥越俊太郎や猪瀬直樹のようにやっつけると思ったが、「過去の上下関係」で、飯島勲をヨイショしているし、坂上忍も飯島勲をヨイショ。これではバイキングの視聴率は落ちるわな。東国原英夫も元の「淫行タレント」に今回の飯島勲への態度で戻るだろうwww あの飯島に卑屈な態度はダメだわな。



★飯島勲は全くたいしたことは言ってない。頭の悪い豊洲移転派にすぎない。それどころか2016年6月16日のBSフジのプライムニュースの桜井よしことの対談の中で「鈴木都知事以降、一番適確だった都知事は舛添要一都知事」と発言していたその発想をいまだに持続しているように思えるwww



★要するに飯島勲の大物ぶりとは米国軍部の手先だからだ。米国が日本の黒幕であり、飯島勲は米国の手先にすぎない。飯島勲は売国奴ということ。彼は2012年3月11日の都議会で、豊洲移転か?豊洲移転反対か?の投票の時、63VS62で、豊洲移転派が勝ったが、その直後、3,11が起きた≪非常に奇妙なこと≫を考慮に入れてないし、知らないのかもしれない。



★つまり豊洲移転問題は2012年3月11日の東日本大震災と関係がある!ということを考慮に入れてないので、飯島勲の発言は米国軍部の金儲けのための発言でしかない!だからダメ!ということ。飯島勲は八墓村のタタリで死ぬ鴨!と鷲は予言する!











2、この発言で見事に終わりました!www


★桜井よしこの25分前後から発言

「石原慎太郎さんのすべてが良いとは思いませんが、何年か経ったときに、ああ~、(石原慎太郎は)良いことしてたんだ!と都民が思うでしょうね。石原慎太郎さんのように先が見える方が次の都知事になってほしいですね」




★飯島勲の25分30秒あたりからの発言

「鈴木都知事以来、一番、適確な都知事が舛添さんだと私は思いますね」





★上の発言は、日本で舛添騒動が最頂点に達していた2016年6月16日20時のBSフジのプライムニュースでの発言です。御冥福をお祈りします。ナムアミダブツ。アーメン。もちろん次の都知事についても二人で語っていますが、小池百合子の名を番組スタッフが並べたにも関わらず、二人は小池百合子に興味なかったようですね~~www



★完全に言えることは、この二人はこれから言論人として生きることは無理です。どうしてか?をあえて言えば、

1、飯島勲は、あの時点で、舛添要一を鈴木都知事以来の一番適確な都知事として認めているwww

2、桜井よしこは石原慎太郎は素晴らしい都知事だったと心底マジで思っているwww(今も?)



★これまで貯えた泡銭があると思いますので、ご二人には静かな余生を送ることを心より願っております。人前で話すことは御二人は辞めた方が良いでしょう。強制入院させられるかもしれませんので。



★ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ



注(すみません、二人の対談を聞いていた時、悪霊がたくさん、よってきたので、ナムアミダブツをたくさんつぶやいてしまいました)。





by xuzu9851 | 2016-10-29 07:44 | Comments(0)

酒と大麻と「人間の屑」と「呪術師」









★フィリピンで麻薬組織と戦っている救世主ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が来日したと思ったら、大麻で高樹沙耶が逮捕され、今月10月中旬に鳥取でも大麻所持で逮捕される事件があった。何か?繋がっているような気がする膿~。



★今年は覚醒剤で清原が逮捕されるとか薬物中毒者の「人間の屑」問題がかなり取り上げられた。フィリピンに行けば、清原や彼の仲間なんかはドゥテルテ大統領に殺されるか?あの超満員の刑務所に入れられる鴨しれん膿~。鬼は麻薬問題を考えろ!と日本人に云っている膿~



★最近、鷲は酒を辞めたが、実に体調が良い。酒に溺れるのも麻薬に溺れるのも同じだと思うが、酒も幻覚植物も秘められた神の力がある!と鷲は見ている。しかし数字の≪ 六 ≫が酒を飲んでは酒に飲まれ「人間の屑」となり、数字の≪ 六 ≫が大麻をやれば薬中の「人間の屑」に堕ちる結果は目に見える。



★酒と大麻と「人間の屑」と「呪術師」について考え書いていきます。







1、麻薬より日本は酒の方がヤバイ鴨!?


タロットの15の悪魔


★清原の覚醒剤中毒報道、そして今回の高樹沙耶の大麻。鷲から見れば、覚醒剤も大麻もかなり遠い世界じゃ膿~。それより日本人がヤバイのは酒ではないのか?最近、鷲は酒を辞めた。これは奇跡的なことである。この日本にいる日本人で一度酒飲みになれば、一生、死ぬまで、酒飲みで人生は終わる。死ぬまで酒を飲み続け、酒が原因で死んでいくのが、日本の多くの酒飲み人生である。



★日本では酒は肯定されている。どんな小さな田舎の町に行っても酒場はある。正月だ、クリスマスだ、お盆だ、祝日だ、休日だ!結婚式だ?葬式だ!の口実で酒を飲む機会はいやに多い。近くのコンビニに行けば100円ちょっとでビールやチューハイが売っている。



★20歳以上に成れば堂々と誰でも酒を飲める。この環境ではアル中が多いのは当たり前である。30数年、毎日、酒を飲んで、最近、スパッと酒を辞めることができたのは、努力ではない。毎日、太陽神と一体化する!とか、死神に勝つ!とかブログで書いているから、スパッと辞めれた!と鷲は思っている。努力で辞めることが出来るほど酒は甘くはない。



★「酒飲み」は遺伝から来るのがかなり多いでは?親が酒飲みなら子が酒飲み!というのは多いだろう。稀に違うこともあるが。さて昔から言われる大人になるとハマル三つは、

1、飲む ☛ 酒を飲む
2、打つ ☛ 博打を打つ
3、買う ☛ 性的な快楽をカネで買う



★上が「飲む・打つ・買う」だが、この3つのうち、2つにハマると人間は破滅する!と言われる。鷲は「飲む」だけだったが、その「飲む」も、今はしないので、実に精神が爽やかである。また酒を飲もう!という気が全くないのが不思議だ。



★酒を飲んでいた30数年間、鷲はタロットの15の悪魔のカードの中にいただろう。人生とは酒を飲むことが目的。酒飲みの世界に入るとは、「タロットの15の悪魔」の世界に入ることである。これまで酒を飲むことでの致命的な事故こそはなかったが、やはり、身体的にも精神的にも体調はおかしかった。そのことは、今は酒を辞めたので解るが、あらゆる精神と身体の不調は酒が原因であった、と、今は解った。



★鷲にとって酒は百薬の長では全くなかった。貧乏神であり、疫病神である。しかしそれは、今、酒を辞めたから言えることで、酒飲みを維持していれば、酒を飲まずにはいられない!ので、酒は貧乏神であり疫病神とは絶対に云わなかっただろう。酒について冷静な判断が「酒飲み現役」では無理なことだ。



★酒飲みは清原やアスカのような麻薬中毒者よりは、症状は軽いだろうが、実は彼らと同じくタロットの15の悪魔のカードに入り込んでいる者であると、鷲は思っている!それは間違いないだろう。








2、高樹沙耶はどうして男4人と生活したのか?





★大麻の別名はマリファナである。この別名で高樹沙耶が男4人と共同生活した謎がわかるのではないか?「マリファナパーティ」という言葉があるから。大麻は一人で吸引すると眠くなるのだが、数人のグループで吸うと、多幸感、満足感、高揚感、陶酔感が非常に増す性質があるらしい。だから高樹沙耶は男4人と生活していたわけ。全ては大麻の多幸感や陶酔感を味わうためであったのだ!



★医療用大麻というのはないらしい。大麻は大麻で医療用大麻という言葉はマヤカシ。しかし1886年に日本薬局方という印刷物が発行されたが、その中で大麻は「印度大麻」という名称で掲載されて「鎮痛、麻酔薬に効能がある」と書かれていた。しかしその日本薬局方の1951年の改正版では、印度大麻について書かれなくなった。



★また中国医学の最古の書物と言われる「神農本草経」の中で「大麻は便秘・リュウマチ・生理不順などに効能がある」と書かれている。またヒンズー教系やイスラム教系などのインド医学では大麻は催眠と鎮痛のために用いられた。大麻は忘れさられた医療品であるのだ。その理由は、大麻より優れているモルヒネなどの鎮痛剤が数多くあるので、大麻は現代医学では必要ないからだ。



★大麻は精神異常誘発剤に属している。精神医学的には大麻による様々な障害を「大麻関連障害」と呼び、その中には「大麻依存」「大麻乱用」「大麻中毒」「大麻中毒性せん妄」「大麻誘発性精神障害」「大麻誘発性不安障害」などがある。



★「大麻誘発性精神障害」とは≪ ものごとへの興味や関心が極端に狭くなり、自分で何かしようとする意欲がなくなり、他人を非常に攻撃したり、逆にひどく落ち込んで自宅に引きこもりになる ≫障害らしい。


★大麻の中にTHCという成分が含まれ、このTHCは三種に分けられる。THCの多く含まれる順から

 1、ハシッシュ
 2、ガンジャ
 3、マリファナ ☛ メキシコ語やスペイン語の「安いタバコ」の意味



★大麻の中のTHCが幻覚や陶酔感や多幸感を与えるが、大麻の作用は以下の8段階に分かれる

 1、多幸感(全身で感じる喜び)
 2、興奮、思考の分裂
 3、時間と空間の感覚の錯誤
 4、聴感覚の鋭敏化と音楽への効能
 5、妄想の発言や忘れていたことを思い出す
 6、情緒不安
 7、衝動行動
 8、幻視、幻聴

  以上




参考文献
船山信次著「麻薬のすべて」
佐藤哲彦、その他著「麻薬とは何か」










3、世界文明の発祥地と幻覚植物と呪術師とテクノロジー








★世界文明の発祥地は、メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、インカ文明、黄河文明などだが、これらの地域の全ては、ケシや大麻に代表される幻覚植物の産地である。世界文明と麻薬は非常に密接な関係がある。そして呪術師と呼ばれる、神々と交信し、異次元を見る!ことのできる人物が古代の世界文明の中心に存在し人々をリードしていた。



★エジプトやマヤのピラミッド、アステカのカレンダーやドゴン族の宇宙図は完成された知識から出来上がっている。人間はサルから進化したwと言われるが、古代文明が現在より遥かに進化した建築物を完成できたのはどうしてだろうか?



★その謎を解くのが幻覚植物という麻薬である。古代呪術師は幻覚植物のプロであっただろう。幻覚植物を吸引することで、呪術師は、神々や精霊と交信し、異次元の世界に行き、高度な知識を地上にもたらした。それが真の呪術師であっただろう!と推理できる。



★1960年代後半、米国を中心にLSDやヘロインやマリファナ(大麻)が若者たちにバラマカレタ。その結果が出現したのが、戦争に反対する若者文化、そしてサイケデリックという文化である。LSDを吸引することで彼らは神々と異次元を見た。一瞬の禅僧となった。それによって出来た文化がビートルズの音楽であったり、横尾忠則のイラストであったり、ロックであったり、ヒッピーであったり、バロウズやケルアックの文学であった。



★そしてタッチパネルのスマートフォンを発明したアップル社のジョブズも禅に興味を持ったヒッピ―出身であり、LSDによって未来を幻視した人物であった。1980年代からのIT革命とは1960年代のLSD文化からの流れからもので、IT革命とは麻薬からの幻視を基盤とし発達したテクノロジーであるのだ。



★そして現代コンピュータの起源を考えると、ナチス時代のドイツのコンラッド・ツーゼという人物に辿り着く。彼が1941年に世界初のコンピュータ企業を設立し、世界初の完全動作するプログラム制御式コンピュータ Zuse Z3 を開発し、1941年5月に稼働させ、現在のPCやスマートフォン世界につながっているのだ。



★ジョブズはLSDを吸引したヒッピー出身だったし、ナチス時代のドイツとはシャーマンのヒトラーがリーダーだった。つまり文明の中心に神々と交信する呪術師やシャーマンが存在していることは、古代も今も同じであるのだ。そして呪術師やシャーマンは幻覚植物と非常に深い関係にある。幻覚植物によってシャーマンや呪術師が誕生すると言っても良いかもしれない。



★そして真の呪術師という存在は、感性的な存在であるとともに、テクノロジーの分野も熟知している。それはヒトラーが激情型人間でありながら、第三帝国はテクノロジーの国だったことで解るし、ジョブズは若き頃、禅僧を目指すヒッピーだったのに、ITの中心人物に成ったことでも解る。



★「文明の発祥」と「麻薬」と「呪術師」と「テクノロジー」は深く関係しているのだ!








4、≪9≫に成れない者は黒い力(ロクの反対のクロ)に殺される!


中台八葉院

胎蔵界曼荼羅

金剛界曼荼羅



★神社の前には狛犬が二匹いる。この狛犬に成ることが人間の目的だ!と解っている人間は殆どいない。前足でタマを留める狛犬が二匹。右の狛犬の口は開き、左の狛犬の口は閉じる。アウン。アは始り、ウは中間、ンは終わり。始り、中間、終わり、つまり、神社の中に入ることは「永遠の価値」の中に入ることを意味する。



★六道の世界は時によって価値観がどんどん変わっていく。それを表現しているのがアナログ時計である。アナログ時計は1時から12時までを繰り返し回っているが、それは「時の繰り返し」を意味している。



★1時と2時の価値観は違う。2時と3時の価値観は違う。1時から12時まで価値観は違うが、1時から12時までを回る時間は、鷲は約80年だと見ている。だから今は80年前の1930年代と同じである!と鷲は繰返し言っている。



★六道の世界では、戦前は「天皇陛下のために立派に死ぬこと」が最大の価値だったが、今は「金持ちに成ること」が人間の最大の価値である。六道の価値観とは常に偽りの価値観である。再び、神社の前に立とう。



★神社の前には二匹の狛犬がいる。アウン。そのアウンの世界に入るとは永遠の価値観の中に入ること。永遠の価値観の中に入る。人間の生まれた目的は何か?それは「太陽神と結びついた9と成ること!」。それが空海が唐から持ってきた両界曼荼羅の意味である。



★9に成る!それを邪魔するのは何か?それはあまりにも多いが、今回のテーマは酒と大麻と人間の屑と呪術師である。日本では大麻よりも酒の方が怖い。日本では大麻を誰もが否定するが、酒を否定する日本人とは特殊な日本人である。日本は酒を肯定する。だから酒がヤバイのだ。



★酒に飲まれている限りは、≪9≫に成ることは無理だ。しかし一日の激しい労働の後に一杯の酒は天国に行くこと。古代の奴隷たちが厳しい労働に耐えることができたのも、麻薬という御褒美の天国の時があったからかもしれない。


★麻薬にハマった人間の99,9999%は「人間の屑に堕ちて」生涯を終える。しかし麻薬は実は神々と交信する魔術の道具だった。また酒も毒ではなく「百薬の長」であることが秘められている。しかし六道の者はけしてそれは解らない。全てを知る者は「太陽神と結びついた9の者」である。そのように空海が唐から持って来た両界曼荼羅は、今の世界にでも、我々に永遠のメッセージを与えている!








by xuzu9851 | 2016-10-27 12:08 | Comments(2)

六殺し(ロクゴロシ)する救世主・ドゥテルテ大統領が来日!







★六殺し(ロクゴロシ)のフィリピンの救世主であるドゥテルテ大統領が来日した。戦後71年間の日本はユダヤ人の偽りの言葉である「自由・平等・反戦平和・人権」などの言葉に支配されていたが、自称ヒトラーの登場で世界は明らかに変わっていく!



★日本人もいつまでもOSS(米国戦略情報局)の軍事戦略言語の「自由・平等・反戦平和・人権」などに騙されていてはダメだ。それは軍事的に日本を弱体させるための言葉であり、日本人の戦闘精神を弱体化させるための偽語だったことを見抜き、日本人の言葉で真の日本の憲法を創らないとダメな時に来たと思える!



★ドゥテルテはマジに麻薬組織と戦っている。「私が奴らを殺すか?奴らが私を殺すか?のどっちかだ!」と言っているが、それは実践者の言葉である。麻薬組織と戦う時、「愛は世界を救う」とか「人権」とか「世界平和」なんとか言って戦えるわけがないし、もし言っている奴がいれば偽善者である。それは強姦魔・池田大作の偽善の言葉であり、偽善女の瀬戸内寂聴の腐敗の言葉である!一見、優しい言葉で71年間の日本人はダメになってしまったのだ!



★ドゥテルテは時の人であり、麻薬組織と戦う実践の革命家である。また日本の小池百合子、米国のトランプ、仏のマリーヌルペンと同じく反既得権益の戦士であるが、この4人の中で一番ストレートで解りやすい。さすがに「悪は殺す!」と云い切った大統領はヒトラー以来の出現である。



★ドゥテルテの出現で、時は1930年代に戻った。1930年代の日本は血盟団事件や5,15事件や2,26事件などの「悪を斬った」事件が数多くあった。あの時代に、1930年代のサイクルに、今、戻ったのだ!これから、どうなるのか?その辺を考え書いていきます。






1、ロクデナシを殺すと支持率86%!

カフカの「審判」



★カフカの「審判」では、ある日突然、銀行員のKが「やった覚えのない犯罪」によって逮捕され、どんなにKが抗弁しても、最後は「犬のように殺される!」という物語である。ドゥテルテが殺しているのは麻薬関係者だから、カフカの「審判」とは話は違う。しかし今はカフカの「審判」の世界に入ったと鷲は感じている。



★ドゥテルテが殺している者はハッキリしている。麻薬中毒者、麻薬密売人、その他、麻薬に関係がある「人間の屑」たちである。ドゥテルテのフィリピンでの支持率は現在86%。甥が麻薬密売人だったから殺されたと言っていた老婆は、テレビで「あの甥は殺されてよかった。ドゥテルテに感謝している」と答えていた。



★ここでの新鮮な発見は、麻薬中毒者のような「人間の屑」が殺されても、殺したドゥテルテの方に感謝する関係者たちばっかり!という事実。ドゥテルテの今の支持率86%だし。しかしこれは当たり前のことではないのか?「人間の屑」にも人権がある!という詭弁に日本人は71年間も騙され続けてきたのではないのか?あの自由・平等・人権・反戦平和のユダヤ憲法によって。



★戦後71年間、世界は反ヒットラーで進んできた。ところがここへ来て、180度反転し、自らをヒトラーだとするフィリピン大統領のロドリゴ・ドゥテルテの出現であり、ヒトラーの祖国であるドイツに、戦後71年目にして、ヒトラー著「我が闘争」の解禁である。



★太陽神は暗号によって時を示す。今はロクデナシが殺される時の始りであり、天誅の時である。ロクデナシは麻薬中毒者だけではない。今の日本で言えば

  1、白紙領収書を出す議員や偽造領収書を出す議員
  2、ウソで誤魔化す東京都職員
  3、石原慎太郎や内田茂や森元総理などの利権人間
  4、反豊洲移転だったのに、金のために豊洲移転推進に寝返った議員
  5、2020年の東京五輪で甘い汁を吸おうとする者たち
  6、金が全てだと思っている者たち
  7、いつまでもインチキカルトを信じる者たち
  8、何でも反対する者たち
  9、民主主義を信じている者たち
  10、戦後憲法を信じている者たち




★上の他に数限りなく「ロクデナシ」とは存在する。ロクデナシ、それは数字の≪ 9 ≫に成ろうとしない者たちである。六歳の六月六日から人間は学び始めるが、人間の目的は金持ちになることではなく、太陽神と結びついた≪9≫に成ることである。銭ゲバ社会に騙されて、人間の目的は金持ちに成ること!と確信している者は多いが、その者たちもロクデナシであり、≪六殺し≫される運命である。



★≪ 天誅 ≫という言葉の意味は、『 神などの人間を超越した存在が、悪行を行った人間に対して誅伐を下すこと。天罰。』である。何やら、この『 天誅 』が来たのが、今の時代だと鷲は思える。ロクデナシが天誅によって殺される時代に入ってきた!ということ。鷲が11月8日にトランプが勝つと思っているのは、トランプの役割は、ヒラリーに天誅を与える者である!と見ているからだ。








2、≪ 六殺し ≫と≪ 9の誕生 ≫の時の始り


チベット密教六道輪廻図



★1930年代は欧米ではナチスドイツのユダヤ人狩り、日本では血盟団の三井財閥狩りがあった。天誅であり、≪ 六殺し ≫の時代が1930年代の世界だったのである。そして、今、フィリピン新大統領のドゥテルテこそが≪ 六殺し ≫の時代のシンボルである!



★日本人が小池百合子都知事に期待していることは、森喜郎や石原慎太郎や内田茂などの悪の利権人間を裁くことであり、ゴマカシ続ける東京都庁職員を裁くことであり、豊洲移転や東京五輪で大儲けようとしているスーパーゼネコンやヤクザを裁くことである。そのついでに銭ゲバ間違いなしのIOCのバッハやコーツやJOC会長の旧皇族の竹田恒和などを裁くことである。



★そしてトランプがこれだけ言われても米国民の40%以上に熱狂的に支持されていることは、ヒラリーを代表にする1%の超富裕層を、今、裁くことができるのは、トランプのみ!だと米国民は思っているからだ。



★そして来年の2017年はフランス大統領選挙があり、トランプよりヤバイ!と言われる国民戦線の女性党首のマリーヌルペンが仏の大統領となり、戦後で初めて、欧州の公人としてヒトラーを正式に肯定する発言をする鴨?しれない。



★今は≪ 六殺し ≫、つまりロクデナシ殺しの始りの時ということ。そして人間が獣から神の≪ 9 ≫に成る!という人類の原観念である≪ 超人思想 ≫が蘇る。≪ 六殺し ≫と≪ 9の誕生 ≫はセットであるからだ。



★ヒトラーが実践した≪ 六殺し ≫は5つに分かれる

 1、ユダヤ教徒を代表にするウソの神を信じる人間狩り
 2、銭ゲバ、金持ち狩り
 3、共産主義などのサヨク狩り
 4、身体障害者狩り
 5、普通の人だが、9に成ろうとしない数字の≪ 六 ≫狩り



★上の中で5が知られてないところだ。法律違反しない社会適応者でも≪ 9 ≫に成ろうとしない≪ 六 ≫は殺される対象だということ。だから戦争があるし、大地震や火山噴火などの自然界の浄化がある。



★≪ 六殺し ≫と≪ 9の誕生 ≫はヒトラーの特別な思想ではなく、人類の思想史を貫く根本の原観念である。ヒトラーは人類の原観念に到達して実践したということ。



★フィリピンのドゥテルテは麻薬関係者という誰でも解る、解りやすいダメ人間を殺しているが、これがヒトラーレベルまでの≪ 六殺し ≫に成ると、日本人の全てが、殺される人間の対象となる。しかしそのレベルの≪ 六殺し ≫にすぐに来ると鷲は見ている。≪ 六殺し ≫の本当の実践者は鬼と呼ばれる太陽神である。人間の中にある太陽神を≪ 魂 ≫と云うのは、我々の中にある太陽神こそが、我々を≪ 六殺し ≫する≪ 鬼 ≫であるからだ!








by xuzu9851 | 2016-10-25 20:55 | Comments(0)

今、朝と昼のワイドーショーがやたらと異常に熱い!




★小池百合子劇場は昨日の東京10区の若狭勝圧勝によって継続している。そして現在の日本の驚くべき現象は日本の主婦たちが、2020年の五輪ボート会場問題に異常に詳しい!ということだ。ボート?そんなスポーツがあったような気がするが、かつて誰もそんなのを見ている者はいなかった。



★しかし2020年東京五輪のボート会場問題に、小池百合子、IOC会長バッハ、IOC副会長コーツ、そしてあの大悪人の森喜郎が関わっている。ボートでは小池百合子が不利、ということで、朝のワイドショーから、昼のワイドショーでは、ボート会場の話題を毎日熱く語っているのだ。



★今、一番レベルが高い日本のテレビ番組は朝と昼のワイドショーである。しかしユーチューブで誰でも見れるので、昼仕事をしている日本人の皆さまもいつでも見れる環境にある。今回は、今、のワイドショーで何を語られているのか?を鷲が解説して語っていきます!












1、東国原と坂上忍が非常に良く時代に乗っている!






★現在のワイドショーを見て一番乗っているのは東国原英夫と坂上忍である。東国原は師匠のビートたけし以外の人間と話す時が面白い。どんなに偉い人間と話しても物おじせず、自信満々であり、かつ、経験と知識があり、攻撃的であり、なかなか良い話し方で、≪ 現在のあらゆる話芸の中のトップに近い ≫ところにいる。



★東国原はお笑いの中で話すより、真剣に政治について話している方が面白い。「お笑い出身」であり「元宮崎県知事」というキャリアが見事に熟成された話芸となり、これは新しい分野を開拓した!と鷲は感じる。



★坂上忍の話芸も面白い。それは真剣な話とお笑いのバランスが抜群に取れているからだろう。都庁元職員、IOC元メンバー、都政新聞編集長、元副都知事などと話しているところを観察していると、彼らより五分五分以上、それを上回って攻めながら話しているところが感動する。



★坂上忍のような芸能人はこれまでいなかったのではないのか?ビートたけしが、政治家と話す時は、「しょせん、オイラはお笑い」というところに逃げるのだが、坂上忍は芸能人でありながら、それほど逃げ道を作らず、一個人として堂々と意見を言っているように見える。



★これだけ東国原英夫と坂上忍が政治について熱く語るのも、小池百合子現象の流れである。小池百合子現象とは「既得権益」に対する攻撃的な戦いであるから。悪者は森喜朗や石原慎太郎や内田茂!と解っているからだ。ビートたけしはかなり落ちている。それは彼が豊洲問題や五輪問題をよく知らないからだ。たけしは終わったが、東国原と坂上忍は非常に波に乗っていると鷲は感じる。








2、太陽神と結びついた者に人々は熱狂する!







★鷲はナンドもこのブログで語ってきたが、今は1930年代の繰り返しである。時は直線のように進むのではなく、アナログ時計のように1時から12時までを繰り返すのである。あのアナログ時計は「時の繰り返し」を表現している。



★何事にも意味がある。しかしその深き意味を誰も知らない。戦後71年間、ヒトラーは極悪人だと世界の人々に思われてきた。しかし時は変わった。ヒトラーは英雄として我々に戻ってきた。そのように思わない者たちは、前の時代に取り残された人間で、六殺しされる運命である。



1930年代、ドイツの国民はヒトラーに熱狂した。しかしそれは今の日本の現象であるのだ。今年の7月から日本人は小池百合子に熱狂している。朝から夜遅くまで、日本はこの4か月間も小池百合子中心に動いている。



★これはどうしてだろうか?太陽神は「ある人間を通して出現する!」ということ。1930年代にはヒトラーに太陽神は憑依した。しかし今は日本の小池百合子に憑依し、米国のトランプに憑依し、フィリピンのロドリゴ・ドゥテレテに憑依している。まだまだ世界中から太陽神に憑依された人物が出現してくるかもしれない。これは「始り」である!



★多くの人々が小池百合子に熱狂するのは、小池百合子が太陽神と結びついているからだ。人々は太陽神を求めている。内なる魂を求めている。しかし太陽神が隠れた「夜」の状態が多くの人々の内面である。夜の人間が求めるものは、1にカネ、2にウソの神、3に間違った思想、などである。それが思想的ユダヤ人。全ての日本人は戦後71年間、ユダヤ化されてきたのである。



★今、太陽神は小池百合子に憑依している。だから小池百合子中心の日本になっている。なぜなら太陽神が世界の王であるからだ!太陽神が太陽系の中心であるからだ!








by xuzu9851 | 2016-10-24 09:13 | Comments(0)

最近の時勢から読む、「あけましておめでとう」の本当の意味!











★2016年11月8日のトランプVSヒラリーの大統領選は、マジに世界を変えるために非常に過酷で激しい戦いとなり、史上最低最悪の卑劣な大統領選と言われるwww しかしヒラリーが不正選挙で、一瞬、大統領なってもそれは一瞬の出来事であり、いずれは、ヒラリーはこれまでやってきた国務長官時代の売国奴的あり、かつ、私財産獲得のための汚職問題で刑務所に送られることは間違いない。トランプが次の真の米大統領である!と鷲は確信を持って断言する!



★さて、かつて、2011年3月11日の13時から14時の間に行われた都議会での「豊洲移転投票」で、豊洲移転賛成派が、63票VS62票で、逆転勝利したが、裏切り者の「花輪智史都議」のその一票の謎は、今でも興味深く、長考が必要である。花輪智史氏のあの一票がいまだに重く尾を引いているし、かなりのミステリーがそこにある。



★そして昨日、テレビでやっていた「森喜郎とバッハのホモ的友情」は実に気色悪いものだが、IOCという五輪金儲け組織に一瞬でも心を許してはならない!というバイブレーションを発していて、多くの日本人が「悟りの境地」に至ったのでは?



★今は「大転落」の時代である。日本の全ての議員は領収書偽造で奈落に堕ち、三浦九段はAIの力を借りて将棋を指して奈落に堕ち、石原慎太郎はボケ杉バカ杉で奈落に堕ち、内田茂は銭ゲバゆえに奈落に堕ち、山本農水相は労働基準法違反で奈落に堕ち、ゲス川谷はゲスゆえに奈落に堕ち、清原は覚醒剤に溺れ奈落に堕ち、ショーンKはウソ経歴で奈落に堕ち、舛添要一は湯河原通いで奈落に堕ち、乙武は五人との不倫で奈落に堕ち、毎日毎日、奈落に堕ちる道は、フィリピンの刑務所よりも超満員である。



★今は銭に穢れた人間が「大転落」し「世界が浄化」される時代。日本の伝統的慣習行事ではこれを「大晦日の大掃除」で表現した。では「あけましておめでとう」というお正月の言葉の真実とは何か?それを毎日起こる、笑えるが異常な出来事で考え、書いていきます。






1、トランプVSヒラリー



「次の米大統領はトランプ」でグーグル検索すると100万以上のヒットで、鷲のブログは上位に3つも並ぶwww


★今回の米大統領選はトランプという狂人とヒラリーという犯罪者の戦いだと言われる。ヒラリーが勝てば、いつもと同じ世界が続く。トランプが勝てば、米国も日本も世界も全てが変わる。そして軍産複合体で世界を支配してきた米国の終わりとなる。映画「マトリックス」でモーフィアスがネオに出した「青い薬か?赤い薬か?」の選択のようなトランプVSヒラリーの戦いである。



★ヒラリーは「米の戦争経済」の代表である。よってヒラリーが敗北すると「戦争経済」に関わった全ての人間がクロとされて逮捕される事態となる。しかしすでにヒラリーの正体とは本と映画の「クリントン・キャッシュ」やウィキリークスの「ヒラリーメール」によって丸裸状態になっている。



★ヒラリーが敗北すると、これまで以上に「戦争経済犯人たちの何もかもが公にされ」、トランプがヒラリーに云ったように、多くの戦争犯罪人たちが「刑務所」に入ることになる。だから両陣営は必至であるのだ。



★世界の1%の超エリートとは何だったのか?「戦争で大儲けしていた者たち」であったのだ。若き頃のボブディランが歌った「戦争の親玉」が世界の1%の正体であった。そしてボブディランにダイナマイトの創始者のノーベルの賞が与えられ、ボブディランが失踪している?という状況はなんなのか?



★ヒラリ―を見て解るように「ユダヤの戦争屋」たちは、私的な財産を増やすために絶えず、世界に紛争を仕掛け、戦争によって私的な富を増やしている。正統な太陽系的な六殺しの浄化のための戦争ではない。国際犯罪者一家が私的財産を増やすために戦争をやっていたのがヒラリーを代表にする1%であったのだ。



★「ユダヤ戦争屋の武器はカネ」である。カネでマスコミを操る。そのマスコミを信じてヒラリー勝利だ!と多くの者たちが確信している。日本人の99%はヒラリーが勝つと思っている。しかしAIは過去の記憶からの結論しか出せず、狂人であるトランプのことは解らない。稲妻を予測することはAIでは無理であるのだ。狂人であるトランプは「13」の父と結びついていて、今回の米大統領選で、ヒラリーに必ず勝つであろう!



★不動産王で、金持ちであるトランプはカネでは動かない。トランプの強さは「カネに強い!カネに惑わされない!」ということである。ではヒラリーも金持ちではないのか?ヒラリーはどうしていつもまでも守銭奴なのか?それは、悪銭身につかず。ヒラリーが金持ちに成った方法は、犯罪だったので、いつまでも守銭奴を卒業できないのだ!大転落するまで銭を追い続ける守銭奴がヒラリーの正体!







2、豊洲は死神が支配している土地









★築地市場の移転先予定の豊洲は東京ガス跡地であり、豊洲の地は超重金属汚染地帯である。これは誰でも知っていることだ。しかしそれだけではない。太平洋戦争中に旧陸軍毒ガス製造工場が新宿区百人町にあった。戦後その百人町に都営住宅を建設することになり、百人町の毒ガス汚染された土地をどっかに捨てなければならなくなった。



★毒ガスに汚染された土地を投げ捨てた場所が実は豊洲だったのである。つまり豊洲とは、

 1、旧陸軍の毒ガス製造所から持ってきた毒ガス汚染土の捨て場所

 2、東京ガス跡地の超重金属汚染地



★さて改めて言うと、豊洲とは「毒ガスの汚染土の捨て場」+「東京ガス跡地の超重金属汚染地」の二重ウルトラ汚染の地であるのだ。この土地の上で生鮮食品の魚屋をやることはヤバイことだ!と誰でも解る。これは石原慎太郎や内田茂や森喜郎でも解るレベルだが、銭しか頭にない奴らには解らない鴨しれない。



★豊洲という土地は死神に支配されている。死神は「銭を餌にして欲がふか~い人間を使い、多くの人間を殺す」。死神の仕事は、数字の≪ 六 ≫のロクデナシを殺すことである。戦争も原発も数字の≪ 六 ≫の人間を殺すために存在する。



★なぜなら太陽系は数字の≪ 9 ≫の者しか認めないからだ。太陽系には数字の≪ 六 ≫の獣人間はいらない。そして数字≪ 9 ≫の者は死神のクロの力との闘いによって誕生する。≪ 9 ≫に成れない≪ 六 ≫人間は、死神に簡単に騙されて死んでいくのだ。



★原発推進、豊洲移転推進の政治家たちは、実は銭しか見えてない。安全宣言する科学者と称する者たちも「銭の欲ために数字を変えてしまう者たち」である。数字の≪ 六 ≫は目先の銭しか見えない者たちである。



★花輪智史元都議はどうしてと豊洲移転反対から、豊洲移転推進派に変わったのだろうか?銭を貰ったためだろう。で、なければ女か?そんなに難しい問題ではない。豊洲移転推進派とはみ~んな銭が欲しい者たちで、未来など見えてない者たちしかいないのだから。



★今年5月に舛添元都知事が家族で回転寿司を食べに行き、その支払いを税金で払ったことがバレてwww 大転落して、小池百合子都知事に変わった。それで一切が変わり、豊洲移転の真相の全てが見えた!ということ。小池百合子都知事は自分の年収を半分にしたし、死神が六を騙す餌の銭に勝っているので、今のところ、神としての働きをしている。



★目先の銭があまりにも欲しくて何も見えなくなった者たちに死神は憑依し、その者たちを通して、多くの人々を殺す仕事する!ということを今回の豊洲移転問題で解ったのである!








3、バッハは森の仲間です!





今、日本で一番胡散臭い匂いがプンプンの元総理の森喜朗を斬る!




★石原慎太郎が東京五輪をぶち上げたのは2005年8月5日の定例記者会見の席であった。しかし石原慎太郎という人物に健全な五輪の精神があるわけがない。それは石原慎太郎が都知事になった1999年には東京都のスポーツ予算は51億円もあったが、石原2期目の2006年の都のスポーツ予算は16億円に減らされていることから解る。35億円もスポーツ予算を減らし、さらに都立のスポーツ施設は39カ所、49面が潰してしまったのだ。



★石原慎太郎が五輪に立候補したのは「銭儲け」のためである。それも東京都民が豊かになるためでなく、大手の建設土建屋、道路工事屋、電通、旧皇族、ヤクザ、平田神道とかと、政財官の銭儲けだけのためで、一般都民もアスリートも、全く視野に入ってなかい。表はきれいごと、裏は穢れた銭儲けのみ、それが2020年東京五輪の出発点であった。



★五輪の組織にIOCとかJOCとかあるが、これらも「銭儲けのみ」しか眼中にないだろう。IOCなら五輪放映料の名目で莫大な銭儲けができそうだし、JOCもカネのために悪魔に魂を売った組織にすぎない!だろうし。



★そんなことはこれまでの東京五輪の経緯のゴタゴタを見てれば誰もが簡単に解ることだ。東京五輪と関わる一部の大手土建屋や組織の銭儲けだけのための2020年東京五輪であり、それはスポーツ振興の五輪精神が全くない石原慎太郎から始まったのだから当然のことであるのだ。一般東京都民やアスリートのためにと、口にしても、実体は全くない。



★で、森喜郎がバッハとホモのように肩組んだ?それがどうした!やっぱり2020年東京五輪は中止が良いのでは?そしてもちろん築地市場の豊洲移転も白紙撤回である。東京五輪と豊洲移転は抱合せ企画だった。もちろんそれは一部の者たちの「銭儲け」のためのみ。



★目先の銭儲けのみに全力で突っ走る。それが数字の≪ 六 ≫のロクデナシである。その≪ 六 ≫を銭の餌で使い、多くの人々を殺す仕事をするのが死神。東京都民は死神に殺されるところだったが、ギリギリの崖っぷちで、立ち止まり、全ての真相を見るところに、今、来ている。









4、数字の≪ 9 ≫と「あけましておめでとう」の真の意味




経済生活で優越をうるための激しい闘争と市場での絶えざる投機は、人情酷薄な社会を現出するだろう。そして高尚な政治や宗教に嫌気がさし、金儲けに対する執念だけが、唯一の生甲斐となる。彼らは金で得られる快楽を求め、金を偶像視してしまうだろう ~ シオンの議定書第4



★今回は今話題になっているトランプVSヒラリーの大統領選、豊洲移転問題、2020年の東京五輪について鷲が考えていることを書いてきた。この3つの中に共通の重要問題がある。それは≪ 銭問題 ≫である。



★さらに言えば、≪ 銭を稼ぐために悪魔に魂を売ってしまった者たち ≫の深刻な問題である。トランプは不動産王と言われているが過去に4回も破産しているし、18年間も税金を払ってない。しかしそれは経済救済制度を利用したもので違法ではないらしい。



★トランプは順調に来たわけでなく、何度かの危機を乗り越え、今の大統領選を戦っている。しかしけして「人殺し」で金を稼いできたわけではないし、法の網をくぐってもビジネス的には正統的な銭の稼ぎ方をしてきただろう。



★しかしヒラリーの場合は権力の地位を登り詰め、その権力を利用し、世界各地で紛争を起こし、多くの人々を殺し、莫大な私的財産を得て来た。ヒラリーとビルクリントンの夫妻の金の儲け方は「クリントン・キャッシュ」という本に書かれ、映画化されているが、それは国際犯罪者であり、国内的には汚職政治家の金の儲け方である。



★ヒラリーは米国の権力を使いながら米国を裏切っているし、世界の罪のない大勢の人々を殺しているし、米国民のためにもなってないし、あくまで個人的な富を得るためにあらゆる不正とゴマカシと腐敗をし続けてきた人物である。つまり「金のために悪魔に魂を売ってきた、虚栄の人物が今の大統領選に出ているヒラリー」であるのだ。



★「悪魔との契約」とは欧米にある古い伝説であるが、ヒラリ―を見ていると伝説ではなく現実である。しかしその悪魔から来る栄光?は長く続かない。それは石原慎太郎が得て来た栄光?のようなものである。人々が愚かであれば石原慎太郎の悪業に気づかず終わるが、今や、多くの日本人が石原慎太郎の悪業に気づいている。



★ヒラリーは石原慎太郎と同じ人種である。今や「クリントン・キャッシュ」と「ヒラリーメール」で彼女の悪業が丸裸にされつつあり世界に知らされている。この人物が米の大統領になれるわけがなく、なったとしても、途中下車の刑務所行きである。



★ヒラリーも石原慎太郎も森喜郎も「金のために悪魔に魂を売った人物」である。そして、今、三者ともに裁かれようとしている。それは何もかも明らかになりつつあるのが、今、だからだ。



★さて「あけましておめでとう」に成るには、大晦日を通過しなければならない。それは「大掃除」である。そしてベートーベンの第九を聴き、紅白を見て、108の除夜の鐘の音を聞かねばならないだろう。それらのシンボルの意味とは何か?それらのシンボルには全て奥のふか~い真実がある。



★大晦日と正月のシンボルの真の意味を知るには、まずは、銭を神のように信じてはならないこと。銭を神だと思って、魂を銭のために悪魔に売って生きている限りは、永遠に真夜中の人物!ということ。あけましておめでとう!は永遠に来ないのだ。数字の≪ 9 ≫の第一歩とは、銭の正体を知ることだろう。



★そして≪ 数字の9 ≫とは、大晦日ではベートーベンの第九の演奏で表現されていたのだ!


ーーーーーーーーーーーーーーー

補足


★今年は転落する芸能人や政治家が多いが、政治家の場合、圧倒的に金の問題で転落している。その中で領収書偽造とか白紙領収書のレベルに成ると、現在の政治家の100%はそれをやっている。小池百合子でさえ、ぎっちりと見れば、領収書問題をやっているだろう。



★政治家の場合、国から年に何千万と貰いながら政治資金規正法で税金万引きしているわけで、一般人よりずっと守銭奴となっている。その守銭奴政治家の世界NO1はヒラリーである。



★ヒラリーがどうして莫大な富を得たか?それは「人殺し」によって富を得てきたのだ。ヒラリーは直接に「人殺し」をしないで上から命令して「人殺し」をするわけだが、だから痛みを感じないで大勢の人々を冷酷に殺すことができるわけだ。



★ダンテの「神曲」の地獄偏の中で一番下の地獄が9段目だが、その世界は「カネのために魂を悪魔に売った者たちの世界」である。我々が毎日戦っている相手は、「カネ」であるが、それに負けると、永遠に「明ける」ことはない。米大統領になっても刑務所行きである。



★カネという黒の力に勝てない限りは、あけましておめでとう!は永遠に来ない。また、金に勝っても次の敵もいる。9と成って、明けましておめでとう!ができるか?が我々の人生であり、それができないのなら、犬のように殺されるロクデナシで終わるのである!



★フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は国内の麻薬中毒者を殺しているが、これはナチスヒトラーのホロコーストと同じく『 太陽系の六殺し現象(大晦日の大掃除)の出現 』であり、必要な浄化である!けして、ドゥテルテの私腹を肥やすためのものではないだろう。しかしヒラリーの「人殺し」は私腹(私的財産)を肥やすためのものであったから、これからヒラリーは裁かれることになるのだ!







by xuzu9851 | 2016-10-22 09:17 | Comments(1)

その勲章は舛添要一氏も受賞しました!www







★今月10月、映画監督の北野武はフランスのレジオン・ドヌール勲章を受賞しました。実にメデタイことです。しかしそのレジオン・ドヌール勲章は今年の3月1日にあの元都知事舛添要一氏も受賞していたのです。



★フランスのレジオン・ドヌール勲章とは何なのか?それは皆さまが勝手に調査してほしいが、たけしが舛添要一氏と同じく豊洲移転推進派であることを考えると「不幸の手紙」のようなものがレジオン・ドヌール勲章ではないのか?と閃きました。そして北野武もこのフランス勲章を貰ったのが原因で、帽子をかぶり、マスクをして都内を自転車で走ることになるのか?また、これが犬神家の一族の連続殺人事件の始りの暗号なのか?その辺を考え、書いていきます。






1、舛添要一氏の貰った勲章の方が北野武氏より上のクラスでしたwww




★フランスのレジオン・ドヌール勲章には5つの階級があります。上から

 1、『グランクロワ』(Grand-Croix, 大十字)、
 2、『グラントフィシエ』(Grand-Officier, 大将校)
 3、『コマンドゥール』(Commandeur, 司令官)、
 4、『オフィシエ』(Officier, 将校)、
 5、『シュヴァリエ』(Chevalier, 騎士、勲爵士)

 の5階級に分かれる。



★舛添要一氏は3番目の『コマンドゥール』(Commandeur, 司令官)の勲章であり、北野武氏は4番目の『オフィシエ』(Officier, 将校)のクラスです。つまり舛添要一氏の貰った勲章の方が北野武より1段階上だということですwww



★まずはそこを御報告もうしあげます。北野武ファンの皆様、舛添要一氏が今年3月1日に貰ったレジオン・ドヌール勲章の方が一段階上だったという現実を直視して目をそらさないようにしてください。フランスはなんと!北野武氏より舛添要一氏の方が「上の人間だ!」と見ていたのです。そこを直視して、現実から逃げないでくださいよ!北野武ファンよwwwwwwww



★もう一度言います!フランスは北野武氏より舛添要一氏の方が上だと見てました。その証拠は、北野武氏はレジオン・ドヌール勲章のオフィシエでしたが、舛添要一氏はレジオン・ドヌール勲章のコマンドゥールだったからです。フランスは舛添要一氏の方が北野武氏より一段階上の人物だと見てました、完全にwww



★フランスの伝統ある勲章貰って偉くなったと思ったら、あの「公用車での湯河原通い(いや~に懐かしいw)」や「家族で回転寿司を税金で食っていた」、舛添より下になってしまったのが世界の巨匠・北野武です。人生の逆説を教えてくれた北野武巨匠はやはり偉大です!しかし舛添より下になりました、フランスから見ればwwww たけし軍団の皆さま、久しぶりにフライデー事件のようにフランス大使館に殴り込みでしょうか?



★なお池田大作センセもレジオン・ドヌール勲章を受けてないのか?探してましたが、池田大作センセはあんまり勲章が多いので、メンドーになり、池田理代子センセが受賞してましたことを書いておきます。さて、今回の教訓は、「勲章貰って偉くなったと思ったら、舛添より下になる!」です。これからはボブディランのようにノーベル賞などを貰ったら失踪がナウですwww

 
★さて今回の結論です、それは

  舛添要一より一段下の男、それが北野武!







by xuzu9851 | 2016-10-20 16:41 | Comments(0)

小池百合子神と戦う、ゴールドマンサックスと豊洲移転推進派の北野武の未来とは!?




★今朝起きて、ネットニュースを見ていると北野武がフランスの勲章をもらったらしい。賞と言えば、ノーベル賞を貰ったボブディランは、現在、ノーベル賞事務局と連絡が取れず失踪中だがwww 池田大作の名誉博士号や勲章を考えると、世界的な賞とは「バカ騙しの道具」だと鷲は思っている。



★北野武がどうして今、フランスの勲章をもらったのだろうか?それは彼の豊洲移転推進発言に関係があると鷲は見ている。ビートたけしのテレビタックルの2016年10月9日の最後にタケシは「どうせ遅かれ早かれ豊洲に行くんだろ、それなら外国辺りから権威ある学者か専門家を呼んできて、お墨付きをもらって早く移転すべきだ。」という主旨の発言をした。豊洲移転白紙撤回の叶姉妹がある時、たけしのこの発言は豊洲移転推進派に非常に力と成った!



★この発言が悪魔であるゴールドマンサックスに受入れられて、今回のフランスの勲章の受賞となったのでは?このようには誰も考えないと思うが、鷲は閃いたのだ。その辺を考え、ゴールドマンサックスと豊洲移転推進派としての北野武の真贋を今回は書いていきます。









1、いずれ小池百合子神に逆らえる者はいなくなる!



★いずれ小池百合子に逆らう者はいなくなるだろう。今や小池百合子は神である!今では考えることができないが、いずれトランプに逆らう者はいなくなるし、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領に逆らうことが出来る者もいなくなる。それは彼らは「神と成った」からだ。小池百合子に関してはすでにアノ都議会の川井議長もニコニコ顔で受入れ、安部総理以下、自民党の幹部全て、現時点で小池百合子をニコニコ顔で受入れている。



★トランプの場合は、今、ヒラリー陣営がトランプを激しく人格破壊攻撃をやっているが、それも今だけの現象である。トランプに全体が流れ、勝利が来た時、ヒラリーが終わり、彼女は刑務所に行くことになるだろう。



★大衆主義という言葉は学者が考えた言葉だが、学者は常に間違っている。太陽神が小池百合子を通して出現してきた現象が、今の小池百合子旋風である。それはトランプもドゥテルテもマリーヌルペンも同じである。



★だから今の小池百合子に逆らうことは太陽神に逆らうことになり、石原慎太郎のように大転落となる。さて、ビートたけしこそ北野武がフランスの勲章を受賞したことは、タケシが豊洲移転推進の発言を10月9日のテレビでやったからだろう。フランスの勲章は悪魔から来た勲章である。その勲章で小池百合子と戦えと悪魔は命令している。



★「夜の世界(ユダヤの世界)」ではビートたけしは、テレビを主とするマスコミの王者だったが、太陽神が現れた今、小池百合子に逆らい、必ず敗北して、大転落するだろう。小池百合子と戦うことは太陽神と戦うことだとタケシは解ってないからだ。



★今の小池百合子神旋風は恐るべき現象である。朝の五時代から小池百合子神の姿がテレビで流れ、メインは昼のワイドショーである。ひるおびでは毎日小池百合子神の話題であり、バイキングでは芸能人は集まり、全て小池百合子神崇拝。それも自然な感情から小池百合子神崇拝である。今の日本のテレビは一日中、小池百合子神崇拝である。しかしそれでいいのだ。



★太陽神が背後に居る小池百合子神にタケシは勝つことはできない。しかし悪魔から勲章やカネを得ることで無駄な抵抗としての小池百合子神退治に出かけるだろう。それによってビートタケシは、これまでの栄光の全てを失うのだ。それは石原慎太郎と同じ現象。石原慎太郎は「大年増の厚化粧」と小池百合子神を罵倒して大転落したが、ビートたけしは、どのような罵倒を小池百合子神に投げるだろうか?それが楽しみだwww






2、小池百合子の栄光は太陽神から来るが、タケシの栄光は悪魔から来るw





★今朝、タケシがフランスの勲章を取ったというネットニュースを見た時、鷲は『タケシは悪魔と契約してこの世の栄光を得たが、小池百合子神と戦い、敗北するだろうな』と瞬間的に閃いた。それは今月、10月9日の「たけしのテレビタックル」を見ていた時、「たけしは豊洲移転推進派だったのか!」と思ったからである。



★タケシが豊洲移転推進派なら、いずれ、小池百合子神と戦うだろう。しかしその結果はすでに見えている。タケシは敗北して、その結果、「お笑いの時代が終わる!」と。今のお笑いの時代はタケシを神のように崇拝した結果だったが、結局、タケシは石原慎太郎と同じニセ神だったのである!



★さて、皆さまがご存知の通り、豊洲移転の背後には「ゴール度マン子セック酢」が存在する。ではなかったゴールドマンサックスが存在します。ゴールドマン子セックスと言っても、現在の米国の大統領選で、米国の朝の7時から英語で「おマン子」と反トランプ陣営の政治家が米国テレビで叫んでますし、トランプも似たようなことを叫んでいる御時勢です。なんでもありませんwww



★カルト研究家の鷲にとっては、世界的な賞とはインチキなものにすぎないと考えている。カルト教祖は世界的な賞や名誉博士などで信者を騙すのが普通です。タケシはフランスの賞をもらって「俺は凄い!」と思っているかもしれないが、いずれ、石原慎太郎のように「一文無し」になるだろう。



★石原慎太郎とビートタケシのこれまでの栄光は虚栄に過ぎず、終わりが近づいているということ。人間に生まれたことは「太陽神と一体化する神に成る可能性の存在」である!ということ。神に成るためには、様々な試験と試練がある。本当の価値は何なのか?という「問い」、それが全ての人間に常に問われる!



★今の豊洲移転推進派というのは、全てゴールドマンサックスという「ベニスの商人」に出てくるユダヤ人シャイロックような企業の奴隷!だということ。ビートたけしは、長年、世間に褒められ続け、カネも女も名誉も何もかも得た。しかしそれでは石原慎太郎と同じ、近く、大転落の結果となる。



★タケシは神ではなく、俗物にすぎないからだ。米国の軍事戦略で、日本の大衆を騙すために「創られ、利用されてきた」のが、石原慎太郎とビートたけし、だったのである!



★石原慎太郎は、今、タケシの一番弟子の東国原英夫に激しく批判されているが、東国原はタケシも石原慎太郎と同じもの、だとは解ってない。どうしてタケシの「顔面崩壊」事件があったのだろうか?タケシがオウム真理教を「あの番組」で褒めたからではないのか?その辺は長くなるので省略。



★さて、結論を云おう。小池百合子の栄光は太陽神から来る正統なものだが、ビートタケシの栄光は、悪魔から来る「期限つきの、この世の栄光」で、タケシはいずれ大転落することになります!人間が創った勲章や賞の栄光で騙すのが悪魔ということwww



ーーーーーーーーーーーーー

補足

★今や小池百合子は神だと書いたが、豊洲移転を推進させると、神ではなくなる。あくまで豊洲移転を撤回できて神であり続けることができる!と鷲は思う。







by xuzu9851 | 2016-10-19 11:27 | Comments(0)

2016年、ドイツでヒトラーの「我が闘争」が解禁された!そして世界は変わった!




★今年、2016年、ドイツで発禁本であったヒトラーの「我が闘争」が解禁となった。戦後71年目にしての解禁である。この出来事は今の時代を解く鍵である。フィリピンではロドリゴ・ドゥテルテ大統領となり「自分自身をヒトラーになぞり、麻薬に関係する者たちを殺しているが、支持率91%」である。アメリカではトランプ旋風現象が起きて、米国既得権益の代表であるヒラリーと五分五分の戦いをしている。



★そして日本では小池百合子が現れ、石原慎太郎や内田茂といった自民党都議会の既得権益派と戦い、最近の日本政治家では最高の支持率を得て、既得権益派を裁いている。英国ではまさかのEU離脱派の勝利。フランスでは極右のマリーヌルペン党首の国民戦線が大躍進である。



★ドイツでヒトラー著「我が闘争」が解禁されたことが、今の時代の暗号であり黙示である。世界は全く変わってきたからだ。丸でヒトラーが現代に甦ったように、ヒトラーに憑依された人間が政治のリーダーとなりつつある。トランプがヒラリーに勝てば、時代は「ヒトラー憑依の時」だと誰もが認識するだろう。その辺を考えて時代はどのように変わるのかを書いていきます。






1、小池百合子とトランプへの熱狂 ~ 太陽神は選ばれた人物に憑依する!







★舛添問題以降、小池百合子は政治家としては珍しく日本の大スターである。小池百合子が立候補表明をした2016年6月下旬から今に至る(2016年10月18日)まで小池百合子がお茶の間の大スターであり中心である!



★小池百合子の姿は、朝の5時代のニュース番組から始まって、午前8時、正午、午後2時の各ワイドショー、そして夜のニュース番組へ。つまり日本のニュース番組の主役の座は、犯人でも歌手でも俳優でもお笑い芸人でもなく一政治家である小池百合子である。女の一政治家がこれだけ日本人に注目される現象は後に歴史的な記録として残るだろう。



★米国を見れば小池百合子レベルの大スターの座はドナルド・トランプということになる。トランプとヒラリーのどっちが支持されているか?簡単に解る方法は、グーグル検索である。

1、トランプでグーグル検索 ☛ 2900万件のヒット

2、ヒラリーでグーグル検索 ☛  526万件のヒット



★トランプのヒット数はヒラリーの約5,5倍である。簡単にトランプの方が5倍は支持がある!と考えても良いのではないのか?トランプの方がヒラリーより5倍は注目されている!と考えても良いだろう。



★日本では小池百合子の一挙一動がテレビで報道されているように、米国ではトランプの一挙一動が報道されている。フィリピンに行くとロドリゲ・ドゥテレテ大統領が小池百合子やトランプのように一挙一動が国民に報道されているだろう。



★戦後、71年間、ファシズムを理解できた者はいなかった。絶えず否定的にファシズム現象を捉える。しかし現在、日米で起きている現象がファシズムであるのだ。それを大衆主義と学者は云っているが、それは全く理解しているとは言えない。



★ユダヤの弟子である学者はこれから石原慎太郎のように裁かれることだろう。ファシズムとは大衆の熱狂が伴う。マスコミが創っているわけでもない。ファシズムとはある人物を通して「太陽神が出現した!」現象だと鷲は思っている。



★戦後のこれまで、小池百合子やトランプやドゥテレテのような政治家は出現してこなかった。戦後71年間。戦前の1930年代にはドイツにヒトラーがいて、イタリアにムッソリーニがいて、日本では昭和天皇ではなく出口王仁三郎がいた。昭和天皇には日本人は本心から熱狂してない。その点は横道になるので、いずれ語ることにしよう。



★まずは、ファシズム現象、大衆の熱狂現象が、現在の日本の小池百合子現象であり、米国のトランプ旋風であり、フィリピンのドゥテレテ現象であると言っておこう。それはヒトラーへの大衆熱狂現象の蘇りであるのだ!








2、ヒトラーを肯定することが戦後最大のタブーだった!


「六殺し 9」でグーグル検索


★ヒトラーを肯定することが戦後最大のタブーだった。さて街の最大に大きな書店や最大にデカい図書館に行き、ヒトラーの本があるところに行ってみよう。ヒトラーを褒めるとか肯定する本は一冊もないことが解るだろう。



★ヒトラーは「どうしょうもなくバカで残酷な最低最悪の人間だった!」そんな結論の本ばっかりである。つまりヒトラーを肯定する本は一冊もないわけだ。戦後に出版された本では一冊もない。しかし戦前はある。



★鷲が愛読しているHラウシュニング著「永遠なるヒトラー」という本は、1932年、1933年、1934年にHラウシュニングがヒトラーにインタビューした本だが、この本にヒトラーのナマの声が聴きとれる。Hラウシュニングはヒトラーを肯定も否定もしないで、正確にヒトラーの声を届けようとしているように感じる。



★ヒトラーが戦後、最大に嫌われるのは「ユダヤ人殺し」、「身体障碍者殺し」をやったからだ。さらに多くの人は知らないだろうが、ヒトラーは「普通人殺し」も考えていた。しかし戦後71年間、誰もヒトラーのこの恐るべき考えを理解できなかったが、鷲は≪ 六殺し ≫という言葉でヒトラーのこの思想を理解した。



★そしてもう一つのヒトラーの重要な思想は≪ 人間とは生成途上の神である ≫という言葉だ。それを鷲は≪ 数字の9の誕生 ≫という言葉で理解した。人間とは六歳の六月六日から学び始めるが、≪ 目的は太陽神と結びついた9に成るため ≫である。この人類の歴史の奥底に一貫として流れる超人思想をユダヤのインチキ思想で削除されていたのが、戦後の世界の71年間だったのである!



★鷲が思うに、戦後の日本人は高学歴な者ほどユダヤ化している!ということ。キャリアという言葉に騙された者の末路は犬死であろう。太陽神から離れたユダヤ化した人間。彼らは神経に必ず異常をきたし、最低の末路になる。カフカの云った≪ 犬のように殺され、野垂れ死の末路 ≫というやつである。



★ヒトラーが努力して数字の六を殺さなくても、宇宙全体のあらゆる方法で、「数字の六」なら殺される!と鷲は解ったのである。太陽系に≪ 数字の六 ≫はいらないからだ。それはチベット密教の六道輪廻図で表現されている。カフカの「審判」はナチスのような勢力が出て来て≪ 六殺し ≫をする予言の小説だが、カフカの「変身」は、ナチスヒトラーのような勢力が出てこなくても、人間は≪ 六殺し ≫される運命という小説である。



★人間という姿に成って生まれてきたのなら≪ 数字の9 ≫に成れなければ、死神である13に≪ 六殺し ≫される。それが鷲のブログ全体を通した思想である。この思想は古代から現在に至る、芸術作品のの暗号を解読して鷲が解ったことを、できるだけ分かりやすく言っていること。



★ヒトラーは実は特別な思想の持主ではなく、≪ 数字の9 ≫に到達した人物であったのだ!太陽系の普遍的な思想の原型をヒトラーは体現したのである!








by xuzu9851 | 2016-10-18 12:12 | Comments(0)

トランプが米大統領に成るシナリオがずっと前に出来上がっていたのか?




★米大統領選にはトランプが大逆転で当選するシナリオが出来ているようだ。シンプソンズの600回目、それは今月の10月16日に放送だったのか?詳しくは解らないが、ロシアの大統領のプーチンが馬に乗って出て来て「トランプが102%勝利する!」と宣言している。



★考えてみれば2000年に放送されたシンプソンズではすでにトランプ大統領が出てきているし、少なくても、2000年からトランプ米大統領のシナリオはできていたかもしれない。



★ヒラリーに関しては「クリントン・キャッシュ」が去年出版され、今年は映画「クリントン・キャッシュ」が公開され、「ヒラリーメール」が少しずつ明かされている。衝撃的な内容はこれから発表されるだろう。ヒラリーの正体はすでに丸裸である。



★ヒラリー有利と見せかけて、最後の大逆転でトランプが勝つシナリオが見える。その辺を考え、書いていきます。








1、トランプが窮地?実は余裕たっぷりに次の米大統領はトランプ!
 

★昨日、「そこまで言って委員会」を見ていたら、出演者の中で木村太郎だけが「次の米大統領はトランプ!」と自信満々に発言していた。テレビに出る日本人で木村太郎だけではないのか?99%次の米大統領はトランプと言い続けているのは。



★鷲も余裕たっぷりに次の米大統領はトランプだと思っている。1000%トランプだと言って良い。7月31日の東京都知事選、自民党が応援した増田寛也は落選し、野党統一の鳥越俊太郎も敗れた。小池百合子が太陽神の風に乗っているように、トランプも太陽神の風に乗っているのだ。



★太陽神は宗教とは関係ない。前回、牛祭りのマダラジンについて語ったが、太陽神が出現すると「煩悩愚痴のふるまい」によって衆生を救うのである。女の好きなトランプこそがマダラジンの出現である。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は人間の創った宗教にすぎない。偽書である聖書が土台だし。古代にあった世界教の主であるバアル神はトランプに乗るだろう。



★まずは今回の米大統領選は誰が見てもトランプ中心に動いているのだ。「トランプ」と「ヒラリー」をグーグル検索ればヒット数は、5倍から7倍、トランプの方がヒット数が多く、トランプの勝ちだ。鷲には今回の米大統領選のシナリオが見えた!と言っておこう。この米大統領選はプロレスと同じだ。



★今回、トランプが窮地?に陥っているのもドラマを創るためのものにすぎない。なんせウィキリークスは原爆級のヒラリーメールを持っている。今、公開しているのは序の口。一番効果ある一週間前あたりに原爆メールを公開するだろう。



★さらに「クリントン・キャッシュ」という本と映画はヒラリ―夫妻の暗部をえぐりだし、ヒラリー夫妻の人生は終わった!と感じる。鷲は本も映画も見てないけどねwww トランプ攻撃している女の「尻を9年前に触られた、とか、30年前に胸を触られた」とかのレベルではない。9年前とか30年前のことなんか誰も覚えてない。



★しかしヒラリーメールは原爆級である。イスラム国はヒラリーが創った、とか、カダフィ殺しの命令を下し、カダフィの財産をクリントン財団のものにした!というメールでの証拠文章が出てくるだろう。米国は犯罪大国だったのか?だから今のところは、序の口メールでヒラリーを脅しているだけのことだ。



★さて鷲は暗号とシンボルの解読が専門だと自称している。今回の米大統領選での暗号はアニメ「シンプソンズ」である。子供が見るアニメこそが実は、奥がふか~いメッセージがあるのだ。子供は「魂が中心」であるからだ。魂とは我々の中の太陽神である。



★シンプソンズでトランプが大統領と描かれた、西暦2000年3月からトランプが米大統領に成る計画で進んできたのか?それを理解するには、我々は「目に見える世界」と「目に見えない世界」の二つの世界を同時に生きている!ことを考えないと解けない。



★世界政府を「目に見える世界のみ」で限定するから陰謀論者は間違うのだ。世界政府とは地球を超え、太陽系というレベル、そして「目に見える世界」と「目に見えない世界」の二つの領域まで考えると見えてくるのだ!








2、ヒラリーが次の米大統領だと言っているバカをチェックしろ!


 タロットの16


★次の米大統領はトランプか?ヒラリーか?の二者択一である。この二者択一に間違うプロの政治評論家をチェックすべきだ。しょせん、政治評論家と言っても米新聞を妄信して、話し、書いていたにすぎないのだから。



★日本の政治評論家の正体とは、研究つくしたプロの政治評論家の意見ではなくて、「米新聞を読んでいる人の意見」に過ぎなかった。しかしそれで長くカネ儲けしていたわけだ。さて、今回のトランプVSヒラリーは難解か?別に鷲から見れば難解でもなんでもないが、「米新聞の信者」からみれば難解ということ。



★で、トランプが大統領になれば、既成の政治評論家たちは「まさかのトランプ大統領」とか言い出すだろうが、鷲は2016年の4月から言っているわけ。つまり米新聞信者たちが、「まさかのトランプ大統領」とか言ってるのは、情報能力が全くないからにすぎないwww



★政治評論家という人種は、楽して生きてきた!ということだな。「米新聞信者」だけで「政治評論家」としてマスコミで生きてきたのだから。それらの奴もヒラリーに仏罰が当たると同じく、仏罰が当たる!ということ。



★が、副島隆彦のように2016年10月末にヒラリー逮捕も外れるだろう。副島隆彦って金儲けの予言していた俗物にすぎないわけだから。そんな奴の云っていることを信じている奴もダメだ!と言いたい。リチャードコシミズや便所民フルムグシや副島隆彦もダメだと云いたい。トランプを支持しているような奴らにも腐敗したダメ人間が多くいる。



さて結論を云おう!次の米大統領はトランプである!そして敗北したヒラリーは様々な国際的な犯罪で、刑務所に入ることになる!






by xuzu9851 | 2016-10-17 10:38 | Comments(0)