「ほっ」と。キャンペーン

サーティンキュー

<   2016年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


牛祭りのマダラジンとしてのトランプ ~ そしてヒラリーメールと映画「クリントン・キャッシュ」で丸裸にされたヒラリーの大転落!




★今は既得権益側が敗北をする時代である。日本では石原慎太郎、都庁、内田茂、豊洲移転業者や五輪建築業者などが小池百合子に敗北している。鬼(カミ)は小池百合子側にハッキリと立っている。しかし米国を見れば既得権益側のヒラリークリントンが必死の醜い粘りを見せている。



★マスコミに騙され続ける「羊男」である日本人は「なんだかんだ言ってもヒラリーが次の米大統領に決まっている!」と安心しているだろう。昨日と変わらない明日だと完全に脳がマヒしているからだ。が、「ある日突然、毒虫になり、家族に捨てられる日」が、そのような者たちに訪れることになる。羊男は、ロクゴロシされる運命。



★今年の7月「クリントンキャッシュ」という映画が公開された。ヒラリ―夫妻がどのようにして大金持ちになったのか?それを暴いた映画らしい。見てないのでわからないが。そして「ヒラリーメール」である。ウィキリークスはどんどんとヒラリーメールを復元して世界で公表している。



★ヒラリーメールには「死の商人」であったヒラリーの動かぬ証拠が書かれている。どんなにヒラリーが削除しても、米政府高官が空白だらけのメールを提出しても、ウィキリークスはヒラリーの原型のメールを復元する技術を持っている。パナマ文書以上の原爆がヒラリーメールであるのだ!



★映画「クリントン・キャッシュ」と「ヒラリーメール」によって、ヒラリーは丸裸にされている。独裁国家に近づき、武器を売り、資金援助し、しかし最後は反体制側に武器と資金を与え、独裁者の富を全て奪ってきたクリントン財団。そのような国際犯罪者であるヒラリーが米大統領に成れるのだろうか?



★現在、ヒラリー陣営の武器はスニーア・アタックしかない。トランプに猥褻行為されたという女性をカネで雇い、9年前や30年前のトランプの猥褻行為をどんどん証言させる。その猥褻行為を証明することはけしてできない。偽りの証言であり、それはヒラリーの最後のアガキの姿だから。



★トランプは世界に公言した!「イスラム国を創設したのはオバマとヒラリーである!」と。トランプが大統領になれば、ヒラリーはもちろん逮捕されて刑務所行くが、米国支配層・既得権益者の多くもヒラリーと同じことになる!だから必死でトランプと戦っている。史上最低の醜い戦いとなっているwww



★ちょうど日本で行われている小池劇場と米国のトランプ劇場は同じ構造である。違いは日米の公共事業の違い。日本の公共事業は土建工事だが、米国の公共事業は戦争である。もちろん戦争の方が罪が重い。丸裸にされたヒラリーは必ず刑務所に行くだろう。例え、一瞬、間違って大統領になっても「ヒラリーメール」という原爆が落とされているから、大統領を辞任して刑務所行きだ。次の米大統領のトランプとヒラリーの今後を考え書いていきます。









1、牛祭りのマダラジンとしてのトランプ







★京都の広隆寺に牛祭り、というのがある。青鬼や赤鬼を引き連れた牛に乗ったマダラジンという神が出てくるのだが、このマタラジンは不良の神である。つまりトランプのような不良であるのだ。いかにも正しく清らかな神とは全く反対の神。しかしその神は「煩悩愚痴のふるまいによって衆生を救う神」とされている。



★トランプに怒った女性が陰毛をトランプに送り付けた!というネット記事を読んでが、いかにも煩悩愚痴のふるまいで衆生を救う、マダラジンとしてのトランプである。トランプに猥褻行為された!という女性の証言により共和党も分裂したが、世界の善人ぶった政治家はダメだ!ということであろう。



★日本の政治家も白紙領収書問題で裁かれているが、マダラジンのトランプが出現して米国の政治家も裁かれている!ということかなwww マダラジンの正体はスサノオであり、古代オリエントではバアル神である。反バアルの流れのキリスト教徒がトランプに好意を持つわけがない。またマタラジンは日本では牛頭天王とも呼ばれる。



★ならばこの米大統領選で牛頭天王が全世界に出現したわけだ。牛頭天王が出て来て、家に泊まることを拒否したのが蘇民将来の兄。この兄は没落した。金持ちだったんだけど。しかし牛頭天王が出て来た時、家に泊めて篤くおもてなしをしたのが蘇民将来であった。そして蘇民将来は富を得ることができた。それが蘇民将来の話だが、それが現実にトランプの出現で起きている。



★さてトランプに憑依して牛頭天王が地球人の前に現れた。これが米大統領選の本質である。これは鷲のように鬼(カミ)と交信している者ならインスピレーションが湧いてきてすぐに解る。トランプを受け入れる者は「将来、蘇る者である蘇民将来」となるだろう。



★トランプを拒否する者はヒラリーのように大転落する。ヒラリーがどうして大統領選に出て来たのか?それをヒラリーのこれまでの大悪業を世界に知らしめるためである。映画と本の「クリントンキャッシュ」とウィキリークスが世界に流す「ヒラリーメール」でヒラリーの正体は、世界の隅々まで知らされる。ヒラリーの正体、それは死の商人の大悪人ということ。



★さて、ここでこれまでトランプについて書いた一番大事なことを書いている。今回の米大統領選は広隆寺の牛祭り!であり、トランプはマダラジンであり、マダラジンとはスサノオとかバアルとかオシリスとか牛頭天王という多くの名を持つ世界の王ということ。そしてその性格は「荒くれ」であり「不良」であり「煩悩と愚痴」の者として出現する。



★この牛頭天王を篤くもてなす、家に泊めると、富を持つ者となる!それが蘇民将来の物語!ということ。ヒラリーを応援する者は悪人であり、ヒラリーと一緒に大転落するだろう。牛祭りとしての今回の2016年米大統領選であったのだ!富とはトミであり、10のトと3のミである。10+3は13。トランプに憑依しているのは数字の13の鬼(カミ)である!







[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-16 10:12 | Comments(0)

次の米大統領はトランプであり、トランプは米国のヒトラーとなる!



★後、20数日で米大統領が決まる。トランプとヒラリーの戦いは極限のネガティブ合戦で、連日、9年前にトランプに猥褻行為をされた女性とか30年前にトランプに猥褻行為をされた女性がテレビに出て証言しているwww ヒラリーも必死である。トランプが米大統領になれば刑務所に行くから当然のことだろう。



★さて鷲は霊感で次の大統領がトランプだと言っているわけではない。「時の繰り返しの原理」から見て、トランプが次の米大統領だと言っている。「時は繰返す」。それを教えているのは1時から12時までをずっと「繰返している」、あのアナログ時計である。



★鷲はある時、発見したが、歴史は約80年周期で繰返している。2016年から80年を引いて見よう。1936年となる。約80年であり、ピッタリと80年で繰返すわけではないが、だいたい約80年周期だと考えている。つまり今は1930年代と本質は同じということ。様々な事件をみればそれが解るだろう。



★1930年代、日本の関東軍が満州国を建国して活躍し、欧州ではナチスドイツが出現した。今はナチスドイツが復活する時であるのだ。トランプはヒトラーからかなりの影響を受けている。それはトランプの演説で解る。それを指摘する者たちは多い。



★今はヒトラーが蘇る時。それを如実に表したのがフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領である。そしてパナマ文書を世界に出した法律事務所「モサック・フォンセカ」。モサックもフォンセカも人名だがこの二人はナチスである!と言える。ナチスの力でキャメロン元英国首相は転落し、英国はEU離脱になったのである。



★そして2017年にフランスの女性大統領になるだろう、マリーヌルペンこそが、戦後71年の一番の欧州タブーを破り、ヒトラーを肯定する発言をするだろう。ナチスヒトラーは、今、蘇っているのだ。その現象の一つが米国のトランプ旋風である!



★鷲はヒトラーを2~3年前から肯定しているし、ヒトラーの思想を「六殺しと9の誕生」で表現している。「六殺し 9」でグーグルやヤフーで検索すれば1000万以上ヒットし、上位は全て、鷲のブログであるのだ。「次の米大統領はトランプでグーグル検索すれば189万ヒットし上位3位まで鷲のブログだ。



★「ヒトラーは極悪人」と思っている日本人は、ユダヤに洗脳された「羊男」にすぎない。村上春樹の小説に「羊男のクリスマス」というのがあるが、その「羊男」とはユダヤに洗脳された日本人のことである。ヒトラーの真実を真剣に探求して、ナチスヒトラーこそがバアル教の復活だと解る者がこれから13年間の主役となる!



★さて、トランプか?ヒラリーか?後20数日で解る。この時点で堂々と自信をもって鷲は次の米大統領はトランプであり、トランプは米国のヒトラーと成る!と宣言する!










1、トランプは小池百合子であり、ヒラリーは石原慎太郎である!


★トランプVSヒラリーを解りやすく解説すれば、トランプは小池百合子であり、ヒラリーは石原慎太郎である。こう云うと意外と思えるだろう。しかし日本の公共事業は土建工事であり、米国の公共事業は戦争であると分かれば理解できるのではないのか?

 日本の公共事業 ☛ 道路工事や箱物建築などの土建工事

 米国の公共事業 ☛ 戦争



★日米で公共事業の闇が問題になっているわけだが、米国の場合、公共事業が戦争だから日本よりもヤバイわけだ。日本の場合、豊洲に移転とか東京五輪とかの名目をつけて箱物建設をして道路工事をしてカネを創り出すわけ。で、そこで利権が出現して、今、内田茂や石原慎太郎や都庁や建設業者が問題になっているわけ。



★米国の公共事業は戦争である。これは日本の土建工事という公共事業よりヤバイのは当たり前だ。世界中で戦争を創り出す仕事、これが米国の闇だ。ヒラリーメールが問題になるのは、ヒラリーが戦争仕掛け人であることの証拠がそこに書かれているからだ。



★ヒラリーメールのヤバイのはリビアのカダフィ関係。リビアのカダフィ殺しの命令をヒラリーがして、カダフィの財産をクリントン財団のものとした!というメールあるからだ。それでヒラリーは逮捕され刑務所に入る!とトランプは云っているわけ。



★なんせ米国の公共事業が戦争だから、戦争や紛争を創り出すイスラム国がオバマとヒラリーが創った!というのも納得いくこと。その証拠もトランプは握っているだろう。日本の石原慎太郎や内田茂がヤバイように、米国のオバマとヒラリーと上の連中もものすんごくヤバイわけ。



★しかし米国の上(1%)の連中はカネがあるからマスコミを使ってトランプは女性に猥褻なことをした!と連日やっているわけ。カネを貰えば偽りの証言する女も出てくるだろう。トランプならやりかねないからね。悪役レスラーで売っているわけだし。しかしそこも深いものがある。キリスト教道徳に対する荒くれのバアル神の出現としてのトランプの出現だから。



★つまりトランプは米国のもっとも深い闇を表に出してきた。それは≪ 米国の公共事業は戦争である! ≫という事実。無理やり戦争を創り出し、カネ儲けしてきたのが「 米国と世界の1% 」。そことトランプは戦っているわけ。だから小池百合子は日本の英雄だが、トランプはもっとすごくて世界の英雄なわけ。



★そこらがわからなかったでしょ?それは貴方がマスコミに騙されているからだ。鷲はヒットラーを肯定してヒットラーを理解しているし、今が1930年代の繰り返しだと解っている。だからトランプVSヒラリーの戦いの本質が解るわけ。マスコミに騙されている人間は≪ 数字の六 ≫で犬のように死神の13に殺される運命ですので、気をつけてください!






[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-15 15:44 | Comments(0)

ボブディランは糞のような奴だ!




★ボブディランは若いころは反体制フォークを歌っていたが、今はノーベル文学賞。ノーベル文学賞って懐メロ賞だったのか?つまりノーベル賞を貰うことでボブディランは体制そのものになった。しかし不可解なのはノーベル賞という賞。



★ダイナマイトを創ったノーベルが創始し、物理学賞や化学賞で、原爆や原発を創り、医学賞で抗がん剤を創りだし、戦争を実行した者たちに平和賞を与える。人間を殺す道具を創り出した者に与える賞。ノーベル賞とは完全に≪ 六殺し ≫賞である。ノーベル賞には偉大な逆説が隠れているように思える。



★戦争反対シンガーのボブディランが、75歳で戦争に最大に貢献した者に与えるノーベル賞を受けた!それでニタニタしている。若き頃の反戦フォークの英雄像をぶち壊しているようにも見えるが。で、ノーベル賞の正体とは何か?その辺を書いていきます。








1、ノーベル文学賞とは「文学まがい賞]である!


池田大作センセはたくさんの博士号を持ってますw

池田大作センセはたくさんの賞をもらってますw


★今回のボブディランのノーベル文学賞受賞で解ったことはノーベル文学賞のレベルである。ずっと前からノーベル賞の全体に疑問を持っていたが、今回のボブディランのノーベル文学賞で解りました。ボブディランの歌詞は今で言えば偏差値28のシールズのレベルである。深い深い神に至る文学の世界ではなく若者の一時的な感傷の世界にすぎない、数字の≪ 六 ≫の世界。それがボブディランのレベルである。



★先ほど、用事があり車に乗り、車の中でFMのNHKを聞いていると岡林信康とか吉田拓郎とかジローズなどのフォークをやっていた。すでにボブディラン祝福ムード?と鷲は思った膿~。実に反応が早い。世界的なフォークの神様が受賞するとすぐに反応するのが日本か?



★では文学とは何か?から始めます。文学には大きくわけて

   1、神から来る暗号の文字や記号
   2、物語
   3、評論

  の三つに分かれます。



★鷲の専門は、暗号とシンボルの解読であります。暗号とは意味不明な言葉や記号で表され、シンボルとは造形で示される。詩の根源とは鬼(カミ)から来る暗号の言葉や記号だと思ってます。それはノストラダムスの四行詩の「諸世紀」やヨハネの黙示録などのグノーシス文書。もちろん、今のヨハネの黙示録は人間によって改竄されているが、原型の始りからして意味不明の文章であっただろう。暗号とは、基本的に普通人には意味不明である。俳句は暗号という分野に入ってきます膿~。俳句という暗号文学の伝統が日本ではあったということ。



★物語は2種類ある!

 1、神に成った人間の物語

 2、神に成れなかった人間の物語



★1の神に成った人間の物語の代表は、日本ではウルトラマンである。が、それは文章で表現されたものではなかったか膿~。2の神に成れなかった人間の物語の代表がカフカの「変身」や「審判」である。



★評論の基本は、実は「意味不明である暗号とシンボルの解読」である。現在、文学評論家や経済評論家や芸能評論家やスポーツ評論家などが商業的に存在しているが、本当は「9の字事件のような鬼(カミ)からの降りた暗号を解読できる者が評論家であるのだ、と鷲は思っている。



★さて、ボブディランの歌詞とは文学なのか?現在のボブディランが何を歌っているのか?興味がないから知らないが、「風に吹かれて」とか「戦争の親玉」とかの歌詞は今の日本で言えば、偏差値28のシールズのレベル。サヨク小児病にすぎない。文学とは言えないもので、大衆歌謡以下の世界である。



★文学の歴史はもの凄く古く、ボブディラン程度の歌詞を書く人間が入ってこれる世界ではない!とハッキリと言いたい。ボブディランは数字の≪ 六 ≫に人間であり、世間的な栄光がどれほどあっても、死神に犬のようにいずれ殺される存在でしかない。ボブディランの全盛期、日本でも彼のマネをした歌手はずいぶんいて、鷲は十分に彼を知っています。



★結論を言えば、ノーベル文学賞とは「文学まがい賞」である。文学のイロハが解ってない審査員が、ボブディランの曲が好きだったから、今回、彼を選んだ!と思っている。文学とは何か?文学の起源に本気で戻らないとダメだ!ノーベル賞に騙される奴もボブディランと同じく糞にすぎない!





[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-14 10:28 | Comments(0)

アニメ「ザ・シンプソンズ」が16年前に予言していた米大統領トランプ!




★トランプに対する全米マスコミのネガティブキャンペーンはもの凄いものである。今日のネットニュースを見ていると「トランプは女性の胸を触った。74歳の女性の証言」とかの記事。それらのニュースを毎日、無意識に触れていればトランプは完全にダメ男で、ヒラリーが次の米大統領だと多くの人々が思ってしまう。それは当たり前のことだ。これだけのトランプへのネガティブキャンペンの嵐の中では。



★ああ~、解りました。鷲が秘密兵器を出そう。今から16年前のアニメの一場面である。それは「ザ・シンプソンズ」というタイトルのアニメである。その中でトランプが大統領として出てくるのだ!反トランプマスコミに洗脳されまくっている日本人よ、まずは16年前のアニメである「ザ・シンプソンズ」を見よ。このアニメを考え書いていきます。





「シンプソンズ」が“暴君”大統領候補トランプの出現を完全予言していた! 全米崩壊の未来も…!?


シンプソンズ」が“暴君”大統領候補トランプの出現を完全予言していた!


2000年に「トランプ大統領」を予言していたアメリカの「天才集団」








1、叩くことによってトランプを米大統領にする、巨大なる演出か?




★2000年に制作された「ザ・シンプソンズ」というアニメの中で実在のトランプが米大統領として描かれる。このアニメの中でのトランプ大統領の設定の時は2030年であり、トランプは米を破壊した暴君として描かれる。そして、今、トランプは米大統領候補としてヒラリーと毎日、戦争をしている。アニメに描かれる米大統領のトランプと今の米大統領候補のトランプは違う存在であるが。



★トランプのニュースを毎朝見ていると、女性を蔑視し猥褻な話をした、女性の胸を触った、とかロクでもない話題しかない。18年税金を払わず、4回破産、3回結婚2回離婚、政治家の経験は一度もない!とかトランプは今までの米大統領とは全く違う。



★しかし2000年の「ザ・シンプソンズ」に米大統領としてトランプが描かれるているのは、長い時間をかけた壮大なトランプを米大統領にする演出があった!のかもしれない。なんせ2016年の米大統領選はトランプ中心である。話題性は断トツ。話題性はヒラリーの5倍から10倍から100倍。それはグーグルで検索すれば簡単に解ることだ。



★日本では小池百合子に風が吹いている!と言われているが、米の場合、ヒラリーに風が吹いている?と言えるのか?なんせ米マスコミはトランプを叩きまくっているが、ヒラリーを断然応援しているとは感じないし、これほど叩かれても、まだトランプには大統領になる道が今も残されている。そしてロシアはトランプを応援している。それはウィーキリークスがヒラリーを攻撃し、プーチンに近いジリノフスキーがトランプを応援していることで解る。



★「ザ・シンプソンズ」を制作したFOXとは何なのか?そこに興味がある。



★トランプとは世界的な超悪役プロレスラーである。世界的な超悪役レスラーが客を呼べるレスラーであり、全米と全世界を巻き込むことができる!全米マスコミはトランプを叩きまくることで、実はトランプを次の米大統領にしようとしているのではないのか?そして2000年の「ザ・シンプソンズ」の時からトランプを米大統領にする計画があったのでは?



★そしてトランプの「イスラム国はオバマとヒラリーが創った!」などの発言で、重大な秘密を世界に暴露しているのではないのか?とも思わせる。全米マスコミに叩かれまくっていることで世界一の注目を浴びる、世界的な超悪役レスラーであるトランプが次の米大統領であろう!






[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-13 12:52 | Comments(0)

副島隆彦が新刊でヒラリーは今月末(10月末)に逮捕される!と書く





★トランプVSヒラリーで様々なものが見えてくるが、第一に云えることは、テレビや新聞に出てくる日本人の知識人という存在は、米国権力に洗脳された奴らしかいない!ということ。ただの一人としてテレビや新聞で次の米大統領はトランプだ!と云う者はいなかった。テレビに出てくる日本の知識人とはCIAの犬にすぎない。



★しかし陰謀論系の者たちは違う。副島隆彦、コシミズ、便所民フルムグシなどはトランプ絶対肯定派である。彼ら陰謀論者たちは中国共産党・ロシアの工作員だと言えるが。その中で副島隆彦が2016年の10月の末にヒラリーは逮捕されて、牢獄の中から大統領選をやる!と発言し、緊急出版をした。



★自称・予言者の副島隆彦だが、彼の予想が当たれば、鷲は見直すが、デマの叶姉妹もかなりある。もちろん副島隆彦の本はカネがもったいないので鷲が買うことはないが。米国権力の工作犬にも中国とロシアの工作犬にもハマらず、ネットに出ている副島隆彦のヒラリー10月末逮捕説を冷静に考え書いていきます。





1、情報と人間


ツタンカーメンの黄金のマスク


ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題、FBIは訴追見送り「極めて軽率だが違法ではない」


「ヒラリー 逮捕」で検索




★CIAとは米国中央情報局、DIAとは米国国防情報局、OSSとは米国戦略情報局、であり、これらの組織名を見ても、いかに人間にとって「情報」が重要なものかが解る。古代エジプトのツタンカーメンの黄金のマスクの頭上には二匹の蛇があるが、それは≪数字の9の神に成った人間≫の情報能力の優秀性を表現している。



★情報能力が弱い人間は何かに必ず騙されている。北斗晶は医者に騙されて抗がん剤治療をしてしまった。そしで髪の毛を失い、片乳を失った。現在の日本人の三分の一は医者に騙されて抗がん剤治療、癌治療で死んでいく。北斗晶が近藤誠氏の本を読んでいればいまだに健康体のままであっただろう。情報能力の低い者には≪六殺し≫の黒い力が襲いかかり死んでいく。



★ネット時代、どんな人間も情報戦の最中に入ることになる。情報能力を磨くには、毎日、これは本当か?これはウソか?の自主的な判断しかない。ツイッターするのも、ブログを書くのも「情報能力を磨く」ためであり、情報能力を磨く理由は、黒い≪六殺し≫の力に勝つ、数字の≪7≫に成るためである。



★副島隆彦を前にブログで書いた時、彼の情報とは中国から与えられている!と書いた。それは彼の本に書いているからだ。さて、彼の新刊の内容は2016年の10月末、ヒラリーは逮捕される!である。それが本当なら予言者に近いが、それも中国から与えられた情報ではないのか?副島隆彦の正体は中国工作員である。



★しかし、今の日本人の精神を支配している「次の米大統領はヒラリー」も疑わないとならないが、副島隆彦の今月10月末にヒラリーが逮捕される!というのも盲目的に信じてはならない。「次の米大統領はヒラリー」も「ヒラリーの10月末逮捕」も、今は、ありえる。ヒラリーの影武者説もネットではちょっと前に出て来た。



★日本人が情報能力がないのは「仕事」が原因である。「男は仕事」というカルト言語に騙されている。仕事が出来てカネを稼げる男が偉い。それが戦後71年間の日本人の男が騙されてきたカルトである。しかしカネを稼ぐ仕事によって様々なことを日本人は犠牲にしてきた。



★戦後の「カネを稼ぐ男が偉い!」という観念は、戦後の米国権力から来たものだろう。もちろん米国権力の裏には≪ 六殺し ≫の黒い力がある。戦後の日本人の「男は仕事」という観念によって失ったのは≪ 情報能力 ≫である。その結果、医者に騙されて、抗がん剤治療をして、日本人の多くは死んでいく。



★仕事が全ての人間はトランプVSヒラリーも夢のお伽話の世界の出来事でなんの実感もない。どっちが勝っても、自分には関係ない。だから無関心である。カネを稼がないと生活ができない。日本人の殆どは、それが全てだ。あらゆることに無関心だから最後は抗がん剤を代表にする≪六殺し≫で死ぬことになる。数字の≪六≫だから。




★数字の≪六≫の人間が世界に多くなるとどうなるのか?≪六殺し≫のヒトラーが出てくることになる。フィリピン大統領のドゥテルテは麻薬中毒者は人間の屑だから殺す!と宣言したが、ヒトラーは≪小市民に美しき死を!≫と1932年あたりに語っていた。世界に何も関心がなくなった者たちは、カフカの審判の主人公になり、犬のように哀れに死んでいく。



★人間の形をして生まれた者は≪ 太陽神と結びつかなければ、六殺し ≫となる。トランプVSヒラリーに興味を持たない者は、精神性の何もかも失った者だ。しかしトランプVSヒラリーに異常に興味を持てば、米国の正体がわかり、また日本の正体も解ることになる!









2、トランプと陰謀論


第三の選択の動画

第三の選択の説明

オバマの火星移住計画

最近の陰謀論の傾向



★トランプとヒラリーの戦いは、99%の下層階級の代表のトランプと1%の富裕層の代表のヒラリーの戦いということで理解して良いだろう。今日のネットニュースを見ているとオバマ大統領の「火星移住計画」という言葉が出て来た。ヒラリーとは戦争でカネを儲けた1%の代表である。そしてオバマも同じである。さて、地球はもうダメだから、火星に移住する!というのは1970年代後半の「第三の選択」と同じ思想となっている。



★弁護士という職業はなんだろうか?日本の弁護士がいかに立派な正義を言っても、韓国や北朝鮮や中国ではその正義は通用しない。今の日本のこの時の正義にすぎない。地域と時に限定された正義とはウソの正義である。



★ヒラリーもオバマも弁護士である。つまり多くの者たちを偽りの言語の正義によって騙してきた。それで大金を得たなら罪は重い。本質は詐欺師である。最終的には第三の選択の物語のように火星にでも移住して逃げ切るつもりであろうか?しかし、それはできない。≪六≫であるかぎりは、≪六殺し≫される運命であるからだ。それが太陽系のルールである。



★数字の≪9≫のみが太陽系で認められる存在である。各国の法律の中にも少しは≪9≫の思想が入っているだろう。しかし芸術という分野に太陽系の法が表現されている。法律よりも古代からの芸術の方が価値があるのだ。



★数字の≪六≫である人間がいかにカネを得ても太陽神の≪13≫に殺される運命であり、逃げることはできない。カネという幻に騙された数字の≪六≫の人間はタロットの16の運命である。



★トランプが純粋なる潔白な人物なら、今回の米大統領選は複雑にはならない。トランプもカネに汚染されているから「どっちが正義なの?」という思考と悩むことになる。これはなんなのか?米国のアメリカンドリームとは結局、「人生の成功は金持ちになること!」というあまりにも単純すぎるものだから、このような結果になったのでは?



★しかしその米国の拝金主義にあまりにも日本人は影響を受けてきた。だからこそトランプVSヒラリーを十分に観察して、考えて、分析しなければならない。「人間の人生の目的はカネ持ちになること」。そしてその考えの究極の延長は「地球がダメならカネの力で火星に移住する!」。オバマの発言でそれは見えてきた。



★今は鬼道の復活の時代である。鬼道とは二つの要素がある

1、六殺し

2、9の誕生



カネで悪魔に魂を売った者たちは火星に逃げることはできない。数字の六は太陽神の火で殺されるからだ。しかし、カネ万能の思想がオバマの今日の情報で現れたと思う。



★戦後の日本人の弱点は≪ カネとは何か? ≫、それを考える時間がなかったこと。仕事真理教に洗脳されていたから。でカネ真理教の盲目的な信者に成ってしまったこと。それは戦後の71年間の日本は米国に精神的に支配され続けている!ということ。



★トランプもヒラリーも銭ゲバである。それは米国に生まれることは≪銭ゲバ≫にならなければ生きていけないからだ。シェークスピアの「ベニスの商人」のシャイロックに成らねば生きていけないから、トランプもヒラリーも銭ゲバになっているのだ。



★さて今、太陽神という≪鬼という火の力≫が出て来た時、カネのために悪魔に魂を売った者は裁かれる!トランプとヒラリーのどちらが、よりカネのために悪魔に魂を売った者であろうか?






3、副島の予言は外れるがトランプが次の米大統領になる!


★現在、米国大統領選はトランプの女性蔑視・猥褻発言、そして共和党の4分の1がトランプ支持を撤回する!と発言している。ヒラリー有利のような雰囲気だが、まだわからない状況。話題の中心は常にトランプだが、マスコミは常にトランプについてはネガティブキャンペーンである。



★しかしトランプの話題が中心の今回の大統領選である。トランプがキリスト教道徳と既成権益を破壊する言動で暴れているので混乱していると言える。しかし時代はトランプであり、次の米大統領はトランプであろう。トランプのようなタイプ(既得権益の破壊者)が今の時代のリーダーとなる。小池百合子もこのタイプであり、フィリピンのドゥテルテ大統領もこのタイプである。



★トランプは新しい米国の「生みの苦しみ」のシンボルである。トランプはヒラリーは刑務所に行くと云ったが、それは今月の末ではないだろう。もっと先になるだろう。副島センセの預言は外れるだろう。金儲けの予想屋を予言者とは言わない。副島隆彦はニセ予言者であるwwwwwww



★さて結論は、副島隆彦の予言は外れる!wwww しかしトランプが次の米大統領となるだろう。





[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-12 11:29 | Comments(0)

次の米大統領はトランプである! 3




★米大統領選は2016年11月8日。後、一か月を切った。今日、朝起きると、新聞の見出しには「トランプ、猥褻発言で最大のピンチ」と書かれ、横の記事には、「ウィキリークスがヒラリーの講演内容を暴露!」という記事。



★ネガティブ合戦になってきたが、トランプが勝つだろう。ヒラリーの方が重大であり究極の隠し事があるだろうし、トランプは多神教の者(デビル)だから猥褻発言は問題にはならないだろう。トランプを批判するのはキリスト教的な道徳感覚の者たちである。



★それにしても日本のテレビに出ている≪ 識者??? ≫と言われる人種は全員がヒラリーが次の米大統領になる!と発言している。つまり日本のテレビに出る者たちは全員、CIAの検閲に合格した者たちしかいないのだ!



★トランプが次の米大統領に成ると世界が変わるだろう。それは一神教支配から多神教の世界への脱皮である。次の米大統領はトランプである!その辺を考え書いていきます。







1、トランプは常に窮地だが勝っているwww







★トランプが過去に女性蔑視の猥褻発言をしたことで、最大の窮地になった!という記事だが、この約1年間、マスコミ報道を聞いていると常に最大の窮地にトランプが陥っている。しかし大統領選を勝抜いてきた。トランプへの批判はキリスト教道徳感覚から来るものが多い。それは当たり前で、米国はキリスト教の国だから。



★トランプは2度離婚しているが、これまでの米国の大統領で離婚した者は存在しないし、18年間税金を払ってないし、破産を4回している米大統領もいなかっただろう。さらにトランプは政治家の経験はないし、女性蔑視の猥褻発言を録音され暴露された。



★それでも鷲はトランプが次の米大統領に成る!と思っているのは、トランプが多神教的体質(デビル)であるからだ。今のトランプへの反発は米国のキリスト教的ピューリタン的な潔癖主義から来るものだが、時は、多神教に変わっている。



★さて、日本の政治家を見れば、カネの問題で大転落中である。野々村県議から明らかにされた領収書偽造だが、富山市の市議会、そして豊洲移転での石原慎太郎都元知事の遊行費での都税ドブ捨てと内田茂の利権政治。自民党の防衛大臣の稲田朋美の白紙領収書問題。カネは亡びの元だが、日本の殆どの政治家は領収書偽造や税金チョロマカシをしているので殆どが大転落中である。



★今年の6月23日に英国でEU残留か?EU離脱か?の選択の選挙があった時、鍵となったのは、キャメロン元首相のタックスヘイブン(租税回避)問題。パナマ文書によってキャメロンのタックスヘイブンが明らかになり、英国でデモが起こり、キャメロン嫌いから、52%VS48%で、EU離脱が決定された。EU離脱の原因は、キャメロン元首相が資産を海外に移して税金を払ってなかったからだ。



★ヒラリーは1時間7500万の講演料を取る銭ゲバである。正確に言えばそれは夫のビルのほうがだが、妻のヒラリーも変わらん金銭感覚だろう。夫婦そろっての銭ゲバぶりは、典型的な銭崇拝のユダヤ人である。時代は反ユダヤ主義であるから、銭ゲバのユダヤ人であるヒラリーがトランプに勝てるわけがない。勝てるとすれば不正選挙以外にないだろう。



★トランプとヒラリーの戦いは、多神教(デビル)VS銭崇拝ユダヤの戦いに思える。デビルという言葉があるが、それは悪魔ではなく、ローマ時代の「多神教」が語源である。一神教徒は多神教をデビルに見えるわけだが、それは性的に奔放であるからだし、180度、世界観が違うからだ。



★江戸時代までの日本も多神教世界で、性に対してタブーはなかった。多神教の特徴は性的な奔放性だが、ベッキ―や乙武の不倫を見ると、性的なことで鬼(カミ)に裁かれる現象が日本では多いと感じる。多神教的な性を鷲はもっと追及しないとならない!と思っている。



★ヒラリーはこれまでの銭ゲバぶりで次の米大統領は無理だし、既得権益側だし、1%側なので、大衆に人気が全くない。既得権益の権力側がヒラリ―を無理やり盛り上げているにすぎない。トランプは多神教的(デビル)な体質であるからエロであるが、多神教(デビル)の時代の開幕に乗っている人物。次の米大統領はトランプである!








2、AVに3本に出演したトランプは勝つ!








★今回のトランプVSヒラリーは人間がいかにマスコミに洗脳される動物かを思い出させてくれた。他人から与えられる情報には疑いを持ち、独自の確実な情報ツールを持つ者が未来を見ることができる。情報、プロバガンダとは戦争の産物であり、それを100%信じることは非常に危険であり、六殺しされる原因となる。



★さて角度を変えてトランプVSヒラリーを考えてみる。世界は全て繋がっている。日本では防衛大臣の稲田朋美議員が白紙領収書で窮地に立っている。そして豊洲移転問題で石原慎太郎元都知事や内田茂都議などの既得権益政治家たちがカネの問題で窮地に立っている。



★日本と米国、距離は違うが、日本軍事力代表の稲田朋美と、東京都の石原慎太郎や内田茂都議が窮地に立っているということに注目。既得権益の政治家であり、軍事的な政治家が窮地に立っている。ヒラリーとは既得権益と軍産複合体と富裕層の1%を代表する政治家ではないのか?



★キャメロン元首相の不人気からEU離脱派が勝利したのが今年6月23日の英国選挙だったが、キャメロンとはタックスヘイブンで税金を国に納めないユダヤ側の政治家であり、ヒラリーも同じくユダヤ側の政治家ではないのか?そしてフィリピンではロドリゴドゥテレテ大統領が「自分はヒトラーである!」と宣言しているが、ナチスの復活現象である。これは鷲が2年くらい前に預言していた現象。



★今は「ユダヤが沈み、ナチスが出てくる」時代である。この世界情勢ならヒラリーが転落して、デビル(多神教)であるトランプが米大統領となるだろう。しかし多くの人々はヒラリーが勝つと思っている。それはマスコミに洗脳されているからだ。米国のマスコミの99,9%はヒラリー側である。つまり米国のマスコミの99,9%はユダヤマスコミ。だからトランプの不利な情報がどんどん出てくるのである。



★AV3本出現、女性蔑視の猥褻発言のトランプ。キリスト教国家米国では致命的な負の要因であるが、それだけユダヤ側が必死で、何が何でもトランプの大統領だけは阻止したいという意志の表れである。



★鷲が次の米大統領はトランプというのが、変人奇人のトランプの方が今の世界の流れと一致するからだ。そして「約80年周期の歴史の繰返し」。それを考え「今はナチス、つまりバアル教(鬼道)の復活の時代」ということを認識して、トランプが次の米大統領だと言っている。米国と日本と世界のユダヤマスコミなんぞに騙されてはいけないのだ!



★次の米大統領はトランプである!








3、鬼(カミ)は奇に宿る!


 ★さて来月の今頃には米大統領は決まっているだろう。今、日刊ゲンダイの10月12日号を開いているが「トランプの主張はウソばかり」という見出しである。日刊ゲンダイも反トランプだった。



★これはなかなか面白い現象である。次の米大統領はトランプか?ヒラリーか?の二者択一なのに殆どはヒラリーである。しかし鷲は今回で連続三回の「次の米大統領はトランプである」のブログである。



★マスコミVS鷲である。この勝負は「シンボルと暗号の解読家」を自称する鷲としては喜びに満ちた勝負である。マスコミと鷲のどっちが「情報通か?」の戦いであるから。鷲は世界のマスコミと戦っている。まぁ~ユダヤマスコミとは反対のことを言っているわけだが、鷲の方が「情報通だった」という結論になるだろう。だから三回も連続で「次の米大統領はトランプである!」というブログを書いているわけで。



★これまでの常識ではトランプは米大統領にはなれない。トランプとはこのような人間だから、

 1、結婚3回2回離婚
 2、18年間、税金を払ってない
 3、4回破産している
 4、AVに3回出演している
 5、女性蔑視の猥褻発言を録音され暴露された
 6、政治家の経験が一度もない
 
 ざっと報道されるのは以上



★これまでの米大統領で離婚経験者は実は一人もいないのだ。処女マリアを崇拝するのがキリスト教。これまでキリスト教国家の米国は離婚した者を大統領にしたことはなかった。しかしトランプは結婚3回、離婚2回であるwww



★我が日本では結婚6回・離婚5回という尊敬できる角川春樹師がいるが、彼に近いところに居る。なお、角川春樹師は麻薬で逮捕されてますので、一般の人は尊敬しないように、お願いします。尊敬する!と書いたのは、ジョークにすぎませんwww



★鷲が次の米大統領はトランプであると三回連続で書いたのは、世界のマスコミとの勝負!ということ。鷲のグノーシス的見解との勝負ということ。グノーシスとは「直観的認識」である。鬼の女の深い知識と知恵のこと。鷲と世界のマスコミとの闘いは面白い。



★しかし副島隆彦とかリチャードコシミズとか便所民フルムグシとか「デマ野郎」がトランプを応援している!ということも見ている。それはしょうがないだろう。デマ野郎たちもそれなりに生活のためにウソ情報をながしていたが、ここが勝負だと考えているのだろう。



★日本の豊洲問題で言えば、ヒラリーとは内田茂や石原慎太郎のような「豊洲移転推進派」のキトクケンエキ派である。そしてトランプとは「豊洲移転白紙撤回派」ということ。ここにつながっているのである。



★さて、米大統領は2016年11月8日に結論は出る!今、テレビを代表にする表マスコミでトランプが次の米大統領!と発言する者は一人もいないと観察できるだろう。そこをチャックだ。



★次の米大統領はトランプである!それで鷲は世界と勝負する!





[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-10 08:19 | Comments(0)

次の米大統領はトランプである! 2




★トランプとヒラリーの大統領選の戦いは「嫌われ者どうしの戦い」だとマスコミで言われているがそれは違う。米国の上位100社の新聞社がトランプ不支持なのにトランプはこれまでヒラリーと五分の戦いをしているということは、米国の全マスコミがトランプに反対してもトランプの人気が物凄い!ということ。



★この戦いは今年の6月23日に英国であったEUに残留するか?EU離脱か?の選挙と同じ結果となるだろう。48%VS52%でEU離脱派のマサカの勝利。EU離脱派のマサカの勝利とはマスコミの予想とは全く違った!という意味である。



★つまりユダヤマスコミを信じている限りは、今、は見えてこない。ユダヤマスコミは既成権力側に属しているが、フィリピンのロドリゴドゥテレテ大統領もフランスのマリーヌルペンも日本の小池百合子も英国のEU離脱も既成権力とは別のベクトルにいて勝利した。マリーヌルペンの場合は、来年、フランスの大統領に成る予定だが。



★今年の夏の日本の都知事選の場合、小池百合子が突然現れ、自民党が推す増田寛也や野党統一の鳥越俊太郎が出て、当初は誰が勝つか?解らない選挙だった。今や政治家としては珍しく大スターである小池百合子であるが、自民分裂で野党統一の鳥越俊太郎が勝つ!という予想がかなりあったし、やっぱり元都知事の石原慎太郎と自民党が推す増田寛也か?と思われていた。



★今の世界の政治の流れは、既成権力側が敗北するのである。ならばヒラリーという既成権力の手先はマサカの敗北をするだろう。しかしそれはマサカではない。マスコミがデマを流し続けているから、マスコミを信じる多くの人々がマサカの敗北!と思うだけで、世界の流れから見て「変人」が勝つのが、今の世界の政治であるのだ。



★次の米大統領はトランプである!その辺を考え書いていきます。







1、今は、カネの臭いがする政治家は大転落する!








★今の世界の政治を見て大転落する政治家とは「カネの臭いがする政治家」である。それは元都知事のマスゾエ先生や富山の市議たちを見て解るだろうwww そして現在問題になっているのは自民党の防衛大臣の稲田朋美議員の白紙領収書。やっぱりマスゾエセンセのように回転寿司を家族で食べに行って、税金で支払うような政治家は大転落をしてしまいますwww



★そして一回の飲食い40万から60万を都税で支払い、豪華海外視察旅行で最低2000万使い、一泊52万円のホテルに泊まり、新銀行東京で1400億円の都税をドブに捨て、豊洲移転が白紙撤回されたら1兆円の税金のドブ捨て、東京五輪が中止になれば1~2兆円の税金をドブに捨てた!となる石原慎太郎。現在、公開処刑されてますwww



★現在、鬼に裁かれる政治家とは「カネにやたら汚い豚のような政治家」たちである。その点、都知事報酬を半分にした小池百合子都知事は時代を見ている。で、米国の大統領候補であるトランプやヒラリーもカネには汚いだろう!と多くの人々が思っている。



★トランプはたしかに不動産王だと言われているが、4回も破産している。また18年間税金を払ってない。米国の経済救済制度を利用して。トランプは金持ちなんだか?破産者なんだか?わからんが、支持層は圧倒的に低所得者である。ということは、金持ちだとは見られてない。破産したが根性で復活したアメリカンドリームの者!ということで人気があるのだろう。



★しかしヒラリーは1%の世界の富裕層の代表者だ。ヒラリーの夫が元米国大統領のビルクリントンだが、この男の講演料の取り方が凄い。2001年に米大統領を辞めてから、2014年までに、講演料だけで90億円も稼いでいる。



★2011年には54回の講演で13億円を稼いでいる。そして中国に講演に行った時、1時間の講演で7500万も貰っている。元米大統領という肩書だけで、ラク~にカネ儲けてきたのが、クリントン夫妻であるのだ。



★破産を4回もして米国の低所得者たちに圧倒的な人間のトランプと、1時間の講演料が7500万の夫を持つヒラリーは全く違うのである。そしてヒラリーはトランプからISの創設者だと言われているが、米国の軍事工作組織と深い関係があるのだろう。



★さて、今の世界の政治家で「カネの臭いがする者は大転落する」という法則に当てはまるのは、4回破産して立ち直ってきたトランプではなく、1時間の講演料で7500万も取る夫を持つヒラリーの方である。「カネの臭いのする政治家は大転落する」、その法則はヒラリーに当てはまり、今回の大統領選はトランプの勝利であり、ヒラリーの敗北である、と鷲は見る。








2、CIAを敵にし戦える者たちが世界のリーダーとなる!











★CIAとは映画で我々はなじみが深いが、実際は何をやっている組織なのか?それを考えるには、現在、公開処刑中wwwの石原慎太郎の過去の動きを考えると解ってくる。石原慎太郎は2012年4月16日、米国のヘリテージ財団主催のシンポジウムで講演して「尖閣諸島は東京都が買う!」と発言した。そして日本で寄付金を14億も集めた。



★ヘリテージ財団とはCIA(米国中央情報局)やDIA(米国国防情報局)と深い関係にある米国共和党の中でもっとも強い軍事戦略の研究所である。米国の支配国の中に右翼系の軍事組織を作るための研究所である。文鮮明の統一教会や韓国のKCIA(大韓民国中央情報局)とも深い関係にある。



★石原慎太郎が米国のヘリテージ財団の主催のシンポジウムで「東京都が尖閣諸島を買う」と言ったことに意味がある。それは米国軍事工作組織が石原慎太郎に命じて発言させたものだが、要するに、中国と日本の軍事的緊張関係を創るための発言であったのだ。



★米国の軍事工作組織の東アジアに対する戦略は「分断して支配する」というもの。日本、韓国、北朝鮮、中国が一体化することを一番嫌っている。つまり五民族共和の満州国は復活することを一番恐れていて、常に、東アジア人どうし憎みあうように仕向けている。マスコミによる北朝鮮情報の98%は満州国の復活を阻止するためのウソ情報である。



★しかし石原慎太郎は現在、公開処刑状態であるwww 10月8日号の日刊ゲンダイの見出しに出ている。これはどうしてだろうか?つまり米国軍事工作組織の力が衰退しているのだ。CIAの力が衰退しているからトランプは暗殺されてないし、フィリピン大統領のロドリゴ・ドゥテレテ大統領が米国CIAに喧嘩を売っていると言える。



★昔はCIAに逆らう人間はケネディのように白昼に暗殺されただろう。しかしトランプは堂々とCIAの国家秘密を発言して、IS(イスラム国)はCIAが創設し、当時の責任者はオバマとヒラリーである!と言っている。つまりCIAの恐怖支配は終わった。そしてCIAの手先であった石原慎太郎は公開処刑状態であるしwww



★このCIAの衰弱を見ても、次の米大統領はトランプだと言える!








3、初めての政治家としての地位が米大統領???トランプは凄い!






★ヒラリーが、日本の政治家で言えば内田茂とか高木都議会幹事長とか森喜郎みたいな政治家のように思えるのは既得権益を守る立場から出てきているからだ。しかしヒラリーよりはまだ都議会のドンである内田茂の方が新鮮である。隠れていた都議会の闇のドンが表に出て来たからだ。



★小池百合子が今の日本で大人気なのは石原慎太郎元都知事の闇、豊洲移転の闇、都庁の闇、都議会の闇を明るみにしようとしているからだ。また今出て来た大スター的な世界的な政治家の共通点は、既得権益と闘って、闇を暴露し、既得権益を破壊すること。それを支持する人々は願っている。

 トランプ ☛ 次の米大統領候補で政治家経験なし
 マリーヌルペン ☛ 次のフランスの極右の女性大統領候補
 ロドリゴ・ドゥテレテ ☛ 自分をヒトラーだとするフィリピン大統領
 小池百合子 ☛ 豊洲移転と都議会と都庁の闇を暴く日本の女性都知事



★上の者たちを見ていると日本の小池百合子が一番普通であるwww 後の人々は、変人、奇人、危険だと言われている。小池百合子が一番普通に見えるのは、24年も政治家を体験して、大臣経験もしてキャリアを積んできたからだろう。



★それに比べ、トランプは政治家の経験はない。政治家としての初めての地位が米大統領???そんな人間はかつていたのか?やっぱり変人だわな。マリーヌルペンもロドリゴドゥテレテも小池百合子も政治家としてキャリアを十分に積んでいるが、トランプは政治家の体験はないwww



★これでは誰でも不安になるが、ここまで逆転勝ちしてきたのだから、鬼がトランプに憑いているのだろう。次の米大統領はトランプである!鷲が考える反ユダヤ主義者とは1にインチキ宗教に入ってないこと、2にカネを神のように信じてないこと、3にサヨクでないことである。トランプには2の拝金主義の疑惑があったが、拝金主義者が米国の低所得者たちから支持されるわけはない。そして反ユダヤ主義者は鬼に憑依されることが必要である。






現在の世界的な政治家の条件を一言で言えば、既得権益を破壊する反ユダヤ主義者であると鷲は思っている!

ーーーーーーーーーーーーー


補足


★トランプが次の米大統領に成るのは、今の時代が反ユダヤ主義の蘇りの時であるからだ。フィリピンの大統領ロドリゴドゥテルテは自分をヒトラーだと言っているわけで、これだけ分かりやすい反ユダヤ主義の蘇り現象はない。



★フィリピンの大統領が覚醒剤中毒者というダメな奴は全て殺す!と発言する時、それに反対して「どんな人間にも人権がある!」とか「愛は世界を救う!」とか言っている奴がユダヤ側ということ。数字の≪ 6 ≫のロクデナシを守る側に立つ者をユダヤ人という。



★鬼道とはフィリピンの大統領のように「覚せい剤をやっているダメな奴は全て殺す!」という者であるのだ。太陽系はそのようにダメな奴を殺す≪ 六殺し ≫の世界である。そして神である≪ 9の誕生 ≫の世界が鬼道である。またはバアル教である。



★ヒラリーは米国の既得権益を守る側からの立候補であり、トランプは既得権益を破壊する側からの立候補である。だから米国の上位100社の新聞社が反トランプであり、米国マスコミの全てが反トランプであるが、それでもトランプが次の大統領となるだろう。



★トランプが次の米大統領になる!ということは、今年6月23日の英国の選挙でEU離脱決定になったことや、マリーヌルペンの出現、小池百合子の登場などでも解るのである。既得権益を守る者たちは敗北する時代だから。それはユダヤ人の夜の時代が終わり、鬼の時代の始りの時であるのだ!









[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-09 07:29 | Comments(0)

次の米大統領はトランプである!




★米大統領選は2016年11月8日。一ヶ月後だ。次の米大統領はトランプか?ヒラリーか?の二者選択である。新聞やテレビやネット記事を見ているとヒラリー絶対有利のような雰囲気だし、テレビに出るバカコメンテータの100%はヒラリーが次の大統領だと確信している。



★しかし鷲は次の大統領はトランプだと見ている。ヒラリーが次の大統領だと思うのは、多くの人々がマスコミに騙されているからだ。しかし最近のCIAマスコミは非常に衰弱していると鷲は観察している。豊洲移転問題で石原慎太郎が毎日毎日、マスコミから大弾圧されるのもCIAマスコミの衰弱現象であるのだ。石原タブーがなくなったのは、CIAの力が衰弱したからだ。



★どうして次の大統領はトランプだと言えるのか?その辺を書いていきたいと思っている。







1、トランプを支持する米国新聞社はない?wwww






★トランプを支持する米国新聞社はない?しかし安心してください。トランプを支持する米国新聞社がないと言ってもたった上位100社だけだ。米国に新聞社が何社あるのかしらんが、上位100社だけがトランプを支持してないだけだから、トランプが次の米大統領になるのは間違いない!と考える奴はいないだろうwww



★しかしこれで次の米大統領がトランプになったら、トランプ不支持の上位100社の新聞社って全部潰れて欲しわな。お前らデマを流してたのか?とか、ヒラリーからカネ貰っていた!としか思えないべや。トランプはなんだかんだ言われても米大統領選の決勝戦まで来ている。つまりマスコミの力でここまで来ているわけではなかったことがこれで解る。



★次の米大統領はトランプである。鷲がそのように思うのは、時代が、≪ ユダヤが沈み、ナチスが出てくる ≫であるからだ。その現象の一つとしてパナマ文書。パナマ文書とはタックスヘイブンをやっていた者たちの名を書いた文書。



★タックスヘイブンとは税率の非常に低い(か税が全くない)島(国)などにペーパー会社を創って資産を移動させて税金逃れすることです。わかります?皆さま?タックスヘイブンとは「租税回避地」と訳されます。



★このパナマ文書を世界に出した法律事務所を「モサック・フォンセカ」というのだが、モサックもフォンセカも人の名前。そしてこの二人の人物はナチスとふか~く関係している。パナマ文書に書かれた名前は、

 ロシアのプーチン大統領
 イギリスのキャメロン元首相
 ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領
 パキスタンのナワズ・シェリフ首相
 中国の習近平・中国共産党総書記
 俳優のジャッキーチェン
 季明博・元韓国大統領

 など


日本人では

 孫正義
 三木谷浩史
 UCCの上島慶太

 など。



★上の人物で注目すべきは元英国首相のキャメロン。今年の6月に英国で、EUに残るか?EU離脱か?の選挙があったが、パナマ文書に英国首相のキャメロンの名が書かれていたために、英国人が怒ってデモして、結果、英国はEUから離脱することになった。これはパナマ文書にキャメロンの名が書かれたための、キャメロン不人気が原因だった。EUから英国が離脱するとは?英国がユダヤ(EU)からの離脱を意味する。



★時代はナチスの時代ということ。パナマ文書とはユダヤ(思想や信条がユダヤ)を貶める文書。そしてフィリピンのロドリゴ・ドゥテレテ大統領は自分をヒトラーだと自称している。世界中でナチスが蘇っている!という現象。



★この世界の流れから見て、隠れ共産主義・軍事工作組織の手先・ユダヤ大金持ちの代表のヒラリーは敗北する!と鷲は見ている。フィリピン大統領のロドリゴ・ドゥテレテはオバマ大統領と国連事務総長が嫌いだが、その意味はユダヤが嫌い!という意味である。



★トランプを米国上位100の新聞社が嫌っているのは、米国の新聞社は全てユダヤ新聞ということ。トランプは自分がナチスだとハッキリと宣言はしてないが、チラチラとそれは見せている。



★時代は繰返す。今は1930年代の繰り返し。つまりナチスというバアル教、鬼道が蘇る時。だから鷲は次の米大統領はトランプだと見ている!








2、イスラム国を創ったのはヒラリーとオバマ!とトランプが発言!








★世界の動きを観察していれば次の米大統領がトランプだと見えてくる。例えば最近の石原慎太郎の大転落だ。鷲は石原慎太郎の闇をかなり書いてきたが、今日(2016年10月8日)の日刊ゲンダイの記事のタイトルは「石原慎太郎 公開処刑」である。完全に石原慎太郎は終わった。後は死亡か?入院?で逃亡するしかないだろうwww



★この石原慎太郎の転落から次の米大統領はトランプだと見えてくるのである。それはなぜか?石原慎太郎は米国の軍事工作組織とつながっていたからだ。それはヘリテージ財団である。ヘリテージ財団は1973年に設立され、保守的政策の促進を目的とし、軍部との結びつきが非常に強い。



★そして共和党に強い影響力を持つ。石原慎太郎の「石原タブー」とはこのヘリテージ財団との結びつきから来ていたものだろうし、オウム真理教の黒幕もこの財団のような気がする。石原慎太郎は都知事であった2012年4月16日に米国のヘリテージ財団主催のシンポジウムで講演し、「東京都は尖閣諸島を買います」と発言した。日中戦争を準備する発言をした。



★石原慎太郎のこの発言は、ヘリテージ財団、CIA(中央情報局)、DIA(米国国防情報局)の意向を受けてのこと。つまり石原慎太郎とは米国軍事工作組織の犬にすぎない人物だが、米国軍事工作組織に所属していたから、「石原タブー」が存在し、これまで守られていたのだ。しかし今、大転落している。



★石原慎太郎の大転落でヘリテージ財団、CIA、DIAの力が衰弱した!と見えないだろうか?それとも石原慎太郎が捨てられたのか?いや、今年の1月にトランプは「イスラム国(IS)はヒラリーとオバマが創った!」と堂々と発言している。堂々と発言していることが凄い。



★これまでならケネディのように暗殺される発言である。しかしトランプは、米大統領選の決勝戦まで来ているのだ。これは米国の軍事工作組織の影響力が衰弱したと判断できる。CIAはこれまで敵となる人物には、カネ、女、人物破壊(週刊誌や新聞などで)などをしてきたが、トランプのようにキリスト教徒のような真面目さを持たない人物にはそれは通用しなかったのか?www



★いや、米国軍事工作組織が衰弱した!ということだろう。米国軍事工作組織に守られてきた石原慎太郎の大転落はヘリテージ財団、CIA、DIAの衰弱のシンボルだろう。そしてトランプの言葉でイスラム国を創ったのは、米国のヘリテージ財団、CIA、DIAだと推理できるのだ。



★次の大統領は米国軍事工作組織が推すヒラリーではなく、トランプである!トランプが米大統領になると、分断、されていた、日本、韓国、北朝鮮、中国の友好的交流が激しくなり、再び大東亜共栄圏のような文化と経済と軍事の世界がユーラシア大陸にできるだろう!と推理する。それが復活する満州国であり新しい清王朝であるのだ!









3、トランプが勝てば世界のマスコミが大敗北!









★鷲はトランプについてはこれまで何度かブログを書いているが、全て、トランプが次の米大統領だと鷲は書いてきた。それはフランスの次の大統領候補のマリーヌルペンやフィリピンのロドリゴドゥテレテ大統領を見てもわかるが、今の世界のリーダーは、これまでの道徳人タイプではななく、一見メチャクチャなタイプだからだ。トランプはそれにあてはまっている。



★今の時代、ヒラリーのような既成権力の代表であり中古品が時代に乗れるわけがないのだ。しかもヒラリーとは米国軍事工作組織の犬にすぎないし。さて戦後の71年間、世界を支配してきたのはユダヤである。ユダヤの支配方法はカネ、カルト、サヨク。鷲が言うユダヤとは思想、信条のユダヤである。



★鷲の専門は「シンボルと暗号の解読」であるが、ユダヤ問題も専門にある。鷲が言うナチスとは古代の世界宗教であったバアル教、日本では鬼道と言われるものである。鬼道の思想を鷲は≪ 六殺し ≫と≪ 9の誕生 ≫である!と表現してきた。今、グーグルやヤフー検索で「 六殺し 9 」で検索すると1000万以上ヒットし、上位は全て鷲のブログで支配されているから参考にしてほしい。



★米国の新聞社上位100社が反トランプであり、日本のテレビや既成マスコミに出る識者?でトランプを支持する者は一人もいない。世界の著名人でトランプが勝つ!と言っているのはマイケルムーアのみである。いかに誰もが時代を「読む」ことができない証拠である。



★鷲は「シンボルと暗号の解読」が専門であるが、間違いなく次の米大統領はトランプである。ヒラリーが勝利するには不正選挙しかないが、それも通用しないだろう。太陽神が裏から表に出てきているからだ。



★2011年3月11日13時代に都議会で豊洲移転派と反豊洲移転派の戦いがあったが、63票VS62票のわずか1票差で豊洲移転派が勝った。しかし、今、それが大問題となり、豊洲移転は白紙撤回になる見込みである。そのレベルと同じ戦い、それ以上、なのが、今回のトランプVSヒラリーである。



★この戦いの本質はナチスVSユダヤの戦いであるから。ナチスは太陽神側に居る。ユダヤは人間側にいる。ナチスは数字の≪ 9 ≫であるが、ユダヤは数字の≪ 6 ≫である。さて、今の世界の人々はナチスが極悪というユダヤ思想にいまだに洗脳されている。



★しかし鷲はとっくにその洗脳は解けているのだ。ナチスヒトラーこそが≪ 13Q ≫である!また満州国であり、関東軍であり、鬼三郎であるのだ。時代はナチスヒトラーの蘇り。それはフィリピンの大統領のロドリゴドゥテレテの言葉で開始され、彼に追随する世界のリーダーは多く出てくるだろう。



★ユダヤの代表のヒラリーは必ず負ける。次の米大統領はトランプである。そしてトランプの正体はナチスであり、バアル教の鬼の子であるのだ!



ーーーーーーーーーーーーーーーー


補足


★オバマとヒラリーが共和党でトランプが民主党だと思って書いてきたが、オバマとヒラリーは民主党だったwww、でトランプは共和党だったな。それはどうでも良いこと。大事なことは

 オバマとヒラリーはユダヤである

 トランプはナチスである



★政党なんかはどうでも良い。トランプは共和党に属するが共和党では異端の人物である。政党とは人々を騙す惑わしにすぎない。本質はナチスか?ユダヤか?ということ。で、ナチスのトランプが勝利するであろう!その結論は変わらない。







[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-07 10:24 | Comments(0)

ノーベル賞の暗号




★湯川秀樹がノーベル賞を取ったのは物理学賞であった。そして今回の大隅名誉教授はノーベル医学賞である。湯川秀樹がノーベル物理学賞を取ったことと、広島と長崎に原爆が落ちたことは関係があるだろう。



★また3人に1人が癌治療で死ぬ現在の日本で、大隅名誉教授のオートファジー理論が癌治療に役立つと言われているが、なにやら≪ 現在の黙示録 ≫のような気がする。



★原爆が広島と長崎に落ちた後に、湯川秀樹がノーベル物理学賞を獲得して、3人に1人が癌治療で死ぬ時に大隅名誉教授がノーベル医学賞を受賞する。ノーベル賞とは現在の≪ 六殺し ≫のやり方のヒントを日本人に与えているような感じがする。



★テレビの影響でノーベル賞を取った!凄い!というミーハ―的な感覚を持っている者は多いのかもしれない?しかし、ノーベル賞が日本人を「殺す方法」を暗示しているように思えるし、ノーベル賞にはもっと深い意味があると鷲はみている。ノーベル賞を騒ぐわりに、ノーベル賞の本当の意味は誰も知らないのでは?しかし太陽神からの暗号は誰もが知っているところに現れるもの。その辺のところを考え書いていきます。







1、ノーベル賞の暗号


★ノーベル賞には表と裏の意味がある。表の意味は「日本人がノーベル賞をとった凄い!」という例のあれ。しかし裏の意味は「これが今の日本人を殺す方法です!」という宣言である。



★大隅名誉教授の医学賞は癌治療に彼のオートファジー理論が役立つから!だという。しかし癌治療と称して健康な人間を殺しているのが現代の医学治療である。大隅名誉教授の医学賞の本当の意味は「これからも癌治療で日本人を殺していきます賞」ではなかろうか?



★日本は世界で初めて原爆を投下され、日本列島には原発が54基もある。原爆も原発も物理学の力で創られたものである。原爆も原発も日本人を殺すために創られた?とも言って良いのでは。原発の表の存在理由は電力だが。



★暗号とは最初、わけのわからない存在として我々の目の前にやってくる。ノーベル賞の理論も殆どの者たちには「わけのわからん理論」である。しかしだんだんと解って来る時がある。



★オートファジー理論もだんだんと解って来るかもしれない。しかし、鷲には大隅名誉教授の医学賞の受賞は、「これからも日本人を癌治療で殺していきます。現代の六殺しは癌治療です!」という日本人への太陽神からの公然のメッセージに思えてくる。



★さて、もう一度考えよう。物理学は原爆と原発を創った。原爆と原発は人間を殺すためのものである。原発は電力のためだと言っているが、それはウソだ。そしてノーベル医学賞は癌治療に役立つ!という。しかし健康な3人に1人が癌治療で死ぬのが現実である。ノーベル医学賞とは、癌治療という現代の≪ 六殺し ≫の方法を明らかにしたとは思えないだろうか?



ノーベル賞とは≪ 六殺し ≫の方法を公然と見せる太陽神からの暗号だったのである!








2、太陽神の暗号は常に、一番、表に出てくる!


★夏は高校野球、そして年六場所の大相撲。これは日本人に与えた太陽神からの≪ 教え ≫である。太陽神は常にシンボルで教えている。ユダヤ教の旧約聖書の言葉を応用して言えば、≪ 太陽神は常に偶像で教える ≫のである。



★今、日本で最大の話題の豊洲大騒動は太陽神からの教えがあるから誰もが見ているわけで、人間が興味があることは、常に太陽神が隠れている。隠れているわけでもないが、言葉では教えないから、隠れているように感じるだけだ。太陽神の通訳が出て来て初めて言葉で発する。ヒトラーは太陽神の通訳であった。



★村上春樹は必ず、ノーベル文学賞を取るか?と話題になる。彼と鷲は関係がある。それは彼の「1Q84」という作品である。鷲は「13Q」であるが、村上春樹は「1Q84」。1+8+4は13であるからね。「13Q」の別の言い方が「1Q84」であるから。



★日本の売文家のトップは村上春樹。そして日本のブロガーのトップは「13Q」である。とは誰も思っていないが、実は、それが真実だと鷲は思っている。しかし鷲は毎日文章をネットで書いているが、売文家ではない。村上春樹は売文家だが。鷲の勝ちだ!www



★売文家はダンテの神曲の地獄偏では地獄の8段目に落ちる者たちである。精神をカネで売る人種に売文家の作家が入って来る。鷲はダンテの神曲の世界を知っている。精神をカネで売る者は肉体をカネで売る売春婦よりも下になるのだ。



★ダンテの神曲はパーフェクトではないけれども、その点は当たっていると鷲は思っている。芥川賞作家の石原慎太郎の最後は、カネのために魂を悪魔に売っての豊洲移転を推進しての大転落だったし、三島由紀夫は英国が創った現人神天皇を見抜く知性はなく、彼の最後の「天皇陛下万歳」の切腹は犬死にすぎなかった。



★戦後、売文家たち(小説家)の頂点がこの程度だ。鷲は毎日、ネットで文章を書いているが、売文家ではない。そして常に太陽神を意識する者である。



★さて、結論を書こう。鷲は「13Q」である。村上春樹は「1Q84」である。実はインスピレーションは同じ太陽神から来る。しかし鷲は売文家ではない。村上春樹は売文家である。さて、鷲である「13Q」と村上春樹である「1Q84」はどちらが歴史に残る文章を書くだろうか?それは「13Q」の方だと鷲は思っているwwwwwwww






[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-06 05:11 | Comments(0)

3,11ミステリー ~ 田中角栄で見えてくる豊洲移転と東日本大震災の関係!





★豊洲移転が都議会で決まったのは、2011年3月11日で、時間は13時何分?であった。豊洲移転派が63票で、豊洲移転反対派が62票。なんと1票差である。そして2011年3月11日14時46分頃に東日本大震災が起きる。二つの事件の時間差は1時間ちょっとだけである。


★これには不思議なことを感じる。もしかしたら?豊洲移転派が1票差で勝利したから、鬼(カミ)が怒って東日本大震災をやったのだろうか?そして不思議な人物は当時の都議であった花輪智史氏。民主党の豊洲移転反対派のリーダーだったのに、金でも貰ったのか?一番大事なところで、民主党を辞めて、豊洲移転派に変わってしまい、その結果が63票vs62票で、豊洲移転派の勝利だ。花輪都議一人が移転派に変わったから豊洲移転が決定したのだ。


★2011年3月11日の午後に起きた二つの大事件。豊洲移転決定!と東日本大震災の関係を深く掘って考え書いていきます。











1、カネのために魂を悪魔に売ると大災害が起きる?


★2011年3月11日の現実に起きたドラマは凄いものである。東日本大震災は2011年3月11日の14時46分頃。この14時46分頃という時刻はSF小説の小松左京著「日本沈没」での日本沈没が始まる時刻とほぼ同じ。そして2011年3月11日13時何分(正確には解らないが13時代)に、都議会で63票VS62票で築地市場の豊洲移転が決定する。


 築地市場の豊洲移転の決定 ☛ 2011年3月11日13時何分

 東日本大震災 ☛ 2011年3月11日14時46分頃



★上の二つの大事件は因果関係があるのか?ありそうである。しかしその関係をハッキリさせることは当然難しい。しかし世界には偶然というものは存在しない。この二つの大事件は非常に深く関係しているだろう。



★築地市場が豊洲市場に移転を決定する投票は63票VS62票で決まった。たった1票差。しかもその大事な1票と投じた人物は、ずっと反豊洲移転派の民主党都議であった。しかし投票の直前に行方不明となり、2011年3月11日の投票日に豊洲移転推進派の自民党の都議に守られて、豊洲移転賛成に1票と投じたのである。



★これは映画に必ずなるドラマである。普通に考えて、花輪智史都議はカネで移転反対派を裏切った!と誰もが考える。ネットでは全てそのような論調であり、それほど難解な問題ではない。日本人の殆どはカネのために生きているし、殆どがカネで転ぶ日本人ばっかりだからだ。



★築地市場が豊洲移転に決定した、その1時間ちょっとの後、東日本大震災が起こる。それはなぜだろうか?人間がカネのために悪魔に魂を売ると、宇宙が反応して、大震災が起きる法則でもあるのだろうか?あるかもしれない。あるかもしれない!?ということで、今は思考が止まるしかないが。



★魂とは我々の内部の太陽神である。カネのために魂を売るとは、太陽神を裏切ることである。欧米の伝説ではカネのために魂を悪魔に売った者は永遠の地獄に落ちるというもの。それは伝説ではなく本当のことのように思われる。



★花輪智史元都議は「カネのために魂を悪魔に売るか?」の選択に迫られた。そして「カネのために魂を悪魔に売った!」のである。彼が豊洲移転の反対派から賛成派に変わったから豊洲移転が決定した。そして、今、花輪議員はどうなったのか?議員ではなくなった。内田茂都議の世話で就職したとネットでは書かれているが、真実は解らない。また区議選挙には石原慎太郎の応援があったのに落選した。



★ネット情報を見る限りは、花輪氏は行方知らずとなり、転落しているように思える。裏切り議員とネット記事には多くの人々が語っているし。









2、太陽系と社会の二重構造の中で人間は生きる




★花輪議員ばかりがカネのために悪魔に魂を売ったわけでなく、豊洲移転推進派の自民党都議の内田茂や石原都知事など、推進派都議たちはカネのために悪魔に魂を売った者たちの集団である。東京ガス跡地という超重金属汚染地帯で魚屋をやればどうなるのか?重金属汚染魚を食べた都民から水俣病ような病気が起きる可能性はかなりある。



★明治からの日本の社会に入門することは数字の≪ 6 ≫の世界に入ることである。戦前は≪ ウソ神の天皇 ≫を信じる社会であり、戦後の日本社会は≪ 神であるカネ ≫を信じる社会である。戦後の日本社会に適応するとはカネを神として崇拝することになる。そして数字の≪ 9 ≫は全く姿を消している。そして誰もが≪ 6 ≫である自分に気づかない。



★そして最後は、カフカの「審判」の主人公のように犬のように殺される!か?、「変身」のように毒虫となって家族に捨てられるのである。



★戦前は現人神の天皇を信じて多くの日本人は死んで行ったが、戦後はカネを信じて多くの日本人が死んでいく。カネを得るためなら、多くの都民が死んでも超重金属汚染地帯で汚染魚を売る!超重金属汚染市場を豊洲で創るという考えで、豊洲推進派はやってきた。しかし、今、実体が解り、太陽神から裁かれ始めた!ということである。



★我々にとっては太陽系と社会のどっちが近いだろうか?実は太陽系の方が近いのである。引き籠りになる者の原因は6で止まる666社会を拒否しているからだ。666社会に汚染されることを拒否している。



★666とは≪ 6で止まる人間の社会 ≫ということ。666の数字を悪魔と云うキリスト教徒こそが666の中にいる。ウソの神とウソ書である聖書を信じているからだ。三つ巴は6から9への転換を表現している。6で人間が止まり続けることで腐敗が始まり、六殺しの黒い力がかかって来る。



★≪ 六殺し ≫の観点から考えると、東京都民の多くが数字の≪ 六止まり ≫の人間なので、豊洲の超重金属汚染地帯で魚屋が始まり、いずれ、多くの都民が重金属汚染魚を食べて、死んでいく、≪ 六殺し ≫の黒い力が働いた!と考える!








3、田中角栄で見えてくる豊洲移転と東日本大震災の関係







★2011年3月11日の13時何分に都議会で豊洲移転が決定し、2011年3月11日の14時46分頃に東日本大震災が起きた。この二つの大事件を考えた時、ある一人の人物を鷲は思い浮かべた。それは田中角栄である。



★東日本大震災が起きたのは東北であり、かつての東北王国の王様は田中角栄。そして角栄の一番弟子が小沢一郎だが、彼は岩手選出の代議士なのに、東日本大震災が起きてからの1年間、何も東北の救済活動をしなかった。それゆえに実質的な小沢一郎の政治生命は終わってしまったのである。これも不思議な現象であった。



★田中角栄の政治こそが、いろいろな名目をつけて政治力で土建工事の仕事を創りだしスーパーゼネコンが大儲けさせる!というやり方。それを受け継いだのが、石原慎太郎の土建都政であった。戦後の土建政治家の元祖が田中角栄であり、田中角栄を尊敬し土建政治を継続したのが石原慎太郎。石原都政の豊洲移転と東日本大震災の繋がりは田中角栄にあった。



★築地市場の豊洲移転を根本から考えると1973年の田中角栄の「日本列島改造論」にぶち当たる。その「日本列島改造論」の流れから汐留を中心に、芝、芝浦、銀座、築地までの350ヘクタールを開発する「東京都臨海地域開発計画」ができた。

築地市場の豊洲移転までの経過は、

1973年 東京都臨海地域開発計画(田中角栄の日本列島改造論の流れからくる)
1976年 田中角栄逮捕で中止
1979年 東京都臨海開発研究会
1986年 臨海副都心開発が始まる
1997年 築地移転の声が出始める
2001年 石原都政で築地市場を豊洲移転で東京都と東京ガスで合意
2011年3月11日 石原都政の都議会で豊洲移転が63票VS62票で決定する



★石原慎太郎、内田茂、自民都議、公明都議などの発想は、田中角栄からくる土建政治である。田中角栄の土建政治の発想から築地市場を豊洲に移転する!ということになった。2011年3月11日を考えた時、田中角栄という人物で見えてくるものがかなりある。



★さて結論を言えば、2011年3月11日に東日本大災害が起きたのは、太陽神(鬼)が田中角栄のカネの儲けるためゆえの「日本列島改造土建工事」に怒ったためであろう。東日本大震災が東北で起きたのは、田中角栄を支持していたのが東北人であったからだ。また2007年7月16日新潟中越沖地震が起きているが、それも田中角栄の列島改造工事に太陽神が怒ったために起きたと鷲は直観した。また田中角栄の日本列島改造政治を継続して豊洲移転を決定した石原慎太郎と自民党都議として東京都庁も、現在、太陽神に裁かれている最中なのだ!

 2007年7月16日  新潟中越沖地震 M6.8

 2011年3月11日  東日本大震災  M9

 2016年10月    石原都政がマスコミを中心に裁かれている最中



★新潟中越沖地震はM6,8。田中角栄の出身地は柏崎市だが、柏崎市には柏崎刈羽原発があり、2007年7月16日の新潟中越沖地震の時、6,8の地震が柏崎刈羽原発を直撃した。幸いにしてなんでもなかったが、田中角栄の出身地の原発を襲ったことで、この地震は田中角栄の日本列島改造工事という悪業のたあだと鷲は思っていた。







4、豊洲移転と東日本大震災の呪いの原因は田中角栄の日本列島改造論にある!


★田中角栄の日本列島改造はいまだに現代日本で生きている。日本列島改造の仕事は「呪われた行為」であった!そして角栄の列島改造によって我々は大被害をいまだに受け続けている。2007年7月16日の新潟中越沖地震、2011年3月11日の東日本大震災、そして2016年10月の豊洲移転騒動は、田中角栄の日本列島改造思想が継続され、大地を金のために工事したために「呪われた」から起きたものだと鷲は感じる。



★2011年3月11日に花輪智史氏が豊洲移転反対派から豊洲移転賛成に変わったのは「カネのために魂を悪魔に売ったため」だと鷲は思っている。そして田中角栄こそが戦後の日本で「カネのために悪魔に魂を売った者の典型的な人物」であった。石原慎太郎も自民党都議たちも公明党の都議たちも、カネのために魂を悪魔に売ったから豊洲移転を推進した。



★そして、今、豊洲移転を推進した者たち全員が呪われている。「呪い」に勝てる人間はいない。その黒い力は太陽神からの≪ 六殺し ≫の力だから。カネのために大地を改造する行為こそが「呪われる」ことの原因であったのだ。



★田中角栄は総理になった時、すぐに中国に行った。そして当時の3000億の日本のおカネを中国にくれてやったが、その1割の300億を自分の懐に入れた。しかし中国に開発援助の名目でカネを渡しても、そのカネは中国共産党の幹部の懐に入っただけで、日中友好とは全く関係なく、中国の反日運動は変わらなかった。



★なんのことはない、田中角栄の日中友好とは田中角栄と中国共産党の幹部の懐を温めただけのことであった。カネ、カネ、カネの田中角栄はカネの力で日本の政治を操り、闇将軍と言われたが晩年は不遇で生涯を終えた。しかし角栄のやった仕事がいまだに呪われ、その呪いは続き、彼を支持した東北人たちは、2007年7月16日の新潟中越沖地震と2011年3月11日の東日本大震災で大被害を受けた。そして田中角栄を尊敬して土建政治を東京で継承し豊洲移転をした石原慎太郎は極悪人だと日本中から、今、言われている。



★田中角栄の列島改造論と大地震の関係は証明されることは難しいが、田中角栄の出身地の柏崎市の柏崎刈羽原発に2007年7月16日にM6,8の大地震が直撃したことで気づかねばならない。また2011年3月11日14時46分の東日本大震災は田中角栄の日本列島改造論を支持した東北の者たちへの太陽神からの怒りの反撃だと鷲は直観している。



★2011年3月11日13時何分に都議会で63票VS62票で豊洲移転が決定し、2011年3月11日14時46分に東日本大震災が起きた。この2つの大事件は田中角栄の日本列島改造論の仕事に深く関係している。東日本大震災は角栄を支持した東北人への太陽神の怒り!であり、そして2011年3月11日の豊洲移転決定は石原都政の田中角栄の列島改造の継続の結果であった。しかし豊洲移転は2016年10月の、今、太陽神に裁かれている最中なのである!


ーーーーーーーーーーーーーー

補足


★人間は太陽系と社会の二つの世界に所属しているが、殆どの人間は社会しか見えない。社会はカネが全てである。しかし太陽系にはカネは通用しない。田中角栄は総理大臣にまでなったが、カネしか見えなかった。



★田中角栄の日本列島改造論はカネのために日本列島を工事することだが、そのようなことをやっていたから、田中角栄の故郷の柏崎刈羽原発にM6,8の地震が襲ったし、田中角栄を支持した東北の者たちにM9の東日本大震災が襲った。



★また田中角栄を天才だと褒める石原慎太郎の政治とは田中角栄と同じく、なんらかの名目を創っての土建工事によってカネ儲けが目的である。東京五輪も豊洲移転も土建工事によるカネ儲けが目的だった。



★しかしカネ儲けのための自然界を破壊する工事に太陽神は怒ったのだろう。それが現在の豊洲大騒動である。石原慎太郎都政の土建工事に関わった、政治家や土建業者や都庁職員は全て裁かれるだろう。太陽神によって。



★人間は太陽系から逃れることはできない。太陽神から逃れることはできない。太陽神は我々の中の魂である。カネを取るか?魂を取るか?2011年3月11日13時の都議会での投票は63票VS62票で豊洲移転に決定した。



★それはカネのための魂を悪魔に売った花輪智史都議が豊洲移転に賛成したからだ。しかし、今、豊洲移転に賛成した全ての者たちが太陽神に裁かれているのだ。この豊洲移転大騒動は実に日本人に教訓を残した。太陽系と社会の二つの世界に所属している人間は、カネを取るか、太陽神に従うか?二つの選択に迫られる。カネを取ったらどうなるのか?それを示した大騒動であるのだ。東日本大震災の原因は、カネのための悪魔に魂を売った、田中角栄の日本列島改造の土建工事だったのだ!












[PR]

by xuzu9851 | 2016-10-02 16:14 | Comments(0)