サーティンキュー

<   2017年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧


北朝鮮のミサイルで東京の地下鉄が一時的に止まる!






★トランプは自国第一主義を掲げて、他国への干渉はしないと発言して米大統領になったが、トランプ政権のナチスのバノンが降格して、娘婿のユダヤ教徒のクシュナーが現在、主導権を握り、再び、戦争経済の米国に戻ったようだ。



★鷲は反戦平和主義ではない。反戦平和主義という言葉は米国ユダヤのOSS(戦略情報局)が日本人に与えたチョコレートだと思っているからだ。OSS憲法の発想から完全に鷲は離脱している。洗脳から解脱したということ。



★そして戦争は必要なのだ!とも思っている。人間になった目的は解らない者たちの比率として多くなり、バランス的に崩れた時、戦争や大地震や経済恐慌やあらゆる災害で数字の【 6 】を殺してしまうのが鬼(カミ)だと学んだからだ。六殺しは9の誕生のためには必要である!と学んだ!



★日本人は「 反戦平和 」という熟語で思考停止している。しかし戦争を一から考え直すべきである。反戦平和はけして善ではない。そして「愛とピース」のオノヨーコも今は幻覚型認知症である。この事実に向き合うべきである。「愛とピース」を唱えても最後は認知症。日本人は、あらゆる角度から真実を探求すべきである。



★さて昨日の4月29日、東京メトロで、北朝鮮のミサイルのために地下鉄が一時的に止まった。もちろん日本人集団は平和ボケなので危機感は全くないが、一時的に地下鉄が止まるほど北朝鮮のミサイルは身近になっている。今の状況を、鷲なりに考えて書いていきます。







1、現在の状況




★ユダヤ教徒であるクシュナーから見れば、北朝鮮に古い空母カールビンソンに一発攻撃させて戦争開始!したいところだろう。山本五十六に真珠湾の空母を攻撃させて太平洋戦争に持っていったように。



★しかしあれだけ近くに空母カールビンソンが来ているにもかかわらず、北朝鮮はミサイル打ち上げの失敗とか、なんだかわからんことをやっている。つまり「 先制攻撃 」を北朝鮮も米国も避けているから、今の睨みあいの状況になっているわけ。



★「 先制攻撃 」を仕掛けた方が負ける。鷲は閃いた。これはベールを脱いだ女神から来た、鷲へのインスピレーションである。北朝鮮とは何者だろうか?かつてのソ連や中国のような共産主義国家か?満州国の再来か?鷲は共産主義国家に偽装した満州国が北朝鮮の正体だと見ている。



★北朝鮮が金策(キムチェク)、つまり黒龍会の日本人の畑中理(ハタナカオサム)が建国した国だとネットで最初に書いたのが鷲である。その後、中丸薫がマネして畑中理が北朝鮮を建国し、彼は日本陸軍出身とか言っていたがw、大事なことは、畑中理の所属していた黒龍会とは【 大アジア主義 」という精神だっということ。



★鷲はマスコミに出てくる北朝鮮解説者を鷲は全く信用してない。あれらはCIAである。CIAの前身がOSS。アジア分断の戦略がOSSであり、CIAであるのだ。満州国を建国したのは石原莞爾だが、満州国の建国の約10年前に基礎を創ったのは出口鬼三郎である。



★鬼三郎は関東軍が満州国を建国する約10年前にモンゴルへ鬼行で行っている。その意味を鬼三郎にも正確には解らなかったが、出口鬼三郎は鬼に従う者である【 九鬼(クカミ) 」だから刑務所を出所して、直ぐにモンゴルに行ったのである。



★欧米世界の政治構造を簡単に言えば【 ナチスVSユダヤ 】である。ナチスとは旧約聖書が否定した太陽神バアル崇拝であり、バアル教が実は、古代の世界教であったのだ。これを知ると現代の宗教学者を超えることが出来るだろう。全ての学者は御用学者という知識のニセモノ!そのように鷲は理解している。



★で、現在の状況は何か?北朝鮮と米国のどっちが【 先制攻撃 】をするか?の睨みあい!の状況。ハッキリ言えることは【 鬼にはユダヤは勝てない 】。北朝鮮が鬼側であるなら、正統ユダヤ教徒のクシュナーの米国は敗北するだろう。








2、戦争は情報戦である! ~ ベールを脱いだ女神が全てを明かす!




★北朝鮮の「乱数放送」とかをみていると、戦争は情報戦、そして暗号による戦いであることが解る。また戦争は奴隷解放の面がある。今の日本人的に見れば、戦後72年間は第一にOSS憲法の自由・平等・人権・反戦平和、という熟語を盲目的に崇拝した精神的な奴隷であったし、現実的に肉体は、学校や会社の奴隷とならねば生きていけない状況である。



★日本という国は、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちたことで解るように、時の最先端の科学兵器を落とされる運命の国である。しかし原爆が落ちた土地を考えると、ザビエルの時からの日本侵略のイエズス会の聖地の広島と長崎に落ちていることで、鬼のメッセージが解って来る。



★安部ちゃん夫妻がこの大事な時に、ロシアに行って、英国に行った、ことは何を意味するのだろうか?EU離脱の英国、マリーヌルペンの師であるプーチンのロシアに行ったことは、安部ちゃんもイエズス会カルトの日本会議を卒業して、満州国精神に戻ったのだろうか?



★安部ちゃんがユダヤを卒業して、ナチスに成れば、まだ総理でやっていけるかもしれない。岸信介の満州国に安部ちゃんは戻るべきだ。今の時はナチスが隆盛してユダヤが沈む時だからだ。ナチスとはバアル教であり、バアル教の反動がユダヤ教。そのように鷲は理解している。この理解はオリジナルであるのだ。鹿島昇の説を参考にして閃いた鷲独自のオリジナル。



★鷲の云うイエズス会カルト信者とは、

 1、OSS憲法を信じている者たち

 2、カネが全てだと思っている者たち

 3、ウソの神を信じている者たち(例を言えば日本会議)

 のこと。



★さて、北朝鮮VS米国は、将棋で言えば【 長考 】に入ってきた。我々も人生を一から考え直す【 長考 】に入ってなければならない。鷲にとっては、ナチスヒトラーは善という前提でずっと書いている。ナチスヒトラーが悪という洗脳はとっくに卒業しているのである。



★人間になった目的は【 九鬼(クカミ) 】に成ること。九鬼(クカミ)は四国の隣が九州という地名ということで、日本人にメッセージを与え続けているが、そのメッセージを受取ることのできる者は、真剣な真実の探求者のみで、ベールを脱いだ女神から愛された者だけが受け取れる。





 完



by xuzu9851 | 2017-04-30 16:55 | Comments(0)

暗号の時代の始り! ~ 北朝鮮の乱数放送が意味するものは!?








★戦争は暗号の世界である。北朝鮮の乱数放送よって世界は暗号の時代に入った。暗号を解ける者が今の「 時 」が解り、生きる意味が解る。実は全ては暗号だったのだ。ダビンチのモナリザの絵も、ミケランジェロのモーセ像も、相撲も、高校野球も、鏡餅も、布袋様や狸の置物の妊娠腹も。



★どうして日本人は暗号を解けなくなったのか?洗脳されているからである。暗号の解けない親に、暗号の解けない友人に、暗号の解けない学校の教師に、暗号の解けない会社の社長に、暗号の解けないお笑い芸人に影響されているから、日本人の殆どは暗号を解けない。



★鬼は世界の意味、そして生きる意味を、暗号で全てを教えているのだ。暗号とシンボル、そのいつもの鷲のテーマを書いていきます。





1、暗号は永遠の秘密ではない





★古代から現代のインターネット世界まで、非常に重要なことは暗号化されて伝えられてきた。暗号は特定の者だけへの伝言である。またはその暗号を解読できる選ばれた者たちへの伝言である。世界は暗号で満ちている。暗号を解読できない者は非常に狭い世界で生きてる。暗号を解読できない者は本当の世界を知らない。



★4月30日、というこの日付も暗号である。この日付の中に月と日がある。これは内なる太陽と月を合体をせよ!というメッセージなのだ。月は白い月で鏡餅では白い二枚の餅で表現され、日である太陽はミカンで表現される。



★人間の5つの要素は、太陽(魂)・白い月(霊)・月の裏側(エゴ)・運命・地球(肉体)だが、4月30日という日付の中の月と日で、太陽(魂)と白い月(霊)を合体させよ!という暗号によるメッセージがあるのだ。暗号だとは誰も思ってないが。



★シンボルや記号は暗号か?暗号であるが意味を知り理解できる者にとっては暗号ではなくなる。数字の1や2の意味を知る者、〇と✖の意味を知る者には、記号は暗号ではない。記号には宇宙的な意味がある。シンボルや記号の本当の意味を知るには、鬼の世界、神々の世界に参入しなければならない。その記号には超高度な意味がある。




★暗号、シンボル、記号の意味を知るには、

 1、閃き

 2、毎日の情報の収集

 この2点が重要である。



★AIは人間より遥かに情報集積はできるだろうが、【 閃き 】はできない。【 閃き 】が出来るAIが開発されれば、それは人間以上になってしまう。AIは情報集積のみで終わるだろうと鷲は見る。



★暗号、シンボル、記号の意味が解る者が数字の【 8 】のベールを脱いだ女神の世界に参入した者である。宇宙的な知識であるグノーシスを得た者。暗号は永遠の秘密ではない。解読しようとする日々の努力と閃きで、暗号解読の扉が開くのである。努力しないで年齢が経過すれば自然に解るということはない。日々の正確な知識の集積と閃きで、あらゆる暗号を解読できるのである。








2、暗号解読と数字の【 8 】




★北朝鮮の乱数放送は「823ページ69号、467ページ92号、957ページ100号」というものだが、知らない者にはチンプンカンプンだが、特定の者(北朝鮮スパイ)に対する暗号である。これは日常的に誰もが体験している暗号で、その組織の者だけが解る暗号でレベルの高いものではない。



★それとは別に全人類的な暗号というものがある。それがエジプトのピラミッドやマヤのピラミッドやダビンチの絵や将棋やチェスや囲碁や鏡餅や門松や大晦日やお正月の縁起物である。この日本の日常に中にある縁起物の意味を正確に理解できて数字の【 8 】のグノーシスの世界に参入できる。



★今の日本人は日常の生活で必ず見るシンボルが全く解ってない。それゆえに日本の中のシンボルを正確に解読する者は数字の【 8 】に参入のチャンスと言える。なぜなら誰もが知ること、または、過去に解読された暗号の解読は【 8 】の世界への参入にはならないからだ。自分だけの知力で解読する時に、ベールを脱いだ女神が「 閃き 」という現象で現れるからだ。数字の2、8、11が女神の世界である。知識は女神から受け取る。



★今の日本にあるシンボルを正確に解読できれば、この宇宙の真の構造が見えてくるし、人間としての真の生きる目的がはっきりと解る。しかしシンボルが見えなければ何も解らない。何も解らないからカネ儲けだけの人生となり、最後は、魂(太陽)と霊(白い月)を失い、エゴと肉体だけの老人となって終わりとなる。その例は今の日本ではあまりにも多い。



★市役所に行って受付番号214番を貰う。それも鬼から来た貴方へのメッセージ(暗号)であるのだ。それを解読できるレベルまで行けば、全て見えている!ということ。しかし殆どの日本人は何も見えないまんま人間としての寿命が来て終わりとなるのだ。







 完



by xuzu9851 | 2017-04-29 23:20 | Comments(0)

平和は人間をダメにする!戦争は善である!






★別に日本人が心から望んで「反戦平和主義」の国になったわけではない。ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落とされて、戦略情報局(OSS)が日本人を反戦平和憲法で調教した結果の反戦平和主義である。



★反戦平和主義というのはキリスト教の「愛」の別バージョン。OSS憲法を信仰している者のレベルはキリスト教徒と同じ。それはキリスト教愛心高校のシールズたちの存在で証明された。ならば最後は殉教死であろう。ウソの神、ウソの言葉にために殉教死するのがイエズス会信者を代表とするキリスト教徒であるから。



★平和大国日本の現実は老人地獄。太陽(魂)と白い月(霊)の抜け殻になったエゴと肉体のみの老人は生きるに値しない存在である。老人地獄の現実を見るにつけ、OSS憲法は偽善であると解る。一度は日本会議・憲法に変えた方が良いかもしれない。



★表を信じると恐ろしい現実となる。戦前は現人神天皇のために殉教死、戦後は老人地獄。戦争になれば日本が一番の打撃を受けるだろう。あの54基の原発もあるし。しかし日本の現実の一番の解決法は戦争しかない。



★太陽(魂)と白い月(霊)を失った人間ほど哀れな存在はない。これから戦争になるにしろ、我々の一番に求めるものは内なる太陽(魂)と白い月(霊)でなければならない。その辺を書いていきます。







1、オノヨーコは幻覚型認知症となりました!








★週刊新潮の平成29年5月4,11日号の特集記事に「オノ・ヨーコの幻覚型認知症」という記事がある。84歳にもなれば全員が認知症となると思っている人もいるが、鷲の母親を見ているかぎりは、それは錯覚であり、肉体も意識もしっかりしている80代という存在もある。



★オノヨーコもジョンレノンも鷲から見ればキリスト教徒である。彼らの「愛と平和」というフレーズこそがキリスト教徒そのものである。ビートルズの宗教性の正体はキリスト教だということ。ならば鬼道でありグノーシスの鷲にとっては否定すべき存在が、オノヨーコでありジョンレノンである。



★いかに大金持ちになっても「ボケや認知症となり、人間でなくなればカネは無価値」である。老人で一番哀れだと感じる存在は、カネしか頭にない老人である。彼らは何も解らないが「なんでも知っている」と思っているしw、カネが全てという宗教信者www PCもネットもできないのに。自己過剰防衛で全てを乗り切っているが、現実は、病弱であり臭く、誰からもバカにされている存在である。



★鷲の云うキリスト教の幅は広い。オノヨーコとジョンレンノンはキリスト教徒である。つまりウソの神を信じ、ウソの言葉を信じ、ウソの言葉を発する人間。ボケて認知症になるのは当然である。



★反トランプ集会にオノヨーコが参加していたそうだが、時は常に変わっていくということを彼女は理解することは無理だったのだろう。いつまで経っても「 愛と平和 」が正義なわけではない。戦争の反動の言葉が「 愛と平和 」だが、実は戦争は必要であり善であるのだ。ダメ人間の浄化という意味で。



★同じアキアキしたフレーズを繰返すキリスト教徒は必ずボケる。しかしグノーシス主義者はボケない。ボケたグノーシス主義者は存在しない。毎日が発見の連続であるから。そしてキリスト教徒のオノヨーコがボケるのは当然のことなのだ。なにもかもが間違っていたから。







2、シンボルが解読できないとユダヤ地獄に堕ちる!




★ニコラス・グリフィン著「ピンポン外交の陰にいたスパイ」という本を今日は読んでいた。国際卓球連盟初代会長のアイバーモンタギュー、毛沢東、周恩来、世界チャンピオン荘則棟、中国卓球選手と共産主義思想の関係などを書いた本である。



★この本で再度確認したが中国で起きた文化革命とは大地獄だったと解る。抜け道がない蟻地獄。金持ち、大地主、工場長、校長、中国共産党幹部など「あらゆる上の者たちがこ紅衛兵の少年たちに吊し上げられた事実」が書かれているが、これは人間としての超極限の屈辱である。年下の何万人(何百人?)に囲まれて、土下座して殴られながら自己批判しなければならない状況。想像力の限界が必要である。



★共産主義とはユダヤ製である。日本人が信じている民主主義・自由・平等・人権・反戦平和主義などもユダヤ産(OSS産)であり、その単語を並べてみると共産主義思想だと解る。



★清が英国に亡ぼされて、戦後、OSS(米国情報戦略局)が中国を共産主義国家とするわけだが、中国人は1949年10月の建国以来、ずっと地獄の中にいる。鷲がイメージするに毛沢東中国とは創価学会の全盛期をもっと極悪化したようなものだろう。共産主義とは無神論のカルトである。



★いまだに中国は様々なことを隠している。毛沢東がどれほどの中国人を殺したのか?それをこれからじっくりと鷲は調査したいと思っている。ユダヤ思想は3つある

 1、カルト(ウソの神を信じる)

 2、サヨク(平等を信じるが、実はカリスマ個人を絶対視する)

 3、拝金(カネを神のように信じる)



★米ソの冷戦とはカネ儲け主義(資本主義)と共産主義の戦いであったのだが、資本主義も共産主義もユダヤの双子のバカ息子であったのだ。戦後の日本の奇妙さは、共産主義的な言論の中での金儲け主義(資本主義)。



★真のグノーシス主義者になればシンボルの全ては解読できる。太陽神の教えは、鏡餅に、大晦日や正月の儀式に、将棋や囲碁やタロットやトランプに、神社仏閣に、野球や相撲に、狸や狛犬の置物に、その他、ありとあらゆるところに、太陽神の教えはシンボルになってある。



★シンボルが見えなくなると、ユダヤの妄想の思想に洗脳されるのである。日本はシンボルだらけの国だが、誰もシンボルを正確に解読できない。シンボルが解読できないとユダヤの世界に堕ちていく。今、日本の政治家が裁かれているのは、太陽神と分離しているからだ。今の日本の政治家でシンボルの解読をできる者は誰一人いないからだ。








 完



by xuzu9851 | 2017-04-29 10:31 | Comments(0)

中上健次と沢木耕太郎について








★今、久しぶりに19歳の頃に読んでいた中上健次の「鳥のように獣のように」と、沢木耕太郎の「地の漂流者たち」をチラッと見ている。鷲の19歳の頃は、彼ら二人は鷲にとってはスターであったが、今はそのようには、当然ながら全然思っていない。



★サヨクの時代の若者の知的リーダーだったのが、彼ら二人である。しかし鷲は日本で初めて、ナチスを解読してナチスヒトラー支持である。時代はどんどん変わっていくし、常に新しく学び、白い月の世界の意識にしなければならない。思考停止は老人への転落という破滅の門である。



★芥川賞作家の中上健次は文学を解っていたのだろうか?彼の知識はまとまってない。中上健次とは知識があるような偽装が成功した一時的なカリスマだった。あの1970年代では。マルクス崇拝だし膿~。土方という労働者で芥川賞というのは、マルクス主義的世界が支配していた、あの頃の日本では、今の又吉のように「時代と寝ていた」ということか膿~。中上健次がいたからビーとたけしが出現してきたのだが。



★拝金主義とマルクス主義はどっちが正しいのか?どっちも間違っているが、鷲としてはマルクス主義で今のバカ金持ち成金を六殺し(ロクゴロシ)する方がスカッとする感じwww



★懐かしい、中上健次と沢木耕太郎という作家の正体を、書いていきます。







1、中上健次全発言集




★「中上健次全発言集ⅠとⅡ」という集英社から出ていた本が鷲のバイブルだった時がある。それは19歳から21歳くらいの頃である。この本の内容があの当時で読んだ本で一番深い内容だったと鷲は今も感じているのだ。



★若き中上健次が文学者や歌手や映画監督と対談する本なんだが、今のタレント本とは違う。18歳から5年間、東京で一切の労働はしないで、フーテン生活をしてきたのが中上健次だ。カネは親からの仕送りだけ。やっていることは、ジャズ喫茶に行って、ジャズを聴き、マリワナ、エファドリン、ハイミナール、ドローラン、その他の薬物をやっていたのが18歳から23歳までの若きフーテンの中上健次だったのである。アル中であり重度の薬物中毒の若者だったという立派な方が中上健次先生でしたwww



★フーテン道をキッチリやって芥川賞作家wwwというのが中上健次であったのだ。フーテンやヒッピーという言葉、そしてその意味を日本人は全く忘却してしまったが。つまり中上健次は【 フーテン代表の芥川賞作家 】だったわけ。



★1970年代前半のフーテンもシャーマンだった?かもしれなかった。中上健次を見ていると、そのような感じるがする。1970年代前半の時代。【 男は仕事 】という洗脳を日本人が受けたが、フーテンはその180度逆。一切の労働を拒否する。そしてそのフーテンの中から芥川賞作家の中上健次が誕生したのだ。



★「 男は仕事が命 」で洗脳され、その人生の末路は、老人ホームで虐待されて死ぬ。それが魂(太陽)と霊(白い月)を失った団塊世代の日本人の末路である!その表のスローガンを一切拒否した中上健次の一瞬の栄光は、太陽神がもたらしたものだったと思う。一切の労働を否定したフーテンの一瞬の栄光、それが中上健次だったのである!










2、深夜特急をしても何も見えない




★沢木耕太郎の本の中で一番好きなのは、処女作の「地の漂流者たち」である。その目次には

防人のブルース

この寂しき求道者の群れ

性の戦士

いま、歌はあるか

単独復帰者の悲哀

灰色砂漠の漂流者たち



★自衛隊、アングラ演劇、ピンク映画、歌、沖縄、若者と仕事、1970年代前半の若者の生態を見事に描いている。今考えると、1970年代と今はあんまり変わってない!と感じる。沢木耕太郎が接触していた若者たちは、現在、70歳以上の老人となっている。



★団塊の世代は、若き時は若さの悩みがあり、老人になると深刻な苦悩の時がくる。もっとも認知症やボケれば、悩むこともできなくなるが。団塊の世代とは哀れな存在である。これでは「天皇陛下万歳!」と叫んで死んだ戦前の若者たちの方が、幸福だったかもしれない。



★OSS(米国戦略情報局)が創った戦後日本は、太陽神と分離した国であり、若い時から老人になっても死ぬまで「灰色砂漠の漂流者たちの群れ」である。だから出口は鬼(バアル)しかない!と再確認した。



★魂(太陽神)と霊(白い月)を失った人間は最悪の「夜の果ての旅」を永遠にする。その結果は破滅である。認知症やボケ老人とは破滅した人間の姿だ。沢木耕太郎は現在を生きる人間の生態を描いただけで、常に出口は導かない。だから彼の作品は救いにはならない。しかし現実を知る材料にはなるだろう。



★人間の生きる目的は鏡餅に表現されている。太陽(魂)・白い月(霊)・地球(肉体)の一体化。深夜特急で海外を放浪の旅をしても何も見えてこないが、人間の生きる目的は誰でも知るあの「 鏡餅 」にある!と知る日本人はどれほどいるのか?そして日常にある誰でも知っているシンボルに人間の生きる道があるのだ。深夜特急をしても何も見えてこないのは、沢木耕太郎の現在を見てれば解ることだ。
ーーーーーーーーーーーーー

補足


★中上健次も沢木耕太郎もすでに過去の作家である。中上健次を知ってる若者はあまりいないだろう。彼の本を読んでもつまらんし。しかし中上健次は一時期、ビートたけしが神のように崇めていたカリスマだったのである。ビートたけしの毒舌は中上健次の影響から来るものである。



★注目すべき点は中上健次の18歳から23歳までである。その頃の彼は学校には行かず、しかし実家からかなりの額の仕送りがあり、それでジャズ喫茶に行き、薬物にハマっていた。典型的なダメ若者なんだが、あの当時、フーテンが日本では注目されていたから彼のような存在も許されていたのかもしれない。



★フーテンから時代のカリスマになったのが中上健次で、日本の文化人や世界の文化人と対談していた「日本代表の知識人」に登り詰めた。それにしても若者の時、一切の労働をしないで、学校通いもしないで、薬物中毒に嵌ったダメ若者が異常な出世したことが面白いwww



★フーテンをしていただけに有り余る時間を読書に費やしていた成果であろう。だから19歳の頃の鷲から見て、日本最高の知識人は中上健次だったのだ。恐るべきフーテン。



★それに比べて沢木耕太郎は優等生であった。横浜国大を出て、20歳代の前半でルポライターとして脚光を浴び、深夜特急の大ヒットもあった。しかし鷲の評価では3流作家である。中上健次も3流作家にすぎないが、中上はその当時の評論家の中でトップであった。



★中上健次も沢木耕太郎も忘れ去れたのは、彼らの言論が今は通用しないからだ。当時だけ通用した言論。が、中上健次の方が、フーテンから日本一の知識人に登り詰めた時があったので面白い存在だと鷲は思っている。








 完



by xuzu9851 | 2017-04-28 22:15 | Comments(0)

北朝鮮有事はモンゴルの大王を蘇らす戦いとなる!







★これまで欧米列強は約500年間、アジアを侵略し続けた。日本軍がアジアを侵略したというのは、バカげた都市伝説にすぎない。欧米こそがアジアを侵略し、明治維新とは、山口県人を使った英米の日本侵略であったのだ。またイエズス会は現人神天皇というメシアを創作して、日本人をカルト信者にして、現人神天皇のために殉教死させたのである。



★関東軍の戦いはアジアを侵略したのではなく、欧米に侵略され奴隷にされていたアジア人の奴隷解放と独立のための戦いであったのだ。日本軍のアジア侵略という都市伝説を信じていると、韓国のように鬼に裁かれるのである。



★太平洋戦争とは日米の戦争。それと大東亜戦争は違う。大東亜戦争とは、日本軍を中心としたアジア人の欧米列強からの奴隷解放と独立のための戦いだから。太平洋戦争を深く考えると、日本を支配していたイエズス会世界を破壊するための鬼の裁きだと見えてくる。



★それは最後に原爆がイエズス会の聖地の広島と長崎に落ちたからだ。この暗号を解いた者が誰一人いなかったのは、それを暗号だと認識できた者がいなかったからだ。ノストラダムスの諸世紀10章72番には以下のような謎の言葉が書かれる

 1999年7月

 空から恐怖の大王が降りてくるだろう

 その前後、マルスはアンゴルモアの大王を蘇らすために

 平和の名において支配するだろう



★この詩の中の恐怖の大王とは【 鬼 】であり、アンゴルモアの大王とはモンゴルの大王のことである。かつてナチスの地政学者のハウスホーファーは「モンゴルを制する者が世界を制する」と云った!



★北朝鮮有事は、アンゴルモア大王を蘇らすためのマルスの戦いとなる。満州国とは13年間の清王朝の蘇りだったが、清が蘇る現象がこれから起きてくるだろう。主役は北朝鮮である。そして北朝鮮を動かしているのは、金正恩ではなく、数十人の巫女集団だと鷲は見ている。北朝鮮は異次元から来る鬼のメッセージを巫女たちが受け取り、その鬼言語で動いている。それはナチスと同じ構造だ。その辺を考えて書いていきます。







1、「鬼のお告げ」に北朝鮮は従っている!





★世界を動かしているのは「鬼の云う」ことである。それは個人の人間も同じで、「鬼の云う」ことは【 魂 】という漢字で表現される。ある本に北朝鮮を動かしているのは、数十人の巫女たちである!と書かれていた。しかしそれは古代から現代まで一貫した事実である。



★シャーマンたちが鬼からの「お告げ」を受取る。その「お告げ」を権力者が聞いて正確に実行すれば上手く行くが、その「お告げ」に逆らうと、その権力者は大転落する。朴槿恵の大転落、そして安部ちゃん自民党のこの大転落は、鬼からの「お告げ」を受取ることが出来ないからだ。



★日本会議の自民党がこれほど呪われているのは、「お告げ」から分離しているからだ。そして朴槿恵のあの大転落は、巫女のチェスンシルがカネと物欲に負けて、鬼の「お告げ」を聴くことができなくなったからだ。



★さて「お告げ」は特別な人間であるシャーマンしか聞くことができないのだろうか?そうではない。誰でもその能力はあるはずだ。しかし意識が真剣に鬼に向かい、白い月が与えてくれる深い知識を得ることができないとそれは無理だ。



★ヒトラーはチベットのカードによって「鬼と交流」して、「鬼のお告げ」を聞いて行動していた。ユダヤ人のガス室への強制連行は、「鬼のお告げ」に従った結果だ。鬼は残酷だが、鬼に従う者たちに高度な文明を与える。それは満州国やナチス第三帝国を見れば解ることである。



★北朝鮮は今の世界の主役である。なぜなら北朝鮮は「鬼のお告げ」に従っているからだ。米国はナチスのバノンが降りて、ユダヤ教徒のクシュナーが司令塔となった。これは北朝鮮の勝利となるだろう。「鬼のお告げ」に従う者にユダヤは勝てないからである。







2、北朝鮮は鬼が動かしている!




★今、鬼と結びついている国や人間が勝利するということ。そして鬼と結びついている人間を【 九鬼(クカミ) 】と表現する。四国は数字の4だが、この4は世界の王や太陽神や死神という鬼の意味がある。四国の隣が数字の【 9 】の九州の意味は【 九鬼(クカミ) 】の表現であるのだ。



★キリスト教の神は人間に優しい。どんな人間をも愛で救おうとするようだが、それは人間の創った妄想であり、鬼道の反動で人間の創作で出来たのが、旧約聖書を土台とするユダヤ教とキリスト教である。旧約聖書を土台とする宗教は鬼道の反動の産物であり、ニセモノである。



★今、鬼と結びついてない人間たちが裁かれている。失言する政治家たちの全ては「 鬼から分離している 」。魂から分離している!ということ。これからダメになる国、そして人間とは【 魂と分離している者たち 】。



★戦争、大地震、富士山噴火、あらゆる大災害は、鬼と結びついてないに人間を殺すためである。鬼と結びついてない人間が、数字の【 6 】である。6はロクデナシである。ロクデナシがあんまりにも多くなると戦争が始り、経済大恐慌となり、天地地異が起きて、浄化現象が始まる。



★北朝鮮は鬼と結びついている!と鷲には感じる。数十人の巫女の「お告げ」が北朝鮮を動かしているからだろう。しかし今の米国の司令官はユダヤ教徒のクシュナーだ。ユダヤ教とは鬼であるバアルに逆らって出来たカルト。米国は鬼の国の北朝鮮に負けるだろう!




続く



by xuzu9851 | 2017-04-27 08:50 | Comments(0)

今、広島と長崎にどうして原爆が落ちたのか?が解る!







★毎日、いつ?日本に北朝鮮のミサイルが落ちてくるのか?という状況になっている。しかしこの状況は過去の太平洋戦争の時の終わりと同じだと鷲は見ている。1945年8月に広島と長崎に原爆が落ちたが、今は、広島の隣の山口と長崎に落ちるのでは?という予想がある。その辺を考え書いていきます。






1、鬼(カミ)に裁かれるバカ政治家たち







★今の日本の話題は自民党のバカ政治家の二人の話題で持ち切りウドンw。重婚の中川二世議員と「大地震があっち(東北)で良かった」の今村復興相。この二人かなり重度のバカ政治家であるが、これも「鬼に裁かれている現象」であろう。今の日本会議・自民党は完全に「呪われて」いる。



★この日本会議とは現人神天皇を復活するための明治維新からのユダヤ・イエズス会右翼だと解る。日本人の誰一人も本当の日本史を知らないのは、山口県人とイエズス会が明治維新で日本を乗っ取り、歴史を偽造し、歴史を捏造し、イエズス会現人神天皇を創作し、そのウソの歴史の中で今の日本人のバカ頭が出来ているからだ。



★かつてナチスヒトラーにユダヤ人が裁かれたように、イエズス会の日本会議・自民党も裁かれている現象がこのバカ政治家の二人の醜態である。まさに鬼は出て来た。九鬼(クカミ)に成れない人間を鬼は裁く。その裁き方は、かつてのヒトラーがユダヤ人をガス室に入れたり、ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆を落としたようにウルトラ激しいものになるだろう!



★数字の【 6 】では人間としては生きていけないことを示す【 時 】が今である。数字の【 6 】の人間は、1にカネ儲け、2にウソの神を信じるカルト、3に自由・平等・人権・反戦平和主義というOSS憲法の言葉を信じるサヨクである。



★戦後の日本人に一番多いのが1のカネ儲けが全て!という人間。金儲け真理教の者たちだ。この者たちが社会人90%なんで日本では一番溢れかえり、あまりにもありふれた存在である。この者たちは「カネ以外の一切の価値を否定」する。心底、彼らはカネが神である。そのような日本人があまりにも多いから北朝鮮のミサイルは必ず飛んでくるだろう。六殺し(ロクゴロシ)としての北朝鮮ミサイルである。



★歴史を考えてみれば、1968年頃の中国。その時の中国は文化大革命という共産主義革命の時。その頃の中国でもっとも悪い者たちがブルジョワという金持ちたちだったのである。金持ちという理由で、毎日毎日、物凄い数の人間が殺されていたのである。この中国の文化大革命の時の「金持ち殺し現象」も鬼の裁きであった!



★歴史を考えると、鬼が出て来て、凄まじい大虐殺が起きる時があることを発見する。あれが鬼現象である。鷲が言う【 六殺し(ロクゴロシ)現象 】。今の日本がそれだ。北朝鮮のミサイルは数字の【 六 】である日本人の頭上に必ず落ちてくる。日本人の96%は数字の【 六 】だからだ。



★人間の生きる目的は六から九に転換して十三と一体化して【 九鬼(クカミ) 】に成ること。それを殆どの日本人が忘却したから、鬼が出て来て、ロクデナシの大量虐殺をするのである!鬼は非常に怖い!ヒトラーのユダヤ人へのガス室強制収容を考えれば解ることだ。








2、なぜ?ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちたのか?







★1945年8月6日の数字を全てタスと33で3+3は6である。1945年8月9日の数字を全部タスと36で3+6は9である。ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎への原爆への投下は、ギリシャ語の新約聖書のイエスキリストの処刑の時間の正午6時から午後9時の「 6から9 」というメッセージが隠されている。



★成立以来、約1600年間のキリスト教は、ギリシャ語の新約聖書の記述である「 イエスキリストの処刑の時間は正午6時から午後9時 】という暗号を解読することができなかった。ゆえにキリスト教は邪教であるのだ。キリスト教は初めから邪教であった。イエズス会だけが邪教ではない。全てのキリスト教は邪教である。成立以来。



★広島と長崎の原爆投下は、鬼(カミ)が、真の鬼の教えは「 6から9へ 」であることを示すためのものだ。なぜ?イエスキリストは正午6時から午後9時に処刑されたのか?そこを間違って、妄想のイエスキリストを崇拝しているだけなのが、カルタゴ会議とニケーヤ会議で出来た、キリスト教という邪教。



★いかに牧師が聖人ぶっても邪教は邪教。ナチスが出て来た時、牧師たちは、便所掃除をやらされた。そして腹まで大便の中に牧師たちは浸かり、SSたちに「 お前たちの神はどうした?お前たちの神はお前たちを救わないのか? 」と罵倒された。



★キリスト教が邪教なのは、ギリシャ語の新約聖書のイエスキリストの処刑の時間が「 正午6時から午後9時 」の暗号を解けなかったこと。だから邪教であるのだ。数字の「 6 」の人間を救ってどうする?彼らは人間の欠陥品である。数字の「 6 」は火で焼かれて浄化されるのである。



★ヒロヒトのヒロの広島とナガコのナガの長崎に原爆が落ちた理由は、

  1、邪教キリスト教を焼き尽くす火としての鬼の出現の現象

  2、「 6から9 」のメッセージを鬼が残した現象

 この2つである。







 完



by xuzu9851 | 2017-04-26 09:17 | Comments(0)

鬼が出て来てユダヤを裁く! ~ 今の時代はナマハゲという伝統儀式で理解することができる!

鬼はユダヤを裁く!




★鷲はこれまで「初代天皇は金良琳(キンリョーリン)である」とか「北朝鮮を建国したのは黒龍会の日本人の畑中理である」とか「ギリシャ語の新約聖書でのイエスの処刑が正午6時から午後9時の謎を解いた」とか「1988年2月の9の字事件の意味」とか、その他、鏡餅・注連縄・門松・将棋・タロット・その他のシンボルを解読してきた。



★シンボル、そして暗号解読能力こそが人間には必要である!と考えている。さて、今の日本人の最大の関心ごとは、北朝鮮からミサイルが飛んでくるのか?ということ。それを1930年代の立場で考えている。



★5月のフランス大統領選でマリーヌルペンが勝てば、今の時代はファシズムである!ということが決定的になる。ファシズムの世界になったということは、六の世界は破壊される!ということ。



★鷲が初めて、ネットで、北朝鮮という国は黒龍会の畑中理が建国した国だ!と書いたわけだが、天皇の正体が見えない者たちは、金正恩が皇室と関係がある!と思い込んでいる記述を今日見た。イエズス会天皇と大本教の満州国から誕生する北朝鮮は全く違う。北朝鮮と皇室は水と油である。



★満州国の国教は紅卍字会と道院であり、それは大本教の別動隊であり、満州国の実質の国教は大本教であった。大本教徒は鬼道である。そして40人の巫女が動かす北朝鮮の一番深い内部は、鬼道であろうと鷲は読んでいる。



★ヒトラーという鬼が出て来てユダヤをガス室に入れたのが1930年代。鬼はユダヤを裁くのである。ならば、カネとサヨクとカルトの日本は鬼である北朝鮮に裁かれるだろう。ミサイルは日本に堕ちてくる。その場所は、山口と長崎かもしれない。やはりというか、再びイエズス会の聖地に落ちてくるのだ。



★六殺し(ロクゴロシ)と9の誕生が1930年であった。内なる魂(太陽神)と霊(白い月)のハネムーン(結合)がなく、黄金の子を腹に誕生させることができない多くの人間たちは、無残にも鬼に殺される時代だ。それが今であるのだ。ナマハゲの伝統は、鬼が出てくる伝統だが、「 鬼が出てくる時 」それが今の時代であるのだ!






 完



by xuzu9851 | 2017-04-24 21:04 | Comments(0)

マリーヌルペンが仏の新大統領になるだろう! 2

1、マリーヌルペンが仏の新大統領になるだろう!




★昨日のフランス大統領選で5月の決戦投票にマリーヌルペンとマクロンの二人が残った。勝利はマリーヌルペンであろう。なぜなら今は1930年代の繰返しであり、1930年代はファシズムの時代だったから。



★ファシズムを世界の学者たちはいまだに理解していない。というより理解しようとしないで問答無用の否定だ。学者の世界がユダヤ人に支配されているという証拠である。



★ファシズムとは太陽神主義である。これが鷲の解釈である。1930年代、ヒトラーにムッソリーニに関東軍に太陽神は降りたのだ。そして「 六殺し(ロクゴロシ) 」を行う。太陽系の維持のために。



★人間は数字の【 9 】に成るために誕生した。或いは、白い餅を追及して新しいミカンを腹に誕生させる可能性である。それが人間に出来ないようであれば、太陽神は、戦争や大地震や原発爆破やあらゆる事故で殺してしまうのである。



★数字の【 6 】は太陽系に不要だということで戦争や大地震が起きる。マリーヌルペンはファシズムだからフランスの新大統領になるのだ。マクロンは古すぎる。マクロンはユダヤだ。だから敗北する!ということ。そしてマリーヌルペンはナチスだから勝利する。今が1930年代の繰返しなんだから簡単に勝敗は解る!ということ。








2、副島隆彦は予言者ではない!ヒラリーが逮捕されてないからだwww





★自称・予言者の副島隆彦は米国大統領選直前の10月に「ヒラリーを逮捕、投獄せよ」という本を書いた。その内容は、「ヒラリーは2016年10月の中旬に逮捕され、刑務所から選挙戦をやる!」というウソ八百の予言????という妄想である。



★今、しっかりとその本は鷲の右の机の上にある。これが副島隆彦が予言者ではない!という動かぬ証拠だ。鷲はトランプが米大統領になると去年の4月から書いて、もちろん、当たった。


次の米大統領はトランプである


★しかし副島隆彦は「ヒラリーは2016年10月に逮捕される!」という予言をして全くハズレたのだ。バカ野郎である。そんな副島に騙されている貴方。バカ以下ですwwww



★今回も鷲の「マリーヌルペンが次のフランス大統領になる!」が当たるだろう。しかし鷲は謙虚だ。予言者を名乗らない。鷲は霊感で言っているのではなく、理論から言っているのだ。「 時は約80年周期で繰返す。今は1930年代だからファシズムのマリーヌルペンが新大統領 」だと。



★今はマクロンが優勢だとマスコミが云っているが、マスコミなんぞ何も見えてない。1930年代を精密に研究した者たちが、今を解るのである。








by xuzu9851 | 2017-04-24 19:50 | Comments(0)

鏡餅と門松(松竹梅)の意味

1、再び鏡餅の意味について





★鷲がシンボルの意味を何度も書くのは、シンボルの意味が解らない人間は何も見えない人間だと確信しているからだ。多くの日本人を観察してきたが、精神状態は「カネが最高の価値」。それ以外は全く見えない。しかし多くの老人を見れば解るが、金持ちになっても病院で薬漬け、認知症やボケ、そして老人ホームで人間として扱われず虐待されて死んでいく。



★老人大国なんだから、努力せずとも老人を観察できるわけで、「こりゃ、生きていてもしょうがない。死んだ方がどんなに楽か?」と思われる老人ばっかりである。そして70年も80年も生きてきたのに何も知らないのだ。もちろんネットが出来る老人とは稀である。カネという価値のために多くの重要な価値を拒否して生きて来た結果が現在の日本の老人たちであるのだ。



★鏡餅のを理解するには、人間は、

1、太陽である魂(ミカン)

2、白い月である霊(白い餅)

3、月の裏側であるエゴ、

4、運命

5、地球である肉体

の5つの要素から出来上がっていると理解してないと無理であるのだ。しかしそれは誰も教えてくれない。



★そんなことが解らなくても、カネさせあれば生きて行ける!と多く人々が考えているが、結局は、太陽というミカンと白い月という餅を失った老人になってしまっているのが現実である。老人は「月の裏側のエゴ」と「地球である肉体」、そして敗北の人生という運命の存在。



★「魂と結びついた意識」を拒否してきた結果が、認知症とボケという現象である。カネという魔境の中に堕ちた結果が、現在の日本の老人地獄なのである。正月にどうしてミカンと白い餅の合体の鏡餅を飾るのだろうか?人間とって一番大事なものは、ミカン(太陽神・魂)と白い餅(白い月・霊)の合体であるからだ。







2、門松(松竹梅)の意味





★門松(松竹梅)というシンボルは何を意味するのか?

  松 ☛ 松果腺

  三つの竹 ☛ 脊髄の3つのチャンネルのイダ・ピンガラ・スシュムナー

  梅 ☛ 性エネルギー



★門松というシンボルが表現するのは数字の【 9 】に成った完成された人間である。13と結びついた9の人間であり、4と結びついた9の人間。49日(シジュウクニチ)の4と9の結びつきや、四国と九州の4と9の結びつきは、太陽(魂)と白い月(霊)が合体した人間を表現している。



★性エネルギー崇拝の男根崇拝や女陰崇拝は古来からどこの国もあった。だからと言ってキリスト教のように禁欲的に考えなくても良い。原爆が落ちたのはイエズス会の聖地の長崎と広島。そのことでキリスト教の闇が物凄く深いものだと解る。



★イエスキリストの処刑の時間の正午6時から午後9時の意味を考えず、妄想のイエスキリストを1600年間も拝んでいるのがキリスト教だから。キリスト教は鬼道の反動の産物だからダメだ!ということ。



★扇が開くのは7つのチャクララが開き、内分泌腺が湧き出ている表現である。7つのチャクラは、月・水・金・日・火・木・土の惑星に対応し、本当の一週間の順番は、月・水・金・日・火・木・土 であるのだ。

ーーーーーーーーーー

補足


★シンボルの解読が出来ない人間は何も見えない人間である。特に日本はシンボルで満ちている。大晦日やお正月のシンボル、野球、相撲、囲碁、将棋、神社仏閣。しかしシンボル王国の日本で生活しているのに日本人はシンボルの解読が出来る教師が一人もいないので、誰も鏡餅の意味も門松の意味も解らないのだ。



★ダンブラウンの小説の主人公はハーバード大学で【 宗教象徴学 】を教える大学教授のロバート・ラングドンだが、この小説の登場人物に「 この世には宗教象徴学などという学問は存在しない 」と言わせている。シンボルの解読とは超高度なことなんだが、そうは誰も思っていない。



★しかしキチット、大晦日をやり正月三が日をやり、節分をやり、雛祭りをやり、鯉のぼりをやり、七夕をやるなど、どうしてなんだろうか?それは鬼が人間にやらせているのだ。魂とは【 鬼が云う 】と書くが、日本人いは理論的には理解できないが、内部の鬼に従っている者が多い。だからキチット、慣習行事をやっていること。



★しかし神社の鏡の意味も黄金の仏像の意味も、野球の意味も、囲碁将棋の意味も、相撲の意味も「 理論的に理解する時 」に来たと思う。どうして四国の隣は九州なんだろうか?と。ネットの時代は知識の時代。知識とはギリシャ語でグノーシスであり、サンスクリット語でハンニャ(般若)である。



★ネットの時代は般若・グノーシスを持つ時代である。それには毎日、シンボルの解読をしなければならない。シンボルは宇宙的な言語であり、あまりにも奥が深い領域だからだ。





 完



by xuzu9851 | 2017-04-23 12:17 | Comments(0)

マリーヌルペンが仏の新大統領になるだろう!

1、歴史の「繰返し」から考えてマリーヌルペンが新大統領となる



次の米大統領はトランプである







★鷲がトランプを知ったのは去年の1月。そして去年の4月くらいから「次の米大統領はトランプになる」とブログで書いて、実際に、トランプが米大統領になった。マリーヌルペンの場合、トランプより先に知っていた。2年前から次のフランスの大統領はマリーヌルペンとなるだろう!とブログで書いてきた。



★今日が第一回のフランス大統領選である。第一回で二人が選ばれ(過半数に達した場合はそれで決まり)、そして5月の決戦投票でフランス大統領が決定する。鷲の世界の見方は単純である。歴史は繰返している。約80年周期で世界はアナログ時計のように繰返している。



★今は1930年代の繰返し。ならばナチスヒトラーや関東軍と同じような太陽神主義(ファシズム)勢力が政権を取る。1930年代を研究することで、今の時を見る、という見方である。フランスは自由・平等・博愛のサヨクの国だが、サヨク思想によって腐敗しているからオルトライト(極右と呼ばれる)が勝つ。だからマリーヌルペンということ。



★トランプに続いて大統領を当てれば2勝となる。なんせトランプ大統領の誕生を当てたマスコミ人は木村太郎一人だったから膿~。それだけマスコミ人は世界が見えてない。歴史を見る「理論」がないからだ。雑多な情報を集めても、今、は見えない。



★歴史は繰返す。今は1930年代の繰返し。だから今はナチスが蘇る時で、それゆえにマリーヌルペンがフランスの新大統領となる!


 完



by xuzu9851 | 2017-04-23 07:54 | Comments(2)