サーティンキュー

数字の1は宇宙の父、数字の2は宇宙の母





★オカルトという言葉の本当の意味は「 隠されたもの 」という意味である。しかし実は隠されてない。鷲が常に言う「 太陽王国 」とは「 隠された叡智(グノーシス) 」をものにすれば、身近なものに感じるだろう。





★鷲の20歳代前半の先生であったメキシコ人のミゲルネリは「 性エネルギー昇華秘法 」は極秘中の極秘の教え!と講演していたが、札幌市の中心に狸大明神があり、また日本全国に神社や仏閣があり、「 性エネルギー昇華秘法 」こそが、秘宝ではなく、世界中のあるシンボルで表現された、太陽王国の中心の教えであり、それは世界のどこにでもある教え、だと言えるが、かなり優秀な本物の博士でないと、性エネルギー昇華に到達しないことは鷲は観察している。




★将棋の「 裏と 」とは「 太陽王国に入国できた神人 」であるのだ。太陽王国に入国するために、日々、我々は試験を受けている!太陽系に我々は住んでいるのだから、太陽神に帰依することは当然なのだが、なぜか?帰依できる者は少数である。それは数字の「 6 」の人間的な考えに惑わされるからである。



★何よりも「 1 」から学ぶことである。年齢を重ねても「 1 」から学ぶことが出来る者はかなり優秀である。そして数字の「 2 」も理解でき、数字の「 3 」も理解できるかもしれない。今、ナチスの真実について語ることは非常に高度である。しかし今の日本の政治について語ることはそれほど高度ではない。昨日の安部ちゃん自民党の圧勝はどの週刊誌にも書かれた「 当たり前の常識 」だったし。



★最近、気がついたが、今、ナチスについて全肯定して日本語で語るのは鷲だけではないのか?と。英語圏では難しいだろう膿~。ナチスがガス室に入れた人間たち、それは太陽王国ではいらなのだ。ナチス、それは、今も、非常に重要で参考になる存在だ。我々は何故?学ぶのか?太陽王国に入る神に成るためだ。日本の伝統文化とは全て「 神に成る 」ために存在するシンボル群である。そして日本文明の根源はグノーシス(宇宙の母の叡智の数字の2)であるから、言葉では教えず、シンボルで教える。




★幸福の科学という新興宗教を見ているとやたらと「 お言葉 」教であるのだ。幸福、正義、勝利、愛、平和、などの言葉の羅列である。これはユダヤ教である。ユダヤ教が敵にしたバアル神はシンボルで教えるが、ユダヤ教はシンボルを否定して、「 お言葉を神 」とした。今の天皇も「 お言葉 」という言葉を使っているのでユダヤ教の流れである。



★宗教の正邪を考える時、言葉をあまりにも重要視するのはニセモノだと鷲は断言する。シンボル、アート(芸術)に太陽神の真実の教えがある。なんせ鷲はOSSが創作した天動説の言葉、国民主権、自由、平等、人権、反戦平和主義などの天動説の言論からの洗脳との闘いから始まっているから、天動説言論の悪魔払いから始めなければならなかった。



★常に学び続ける者たちが太陽王国の入口に立つ。今回は数字の「 1 」の意味、数字の「 2 」の意味を考え書いていきます。







続く


[PR]

# by xuzu9851 | 2017-10-23 21:21 | Comments(0)